hakozaki さん プロフィール

  •  
hakozakiさん: 大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ハンドル名hakozaki さん
ブログタイトル大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ブログURLhttp://ameblo.jp/hakohit-pht-career/
サイト紹介文元人事、今大学のプロのキャリアカウンセラーが、企業・大学両方の観点から就活やキャリアのリアルな話を
自由文大学生、2・30代のキャリア支援・教育を行うキャリアカウンセラー箱崎です。企業と大学両方の観点に潜在意識の働きを加えバランス良く、就活やキャリア、セラピー・日々の気付きの話など。特にまじめ過ぎるあなた、不器用なキミに、毎日が少しずつ良くなるきっかけや潤いを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供440回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2015/05/10 22:05

hakozaki さんのブログ記事

  • ナラティヴ・セラピーという共通言語
  • 今週末はナラティヴ・セラピー創始者の一人、エプストンのセミナー。ただ、自分は残念ながら仕事のため、懇親会から参加した不届き者である。 参加した理由はおいしいお酒…だけでもなく、参加した方にどうだったかという空気感を知りたかった…だけでもなく、ニュージーランド(NZ)から一時帰国している国重さんに会いたかった…だけでもなく…一番の理由は、NZで一緒に学んだ仲間に会いたかったというのが大きい。昨年 [続きを読む]
  • 「行ける時に行く、会える時に会う」大事さ
  • 新宿のお寺で毎月行われている「豆腐と坐禅の会」今回を終えると、無期限でお休みになってしまうそうです。 前回、1周年を迎えた際に参加させていただき、「いい会だなぁ」と思っていただけに残念です。とかく、外野は「もったいない!」「やめないで!」なんて軽々しく口にしてしまいますが、一番残念に思っているのは、主催される方々。この決断までは、葛藤も大きかったのではないかと思います。 行ける時に行ってお [続きを読む]
  • キャリア支援の場は明治大学まで広がる
  • 3月吉日、中野キャンパスの明治大学にて、就活支援講座を行う。ゼミの先生からのお声かけで、開催された講座、というよりも実体験とふりかえりの言語化8割を占める就活支援のワークショップ。就活の現状から、グループディスカッション、そして面接。2大学合同での多様性だけではなく、留学生や院生など多様な人たちが集まっての5時間はほんとにあっという間に終わった。講座の中身から就活に役立つと言った短期的なものだけではな [続きを読む]
  • 春は、来ている
  • ブランコ、鬼ごっこ、相撲、雲梯、ジャングルジムに砂場遊び。保育園児30人ほどが遊ぶ公園は生命力に溢れ、まさに春の装いのようだ。 開花はしたけれど、桜はまだつぼみがほとんどで、朝夜は寒さも感じるが。春は、来ている。 [続きを読む]
  • コートを脱いで足取りも軽く
  • 今年に入り、外出する時に欠かさず着こんでいたコートを着ずに外にでる。コートを着る、という自動思考って怖い。出てみれば何ともなく、暖かな陽気に足取りも軽く、さくらのつぼみもぷっくりと大きさを増している。街歩き、歩いてみれば、こんなラッキーにも当たる。無料のランチカレーと、お気に入りの作家の本が手に入った、連休中日。 [続きを読む]
  • へぇー、を口癖にする
  • へぇー、を口癖にする。語尾を上げての、へぇー↑だ。「くだらない」「興味ない」くさしたり、批判したり、無関心でいたりするのは簡単だ。それでも、へぇー、と感心する。へぇー、すごいもんだね。へぇー、驚いたね。 そんな一言で世界が広がり、人生が豊かになるような気がする。最近は、へぇー、マグロの刺身を醤油マヨネーズで食べるのって案外知られてないんだね、という発見。 [続きを読む]
  • 大学卒業から社会人へ
  • プロロン・ダイアログカフェが始まったのは、ちょうど2年前の3月。今月で3年目を迎えたわけだが、初回から来てくれていた大学生が、この3月で大学卒業、4月から社会人となる。大学1年生で出会い、大学2年生で月1で対話をし、そして3年が経つ。対話で深まった仲、今日はそのお祝いでじっくり飲み、食べ、話す。なんだか感慨深いものがある。家族でも、仕事仲間でも、大学が同じでもない。毎月一回の対話、という場で知り合 [続きを読む]
  • 偶然に、ぐっとぐっと
  • 中央線で四谷に向かう途中の電車内。目の前に立っている就活生が、大学のキャリアセンターで配布している就活ガイドブックを持っていてびっくり。手帳機能も付いているので、今日の就活スケジュールの確認だろうか。「応援してるよ、いつでも声かけて」と声をかけたくなるが、説明が難しく、怪しい人だと思われること間違い無しなので、ぐっと堪える。 せめてはと、念は送っておこう。その就活生が降りるまで、ぐっとぐっと。 [続きを読む]
  • 石の上にも3年目(プロロン・ダイアログカフェ#25)
  • 一つのテーマを円座になり、2.5時間じっくり話し合う勉強会「プロロン・ダイアログカフェ」2年前の3月にスタートして、今回で3年目に突入した。もはや自分のライフワークにもなりつつあるが、10代の大学生から60代までの多様な方々が、日ごろの立場を脱ぎ捨て、非日常の安心安全の場で話す時間は、今日も興味深かった。 哲学をみんなで考える。安心安全の場でじっくり話し合うことってあまりない。こんなところから始まったプ [続きを読む]
  • 別れの加速度(しんみり雨模様の3月折り返し)
  • 3月だからか、変化の年だからか、最近自分の周りにいてくれた人が「いどう」で離れていく。物理的な移動もあれば、職場内での異動もある。年明けから感じていたことだけど、3月になってその流れに加速がついてきた感がある。仕事でのつながりというよりも、精神的なつながり、プロロンの対話の場などでのつながりだ。会う回数が少なくても、気が合う人。 寂しい一方で、その人にとって活躍の場が広がっているということはいい [続きを読む]
  • 中弛みは大丈夫?(ESは大変だけれど…3月就活あるある話)
  • 3月も中旬に入り、日中は暖かく感じる日も増えてきた。気候に合わせて…ではないが、就活が本格スタートして10日ほど経つと、企業説明会に対して、中弛みが就活生に襲ってくる場合も少なくない。現に、この時期から学内企業説明会の参加人数が徐々に減ってくるのは毎年の事実。もちろん、ESに時間がとられている、というのもわかるけれど…。 右も左も分からない中、一つでも情報を仕入れようと必死に回っていた説明会に場 [続きを読む]
  • 「学び」とは?月一の周期で体が欲する対話の場
  • 最近出会う方は、ほんとに様々な学びをしていてすごいなぁと感心しきり。自分は幅広く学びすぎると混乱するので、とにかく集中して学んでいるが、FBの投稿などを見ると、「こんな学びがあるんだ」という驚きが先に立つ。 それでもふと思う。「何」を学ぶかって注意するけれど、「学ぶ」ことそのものは大切にしているだろうか。はたして「学ぶ」とはなんだろう、と。大学生の学び、社会人の学び、アナタの学び、キミの、ワタ [続きを読む]
  • 生きている勉強会(ナラティヴ・セラピー実践勉強会)
  • 「脳がしびれる」「沁み込んでいく」というのは、参加された方の言葉。うれしいじゃあ、ありませんか。 「日常にナラティヴ・セラピーを!」モットーに、毎月一回行われているナラティヴ・セラピー実践勉強会。日曜の朝にもかかわらず、ナラティヴ・セラピーに熱心な10名の方々と学びを深めていきました。今回は、100個ほどの外在化の質問事例をもとに、実際に声に出して読んでみたり、感想を言い合ったりする時間はまさに実 [続きを読む]
  • ダメ人間
  • ダメ人間、って思ったことはあるだろうか。ボクは結構ある。まさに今週がそうだった。扁桃腺をはらして、体調崩して、迷惑をかけ続け。なんてダメなんだ、なんてベッドの上でダメをかけ集めたりしていた。 それでも前に進まなきゃ。ある人の言葉でそう思えた。ダメな時に、ダメを考えちゃダメ。ダメな時はあるし、ダメな自分から始まる。 [続きを読む]
  • 独身なんですよ、の陰に潜むもの
  • 「独身なんですよ」という言葉に「頑張って」という言葉を返され、違和感がある。その背後には、結婚=幸せ、、独身=不幸せ、という構図が浮かぶ。 これがいい悪いではない。周りの環境や文化でそう思わされてしまう、自分以外の要因があるのだから。ただ、自分はそういった自動思考の返しはなるべくするまい、と思う。それで傷つく人もいるのだから。 繊細すぎる、といわば言え。ボク以外にもきっといるはず。ボクは大 [続きを読む]
  • 新潟十日町の古民家で、一泊二日のプロロン合宿
  • 先週末は、新潟古民家で囲炉裏を囲みながら、じっくり対話を行う合宿を行ってきました。対話をするのは、周りの人とだけではなく、自然や自分とも。8名の参加者とともに過ごした時間は、ゆったりとしながらも、終わってしまえばあっという間でした。 2日間のみなさんのふりかえりの豊かさは、宝石というよりも、これから生えてくる山菜のようにたくさんの種類と力強さも感じます。それも、古民家という場所で、日常から離れた [続きを読む]
  • キミが熱中しているもののきっかけは?(週を空けての就活状況)
  • 3月も2週目、だいぶ暖かく感じるようになってきた。第一週目と比べ、だいぶ大学内は落ち着いてきた。ペースがつかめた、と言えば聞こえはよいが、それは果たしていいことなのだろうかと考えてしまう。 キミが今熱中しているものの最初のきっかけはなんだろう?両親がやっていたから、たまたま街中で見かけたから。ホントにやりたい、と思ってはじめたというのは少ないのではないだろうか。 まずはやってみよう。やってみ [続きを読む]
  • 新潟十日町の古民家、一泊二日の合宿
  • いよいよ合宿スタート。高速バスで新潟十日町へ。 十日町到着。まずはお昼にそばとかき揚げ丼。 雪景色で自然を満喫後、お料理タイム。 豚肉味付け三種類。五種キノコ汁。カボチャ、パプリカ、茄子、山芋。漬物も米も地元三昧の晩御飯は、今年一番豪華でワイワイ楽しくの晩御飯。 自然と、食と戯れ。いよいよ囲炉裏を囲んで対話スタート。 自然と雪に触れる。そりすべりがこんなに楽しいとは。 雪と [続きを読む]
  • ひな祭りと言えば
  • 3月3日はひな祭り。ひな祭りは平安時代からあったとも言われる歴史あるもの。桃の節句と言われるひな祭りの今日は、街中で咲く梅も見られて、春らしさを感じる絶好のひな祭り日和。ひな祭りと言えば、ちらしずしなんですね。 姫がそばにいない自分は、ひな祭りと言えばカレー。記念日ごとにカレーを作っているような気もするが。 カレーは3日目がうまい。最近はトマトジュースにトマトを丸ごといれること、モツでとろと [続きを読む]