halyutaka さん プロフィール

  •  
halyutakaさん: 人間的居住空間への挑戦〜山姥、都会へ行く
ハンドル名halyutaka さん
ブログタイトル人間的居住空間への挑戦〜山姥、都会へ行く
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/halyutaka/
サイト紹介文ゴミ屋敷在住40代後半貧困山姥が、生活全般を立て直すべく都会で就職!部屋は片付く?借金は返せる?
自由文鬱・借金・汚部屋の三重苦からの脱却を目指します。いつか真人間になって、ヒトの役に立つ定職に就くのが夢の40代後半自営業です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/05/11 13:58

halyutaka さんのブログ記事

  • みてみぬふり
  • 自分自身の心のいびつさに気づいたとき、最初私はそれを「鬱」ではなく「発達障害」だと認識した。(本当はその時点で既に鬱は発症していたのだが)自分の不安や、落ち着きのなさ、絶望感、虚脱感、…、すべて発達障害から産み出されていると感じた。そう認識するに至った決め手は先延ばしという言葉をネットで知ったとき。発達障害の最大の特性だ。私を苦しめる私の悪癖、その真ん中をズドンと撃ち抜く言葉だった。発達障害を克服 [続きを読む]
  • ヤケ酒中
  • 現在、ほろ酔いというよりは泥酔に近い状態なので、不愉快な文章になってしまうかもしれないことを予めお詫びする。もしかしたら明日、シラフの状態になったとき削除するかもしれない。私の父はアル中でニコチン中毒だった。毎晩遅く帰ってきて、酒を飲んでは豹変し大暴れする姿を、小学生だった私は「父は気がふれている」と思っていた。49才で脳卒中で倒れ半病人となり、74才で逝った。25年に及ぶ看病の日々は私の青春を幾 [続きを読む]
  • ドカ雪
  • 昨年の冬も根雪になるのが早かったが、今年は記録になった。10月29日スタートの根雪なんてアンビリバボー。ここはサハリンかシベリアか?今朝も強烈に降り続けている。吹き溜まりの雪は50cm位の深さだ。玄関先に新聞が入っていない。国道沿いの簡易新聞受けまで取りに行かなくてはならない。50cmの雪を踏み固めて行くのもイヤだったので、ひと一人歩けるくらいに除雪しながら進んだ。おかげで新聞を取りに行くだけで30分もかかった [続きを読む]
  • あれから1年たちました
  • ものすごく久しぶりに、自分のブログを読み返してみた。一生懸命生きている自分の瑞々しい文章が新鮮だった。その時の感情を思い出せる記事もあれば、何を書いているのかさっぱり解らない記事もあった。一時期は1日に1000アクセス以上を保っていたこのblog、何故そんなに読まれているのかサッパリ判らなかったけど、いま客観的に読み返してみると、自分でも面白かったわ。いまだに20アクセスとか、あるんですね。驚き。ご訪問頂い [続きを読む]
  • 焦らないで行こう
  • 疲れた…と書くのはいつものことだけど、今まで書きなぐっていたのとは違う種類の疲れに身を置き、心地よく流されている今のアタシ。精神的でもない、肉体的でもない疲れ。日々の労働から得られる、ごく一般的で社会的で万人が共有する疲れ。勤労者がわざわざ「お」と「様」までつけて尊ぶ、ナインtoファイブ特有の「お疲れさま」なわたしがいる。これはこれで、悪くない。採用になった時から「夏は忙しいよ」と聞いていた。震災で [続きを読む]
  • 愚痴
  • 連休前はどんな職場だって忙しくなるものだが、ワタシの職場はそれに加えて地震関連の仕事がギュウギュウに差し込まれて輪をかけて忙しかった。毎日送られてくる災害支援の報告写真がリアルすぎ。鬱持ちには相当しんどかった。久しぶりに、SNSでチョロっと弱音というか、気晴らしの一言を書き込んだ。いつもすかさず反応してくれる知人…アート活動と工作教室の仲間でもあるのだが、返してくれた一言には撃沈させられた。金儲けは [続きを読む]
  • 節約節約そして節約
  • 当面の人生の目標を「借金完済」に定めたワタシ。今の収入でムリなくコツコツ返していったとして、少なく見積もっても5年はかかる。5年も今の職場にいたくない…てか、5年も使い続けてくれるかどうかも疑問だ。まずは2年頑張るつもりだが、2年後には最低でも借金を3分の1位にはしたいね。手っ取り早く、出ていくお金を少なくする努力をしてみた。まずは通信費だ。丁度良くdoc●moの2年縛りがこの4月で解けた。タブレット [続きを読む]
  • 靴下の悪夢ふたたび
  • 生活がぐちゃぐちゃだった数ヵ月のあいだに、克服してたはずの散らかし癖がいくつかリバウンドしてしまった。そのひとつが洗濯。新しい洗濯カゴを買って、こまめに洗濯して片付けて…が習慣着いたと思ったのに、フルタイム就業でまたもやグチャグチャになってしまった。…以前は思い付いたときに洗濯していたが、今は休日に合わせて洗濯しなくちゃならない。たまにスケジュールがずれる。洗濯カゴが山盛り…なんてことが多々あった [続きを読む]
  • 心が痛い、甲状腺も痛い
  • 本日も事務所でひとり作業。そとづらの良いワタシは仕事場ではそこそこキッチリ仕事をしている印象を持たれているが、ひとりで仕事してると自分のデスク以外の処にも、どんどん、どんどん侵食していって怖いことになっている。事務所を閉めて帰るときにガッツリ片付けているが、こんな所にヒョイと上司がやってくるとか考えるだけで気が遠くなるわ…。ひとりでNHKのニュースを見ていると泣きそうになる。すべてのひとが、一刻も早 [続きを読む]
  • 借金考
  • 昨日、朝御飯を食べて少しだけノンビリしようと思ったら、急にグラグラと目眩が襲ってきた。風邪ひいたかな、流行ってるし…と思い布団に入ったが、気がつくと夕方の5時だった…。なんてこった、貴重なお休みを1日潰しちまったぜ。でも…昨日は事務所のレイアウト変更で一日中力仕事をしていたし、一昨日は本部で1階と2階を20往復くらいして働いていたんだっけ…。疲れて当然かな。運動不足気味だったから仕方ないな。マルチビ [続きを読む]
  • 停滞脱出
  • ここ3〜4ヵ月の振り返りが思わず長文続きになって自分でも驚いた。ずっと吐き出したかったんだな。私と同じように、汚部屋や貧乏に苦しみながら就業した人が、その苦労話をblogに挙げているのを読んで、ようし私も…と思っていたのだが、環境が変わるって思ってた以上に人生の一大事だった。自分のキャパの狭さにガッカリだね。忙しくて意識してなかったけど、冬季鬱もあったかもしれない。仕事も慣れて、継続も決まってヤレヤレ [続きを読む]
  • テンションだだ下がり そのよん
  • 1月から2月にかけて、地獄の毎日だった。2週に1度は工作教室がやってくる。教室の無い土日はその準備で追われた。さらに、前々から受けている下請け仕事が急に入ったり、何年かぶりに雑貨ショップから発注が来たりと、オールフリーで仕事をしていた時とさほど変わらない仕事量になった。でも、そんなフリーランス作業に使える時間は1日2時間程度。納品が押せば睡眠時間を削った。食事もきつかった。まだお給料が満額出ていないのに [続きを読む]
  • テンションだだ下がり そのさん
  • 前年の27年に受けていた、工作教室の依頼がけっこうあった。1、2、3月ともに複数。これをそのまんまこなすと「副業」になってしまう。準国家公務員という肩書のアタシ、副業って問題ないのかな…。一瞬「バックレる」というよろしくない考えもよぎったが、工作教室は公的機関からの依頼が多い。講師料の支払い手続きにマイナンバーを提出するから隠すのは無理だ。フルタイム就業を優先させなくちゃいけないんだけど、自分のた [続きを読む]
  • テンションだだ下がり そのに
  • 私が就業する機関の正式な本部は、街中から少し外れた郊外の、しかし交通の便が良いところにある。一方私の就業場所は、駅前1等地のビルの1階だ。クソ田舎の我が家から路線バス1本で通勤できるというのがとてつもなく魅力だ。さらに奇跡的に勤務時間がドンピシャで、少ない本数のバスに合致しているのだ。当初は自家用車通勤も考えたが、どういうわけか自家用車の方が通勤手当が低く設定されており、さらに駐車場は自前とか言わ [続きを読む]
  • テンションだだ下がり そのいち
  • (振り返りの続き再開)嘱託職員という名目で採用されたので、契約期間は基本1年間だ。それでも募集要項には「原則継続採用」とあった。…まあ、私も考えが甘かったのだが「とりあえず1年、平成28年の12月まで働いて、双方合意ならばそのまま継続採用」と勝手に思い込んでいた。しかし、しかしだ、そこは某省庁出先機関、それほど甘くは無かった。採用後、就業にあたり説明を受けたとき、私の契約期間は28年3月末と言われた….。… [続きを読む]
  • 新年度突入
  • 本日もリアルタイムのblog。行きつけの銭湯にて、大好きなフィギュアのTV観戦中。本日はノンアルもアイスもナシ!…でございます。以前にも書いたが、私は「でぶ」である。ソレをどうこうしようとかいう無駄な足掻きは、30代で卒業したつもりだった。(鬱が最高に酷いときは、夢の40kg代をkeepしていて、メンタルどん底のわりにはフフっとほくそえんでいたりもした。オンナだね)。しかしここに来て、そうも言っていられない事態に [続きを読む]
  • 年末くらい楽しく過ごそう
  • 12月27日、本当は最後の皿洗いのバイトに行くはずだったけど、事前に申し出て他の人に替わってもらった。28日は事務所の仕事納めだったので、取り敢えず念のため、体力気力を温存することにしたのだ。20日までフツーに皿洗いに行っていて、21日が事務所の初出勤。まだほんの数日間しか経っていないのに、皿洗いが遠い昔のように感じた。前年の2014年は、毎日が物凄く爆走していたから、続く2015年はわりかし平坦な日々だったと錯覚 [続きを読む]
  • 19年ぶり、フルタイム就労
  • これまで唯一、正社員として勤めた会社を辞めたのは、1996年の年末だった。有給がけっこう残っていたので、正式退社は97年1月末だ。そして、今回の仕事始めが2015年12月21日。フルタイムで働く雇われ人に、まるまる19年振りに復帰した。自営業やフリーランスで1日めいっぱい働いたことは多々あったけど…、どこかに拘束されて、与えられた仕事をする身分とは、何だかちょっと心持ちが違うね。つい先日まで、結婚式場の皿洗いやベー [続きを読む]
  • たどりついたらいつも雨ふり
  • 面接は11月半ばなのに大雪だった。基本、私は最上級のハレ女なので、雪というそれだけで凹んだ。物凄く七面倒臭い採用試験、ワケの判らない面接、デザイン担当要員の募集なのにポートフォリオすら求められない。今考えても不思議な面接だった。お役所仕事って、こんなもの?結果は12月半ばころに通知すると言われた。おいおい、1か月も先なのか?それも凹んだ。アカンわ、間髪入れずに別の仕事を探そう。1か月も待っていられない。 [続きを読む]
  • まったり中
  • まだ過去の振り返りの途中だが、ここらでリアルタイムのblogも書いておく。昨日の日曜日、お役所的には休日なのだが、私の勤務先である街のど真ん中の事務所は、休んではいけない場所だった。いつ来訪者が来るかもわからない。なので常に1〜2人のお留守ばんを置いておくのだ。昨日はほとんど一人で、プロ野球のデイゲームを見ながらPhotoshopをいじっていた。お陰で書類と画像データがワンサカ出来上がった。これで翌日からの通 [続きを読む]
  • 過去の振り返り そのよん
  • フルタイムで就業、このさい職種業種は問わない…といっても、それがそう簡単なわけは無かった。まともな職につけないのは重々承知。それでも、少しでも自分のスキルが役に立ち、また自分自身のプラスになるような仕事につければ万々歳なのだが…。フリーランスの仕事をしている際に、某機関の人と名刺交換した。いずれ一緒になにかイベントを企画したいですねと話に花が咲いた。が…、が…、その某機関から出ていた求人が、けっこ [続きを読む]
  • 過去の振り返り そのさん
  • TVの番組で、長年引きこもった中年ニートDQNをシャバに引っ張りだして更生再生させるNPOを取り上げていた。登場する中年ニートはいずれも奇怪な風貌で、支離滅裂で暴力的で、そしていずれも「デイドリーム ビリーバー」だった。もう15年も自室に閉じこもりきりで、親の年金にパラサイトした生活も崩壊寸前。NPOが部屋のドアを破壊して部屋に入る。ニートは自称PCプログラマーで、いま物凄いシステムを開発中で、それが一発あたれ [続きを読む]
  • 過去の振り返り そのに
  • 自分の天職と思い取り組んでいた木工の生業だけど(そもそも木工に目覚めたのも5歳くらいの時だし、ほかの道を知らない)、経営能力と根性の欠落で、存続することは困難になってしまった。我慢して仕事に復帰したってまた鬱になる。それでも、身に着けた技術や感性は本物だという実感はあった。だからコレを、お金を稼ぐためではなく、自分を高めるために使ってみたいと心の奥から感じた。生活のためのお金は別のことをして稼げば [続きを読む]
  • 過去の振り返り そのいち
  • 以前の記事と重複する内容になるかもしれないが、考えを時系列でまとめて再確認したいので、少し遡って書くことにする。鬱状態が最悪だったときは、当然働くことなんて出来なかった。布団から出られない。朝が一番しんどい。体じゃなく、心がしんどい。不思議なもので心がしんどいと体までおかしくなってくる。物凄く疲れやすい。自分でも何が何だか判らなかったし、鬱の人にありがちの「なんて自分は怠惰なんだ」という自己否定が [続きを読む]
  • 復活を模索中
  • 年が明けてから、ひと月に付き1記事しか書けていない。新しい生活になって、いろいろ忙しかったりメンタルがキリキリしてたりという理由もあるのだが、blogを書きたくなくてぐーたら怠けていたわけではない、ええ、決して。そもそも昨年の数か月間、毎日毎日マメに更新していたblogをピタっと停止してしまったことに対し、気持ち悪さや居心地の悪さすら感じていた。ならば何故blogを書けなかったのか?…部屋を片付けていないどこ [続きを読む]