こころの万華鏡 さん プロフィール

  •  
こころの万華鏡さん: こころの万華鏡
ハンドル名こころの万華鏡 さん
ブログタイトルこころの万華鏡
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/satori41
サイト紹介文深層心理や精神世界を考察しながら、心の不思議を紐解くのが好きです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/05/11 14:14

こころの万華鏡 さんのブログ記事

  • 受信能力
  • 物質は粒子であると同時に、波動でもある。この説は量子物理学の分野では常識となりました。あらゆる物質が放つ目には見えない波動(エネルギー)、、、これを受信しているのが肉体および霊体です。柔らかな春の日差しや爽やかな風などを感じ、自然の気の巡りなんかも、何とはなしに感知したり、、、五感を越えて第六感をも駆使することが出来る。「胸騒ぎ」といったような特殊な感覚も、肉体と霊体の共同作業による、何らかの波動 [続きを読む]
  • 近ごろの気象
  • なんだか日本も異常気象っぷりが激しくなってきた。ここ大阪は連日むし暑い日々が続いていて、昨日も予報では朝から纏まった雨ということだったけど、何の何の、、降ったのは午後3時頃からたったの1時間ほどでしかも大雨というほどではなくて、もう少し涼しくなってくれるかと期待もはずれて余計に蒸し暑くなった感じでした。今朝も曇天で陽射しが薄い分、若干涼しいけれどそれでも家の湿度計は70%もあります。昨日は関東では局所 [続きを読む]
  • 意識と宇宙
  • 書きそびれていましたが、8日は満月でした。8月8日に部分月食が起きていて8月22日の新月には皆既日食が起きます。 月と太陽の食が1か月内に2回重なるのは稀なこと・・で、スピリチュアル界隈では色々と騒がれています。この期間、地球は劇的なエネルギーの流れの渦中にあり、個々の意識進化にとって重要な意味があるとか・・。日食や月食は特別な配置の天体ショーではあるので、魂とか霊的なレベルにおける何らかの変化を促すのは [続きを読む]
  • 輝き
  • もう何もいらないよ何も足したくはないから時折りささやく風の声と こころの奥の温もりだけ感じていればいいあなたにありがとう出会いにありがとうって呟いてみるなみだは輝きに変わっていく [続きを読む]
  • 夢からのメッセージ
  • 昨夜は暑さのせいもあってか、何度も目が覚めた。目が覚める度に、夢を通して、あちらの世界で色々と忙しなく働いていた感覚が残ってた。こんなのは久しぶり・・。その時の様子は、けっこう生々しい記憶として今も保たれていて、中でも印象に残ったのは般若心経の一節を唱えていたこと。ギャアテイ ギャアテイ ハーラ ギャアテイハラソーギャアテイ ボージ ソワカ〜〜という節を唱えてた私、、隣りに誰か居たような、、その誰 [続きを読む]
  • Tulku (Original Audio)
  • 世間はお盆休み?私にはあまり関係ないけど、外は静かで蝉の声だけが強調されています。そのせいもあるのか、、、懐かしいメロディーが頭をかすめました。この曲、、輸入盤CDアルバムを持っているけどここ数年は全く聴いていませんでした。かつて10年以上も前、職場のBGMでよく流していた曲・・太鼓の振動がお腹の辺りに伝わる感覚がとても心地よかったのです。Annie Rose - Tulku (Original Audio) [続きを読む]
  • 脱出
  • 肉体は魂にとっては制限だらけで馴染みにくい窮屈なボディスーツしかも外部からの締め付けもエスカレートしてる厳しさが極まってる例えば人工的な有害電磁波がバリアのように地球を取り巻いている・・その他にも武器と化した情報の数々にマインドは乗っ取られる・・・こういう極限の中で始めてリアルさを増すのは 「閉塞感」と「苦痛」の感覚ならば、それを越えるしかない・・それらが罠だと気づく地点まで・・・脱出口はあなたの [続きを読む]
  • 拘束力
  • 物質が拘束力を失くしていくもう何者もこの解放の波を止めることはできないのだ波に逆らうことは自分を貶めることにもなっていく重く、苦しくなっていく物質的価値観を見直して物質ではないもの・・目には見えずカタチのないものに触手を伸ばしその感覚を研ぎ澄まして行こう [続きを読む]
  • 「それ」
  • 虚無と充満一見真逆のこれらは同じものなのかもしれない立ち位置の違いによって感じ方が異なるだけで結局同じものを見ている人間的マインドの視点からは虚無と感じられ宇宙的マインドの視点からは充満(満ち溢れ)と感じられるただそれだけの違いで180度異なる表現を身に纏えるもの・・・それが「その」正体なのかもしれないふとそんな思いがよぎった心に映るあらゆる対極は同根同じ根を持っているんだから [続きを読む]
  • 希望
  • 善と悪というたった二つのカテゴリーに何でもかんでも分類してしまう・・・その偏りが 偏りを生む偏りが増殖し続ける右を向いても 左を向いても上を見ても 下を見てもどこにも希望など無い希望はこころの闇を深く深く分け入った隠された場所にしか存在しない [続きを読む]
  • Soft Melody_John Kaizan Neptune
  • 懐かしいメロディーが突然心に浮かんでくることがあるけど、今日はこの曲、、ソフトメロディージョン海山ネプチューンの初期のアルバムに入ってた曲。30年以上も前のこと、その当時フルートを習っていて、このアルバムの曲をコピーしようとLP盤を擦り切れるように聴いてました♪(尺八の曲なのにね!)特にこの曲は好きで、よく歌ったりもしてたな〜・・でも、なんで突然思い出したんだろう?思い出したことに自分でも驚く・・「 [続きを読む]
  • シューマン共振 (2)
  • シューマン共振の数値が上がるという異常事態が何を意味するのか?それはよく判らないけれど、地球の脳波が興奮状態にあるってことだから、気象やマグマに影響を与えそうな予感がする。それにシューマン共振の数値が上がると、当然人間の脳波も影響を受けて興奮状態に移行する人も増えるかもしれない。今までの7.8HZが脳波が、人が最もリラックスできる周波数であり、それ以上に高くなると今度は脳波は興奮状態となっていく。この [続きを読む]
  • シューマン共振
  • 時間がますます短くなっていて、一日が半日のように感じるなどと思ってたら、最近シューマン共振の数値が上がったとか・・。単に数値が上がっただけではなくて、今までほぼ一定だった数値がコロコロと変わり、一時は、7.83 Hz → 8.5 Hz → 16.5 Hz → 24 Hzと飛躍的な変化を遂げた瞬間があったようだ。シューマン共振は「地球の脳波」とも言われているけど、特に電気的な部位である人の脳や心臓に最も影響を及ぼすのだと思う。そ [続きを読む]
  • 修行の場
  • 広大な宇宙の中の辺境の星に生れ落ちた瞬間から過酷な修行は始まっているしかもこの修行はどの魂にとっても最後の仕上げの段階に入ってる次回は地球とは違うまた別の星での修行となってしまう地球以上に過酷な星で何万回と生まれ変わることになるのだとか・・それを避けるためにはここ、地球での修行を晴れて卒業するしかない・・・そんな情報が飛び交う中でそれを鵜呑みにする訳にはいかず、、、かと言って、全面的に否定するわけ [続きを読む]
  • 修行とは?
  • 人生そのものが修行いえ、地球に生まれてきたことだけでも大きな修行と言えるかもしれません。ただし、、それを意識するかしないかでは雲泥の差があると思います。ブッダ(釈迦)は肉体を痛めつけるような修行すなわち一切の苦行は必要ないとして、瞑想と内観のみを奨めました。宇宙と繋がり意識進化(深化)のための効率的な方法です。 [続きを読む]
  • 今朝の夢
  • 広大な湖に半透明のピラミッドが浮かんでるピラミッドの輪郭は全体に光ってたそしてピラミッドの頂点から太い光の柱が真っ直ぐに天に向かって伸びていたズームのように光に近づいていくと一本と思ってた柱は2本の柱だった・・・この光は月に向けられている・・・全体的に白い世界だった [続きを読む]
  • 蝉のお勤め
  • 生命体にはそれぞれ固有の設計図があるはずだけど、蝉はどのような設計図を携えているのだろうかとふと思う。地中に7年もの長い歳月を過ごし、地上に出てきた途端にジージーとあらん限りの啼き声を発し続けたかと思えば、ほんの2週間ほどでその命を終える。蝉の独特の啼き声にはこの世のものとは思えない神秘を感じる。蝉の声が勢いよくエーテル体に浸透してきたかと思うと私の意識を虚空へ飛ばしてしまう・・。この音の周波数はひ [続きを読む]
  • 喪失感
  • 昨日の続き・・「死の怖れ」と感じていたものの正体が明確になりました。・・それは「喪失感」でした。死んで肉体を離れる時、同時にこの世界も離れて行きます。この世界が自分から遠く去って行ってしまう・・そんな、得も言われぬ喪失感に辿り着きました。こんなものが、、まだあったのか?と、驚いた。この世界に未練はないとは言い切れませんが、それでも、頭ではそれなりに割り切れていたはずだしむしろ肉体からの解放を望んで [続きを読む]
  • 怖れの解放
  • 相変わらずインナーセルフが語りかけてくる・・大したことを考えていない時、問いかけていない時も何か「こたえ」のようなものを投げかけてくる。で、一つ受け取ったメッセージは「死への怖れ」の最期の層が解放されつつある、ということ・・最後の層とは、、怖れはひと塊であるとは言え、幾重かの層になっていて、その最後の砦のような、核心の層が解放されたがっているというような内容だった。(インナーセルフに、、)言われて [続きを読む]
  • インナーセルフ
  • 昨日あたりからインナーセルフとの対話が一気に増えた今日も朝からインナーセルフの声が意識に入ってくる・・何事かを考えていると、それに対して語りかけてくる。以前からそのようなことはあったけれど、こんなにも強く、頻繁に語りかけてくるのは始めて・・インナーセルフとの絆が強固になったのかな?こんな事を瞑想経験のない人に話すと単に頭がおかしくなったと思われるのだろうけどねハイアーセルフ(高次の自己)と混同され [続きを読む]
  • マヤ暦の新年
  • マヤ暦の「時間を外した一日」に当たる7月25日・・・天神祭も終わりいよいよ今日から新年が開けるここからお盆辺りまで、一気に進んでいくのが例年だ・・進んでいくのは内面でもあり外面でもあるというか内面の変化に外の現象が応じるというのがホントのところ・・いや、内面も外面もないというのが、更にホントのところだ内面と外面を分ける壁は、想念が創った幻想の産物だからねさぁて、、今年はどう出るかな?太陽系全体の異様 [続きを読む]
  • 大転換をリードする量子論
  • イエス・キリストは『 私は神だ 』と言って磔刑に処された。イエスが言いたかったことは、自分が神だというだけでなく、人類全員、一人ひとりに創造神が内在するということだ。あれから2000年経って、漸く人々の意識は変わりつつある・・。とは言え、こんな話をすると大半の人が?となるのだろうけれど、これを証明するレベルにまで科学が追い付いたということはこれからが世界が大きく変わっていくための大転換の原動力の一因にな [続きを読む]
  • 最先端の理論物理学者
  • 宇宙の「真空」と 悟りの「空(くう)」を繋げた男その名は、ナシーム・ハラメイン・・前記事に取上げた理論物理学者です。私は2011年頃に知りました。彼の理論は宗教と科学の融合を可能にするものです。彼の理論が真実であり、世に出てくるようになれば世界は一瞬で変わる可能性を孕んでいます。けど、あれから6年、、なかなか世に出てきません世に出る以前とそれ以降とでは全く異なる世界となる程の革命的発見・・だからこそ、、 [続きを読む]
  • 『私たちの見る分離はどこから来るのか』
  • 「万物全ては繋がっている」という宇宙観この観点の先には、「自分こそがこの世界を創造しているのだ」という事の本質的な意味が掴める。こういった悟りの境地を科学的に証明できたことの意味は大きいと思う。ナッシム・ハラメイン〜『私たちの見る分離はどこから来るのか』 [続きを読む]
  • 自己アイデンティティ
  • 今日は新月こないだの満月と言い、今回の新月と言い相当にパワフルだ〜今回も4,5日前からその兆候を感じ始めてました。いつものように内観的作業の中で「アイデンティティ」という言葉が浮かんできて、そこに集中して洞察していくと、、、アイデンティティを越えた視点が強化されていってる・・。これまでの3次元的な拘りだけでなく、霊的な意味合いの拘りにも、『さようなら』です・・自分としてはそんな感じです。それでちょっ [続きを読む]