こころの万華鏡 さん プロフィール

  •  
こころの万華鏡さん: こころの万華鏡
ハンドル名こころの万華鏡 さん
ブログタイトルこころの万華鏡
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/satori41
サイト紹介文深層心理や精神世界を考察しながら、心の不思議を紐解くのが好きです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/05/11 14:14

こころの万華鏡 さんのブログ記事

  • 繋がった♪
  • 昨日は息子の小学校以来の友人が家に来てたので、いつも以上にあっという間の一日でした。私が彼と会うのは15年ぶり位で、その当時は高校生・・この頃と比べて一段と成長して爽やかな印象でした。で、彼が最近ヴィパサナ瞑想を始めたとの事で話は一気に精神性の話に。私も一時期ヴィパサナ瞑想をしていた経験もあるし、瞑想指導をしていた経験もあるので、色々と話が盛り上がりました。息子が小学生の頃には家に泊りに来たり、旅行 [続きを読む]
  • 昨日の散歩
  • 今朝から雨が降り始め、今は結構まとまった雨が降ってます。今日は買い物に行かないつもりで夕食はカレーに・・母は辛いものが苦手ではなく、カレーもチゲ鍋も大好物で助かります。カレーに含まれるターメリックにはボケ防止の効果があるとかで、同じくボケ防止に卓効ありのココナッツオイルを混ぜて作ります。インドのミックススパイスをたくさん入れて・・。昨日の散歩帰りに出会った花たち・・          こんな都会の [続きを読む]
  • 絶叫
  • 私は叫びたいのだあらん限りの声を張り上げ天空に向かって絶叫したいのだこの世の不条理と行き場のない哀しみとささやかな愛の灯火の儚さと・・そして地球の自浄作用が汚染の蓄積に追い付かず末期症状に喘いでいるのに対処できないもどかしさと・・・・・この混沌の淵で私は叫びたいのだこんなに穏やかな心の内にさえも深く癒えることのない疼きがあることをこの疼きを讃える為に・・あらん限りの声を張り上げ天空に向かって絶叫し [続きを読む]
  • DIFANG - ELDERS DRINKING SONG
  • 近頃は毎日のように散歩時間が増えている母も気候の良い時期にはなるべく戸外で歩かせてあげたい。けれど、そうなると一日があっという間で、PCに向かう時間が殆んど取れなかったりする・・。特に料理だけは時短出来ないし、、昼はお弁当を買って近くの公園で食べることも増えるので、せめて夕食はしっかりと栄養も採りたいし、出来合いの総菜よりも自前の方がやっぱりおいしい。ところで前回ご紹介したエニグマの「Return To In [続きを読む]
  • Enigma - Return To Innocence(返樸歸真)
  • その昔、、頻繁に石と語らってた鉱物系なら何でも・・意思の疎通ができてた石だけに、意志の疎通 ・・ダジャレ今も家にある鉱物とは時々対話するけど巨石には、、とんとご無沙汰している( 奈良の明日香村の巨石とか神社の御神体石とか )巨石廻りをしていた頃によく聴いてた曲・・?? Enigma - Return To Innocence(返樸歸真)この唄ってる人は台湾の少数民族、郭英男さんという人・・( もと歌は、Difang Duana 老人飲酒歌 ) [続きを読む]
  • 絶対善と偽善
  • ウスペンスキーはその著書、「新しい宇宙像(上)」でキリストの考えについてこれを文字通りに感傷的な意味で理解して、善が全く存在しないところに、それを見出そうとするほど危険なことはないと述べている。更に続けて、あらゆる物、あらゆる人、あらゆる出来事の中に、何かしらの善があるという思想は、正常で自然な現象との関係においてのみ正しいのである。この思想が、異常で不自然な現象との関係においても同じように正しい [続きを読む]
  • John Frusciante - God
  • 今日は朝から眠くて脱力感が抜けません・・・・・春眠?頭の中だけスッポリ異次元に居るような感覚です。こんな日は自分の至らなさを全て「神」のせいにしてしまいたくなる。この「神」とは一神教の神に代表される冷血な神のことです。「神」という概念は「愛」と同じく扱いにくいテーマですね・・私の理解では、神とは、森羅万象を司る『 エネルギー法則 』または『宇宙の法則』の総称です。それとは別に一神教の神には、色々と疑 [続きを読む]
  • 春・・・
  • 昨日は大雨、強風で春の嵐以上の迫力でした。昨日の嵐の通り道・・道沿いに沢山の落ち葉や桜の花びらを目に留めながら迫りくる異常気象のことなどに想いを馳せて歩いてきました。話しは変わりますが、、春は何かと家事労働が増える季節。冬物衣類は全て洗濯・・クリーニングには出しません。寝具も自宅で洗えるものは自宅で・・。ベランダの掃除なども丹念にやりたい・・陽射しが強くなる前にやってしまいたいので、風の強くない日 [続きを読む]
  • 時は金ではない
  • 時は金なり『 時間=お金 』という幻想に振り回される人々時間は意識が創るものだという真実の前では、分刻みで縛られることは愚かだと判る。そういう生き方には必ず限界が訪れる・・それでも、時間とお金が『いのち』に直結してしまったシステムこれも幻想なのだけれど、抜け出すのは容易ではない。容易ではない様に巧妙に創られた(仕組まれた)システムだからだ。よほど目を見開き、隅々まで見晴らさなければ、拝金主義へと誘導 [続きを読む]
  • 鶴見緑地公園
  • 先週の日曜日に花博跡の鶴見緑地公園へ行ってきました。大阪市内でこれだけ広々とした公園はなかなかありません。去年行った長居公園くらいかな?けれどあの頃はゴールデンウィークで桜の見ごろも終わってたし夏日で異常に暑かったのに木陰が少なく、おまけにベンチも極少・・母は膝が悪くてベンチでないと座れないので、ちょっと困った。この鶴見緑地は芝生が広大なので、ベンチに座る人は殆んどなくてどこそこ空いているので助か [続きを読む]
  • 浅い呼吸
  • 最近の地球は呼吸が浅くなる一方だそれは、私たちの呼吸が浅くなってるから・・?「全てが繋がっている」という真理がありこれを無理矢理に分断させるような誘導があるこの誘導に意識が嵌められている限りは、分離という幻想は募るばかりだ幻想は呼吸を浅くする地球の呼吸は、私たちの呼吸を反映してる [続きを読む]
  • 晴天の桜
  • 昨日はそんなに暖かくなかったけど、久々に晴れたのでちょっと足を延ばして母と花見に行ってきました。足を延ばしてと言っても、母が歩ける距離は知れてるので自宅からほど近い場所ですが、行くのは初めてです。風が冷たくて天気予報の気温より3度ほど低く感じました。最近の天気予報は気温まで当らなくなってきてます。目的地に到着するまでの道沿いにも桜並木があります歩くペースが早い母の後ろ姿が映り込んでしまいました先日 [続きを読む]
  • 季節感
  • 季節感に乏しい都会でも、春の息吹は感じることが出来てた・・それは去年までの話。今年は何だか例年よりも季節を捉えにくい。先日も台風のような強風が吹き荒れて神社で倒木とか、アパートの屋根が剥がれたとか、看板が落下寸前とか・・。時間だけではなく、いよいよ季節まで失われていくのかな。これも宇宙的変容の一端なのだろうけれど、明日は今日と同じではないという言葉の意味を噛みしめてる [続きを読む]
  • Kate Bush - An Architect's Dream
  • ケイト・ブッシュにはお世話になった・・お世話になったと云うのも変ですが、私が一方的に昔、若い頃によく聴いてたアーティストというだけの話です。けれど、自分の中で燻ぶってた色んなものに光を当ててくれた・・そういうアーティストは数少ないですが、琴線に触れるとでも言うのかな、、その時の自分の内なる何かが触発されたのでしょう。・・・今になって振り返ってみると、一人では抱え切れないような内なる混沌に、ある種の [続きを読む]
  • 太陽が及ぼす影響
  • 先日の記事で腰痛から宇宙のメッセージを受け取るという話をしましたが、この時に触れた太陽からの電磁波の影響について少しだけ補足します。真っ二つに割れたかのように見えるほどの巨大な太陽コロナの発生についてこの巨大コロナ発生後、太陽活動が活発化していて、そんな矢先の腰痛でした。太陽活動での地磁気の乱れは、心身に大きな影響を及ぼすとする研究家も多いです。また、2016年6月から太陽黒点がゼロという大変珍しい現 [続きを読む]
  • 時の束
  • 時間軸を「 越えた領域 」では、過去・現在・未来が同時に存在しているこれを感覚的に捉えたら時が束ねられているように感じるかもしれない・・・そんな思いに耽りながら、ふと窓の外を見ると明けの空に風変わりな雲が昇る太陽を挟んで竜巻のような雲が2本伸びていました写真では判り難いのですが、渦を巻いてるような形状でした。時が収束していくイメージとも重なりました今朝はまた一段と冷えます・・午後からは気温も上がるよ [続きを読む]
  • こころの錬金術
  • 恨みや怒りのエネルギーを慈愛へと変容させる『 ハタラキ 』が人間の心の奥深くに内蔵されている普段それを意識せずに使ってるけど意識して使えば『 ハタラキ 』は 倍増する・・・この『 ハタラキ 』のことをこころの錬金術と呼ぶ [続きを読む]
  • 続)腰痛と太陽系地球
  • 前回の続きですが、腰という漢字は「月」偏に「要」と書く・・だから一つには「要」に打撃を受けたという一つの解釈が成立する。地球の要のエリアで少なからず衝撃を受けたのかもしれず、この打撃の原因はいくつか考えられるのだけれど、一番の要因は太陽からの電磁波だろうと感じた。(詳しくはまた後日にでも・・)「腰」はカナメであり、体の中心点でもありますが、この腰の中心点を起点にして分断されるイメージが見えた。この [続きを読む]
  • 腰痛と太陽系地球
  • 数日前、突然腰痛が始まった・・布団から起き上がった時にギクッと痛みが走り、その日は一日中腰を中心に太ももから脇腹まで鈍い痛みが続いた。私は病気でも深刻なものでない限りは自分の意志で治せると基本的には考えているので、すぐさま痛みを感じ切るように持って行く。この日も腰の痛みを感じながら軽いストレッチを繰り返し次の日には殆んど痛みは解消していた。けれど、ここで手を抜いて意識が痛みから逸れると元の木阿弥な [続きを読む]
  • 曇天の桜
  • 今日は曇天で風も強かったけど、気温は21度と暖かい日で息子が車を出してくれるというので、母と3人で花見に出かけた。自然の少ない環境で、尚且つ母の面倒で明け暮れるだけの生活なのでたまには広々とした公園などに行きたくなる・・そういう意味では今日は十分に充電できた♪今にも雨が降り出しそうな雲ゆきのせいか人もまばらで、、それが何よりの救いでした。曇天に桜というのも趣きがありますねこの階段を上がると淀川の土手 [続きを読む]
  • セピア色の・・
  • 私の人生における『魂の闇夜』というべき時期のこと過去記事でも触れましたが、あの頃は無意識領域から表層へと濁流のように突き上げてくる強い力に圧倒されながらも転ばない様に、、何とか立っていられるようにと踏ん張っていた印象がおぼろげに残っています。今となって振り返ってみればもうすでにあの時に一度転んでたのかもしれません(笑)自分では何とか立っているつもりでしたが・・。一番印象に残ってるのは目の前の現実が [続きを読む]
  • 無意識の力 (補足) 
  • 無意識の強大な力は、人間の手に余るものだからそれを手なずけるには相当の精神力が必要とされる。そのためには瞑想・内観が助けになる。内観による俯瞰的な視点がなければ手なずけるどころか容易く呑み込まれてしまう傾向にあると思う。特に他人に認められたいという欲求や自惚れなどの自我意識が過剰な際に無意識との強い繋がりが出来てしまった場合にはその影響力に呑み込まれる確率は高くなるように思う。こうした場合には軽い [続きを読む]
  • 多種多様
  • スイトピーにも色んな色があるんですね。どの色も美しい・・花や鳥や虫など、あらゆる生物は多種多様です。イキイキとして、その「いのち」を十全に生きています。・・・それなのに人間はどうしてこんなにも委縮してしまったのか?多様化を許さず、均一化を強制することは「いのち」に逆らうことですね。 [続きを読む]
  • 無意識の力
  • もう随分前のことだけれど探究を始めてから7年ほど経った頃に活字が読めなくなってしまった時期があった。もちろん、読もうと思えば読めるのだけれども意味として頭に入ってこなかった。その意味をあえて理解しようとすることが苦痛だった。今から思えばあの頃が最も密接に無意識や夢の領域と関わっていたのだと思う。無意識の領域や夢からやって来るイメージが怒涛の如くに押し寄せていた時期でもあった。これらのイメージを単な [続きを読む]