ふくちの村来人 さん プロフィール

  •  
ふくちの村来人さん: ふくちの村来人活動日誌
ハンドル名ふくちの村来人 さん
ブログタイトルふくちの村来人活動日誌
ブログURLhttp://hata.sblo.jp/
サイト紹介文京都府福知山市で活動する地域おこし協力隊の活動日誌です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/05/11 15:09

ふくちの村来人 さんのブログ記事

  • いらっしゃいませ
  • もう少し楽しめそうな、金尾の水仙。今日も各地からお客さんがいらしてましたが、特に。下夜久野保育園ご一行様!30人のちびっこの声がこだまするってのは、ここ金尾ではなかなかないことなのです。大人は杖を突きながら、ふーふー言いながら登っている坂を、元気に駆け上がり、そのあたりを走り回って、帰りは坂を駆け下りていく。若いって、すばらしい。今日の定食は、サバ。写真を撮り忘れましたが、22日(土)はハンバーグでした [続きを読む]
  • 山から海、そして湖
  • 奈良県東吉野村のオフィスキャンプ東吉野に立ち寄らせていただき、そのまま三重県へ。志摩から伊勢湾フェリーに乗り込んで、愛知県の伊良湖岬まで。約1時間の船旅でしたが、なかなか楽しめました。伊良湖岬の目の前にある島は、三重県志摩市の神島。伊勢湾には、意外と多くの島があって、人も住んでいます。この写真は、湖。山梨県の西湖です。お札の裏側の場所です。撮影スポットでして、このときもたくさんの観光客が写真を撮っ [続きを読む]
  • 三椏の花
  • 桜は遅め、緑化センターの枝垂れ桜は、咲く気配もありません。ということで、こちら。三椏は、今が満開!でございます。最初は白い花が咲き、徐々に黄色く色づいていきます。もう1か所の群生地に行こうと、林道を進んでみると・・・・・・。おそらく大雪のせいで倒れた木で通行不能。引き返すことにいたしました。 [続きを読む]
  • 年度末
  • 年度末のバタバタの中でも、食事はちゃんと取らないと。28日(火)の定食はこちら。今里の富久貴の滝には、あずまやが出来ました。大雪のために作業の遅れも心配されましたが、なんとか完成。ななっこの店内には本棚が。先日の視察を受けて、いろいろと勉強するための?ななっこ文庫”。野菜の作り方から加工法、レシピなど、色々な本が約40冊。現時点で貸し出しはしておりませんが、店内で自由にご覧いただけます。 [続きを読む]
  • ぎりぎりセーフ
  • 本日はつばきまつりでした。最初にお詫びしておきますが、写真は1枚も撮っておりません。お餅やおでん、お好み焼きにうどん、コーヒーなどなどの模擬店が並び、ステージではギターやハーモニカなどの演奏が。午前中は晴れ!結局、椿は一部しか咲いていませんでしたが、素晴らしいお天気でスタートしました。ななっこのうどんが売り切れたあたりから、空模様が怪しくなってきて、午後は曇り。いつ降ってきてもおかしくない空。それ [続きを読む]
  • 準備!
  • 明日に迫ったつばきまつりの準備を控えた腹ごしらえ。どうも予報は怪しいですが、会場の設営をし、雨対策も。ステージや客席には、大きなシートで屋根を付けました。ぐらぐらするステージの屋根の上での作業は、スリル満点。とても体重を支えられる構造ではないので、板を乗っけてなんとかごまかしての作業。「へっぴり腰だ」と下から言われましたが、怖いものはしょうがないです(笑)そして、世間一般的に、そういう声を上げる人に [続きを読む]
  • つばきは咲いたか?
  • 毎年、椿が咲いても咲かなくても、3月の最終週に行われるのが椿まつり。今年で11回目。そのうち私が関わるのは3回目ですが、天気はいつも雨。先日の実行委員会で役割分担も決まり、後はお天気を祈るだけ。定食のかき揚げのように、からっと晴れてくれたらいいんですが。 [続きを読む]
  • 岡山とか鳥取とか
  • 今日はななっこの皆さんとの視察。朝の8時にななっこ前を出発して、最初に向かったのが岡山県奈義町。なぎ高原山彩村は、農産物の直売所と加工所。イートインがメインのななっことは違い、お弁当やお惣菜の持ち帰りや仕出しが中心。市の施設を地元の方が管理・運営するという形態。200人の会員さんを抱える大規模な直売所ですし、国道53号線沿い。町の中心に近い場所にあります。那岐山麓 山の駅は、広大な公園、コテージ、レスト [続きを読む]
  • ばらずし
  • 11日はばらずし。14日は撮り忘れ。。。ホワイトデーだったので、いつもお世話になっているスタッフの皆さんに、ケーキを差し入れたのですが、当然それも写真は撮っていません。16日はおさかなです。実は魚介類全般が苦手なのですが、一般的なおにぎりの具だけは大丈夫。ということは、この日のおさかなは大丈夫なやつだということです。 [続きを読む]
  • 富久貴の滝
  • だいぶ雪が少なくなり、見に行くのも楽になってきました。溶けるのを待つだけでなく、作業のために除雪をしておりますので、たまに雪がちらつくことはありますが、2月までのように銀世界ではありません。木を植えたり、東屋を建てたりという整備を進めておりますし、すぐ下には小水力発電の方の作業も行っています。ある程度のめどがつきましたら、併せてお知らせしたいと思っております。本日の定食はこちら。すき焼き風の煮物が [続きを読む]
  • 定食と定食とサッカー
  • まず、火曜日の定食を。雪は少しずつ溶けてきていますが、少し山に入れば、まだこんな感じ。もう少し入ると、こんな感じ。土曜日の定食です。土曜日は、Jリーグの開幕日。ななっこでお昼を食べた後は、ネットで戦。相手は神戸でして、J1で唯一の福知山出身選手である大槻周平選手が在籍しています。大槻選手も途中から出場し、試合は神戸が1-0で勝利。復帰したJ1でも、やれないわけじゃないという手ごたえを感じさせてくれる試合で [続きを読む]
  • 市長を囲んで
  • 今日は大橋市長が、ななっこまでお越しくださいました。定休日だったため、コーヒーしかお出しできなかったのですが、協議会の活動を聞いていただき、役員さんや自治会長さんたちともお話しいただきました。当初は先月末に予定されていたのですが、大雪の対応などもあって延期。今日もまだ雪の残る中でしたが、はるばる畑まで来ていただきました。会長から概要の説明があったあと、出席者の皆さんが自己紹介を兼ねてひとことずつ。 [続きを読む]
  • まちづくり振興大会
  • 他に写真を撮っていませんので、なぞの1枚で終わりです。夜久野みらいまちづくり協議会のまちづくり振興大会が行われました。各部会による活動報告や夜久野で活躍する2名の方の発表など、約100名が参加し、4時間近くにわたって行われました。写真の鹿肉は、発表者のおひとりのもの。猟師、農業とそれらの加工販売をされている方で、この日も事業内容だけでなく、学生時代のことから将来の夢まで、いろいろと聞かせていただきました [続きを読む]
  • 塩鯖とお雛さま
  • 土曜日の定食は塩鯖。これくらいなら、食べることができるようになってます。ふらりと立ち寄った道の駅・農匠の郷やくのにある木と漆の館では、来週から始まる展示の準備が始まっていました。毎年この時期恒例のお雛さま。本格的な搬入はこれからですので、まだ数点しかありませんでした。ずらっと並んでから、また見に行こうと思っています。 [続きを読む]
  • バレンタイン
  • 神戸発祥だとかいうこの一大イベント。山をいくつか超えた、ここ畑にもやってきています。2月14日にご来店いただいたお客さまは、男女問わずにくじ引きチャンス。引いた番号で、もれなくチョコレートがもらえます。私も1ついただきまして、その場で開けて皆さんで食べちゃいました。久しぶりに食べたこの日の定食は、こちら。 [続きを読む]
  • 冬の空
  • 新東名高速の浜松SA。関ヶ原付近に現れた白い壁。壁に突入すると、そこは吹雪でした。農匠の郷やくの。関ヶ原付近で気候が変わるのがよくわかっていただける、同じ日に撮影した写真です。それにしても、今年は雪が多いです。降る量もそうですが、なかなか溶けてくれません。カメムシの数、カマキリの卵の位置、柚子のでき具合など、「今年は雪が多い」というお話はたくさん聞きました。そういえば、長期予報でも言ってました。正直 [続きを読む]
  • 鬼は外。福は内。
  • 節分、といえば恵方巻。なんて習慣がいつの間にできてしまったのか、ロールケーキでもいいのか?とか、色々考えてみても、時間は待ってくれません。雪こそ降ってはいませんが、2週続いた大雪は、まだたっぷり残っております。こんな節分の日は、朝から恵方巻づくり。100本ほどのご注文をいただいて、みなさんせっせと作っています。「お前は手伝わないのか?」という声はあるでしょうが、ラベルの製作を担当させていただきました。 [続きを読む]
  • 最終年度
  • 2月に、福知山にやってきました。それから2年。隊員としての任期は、最終の3年目に入りました。書いた記事は、これで402本目。たくさんの方々にお会いして、色々な経験をして、あっという間の2年間でした。残りは1年。その先に何が待っているとしても、1年後にこの青空のような気分でいられたら。 [続きを読む]
  • 雪は降る
  • 相変わらずの雪。いったいいつまで降り続くんでしょうか。平屋建ての支所。そろそろ窓はなくなります。3時間でこれくらい積もる降り方が、ここんとこ続いてます。去年は、降ってもすぐに溶けてくれたのですが、今年は溶けるヒマがありません。「カメムシが多い年は大雪」というのは、去年も言われていて、どうも違うなぁと思っていたのですが「柚子が豊作の年は、大雪」というのは、どうも当たっているようです。 [続きを読む]
  • 雪の爪あと
  • 大雪は一段落、太陽も顔を出し気温も上昇。ということは・・・・・・。やられました。2階の屋根から一気に雪が落ち、1階の縁側の軒先を破壊しました。ご近所の方から連絡をいただいて、慌てて戻ってみると、この状態。既に夕方だったのと、天気が持ちそうだったので、散らばった瓦などを片付けて、応急処置は翌日に。地域の方にお手伝いいただいて(実際、ほとんどの作業をしていただいたのですが)、シートをかぶせて固定しました [続きを読む]
  • 大雪警報
  • 12日に降り始めた雪は、断続的に降り続け、13日(金)に大雪注意報、14日の朝には大雪警報になりました。ななっこに向かう道は。開店準備も、まずは雪かきから。定食はハンバーグ!お店の前はこんな感じ。雪はますます強まっていき、お昼過ぎには車がこんな感じに。閉店時にはこれ。スタッフの皆さんの車を掘り出さないと帰れない感じ。除雪車が出動するレベルです。この雪は夜久野だけではなく、福知山市内の国道9号線もすでに雪 [続きを読む]
  • 大雪のはじまり
  • 週末は最強クラスの寒気がやってくるんだとか。すでに雪は降り始めています。畑の手前の今西中から、畑の方を眺めたものです。んで、畑の中に入ると。更に奥まで進むと。畑の今里から、上夜久野の栗尾へと抜ける峠では。峠でもまだ20cm程度の積雪。定食はこちら。寒い日の豚汁は温まります。本番はこれから。昨年の冬は雪が少なかったので、どの程度の雪が降るのか心配です。 [続きを読む]
  • ことはじめ
  • かつてはもっと多くの地域で行われていたようですが、現在の畑では金尾と西ノ谷の2集落だけで受け継がれている「こと」行事。集落で1つの大きなワラぞうりを作り、集落内の木から吊るします。けっこう大きいぞうりでして、半日がかりで作るのです。一方別会場では、お餅つき。きなこは大豆を煎り、石臼で挽いて作ります。お砂糖ではなく、塩が入ったきなこです。ほかに、大根おろしの辛みがおいしいバージョンも。大人から子供から [続きを読む]