大塩行政書士法務事務所 さん プロフィール

  •  
大塩行政書士法務事務所さん: 行政書士試験対策 過去問を毎日出題します!
ハンドル名大塩行政書士法務事務所 さん
ブログタイトル行政書士試験対策 過去問を毎日出題します!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hiroheroevery123-gyosei_kakomon/
サイト紹介文行政書士試験の過去問を、毎日出題していきます。受験勉強の際に是非活かして下さい!
自由文大塩行政書士法務事務所です。
http://www.oshio-gyosei.jp/
行政書士試験は難しくなっております。
受験生の皆様にとりまして、少しでもお力になれましたら嬉しく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供774回 / 365日(平均14.8回/週) - 参加 2015/05/11 15:47

大塩行政書士法務事務所 さんのブログ記事

  • 平成23年問題37-4(商法・会社法)
  • 【問題】株式会社の設立手続における創立総会に関する次の記述は○か×か?発起人、設立時取締役または設立時監査役が株式会社の設立にあたり任務を怠り、会社に損害を生じさせた場合には、創立総会の決議によっても、会社に対する責任を免除することはできない。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、と [続きを読む]
  • 平成22年問題17-ウ(行政法他)
  • 【問題】取消訴訟の裁判管轄に関する次の記述は○か×か?土地の収用など特定の不動産または場所に係る処分の取消訴訟は、その不動産または場所の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、とても嬉しいです。↓↓↓↓↓にほんブログ村=====一緒に合格 [続きを読む]
  • メッセージ)テキストや六法に線を引くなら、とにかく最小限に
  • 線を引くことを否定しません。しかし、線を引かなくても、書かれていること全て大切だと思います。つまり、線を引かないとダメだと思っていません。とにかく書かれていることを全て理解&暗記すればいいだけのお話です。でもね、線を引きたくなる気持ち、よく分かります。もし、線を引くのであれば、単語単位にしましょうよ。しかも、かなり数少なく。後から見ました時、線だらけでしたら、何が大切なのか理解も出来ませんよ。今日 [続きを読む]
  • 平成21年問題39-ア(商法・会社法)
  • 【問題】株式会社の事業譲渡に関する次の記述は、○か×か?事業譲渡を行う場合には、譲渡会社と譲受会社の間で、譲渡する資産、債務、雇用契約その他の権利義務に関する事項を包括的に定めた事業譲渡契約を締結しなければならない。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、とても嬉しいです。↓↓↓↓↓に [続きを読む]
  • 平成24年問題29-5(民法)
  • 【問題】甲土地を所有するAは、甲土地に隣接するB所有の乙土地を通行している。この場合に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、○か×か?Aが地役権に基づいて乙土地の一部を継続的に通路として使用している場合において、その後にCが通路の存在を認識しながら、または認識可能であるにもかかわらず認識しないでBから乙土地を承継取得したときは、Cは背信的悪意者にあたるので、Aの地役権設定登記がなされていなくて [続きを読む]
  • メッセージ)条文が大切だって言ってますけど、判例も大切ですよ
  • 判例が大切な理由は、よくご存知だと思います。法律と同等の効果があります。そんな判例ですが、どうやって覚えていくのか?その前に、何故、覚えないといけないのか?難しい行政書士試験は、択一の中にでも、判例を織り交ぜてきます。判例は、知っているかどうかだけのこと。知らなければ解けません。出題者側の立場になれば、条文だけでは、限界があります。条文だけでしたら、完全マスターされている受験生が多いのです。判例を [続きを読む]
  • 平成24年問題57-ウ(一般知識)
  • 【問題】地方公共団体の行政機関における個人情報の保護に関する次の記述は○か×か?地方公共団体は、法律の委任を受けずに、個人情報の保護に関する条例を定めることが可能であり、また、その内容は、地方公共団体ごとに異なってもよい。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、とても嬉しいです。↓↓↓ [続きを読む]
  • 過去問が合格へのキーワード!【行政書士試験過去問講座】
  • 行政書士試験、過去問を制覇せずして、合格はないと思っております。しかし、過去問は難しい部分も多く、挫折してしまう場合も多いです…音声講義付きのテキストで、楽々学習しませんか?詳しくはこちらを して下さい。お試し版1,000円もございます!大塩行政書士法務事務所の行政書士受験生向けの教材情報も満載です!Youtubeでも説明しています。一緒に合格を勝ち取りませんか?関連します他の教材等も、絶賛発売中です! [続きを読む]
  • 平成24年問題18-5(行政法他)
  • 【問題】行政事件訴訟法3条2項の「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」(以下「行政処分」という。)に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、○か×か?地方公共団体の設置する保育所について、その廃止を定める条例の制定行為は、行政処分に該当する。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けます [続きを読む]
  • 平成22年問題54-4(一般知識)
  • 【問題】「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に関する次の記述は○か×か?本人の開示請求に対して処分庁が不開示の決定を行い、この不開示決定に対して行政不服申立てがなされた場合には、行政機関の長は、原則として、情報公開・個人情報保護審査会に諮問をしなければならず、また、裁決または決定に際しては、諮問に対する審査会の答申に法的に拘束される。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解 [続きを読む]
  • 平成22年問題26-2(行政法他)
  • 【問題】次の記述は、独立行政法人の説明として、○か×か?法律により直接設立される法人または特別の法律により特別の設立行為をもって設立すべきものとされる法人であって、その新設、廃止等に関する審査が総務省によって行われるもの。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、とても嬉しいです。↓↓↓ [続きを読む]
  • メッセージ)昭和のツール(30年以上前)は、かなり偉大ですよ
  • チェックペンって知ってます?単語帳って知ってます?昔々の昭和のツールです。これら、とても便利なんです。チェックペンは、大切だと思う個所にペンで線を引き、緑のシートをかぶせると、その部分が消えてます。空欄穴埋めに必須です。単語帳は、順番を入れ替えれますし、逆に裏から読み、表に書いているのを回答する方法もあるでしょう。これ以上の説明はカットしますが、昭和のツールは優秀だと思いますよ。ちなみに、チェック [続きを読む]
  • 平成21年問題36-2(商法・会社法)
  • 【問題】商人間の取引に関する次の記述は○か×か?A株式会社は、輸入業者Bとの間でコーヒー豆の売買契約を締結した。Aの仕入れ担当者はコーヒー豆の納入に立ち会い、数量の確認および品質の検査を行った。その際、コーヒー豆の品質の劣化を認識していたが、Bに直ちには通知しなかった。この場合に、AはBに対して売買契約の解除、代金の減額または損害賠償を請求することができない。【注】解答は、最下段に表示しています。    [続きを読む]
  • 過去問からも出題されてますよ!【行政書士試験過去問講座】
  • 行政書士試験、過去問を制覇せずして、合格はないと思っております。しかし、過去問は難しい部分も多く、挫折してしまう場合も多いです…音声講義付きのテキストで、楽々学習しませんか?詳しくはこちらを して下さい。お試し版1,000円もございます!大塩行政書士法務事務所の行政書士受験生向けの教材情報も満載です!Youtubeでも説明しています。一緒に合格を勝ち取りませんか?関連します他の教材等も、絶賛発売中です! [続きを読む]
  • 平成21年問題25-3(行政法他)
  • 【問題】国家公務員についての次の記述は○か×か?その不法行為について国が国家賠償法1条1項により賠償責任を負うのは、国家公務員法上の公務員に限られる。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けますと、とても嬉しいです。↓↓↓↓↓にほんブログ村=====一緒に合格を勝ち取りませんか?音声講義ファイル付で [続きを読む]
  • 平成26年問題34-3(民法)
  • 【問題】生命侵害等に対する近親者の損害賠償請求権に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、○か×か?他人の不法行為により、夫が慰謝料請求権を行使する意思を表明しないまま死亡した場合には、その妻は、相続によって夫の慰謝料請求権を行使することはできない。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを [続きを読む]
  • 平成28年問題2-ウ(基礎法学)
  • 【問題】法律の形式に関する次の記述は、現在の立法実務の慣行に照らし、○か×か?ひとつの「条」およびひとつの「項」の中で用語等を列挙する場合には、漢数字により番号を付けて「号」と呼ぶが、「号」の中で用語等を列挙する場合には、片仮名のイロハ順で示される。【注】解答は、最下段に表示しています。   問題、解答に関するご質問には一切ご対応致しません。ランキングに参加しています。下記ボタンを 頂けます [続きを読む]