sakaecounselor さん プロフィール

  •  
sakaecounselorさん: 心理カウンセラーのメモ帳
ハンドル名sakaecounselor さん
ブログタイトル心理カウンセラーのメモ帳
ブログURLhttp://taru-counseling.blogspot.jp/
サイト紹介文名古屋にルームを持つ臨床心理カウンセラーのブログです。
自由文心理学やカウンセリングにまつわるコラムを毎日更新。HPはこちらhttp://sakaecog.web.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/05/11 20:07

sakaecounselor さんのブログ記事

  • 心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ②
  • 前回から少し間が開いてしまいました。(前回の記事→心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ①)ということで、心理カウンセリングの効果を最大限発揮するための秘訣はクライエントが自分の感情・気持ちを自由に表現できること。これに尽きるでしょう。言葉にすると単純ですが、これがカウンセリングの目的と言っても過言ではないほど大切なことです。心の声を素直に表現するというのは意外に難しいものです。日常生活では色 [続きを読む]
  • 心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ①
  • さて、前回の記事では、心理カウンセリングの回数について、を書きました。今回は『効果的なカウンセリング』についてです。心理カウンセリングを効果的に進めるには、いくつか気を付けなければならないことがあります。そのうちで最も重要な禁忌。それは『心理カウンセリングの無理強い』。文字通り、本人が望んでいないのに無理にカウンセリングを受けさせること。これは効果がないどころか逆効果ともなります。クライエントさん [続きを読む]
  • カウンセリングは何回受ければいいのか
  • さて、久しぶりに心理カウンセリングについてがっつり語ってみようかと思います。クライエントさんからこのような質問を受けることがしばしばあります。「カウンセリングは何回受ければいいの?」聞かれればこうお答えするしかありません。「あなたがカウンセリングが必要ないと思ったら、その時が終結です」無責任な答えに聞こえるかもしれませんが、それが我々の素直な答えです。カウンセリングの終結と言っても、その形は様々で [続きを読む]
  • 寒いものいっぱい
  • 今日はまたひときわ寒かったですね。最大級の寒波襲来だそうで。でも寒波とか、今年一番の寒さ/暑さとかって、しょっちゅう天気予報で聞く気がしますが、あれってどういう基準なんでしょう。『今年一番』はどんどん更新されていくものだろうし、季節の変わり目には毎日のように『今年一番』があっても不思議ではないですよね。まぁそれはいいとして。『寒い』という言葉の使用例は多岐に及びます。単純に気温が低い時は「天気が寒 [続きを読む]
  • 大人と子供の境界線
  • 今日は全国的に成人式が行われたのですね。栄の街もスーツを着慣れていない若者が楽しそうにしている姿が目につきました。成人式といえば、奈良時代から続く、元服を起源とした新成人を祝う日本特有の風習です。つまり、成人式を境に大人として扱われるという儀式です。しかし、子供から大人になることでどのような変化があるのでしょうか。大人と子供の境目は一体なんなのでしょう。社会的、法律的には二十歳というのはひとつの目 [続きを読む]
  • 新年ムード
  • 今日は朝から親族の集まりがありまして、そして夕方からは仕事でした。珍しく車で職場へ行ったのですが、街の雰囲気がやっぱりいつもと違いますね。新年ムードといいますか。年末ムードは街往く人たちの表情が少し忙しそうに感じるのですが、今日、1月3日は皆少しのんびりとして楽しそうな表情の人がよく目につきました。そりゃね、今日栄の街を出歩いている人の多くは、仕事でなくて初売りの買い物や遊び目的が多いでしょうし、顔 [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 昨年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます。お正月ですね。元旦は久しぶりに一日ゆっくりと過ごしました。正月番組を見て、初売りに行って、なんというか、お正月を満喫したといった感じです。しかし時の流れというのは本当に早い。去年のお正月がもう一年前だなんて信じられない。体感的にはまだ6月くらいな気分です。去年はとにかく忙しくしていて、気持 [続きを読む]
  • ゆく年 くる年
  • 今年一年もあとわずか。もう少ししたら近所の神社に行って来ようと思います。名古屋 栄カウンセリングルームにお越しいただいた皆さま、有難うございました。皆さまの人生をより良くするお手伝いに、少しはお力になれたでしょうか。私が行った研修やセミナー、カウンセラーのトレーニンングワークショップにご参加いただいた皆さま、有難うございました。皆さまのお役にたつものが少しでも伝えられたでしょうか。私なりには精いっ [続きを読む]
  • 自分の一年を振り返ってみる(下半期編)
  • さて昨日の記事に続き、下半期の印象的な出来事を振り返ってします。「こんな超個人的な雑記、誰得なんだ」そんな疑問を感じつつも突き抜けますよ。【8月】温泉の魅力に虜になる。今年は温泉によく行きました。仕事で地方に行く機会があるとその地の温泉を楽しむという、仕事と趣味を両立した贅沢なイベントです。おじさん化による体力の衰えを温泉で癒して日々励んでいます。花火大会で感動。夏と言えば花火。あんなに間近で花火 [続きを読む]
  • 自分の一年を振り返ってみる(上半期編)
  • さて、ひとつ前の記事で『自分版・今年の十大ニュース』でこの一年を振り返る、そんな内容を書きました。もう今年も残すところあと二日となりました。今年の私が経験した印象に残っている出来事について少し振り返ってみようかと思います。10個でもないし順位もなく、ただ思いつくままに今年一年を振り返ってみようかと思います。【1月】実家帰省。そのあと風邪でダウン。わりとこれ毎回のことなんですよね……。帰省して気が緩ん [続きを読む]
  • 今年を振り返りはじめる
  • もう12月も終わりがすぐそこまで見えてきました。今年ももうすぐ終わるのですね。この時期になるとカウンセリングが忙しくなります。クライエントさんの気持ちとしては、「一年が終わることへの焦り」というのが多いようです。「一年の始めに立てた目標が達成できていない」「この一年自分は何も成長できていない」そんな思いから気持ちがネガティブになってしまい、カウンセリングで気持ちを整えようとする方が多いようです。私個 [続きを読む]
  • わが家のクリスマス 2016
  • Merry Christmas!!ということで今日はクリスマスイブですね。名古屋 栄の街は恋人同士やプレゼントを持ったお父さんたちで活気づいていました。私はお仕事だったのですが、嬉しいサプライズが。今日はカウンセラー養成学校の講師のお仕事でした。いつも通りに講義を……と思っていたら、受講生の方からプレゼントをいただきました。きれいな包装。(このラッピング、すべて自前だそうです。凄い!)なんだろう……? と帰宅して開 [続きを読む]
  • 30歳を超えると新しい音楽を聴かなくなる?
  • 年末とクリスマスムード真っ盛りの今日この頃、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。この時期から年末にかけてTVでは歌番組が多くなりますね。アメリカの音楽ストリーミング配信Spotifyの調査では、人は33歳を過ぎると、新しい音楽を聴くのをやめてしまう傾向にある、というデータが出されたそうです。(https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/7231)確かに、私も高校生や大学生の頃はどんどん新しい音楽に興味を持っていたも [続きを読む]
  • お気に入りの文具
  • 今日は私のお気に入りの文具を紹介します。もともとあまり文具にこだわるほうではなかったんですけどね。というのも、自分の字が下手なことにコンプレックスがあり極力字を書かないようにしていたんですよ。だからキーボードで文章を打つのは早いのですが、反比例して手で文字を書くことに不慣れになっていきました。カウンセラーになり、講師業をするにあたって文字を書くことを避けることが不可能になってきて、ダメ押しで当時の [続きを読む]
  • 心理カウンセラーによる婚活支援
  • 私がお世話になっておりますカウンセラー団体が、新たな試みを立ち上げました。『心理カウンセラーによる婚活支援』。( で飛べます)興味深い記事を更新されているのでご一読ください。婚活コミュニケーション講座も受付中【男性限定】 現役心理カウンセラーによる婚活コミュニケーション講座昨今、未婚・晩婚化が騒がれております。2015年のデータによれば、男女とも25〜29歳での未婚化が上昇しており、男性の72.5%、女 [続きを読む]
  • 今年の新語について②
  • さて、前回の記事で『2016年今年の新語』について挙げました。【辞書の三省堂が選ぶ「今年の新語 2016」】大賞「ほぼほぼ」第2位「エモい」第3位「ゲスい」第4位「レガシー」第5位「ヘイト」という事で今回は3位以降について見てゆきましょう。「ゲスい」ゲスな感じだ。下品だ。やりかたが きたない。えげつない。という意味らしいですが、今年この言葉が多く使われた理由といえば、バンドグループ『ゲスの極み乙女』のヴォーカル [続きを読む]
  • 今年の新語について
  • さてこの時期になると、「今年一年を振り返って」的な章の発表が増えてきますね。『流行語大賞』や『今年の漢字』などですが、他にも『今年の新語』というのもあります。辞書メーカーの三省堂が選ぶ今年の新語は、大賞「ほぼほぼ」第2位「エモい」第3位「ゲスい」第4位「レガシー」第5位「ヘイト」となるそうです。全部意味わかりますか?では一つずつ見ていきましょう。「ほぼほぼ」確かにこの言葉を使う人、最近多いですね。完璧 [続きを読む]
  • 共感性羞恥とは
  • 今日、用事があってガイシホールの周辺を夕方に車で通ったんですよ。いつも混んでいる道ではあるのですが、今日はひときわ渋滞してました。あとで知ったのですが、DREAMS COME TRUE(ドリームズカムトゥルー)のライブが行われていたそうで。会場の建物に入りたい車と直進したい車と徒歩で会場に入ろうとする人、更には周辺でうろうろしている人たちが混在してちょっとしたカオス状態でした。そんな時の名古屋のドライバーは遠慮が [続きを読む]
  • 英語が話せるようになりたい
  • ここ最近、私の中で『英語熱』がまたもフィーバー中です。時折来るんですよ、このフィーバーは。その切っ掛けは海外ドラマ。少し前に『ウォーキング・デッド』にハマっているとお話したことがありましたが、今は『グリム』にハマってます。『GRIMM/グリム』はジャンルとしては、サスペンスファンタジー・刑事ドラマというもので、グリム童話に登場するようなモンスターが関わる現代の事件に、特殊な能力を持つ刑事が立ち向かう、と [続きを読む]
  • 東山動植物園で鳥インフルエンザの疑い
  • 名古屋にある東山動植物園で鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したそうです。朝このニュースを聞いて危惧していた事態が現実となってしまいました。それは、動物と触れ合える園内施設である『小鳥とリスの森』が『バードホール』と共に一時閉鎖となってしまったこと。東山動植物園の年間パスポートを持つほどヘビーユーザーである私としてはとてもショック事態です。(今日の画像も東山動植物園で私が撮影したリスです。可愛い [続きを読む]
  • 飛んでも8分歩いて10分
  • 一年の中で交通事故数が最も多いのが12月だそうです。理由としては、日照時間が少ないことでの視界の悪さや、年末に向けての慌ただしさで気持ちが急いてしまうということだそうです。確かに、ここ数日仕事帰りのバスで危険な運転であわや事故という場面を何度か目撃しました。無理な追い越しや、強引な右折など、やはり気持ちが焦っているということなのですかね。気持ちはわかるのですが、実際は危険な運転をしたところでせいぜい [続きを読む]
  • プロカウンセラーになるための実践WS12月開催
  • 毎月恒例のワークショップ『プロカウンセラーになるための実践トレーニングWS』。今日も開催してました。先月と今月のテーマは『実践練習SP』ということで、これまで学んできた心理療法やテクニック、そして固有の特技や技術、更には自身の人生経験、すべてをフル活用して、自分の行える最も効果的なカウンセリングを行ってみましょう、そんなコンセプトで行っていました。それを参加者の方にお伝えしたところ、こんな発言が。「そ [続きを読む]
  • 2016年自分流行語
  • さて今年も年末恒例の『2016ユーキャン新語・流行語大賞』が発表されました。大賞は「神ってる」だそうで、去年の『トリプルスリー』に続いて野球関連からの大賞選出だそうです。そのほかトップ10には、「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」が選ばれたようです。うぅむ……流石にほとんど聞いたことのある言葉ではあ [続きを読む]
  • よかった探しをしよう
  • ここ数日はすっかり冬の寒さになってきてますね。明日から12月に入るともっと寒くなるのでしょう。私は本当に冬というのが苦手でして、寒いとダイレクトに体調が悪くなってしまいます。なので、この時期は体が冷えないように色々と対策をしているのですが、これからの本格的な冬を思うと少し気が重くなってしまいます。寒さ対策として、心理に携わる者としてはそちら方面からのアプローチにも興味はあります。いわゆる、『心頭滅却 [続きを読む]
  • 欲求と理性のせめぎ合い
  • 先日お呼ばれしてきた食事会なのですが、その食事会はビュッフェスタイルでした。味はとても美味しく満足だったのですが、私はいつもビュッフェスタイルで後悔をしてしまうことがあります。それは、「欲求に勝てない」。ついね、美味しそうなお肉や好物のカレーに手が伸びてしまい、せっかくたくさん種類がある品目なのに食べきれないんですね。もっと普段は食べる機会がないようなものを食べれるチャンスなのに、どうしても好物の [続きを読む]