dr さん プロフィール

  •  
drさん: 新築の庭に芝生を作るブログ
ハンドル名dr さん
ブログタイトル新築の庭に芝生を作るブログ
ブログURLhttp://lawndoctor.seesaa.net/
サイト紹介文きれいな芝生を目指してティフアートとペレニアルライグラスのオーバーシード(WOS)に挑戦中。
自由文2014年7月にティフアートを植え、9月末にペレニアルライグラス(クイックスタート2)をオーバーシード(WOS)しました。とても難しいといわれるスプリングトランジションを完成させることができるのか、ブログに記録していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/12 17:02

dr さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • (2017.07.08)生えそろいました
  • 姫高麗は日陰に強く、完全に生えそろい、密です。文句なし。ティフアートの方が生長が緩慢でビッシリといきません。日当たり要求量が全く違う気がします。姫高麗芝部分ティフアート部分 [続きを読む]
  • (2017.05.21)たいぶ緑がそろってきました
  • 今回は、玄関のアプローチ以外WOSをしなかったので、トランジションがなく、楽です。ただ、昨年のフェアウェイ2が所々芽吹いてしまったので、一応低刈りでプチSTをしています。今日は液肥を全体にたっぷりまきました。下は、サツキワセをWOSしていた箇所です。フェアウェイ2は雑草感が強いですが、サツキワセは葉が繊細で見た目が良いです。ティフアートと馴染んで、どちらがどれ位の割合なのか分かりにくいです。 [続きを読む]
  • (2016.08.29)芝刈機23ミリカット+バリカン10ミリカット
  • 見た目を良くしようと23ミリで長めにカットしてきたのですが、何となく思ったようなフサフサ感がでません。何でかなあと考えて見てみると、地面のデコボコがあるために、刈れているところと刈れていない箇所がまばらに出てきて、それが違和感を感じるようです。芝の頭がスッパリカットされているとすがすがしく、伸びた草の先がピンピンしてると汚く見えます。かといって、10ミリとかでカットすると、地面のデコボコのせいで地面ま [続きを読む]
  • (2016.06.09)23ミリカット
  • 今年は長めに管理しますので、23ミリでキレイに頭が揃うまで長く伸びた芝をカットし、短い芝は伸ばすことにします。ティフアート7割、ライグラス3割というところです。上の写真の反対側手前側の密度を上げることが当面の目標です。 [続きを読む]
  • (2016.06.05)姫高麗の状況
  • す写真を見ると、明らかに左側、中央、右側で感じが違うのが分かると思いますが、左側が以前からある姫高麗芝、中央は昨年ティフアートのポット苗を植えた箇所、右側は二ヶ月前に植えた姫高麗です。2016年6月の姫高麗とティフアートポット苗隙間は今年中に埋まると期待しています。右側(今年植えた姫高麗)は大変生長が良くて、『結局ホームセンターの姫高麗でいいやん!』と思ってます。芝刈り機の高さ設定は16ミリですが、次回 [続きを読む]
  • (2016.06.02)アニュアルライグラスからのST状況
  • 昨年から今年にかけては、トランジションの苦労を考えてアニュアルライグラス(フェアウェイ2)をWOSしていました。たしかに、ペレニアルライグラスに比べると高級感が劣る気がします(より草っぽい)しかし、トランジションで毎日芝刈りするのは今年は難しかったので仕方ありません。4月末に10ミリカットし、その後は伸びすぎない程度の気持ちで16ミリカットを続けています。ライグラスは暑さに負けて自動的に減っていく感じです [続きを読む]
  • (2016.02.11)フェアウェイ2のWOSの様子
  • トランジションの大変さを考えて、今年はアニュアルライグラス(フェアウェイ2)をオーバーシードしています。種まきの量は当初30グラム/?でしたが、ムラがあったので、その後適当に追い撒きしています。肥料は1月に50グラム/?を一回したのみで、水やりも雨任せという適当な管理です。寒さのためあまり伸びませんので、芝刈りもほとんどしてませんが、上方向に伸びてきて見苦しくなりそうなときには適宜刈っています。今後は暖か [続きを読む]
  • (2015.09.19)ポット苗植え付け後4カ月経過
  • ポット苗の植え付け後4週間が経過し、普通にすると芝生屋さんの広告とはかなり生育に差が出るということがはっきりしました。土壌改良もそこそこに、日当たりもそこそこにすると下の写真のようになります。(ただし、水やりと施肥はきちんとしました)ポット苗植え付け後4カ月経過後の様子ポット苗に限らず、今年の夏の管理は全体的に良くなかったらしく、あまり密度が上がりませんでした。ただ、9月に入ってからの生育は良く、早 [続きを読む]
  • (2015.09.19)夏越えしたティフアート
  • ペレニアルライグラスのトランジションは大変でした。。8月は密度が足りない状態が続き、9月に入ってから急激に回復を見せてきました。9月25日のティフアートの様子1週間ほど前に大量の目砂を投入したのでところどころ芝が隠れてしまっていますが、8月に比べるとかなり良いです。現在は光合成優先の23mmカットです。10月はじめに予定のWOSまでに一回完成された姿を見たいものです。ちなみに、今年のWOSについては、来年のSTに負担 [続きを読む]
  • 過去の記事 …