大貫 健太 さん プロフィール

  •  
大貫 健太さん: FPが勧める、お得な社外活動
ハンドル名大貫 健太 さん
ブログタイトルFPが勧める、お得な社外活動
ブログURLhttp://onetenth.blog.fc2.com/
サイト紹介文常に先を見ることで収益を出せるスモールビジネスを紹介。起業塾で学んだことをアウトプットします。
自由文このブログを読んで頂くだけでファイナンシャルプランナー2級・3級が取得できるレベルの知識が身につきます。さらに難易度別のビジネスプラン紹介、ビジネス系マインドセットなども公開しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/05/13 21:51

大貫 健太 さんのブログ記事

  • 都心の新築ワンルーム投資はヤバい・・・
  • 「所得税が安くなる方法があります」「頭金ゼロで大家になれます」会社にこんな電話がうるさいくらいかかってきます。少しでも耳を傾けようならマシンガンの如く会社説明、不動産のメリットをプレゼンされますからね。これらのほぼ全ては都心物件を扱う不動産業者です。実は都心の区分所有の投資。(マンションの一室を購入する投資)入口がホンットに甘くて、出口がホンッッッットに厳しい投資商品です。以下、実際にある都内新築 [続きを読む]
  • 12種類の用途地域 「住居地域」「商業地域」「工業地域」
  • 用途地域とは、それぞれの地域にふさわしい建物を建てるための枠組みのことです。大きく住居系、商業系、工業系の3つに分けられ、市街地の土地利用を都市計画法により定められています閑静な住宅街にいきなりパチンコ屋が出来たり、小学校の隣にラブホテルが出来てしまったら街としての統一感がなくなり、結果として住みにくい街となってしまいますよね。こうした問題を避けるために用途地域が設定されています。検討している物件 [続きを読む]
  • 初めての不動産投資
  • 不動産投資は、株式投資やFXに比べて値動きが緩やかで、よほどマズい物件を掴まなければ安定した家賃収入を得られる投資です。投資の基本はリスクとリターンはほぼ比例することです。不動産投資も同じ。都心であれば空室になることは少ないですが、リターンは少ないです。地方や築古物件であれば、部屋は埋めにくいですが、埋まりさえすればリターンは年利10%を超えるほど大きくなります。「年収400万のサラリーマンが月収1,000万 [続きを読む]
  • 物件購入までの手順② -重要事項説明と売買契約書-
  • 買付申込書を提出後、価格や契約条件について売主と折り合いがつけばいよいよ売買契約を結ぶことになります。不動産会社は、売買契約を締結するまでに、購入予定者に対して物件に関わる重要事項の説明をしなければならないと、宅建業法で定められています。そのため、売主側の不動産会社から「重要事項説明書」と「売買契約書」等の書類が作成されます。重要事項説明書とは、不動産知識の少ない消費者がよくわからないまま契約する [続きを読む]
  • 物件購入までの手順① 買い付け申し込み
  • 買いたいと思える物件が見つかったら、物件を予約する意味で「買付申込書」を売り主に送ります。多くの場合はローンを使って物件を購入しますから、融資が下りれば購入する意思があります、ということを不動産会社に示すのが買い付け申し込みです。買い付け申し込みの効力売主が買付申込書を受理すると、買い手の募集を停止します。買付申込書は契約書ではありませんので法的拘束力はなく、購入しないという選択肢を取ることも出来 [続きを読む]
  • 収益不動産を選ぶ極意 -入居者のニーズを考える-
  • 不動産投資を始めるうえで重要な空室リスクですが、空室率が低い物件というのは入居者のニーズとマッチしている特徴があります。家賃と物件価格は需要と供給で決まりますので、入居者ニーズにマッチした物件であれば家賃が下がらない、または上がることもあります。今回は入居者のニーズを考えるというテーマでお話します。単身世帯狙い単身者の多くは仕事をされているので交通の便が良いところを選定します。それなので駅に近い立 [続きを読む]
  • 物件を探す2つの方法-自分で探すか業者に探させるか- 
  • 今回は実際に物件を探す方法についてお話します。検索方法は大きく2通りあり、インターネットで探す方法と不動産会社から紹介してもらう方法です。インターネットで物件を探したとしても最終的には不動産会社と繋がることになります。物件を不動産会社が探すか、自分で探すかの違いです。インターネットで探す最近は不動産情報サイトも増え、掲載されている物件も一つのサイトあたりで5,000件〜20,000件と、とにかく物件数が膨大で [続きを読む]
  • 投資指標 ROI・NOIとは・・・
  • 不動産投資に限りませんが投資には判断基準として使われる投資指標というものがあります。前回の記事でも触れましたが、優良な不動産を見つけるには物件価格と賃料収入だけでは判断できません。多くの物件を選別するにあたり、素早く物件を見極めるための重要な指標についてお話します。 ROI 投資収益率 ROI(Return ON Investment)とは、最初の自己資金を1年でどれだけ回収できるかを表す投資収益率です。投下した資本がどれだ [続きを読む]
  • 表面利回りと実質利回り -簡易的な経費の計算方法-
  • 不動産投資の利回りには、表面利回り(想定利回り、グロス利回りとも言う)と実質利回り(NET利回りとも言う)の2種類があります。まず利回りとは、投資額に対して収益がどれくらいあるかを知る尺度のことです。例えば利回り5%であれば1年間で投資額の5%がリターンとして得られるという意味です。不動産投資では表面利回りと実質利回りの違いを理解していないと痛い目を見ることになります。表面利回り表面利回りとは、1年間満室だ [続きを読む]
  • 不動産投資 -5つのランニングコスト-
  • 不動産を持ち続けるにはランニングコストがかかります。今回は5つの主なランニングコストについてお話します。固定資産税・都市計画税初期費用にも登場しました固定資産税、都市計画税ですが、実は土地や建物に毎年かかる税金なります。計算方法などの詳細は前回の記事をご覧ください。修繕費区分所有マンションを購入した場合は建物の管理組合に支払う修繕積立金を指します。マンションは定期的に修繕工事が行われますので、その [続きを読む]
  • 不動産投資 無料個別面談
  • 年間300人を超える不動産投資の相談を受けるベテラン投資家が無料で個別面談をさせて頂きます!(当ブログの管理人ではありません^^;)まだ物件購入までは考えていない方でも結構です。不動産投資の基礎知識をお伝えし、勉強にオススメの無料セミナーもご案内します。こんな方にオススメです・これから不動産投資について勉強しようと思っている・本やインターネットで勉強したが、実際に何から始めて良いのかわからない・検討して [続きを読む]
  • 不動産投資 「フルローン」と「オーバーローン」の違い
  • フルローンとオーバーローン前回の記事でご説明した通り、不動産購入時には物件価格の約7%〜9%が初期費用としてかかってきます。とある物件を例に挙げて、不動産購入で融資を受けるにあたってのフルローン、オーバーローンの違いについてお話します。【例】区分所有マンション不動産価格:2,140万円場所:東京都23区内間取り:1K諸費用:150万フルローンフルローンは、不動産価格の2,140万円のみローンを組むことを言います。つま [続きを読む]
  • 不動産購入時の初期費用一覧
  • 不動産購入には物件価格以外にも購入時諸費用と言われる多額の初期費用がかかります。今回は7種類の購入時諸費用についてご説明します。 仲介手数料不動産会社に支払う手数料です。仲介手数料には上限が定められていて、売買価格の3%+6万円×消費税となっています。3,000万円の物件を購入した場合の仲介手数料は、3,000万円×3%+6万円=186万円(税別)となります。銀行事務手数料 融資をして頂ける銀行に支払う手数料です。一般的 [続きを読む]
  • 不動産投資 -サラリーマンでも経費計上が出来るようになる-
  • 不動産投資は株式やFXと違い、事業として見られますので、不動産投資に関わる出費はすべて経費として計上されます。サラリーマンの経費は基本的に認められていませんので、サラリーマンが不動産投資を行うメリットは非常に大きいです。これがいわゆる節税です。所得税還付 銀行から受けた融資の利子、建物の管理費、修繕積立費などは当然経費として認められますし、不動産を学ぶための書籍代やセミナー参加費、業者と打ち合わせを [続きを読む]
  • 不動産投資 -サラリーマンは銀行からの融資を受けやすい-
  • レバレッジを利かせることで利益を出す不動産投資ですが、それには銀行から融資を受けることが前提となります。実は銀行から融資を最も受けやすいのは、社長でも役員でもなく、毎月一定額の給料を貰うサラリーマンです。会社の業績で収入が左右される役員よりも、固定給のサラリーマンの方が、銀行は信用しやすいのです。さらに高評価を受けるポイントは・・・・年収が高い。・勤めいる会社の規模が大きい。・勤務年数が長い。・貯 [続きを読む]
  • 不動産投資 必ずしも安定した投資ではない
  • 不動産投資は、銀行からお金を借りて不動産を購入することで、持ち金の何十倍〜何千倍のお金を運用することが出来ます。これを「レバレッジを利かせる」と言います。FXのように日々大きく変動する為替相場にレバレッジをかけて投資することに比べ、不動産はリスクが少ないのが特徴です。債券市場、株式市場、金や銀などの先物市場は経済イベントや災害で大きく変動します。こういった唐突な要因というのは予想することが極めて難し [続きを読む]
  • 不動産投資-基本編- 「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」
  • 不動産投資とは、マンションの一室やアパート一棟、戸建てなどを購入して、人に貸して家賃収入を得たり、売却をして利益を出す投資です。この部分だけで言えば株式投資と似ています。株を持っていることで、その会社の利益を配当金として受け取り、株式の価値が上がれば売却をして利益を得る。株式で言う配当金は、不動産投資ではインカムゲインと呼び、売却して得た利益をキャピタルゲインと呼びます。インカムゲインインカムゲイ [続きを読む]
  • 本当に老後は不安ばかりなのか?年金の繰り下げ受給を活用
  • 老後の生活費は1億円必要だ。年金は貰えないかもしれない。今のうちに収入源を増やしておかなければ。などなど、将来を脅かすような情報をいたるところで目にしますが、本当に老後の生活は不安ばかりなのでしょうか?実は普通に会社に務めて普通に定年まで働いていれば、老後資金は全く問題ありません。その方法は年金を上手く活用することです。老後資金1億円は本当金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査 [続きを読む]
  • シェアリングエコノミーに求められる規制
  • シェアリングエコノミーとは物を所有独占する時代から共有する時代へと変える経済モデルのことを指します。大量生産、大量消費に歯止めをかけ、社会全体の経済効果を上げる。そんな期待がシェアリングエコノミーには込められています。これは前回の記事で具体例を挙げて説明した通りです。モノをシェアするという他にも、多くの人が新たな収入源を得るという面を見ても貧困対策として世界でもっと受け入れられるべきだと思います [続きを読む]
  • 1分間の話を10秒で伝える方法 -話のノイズを排除-
  • 人間が相手の話を聞いていられる我慢の時間ってご存知ですか?実はたったの30秒だけです。30秒を超える話になると「結局何が言いたいの!?」と相手側は話の趣旨がわからなくなってしまいます。話が回りくどくて伝えたいことが伝えられない。急に質問をされた時に的外れな回答をしてしまう。このような経験がある方は是非この記事を最後まで読み進めて頂ければと思います。ただし、今回の記事はただ読むだけでなく、皆さんにも実 [続きを読む]
  • メルカリとヤフオクの違いとは?特徴まとめ
  • 違いを一言で違いを申し上げると、メルカリはフリーマーケットでヤフオクはオークションです。どちらも物を売り買いする場であることに違いはありませんが、販売の形態が異なります。メルカリとヤフオク、どちらで買い物がお得なのかまずは出品者目線で比較してみましょう。メルカリは初めに価格を決めて販売されているので、基本的には希望の価格で売買することが出来ます。ヤフオクは入札があるたびに価格が上がっていくので、 [続きを読む]
  • 生前給付保険 ? リビングニーズ特約と特定疾病保障保険
  • リビングニーズ特約リビングニーズ特約とは、病気やケガの種類に関わらず、医師から余命が6か月以内と宣告された場合に、契約している死亡保険金の一部または全部を生前に受け取ることが出来る特約です。残された人生を悔いなく過ごすことが出来るようにという目的で作られました。リビングニーズ特約を付加するための保険料は無料です。生前に受け取った保険金が使い切れず残った場合は、相続税の課税対象となります。特定疾病保 [続きを読む]
  • 損害賠償金 - 災害と税金
  • 損害賠償金にかかる税金は、保険金受取人が個人か法人かで変わってきます。個人が損害賠償金を取得した場合個人が受け取る損害賠償金や見舞金は、人身事故・物損事故に関わらず非課税です。家屋、生活用動産が災害により損害を被った場合には、雑損控除として所得控除を受けることが出来ます。対象は、本人または本人と生計を一にする配偶者、他の親族が有する物に限られます。また、これらの人が医療費を支払った場合には、医療 [続きを読む]