野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さん プロフィール

  •  
野良猫岡山の糖尿病・奮闘記さん: 野良猫岡山の糖尿病・奮闘記
ハンドル名野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さん
ブログタイトル野良猫岡山の糖尿病・奮闘記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/noranekookayama
サイト紹介文糖尿病治療中の奮闘記です。病名は、糖尿病・高脂血症・慢性膵炎・低ナトリウム血症・高血圧・脂肪肝・糖尿
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/05/14 10:05

野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さんのブログ記事

  • 高齢者と糖尿病薬「控えたい薬」
  • SGLT2阻害薬が向いてる人と向いてない人SGLT2阻害薬は、肥満となっている糖尿病患者さんには大変有効な薬です。血中のブドウ糖濃度が下がりインスリンを大量に分泌しなくてもよくなるので、膵臓の負担も減らすことができます。しかし、痩せている患者さんやインスリンの分泌がほぼない1型糖尿病患者さんは注意が必要です。そういった患者さんがSGLT2阻害薬を服用すると、体がエネルギー不足になってしまうことも。するとケトア [続きを読む]
  • 血液1滴、がん13種早期発見...3年めど事業化
  • 新検査、8月から臨床研究…国立がんセンター2017年07月24日11:38国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う。 一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによ [続きを読む]
  • マダニ感染症、野良猫にかまれ保護しようとした50代女性が死亡 世界初
  •  厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。 国立感染症研究所によると、平成28年5月〜7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住 [続きを読む]
  • 1型糖尿病患者の約半数でインスリン分泌能が残存
  •  1型糖尿病患者の約半数では、発症から10年以上が経過してもなお、わずかながらも内因性のインスリン分泌能が残存していることが「Diabetes Care」6月15日オンライン版に掲載の論文で報告された。 これまで1型糖尿病患者は、発症から数年以内にインスリン分泌能を消失していくものと考えられてきた。しかし今回、罹病期間が10年以上の1型糖尿病患者であってもインスリン分泌能を保持している患者が多く存在することが明らかにさ [続きを読む]
  • インスリン注射にどんな種類がある?
  • インスリン注射にどんな種類がある?インスリンの注射剤(インスリン製剤)には、作用時間や注射に使う器具が違う種類があります。使う人の血糖の状態やライフスタイルに合わせて適したものを選べるようになっています。作用時間による分類薬が「打って何分で効きはじめ、作用が何時間持続するか」によって大きく5種類に分けられます。超速効型速効型持効型中間型混合型作用時間によって、食事の10分前に打つのか30分前に打つの [続きを読む]
  • 糖尿病児「入園ダメ」23%が経験…学会、初の調査
  • ■インスリン治療の理解不足…幼稚園や保育施設 子どもの時期に発症することが多い「1型糖尿病」で、患者の乳幼児の約4人に1人が幼稚園・保育施設の入園を拒否された経験があることが、日本小児内分泌学会による初の実態調査でわかった。学会は、幼稚園などの職員向けに治療法や接し方を説明した「入園取り組みガイド」を作成。病気の乳幼児の支援を求めている。 1型糖尿病の乳幼児は、インスリンというホルモンを注射で補充 [続きを読む]
  • 経口インスリンの臨床試験が成功
  • 飲み薬でインスリン治療ができる第77回米国糖尿病学会学術集会長時間作用型の経口インスリン製剤の臨床試験が成功インスリングラルギン注射と同等の治療成績 長時間作用型の経口インスリン製剤が、2型糖尿病の治療で多く使用されている持効型インスリン製剤と同等に血糖コントロールを改善し、しかも安全に使えるという研究が、サンディエゴで開催された第77回米国糖尿病学会学術集会で発表された。経口インスリン製剤 インスリ [続きを読む]
  • 塩分過多 糖尿病リスク大きく
  •  塩分摂取量が多いと、高血圧だけでなく糖尿病にもかかりやすい傾向がある−。山形大医学部は18日、こんな研究結果を発表した。県民約2万人の疾病などを追跡調査する同大の「コホート研究」の一環で、米沢市民対象の調査で分かった。今後、塩分摂取量と糖尿病発症リスクの因果関係を詳しく調べる。 調査は2015年に健康診断を受けた30〜70代の男女2100人の尿を分析。1日の推定塩分摂取量は12.1グラムで、全国 [続きを読む]
  • ごぶ沙汰ですね
  • 今朝の血糖値です。135(mg/dl)です。(´・ω・`)まぁ、こんまもんでしょうな。先週11日、妹の具合が悪い。普段の生理痛かと。激痛で顔が歪んでたので、ちょっとびびったが。で俺の掛かり付け病院に。婦人科ですね。速攻で連れて行った。なにせ出血が酷いので。色々と検査をし、診断が。子宮筋腫と。まだ24歳なのに。以前から生理痛が凄い。寝込むことも度々。出血も凄かったらしい。即日入院で(´・ω・`) 俺はてんやわんやで。 [続きを読む]
  • 糖尿病性お見合い
  • 今朝の血糖値です。137(mg/dl)です。安定志向です。はい。※内科医及び糖尿病専門医の閲覧は許可しておりません。厳しくお断りしております。※個人ブログです。責任は一切負いかねます。(´・ω・`)あのね、、、ブログでね、、、学会の発表とか、新薬の開発とか、米国糖尿病学会とかお堅い話題にすると「閲覧数」がすごい伸びるのね。ぴよぉーーーーーーん♪って。そうそう。糖尿病の薬で「うれしい副作用」とか。「東京大学医 [続きを読む]
  • 糖尿病検査結果
  • 今朝の血糖値です。124(mg/dl)です。いつもの様に(´・ω・`)トレシーバ注のインスリンを。HbA1cは「6.9」に。そして薬剤性肝障害もよくなり(´・ω・`) 誠によい事ばかりです・・・。なぜかしら、、、実家の「糞親父」が、あす、俺の家に・・・。どういう訳がわからず・・・。なんだ・・・。(´・ω・`)  妹の美咲に・・・。偵察を・・。で、全てを理解した。憲法違反です!婚姻の自由はすべての日本人に!(´・ω・`) 恋愛の [続きを読む]
  • 本日検査です(´・ω・`)
  • 今朝の血糖値です。124(mg/dl)です。問題ありません。はい。AM11:00からいつもの糖尿病の検査です。血液検査等。前回のHbA1cは、7.0でした。今回は7.0を切れば・・・(`・ω・´) 最高記録が15.2。2013.2月、糖尿病発症時。入院期間が30日コース。合併症の「神経障害」もセットで。チクチクチクチクチクチクチクチク病ですね。あんよが痛いお(´;ω;`)ウッ… まぁ、簡単に言うと歩行困難。激痛を伴い。糖尿病歴5年目、入院歴8 [続きを読む]
  • PHD阻害薬は糖・脂質代謝異常を改善
  •  現在、臨床試験が進行中のプロリン水酸化酵素(PHD)阻害薬は、腎性貧血の治療を大きく変えると期待されている。東京大学病院血液浄化療法部部長で腎臓・内分泌内科教授・診療科長の南学正臣氏は、第62回日本透析医学会(6月16〜18日)で、PHD阻害薬は腎性貧血だけでなく糖代謝や脂質代謝の異常を改善する可能性があることを示唆した。HIF活性化でインスリン抵抗性改善 PHD阻害薬は、低酸素誘導因子(HIF)を分解するPHDを阻害 [続きを読む]
  • 糖尿病薬、生後2か月の娘に薬飲ませ殺害
  • 東京・目黒区で、生後2か月の娘に、血圧や糖尿病の薬を飲ませて殺害したとして、23歳の母親が殺人の疑いで逮捕され、警視庁は育児をめぐる悩みなどがあったと見て調べています。警視庁によりますと、母親は容疑を否認しているということです。逮捕されたのは、東京・目黒区八雲の無職、田畑幸香容疑者(23)です。警視庁によりますと、去年12月、長女で生後2か月の織音ちゃんに、自宅で血圧を下げる薬や糖尿病の薬を飲ま [続きを読む]
  • 糖尿病がEDを引き起こす!?
  •  糖尿病の患者は予備軍も含めて2千万人以上いると推測されている。しかも、長くつき合っていかなければならない病気だからこそ、正しい知識と新しい情報をしっておきたいものだ。週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」では、「ドクターが語る 知っておきたい11のこと」として糖尿病が引き起こす合併症などを分析。ここでは糖尿病と勃起障害(ED)について、たけおクリニックの竹尾浩紀総院長が解説する。 糖尿 [続きを読む]
  • 糖尿病の飲み薬 低血糖や体重増加に気をつけて
  • 今回は、内服薬治療について解説します。糖尿病の治療の基本は生活療法(食事療法と運動療法)ですが、血糖コントロールが改善しない場合に、薬による治療を始めます。1) 糖尿病治療の目標 糖尿病治療の目標は、これまでに解説してきましたさまざまな合併症・併発症を防ぎ、「健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)を維持し、健康な人と変わらない寿命を確保すること」です。 糖尿病を良好にコントロールするためには、 [続きを読む]
  • あれっ(´・ω・`)
  • 食後です。食後です。食後です。食後です。(´・ω・`) 苦節、4年と8ヶ月・・・1,000,000PVを・・・・。よくも、まぁー。ありがとうございます。あの〜質問です。いつまで続けたらよい?(´・ω・`) このブログ?昨日、第三次救急病院に。(大学病院) 感音性難聴の検査です。堂本剛さんの病気と同じですね。はい。「来月で最後にしましょうね」だって!(´・ω・`) もうね、無理だって!右耳!仮死状態!お薬も・・ [続きを読む]
  • 血糖値201
  • 今朝の血糖値です。201(mg/dl)です。はい(`・ω・´)問題ありません!昨夜、どんちゃん騒ぎです。連れ4人と。いつものメンバーで。職業柄、住宅の新築、マンション購入の相談があるのね(´・ω・`)(以前、パートで働いて貰ってた美奈さん。小学生の子供を持つ転勤族の奥様。旦那さん、東大法学部卒の官僚。国家1種。昨年、転勤で横浜に戻る。もともとご夫婦とも横浜出身。美奈さん、愛嬌のある美人さん。謙虚。笑顔の絶えない [続きを読む]
  • ブロッコリーで糖尿病を改善?
  • ブロッコリーのスルフォラファンが血糖値を下げる ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれる「スルフォラファン」は、注目されている栄養成分だ。体内に取り込まれた化学物質の解毒や抗酸化力を高め、がんを予防する効果があることが知られている。 スルフォラファンは、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、ケール、白菜、菜の花などに含まれるが、ブリッコリーのスプラウト(新芽)は特に含有量が多い。 ブロッコリーのス [続きを読む]
  • 飲酒は適量でも認知症のリスク要因
  •  アルコール摂取は、たとえ適量であっても海馬の萎縮など脳に悪影響があることを、英国・オックスフォード大学のAnya Topiwala氏らが、30年にわたるWhitehall II研究のデータを用いた縦断研究の結果、報告した。今回の結果は、英国における最近のアルコール摂取制限を支持し、米国での現在の推奨量に異議を唱えるものだという。これまで、大量飲酒はコルサコフ症候群、認知症、広範囲の脳萎縮と関連するとされる一方、少量のアル [続きを読む]
  • インスリン注射「トイレで打って」
  • 「トイレで打って!!!」 理解進まぬ教育現場 希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している。 愛知県の県立高校の男子生徒(16)は、名古屋市内の中学2年生 [続きを読む]
  • 糖尿病アラート犬
  • 犬が持つ6つの特殊な能力犬の優れた嗅覚や直感が、人間のピンチを救ってくれています。中には科学的に実証はされていないものもあり、以下のような能力のある犬がいることが報告されています。嗅覚や直感が関係していそうな6例の犬の能力を紹介します。1.糖尿病患者へ低血糖を知らせる能力訓練を受けた犬は、人間の体から発せられる匂いで、糖尿病患者の低血糖状態を感知できるようになるといいます。犬の人間の100万倍以上といわ [続きを読む]