mikanyuzu000 さん プロフィール

  •  
mikanyuzu000さん: 漫画、小説時々ゲームの記録
ハンドル名mikanyuzu000 さん
ブログタイトル漫画、小説時々ゲームの記録
ブログURLhttp://ameblo.jp/mikanyuzu000/
サイト紹介文大好きな漫画や小説についての軽い感想です。漫画は少年、少女問わず。小説はミステリーが多いです。
自由文漫画は少年、少女問わず。小説はミステリーが多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/05/15 15:58

mikanyuzu000 さんのブログ記事

  • FF15 ⑨ 残念ながら時間切れ(涙)
  • ゲームというのは、新作を買うと高い買物ですし、せっかく買った好きなゲームはとことんやりつくしたい派のワタクシとしては、ここで一時撤退するのが無念でなりません(泣) ハンターランクもめでたく10となり、別の意味で難関といえるプティウォス遺跡も終わりました。 ランドルフの武器クエストも終わりました。いまいち腕のない私にはナグルファル戦では「黒頭巾」がかなり役立ったような気がします。 [続きを読む]
  • FF15 ⑧ 苦行は楽し?!プティウォス遺跡
  • なんだかんだで今では面白かったと思えるFF15ですが、いつかもう一度プレイしてみたいと思っています。ストーリー上、結末を知った上で確かめたい事がいくつかありますし。 その時は「強くてニューゲーム」でスカッとやりたいと思うので、今やれることはガンガンやって、できるだけアイテムなどもゲットしておきたいと思っています。 とりあえず、長い!キツイ!とうわさのプティウォス遺跡(ダンジョン)に行って参りま [続きを読む]
  • この女 / 森絵都 (文春文庫)
  • 森絵都さんは、ジュニア向けから大人っぽいのまでいろんな面をみせてくれる作家さんなのですが、これは大人向けの小説です。 設定はかなり変わっていて冒頭から引きこまれます。ある事情からある女性(結子)の小説を書く事になった主人公。簡単にはいかない彼女を知るにつけそれに興味がわいてきます。しかしむしろ、たぶん特殊な状況にありながら、後半までほぼ語られる事がない主人公自身についてが、私は気になってくるの [続きを読む]
  • キングダム / 原泰久(集英社)
  • さて、FF15にすっかりハマりこんでいた私ですが、実は漫画でもハマりこんでいたのですよね。 たぶん知っている人は「今頃?」って思うであろう「キングダム」です。もう44巻までありますからね。 毎週10冊くらいずつレンタルして一ヶ月ほどかかりまして、もちろん最新刊はレンタルになかったので購入しました。もうすでに続きが読みたい!(笑) 舞台は中国、春秋戦国時代。大将軍を目指す少年・信(主人公)と [続きを読む]
  • FF15 ⑦ ようやくCGが目指してきたものを理解したような気がする
  • 最近のCGの進化は目覚ましく、今や実写を超えるような表現すらあります。もちろんゲームでも、フィールドとかバトルとかは絶対にきれいな方が良いに決まっています。テンション上がるし。 ただ、あのムービー部分(何て言うんだ?)でキャラが長々と語ったりしていると、プレイヤーは若干おいてけぼり感がある気がして、そこまで頑張らなくても良いのでは?と感じていた部分もありました。 そういう意味では今回の [続きを読む]
  • FF15 ⑥ ジグナタス要塞〜初回クリア後感想(ネタバレなし)
  • どうも「バッドエンド」っぽいという巷の噂を聞いて、警戒感からエンディング(以下ED)を迎える前にできるだけ楽しもうと思い、クエストもできる限りやってきました。 とりあえず現時点で残っているのは ・どうにも相性の悪い釣りクエスト・2回挑むも失敗してこいつら↓3体&状態異常の煙をはくヤツ&プリン大量とのバトルに突入し、ボスに行く前に心が折れた何とかタワー 新しいクエストを出すためにハンタ [続きを読む]
  • FF15 ⑤ 9章を終えての感想(少しだけネタバレあり)
  • ↑とってもきれいな街 水都オルティシエ 大迫力のバトルがあります だ、大丈夫。ルナフレーナの件、なんとか受け止めました(泣) カエムの岬を離れる時も、首相官邸に入る時も、しつこく確認してきましたので、いよいよ事が起こるのはわかっていましたし。そもそもこうなる事はネットでなんとなくわかっていましたしね。 一度くらい会えるのかな〜。二人の幸せなシーンが見られるのかな〜 [続きを読む]
  • 和菓子のアン / 坂木司 (光文社文庫)
  • とにかく最近ぶっとび異世界にハマっていたし。(十二国記)ゲームの異世界旅も楽しすぎて。(FF15) このまま遠いところに居続けてはまずい気もする今日この頃です。少しリハビリも兼ねて読みました。舞台は現代日本。もうこれだけでかなりOK(笑) この本は少しぽっちゃりな、食べるのが大好きな18歳の女の子が、デパ地下の和菓子店でバイトするお話です。個性的な店長、同僚も良い味を出していますが [続きを読む]
  • FF15 ④ 気づけばストーリーも好きになっている
  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 写真小僧プロンプトのお願いクエスト「王子の写真を撮りたい」 ちなみに↑ハンサムなポーズ「こういう楽しいクエストは好きだなぁ、ラクだし」と思っていたら、終了後、こんな風な感じの会話(正確ではない) ノ「こんな写真どうするんだ」プ [続きを読む]
  • 村上海賊の娘  / 和田竜 (新潮文庫)
  • 最近、キングダムという漫画を読んでいます。すごく面白いです。(感想は改めて)「なんか絵がちょっと苦手」というその程度の理由で今まで読まなかったのが悔やまれます。 ホント、歳のせいか、小さなこだわりが新しいものに挑戦する前に壁になるのですよね。でもそれを意識して敢えて一歩踏み出すと、「踏み出してヨカッタ〜」っていう体験が多いのです。 私は歴史小説はあまり読みません。まぁこれも特に理由はないの [続きを読む]
  • FF15 ③ 快適な技術は自然すぎて気づかない
  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. できるだけこの世界を楽しみたくて、のんびり進めておりますが、さすがに今の私ではきつい討伐クエストしか残っていないので、決意してメインクエストを進めることしました。今CHAPTER 07、三人旅あたりです 突然グラディオラスが仲間からはずれ、 [続きを読む]
  • FF15 ② RPGにはもはや旅気分があればよいと思う
  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. さて、古くからのFFファンである私ですが(リアルタイムではないけど3からやってる)、FF13-2は大変楽しむ事ができました。そこで、RPGに大事なのは 好きなキャラクター旅気分楽しいバトル だと思うに至りました。 それまで重要視していたスト [続きを読む]
  • 丕緒の鳥 / 小野不由美 (新潮文庫)
  • 十二国記シリーズの中でもこの「丕緒の鳥」と「華胥の幽夢」は短編集であります。 「華胥の幽夢」の方は「王」に関わる話で、おなじみの登場人物もいたりして、今までの話の後日談であったり、次に繋がっていくかのような話だったり、あるいは時々話に出る他国の事情だったりと、ファンには嬉しい一冊です。 それぞれに読み応えがありましたが、中でも私は「華胥」の、傾きかけた国の話が面白かったです。話自体も [続きを読む]
  • 風の万里 黎明の空 /小野不由美 (新潮文庫)
  • 異世界シリーズも3作ほど読むと、その世界もすっかりなじんできます。前作ですごく頑張り大好きになった陽子のその後のお話です。 しかし、すんなりいかないのが小野さんで、あと2人の少女が登場し、それぞれの物語が進行し、交錯し、最後には一つに。。 あらためて思うのは、この世界は本当にファンタジーだけれど、主人公達はあくまでも弱さを抱えた人間なのですよねぇ。 普段は見ないようにしているけど、心の [続きを読む]
  • 東の海神 西の滄海 /小野不由美 (新潮文庫)
  • このシリーズを読んでみると、たぶん中心になるのが陽子と泰麒となるのでしょう。とすればこの話は番外編にあたるのかもしれませんが、これはこれで面白かったです。 他の話でもちょこちょこ登場し助けてくれる、安定し、豊かな国の王と麒麟の話です。他のシリーズを読んでいると、この王がどれだけ安定しているのかはわかります。彼の過去も知ることができてその理由もわかります。そんな王でも当初は不満を持つ人が多いので [続きを読む]
  • 風の海 迷宮の岸 /小野不由美 (新潮文庫)
  • 結局、十二国記シリーズはノンストップで読み続けてしまいました。(いま出ている分だけですが)それぞれに話は違うのに、一冊を読み終わるとすぐに次が読みたくなってしまうのです。とりあえず終わって寂しいような、でも少しホッとしているような気持です。今思えば、「風の海、迷宮の岸」は前作の「月の影 影の海」と合わせてこの十二国記シリーズの世界を理解する壮大なオープニングになっていました。突然わけのわからない異 [続きを読む]
  • 魔性の子 十二国記 / 小野不由美(新潮文庫)
  • 十二国記シリーズは、必ずしも順番に読む必用はないのかもしれません。その時の舞台となる国も、主人公も違うので。しかしその後、4作品ほど読んだ感じでは、やはり順番に読むのが良いと思います。(当たり前か。)中でも悩ましいのがこの「魔性の子」です。十二国記を読むにあたり、文庫の背表紙のあらすじをパラパラ見た感じでは、どうもこれは普通に現代の日本社会が舞台で、序章の位置づけらしい。大作の異世界シリーズものを [続きを読む]
  • 月の影 影の海 十二国記 / 小野不由美 (新潮文庫)
  • 宮部みゆきさんのICOを読み、実際のゲームまでやり始めてただでさえ時間が取られるのに、ヤバイシリーズに手を出してしまいました〜〜。この十二国記シリーズは、異世界ファンタジー好きの娘が最近読み始めて、私も軽い気持でパラパラと、、、読み始めたら止まらなくなってしまいました。一気に「月の影 影の海」の上下巻を読み、娘が読んでいるため次をとばして「東の海神 西の滄海」というのを読んで、さらに2冊ほど買ってき [続きを読む]
  • ICO イコ-霧の城- / 宮部みゆき (講談社文庫)
  • 宮部みゆきさんといえば、ミステリーや時代小説に名作がたくさんあるのですけど、(まぁまだ少ししか読めてませんけど) 数は少ないのですがファンタジーもあって、なかでも宮部さんが好きなゲームに関係するものは、ゲーム好きな私は大好きなのです。ICOというゲームは、発売当時かなり話題になったのですが、残念ながら私は未プレイで覚えているのはパッケージの、手を繋いで走っている少年と少女の印象的なイラストのみです。 [続きを読む]
  • 君の名は。
  • 話題の映画「君の名は。」を娘と一緒に見に行きました。なんか流行っている。男女入れ替わり。映像がきれいらしい。これくらいの前知識状態。ですので前半はかわいらしいラブコメなのかな?とのんきに見ていたら、後半のハード展開にびっくりしました。私は基本的にタイムトラベル的なものが大好きなので、楽しみ方を知っています。そうとなったら細かいことは言わずに受け入れるべきなのです。こういうものは(笑)とはいえベース [続きを読む]
  • ベイビーステップ / 勝木 光 (講談社)
  • これだから漫画もやめられないのです。ふとレンタルで読み始めたら、もう面白くてわくわくが止まりませんでした。最新刊?は買って読みました。テニス漫画ですが、スポーツ漫画によくあるタイプの根性モノとか隠れた才能モノとか友情モノとは違います。主人公(エーちゃん)はきれいな字で完璧なノートをとるような几帳面すぎる優等生。テニス選手としては遅いスタートながらも彼なりの方法でテニスに打ち込み始めます。ずば抜けた [続きを読む]
  • 烏に単は似合わない/阿部智里 (文春文庫)
  • 面白くなかったかと言われたらそうではないと思うし、こういうのもありとは思うのですが、多少ブツブツ言いたくなる気持ちもわいてきました。この本はひょんな事からいただいた本で、何の先入観もなく読み始めたので後半にはかなりビックリしました。後から気づいたのですが、文庫本カバーの下の帯に「予想を裏切る」とデカデカと書いてあります。これは超重要です。多少の疑いをもって読んでいたらよかったー。裏切られて「小気味 [続きを読む]
  • スコーレNo.4 / 宮下奈都 (光文社文庫)
  • 宮下さんは田舎の紳士服店のモデルの妻という本を読んで、「普通」の人を丁寧に描いていて、また「普通」についても考えさせられた作家さんです。この本も普通の女性の成長記というべきものなのですが、ドラマチックなことなどなく、小さい日常の積み重ねと主人公の思いがすごくリアルでした。こういう本を読むと自分のささやかな日常も愛おしく思えて、直接力をもらえるのです。思春期のコンプレックスや初恋というものは、今はも [続きを読む]