息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログ さん プロフィール

  •  
息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログさん: 息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログ
ハンドル名息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログ さん
ブログタイトル息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tatsu20040829
サイト紹介文息子の将棋と何にもない日常のなんでもない日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/05/16 06:48

息子の将棋を応援しながらわがままに生きる母のブログ さんのブログ記事

  • ニューハレ
  • 今日、娘といつものようにジムにいくと、ニューハレ講座をやっていた。野口さんが大会とかで手首に巻いているあのかわいいテーピングをゲット。かなりテンション(о´∀`о)こんど登るときに早速使ってみよう? [続きを読む]
  • 明けました
  • 明けましておめでとうございます。今年もよい1年になるといいですね。 [続きを読む]
  • 練習
  • なかなかうまく加工できない。センスの問題か? [続きを読む]
  • 三浦九段
  • 昨日のニュースで三浦九段の不正疑惑についてのニュースがあった。まずはよかった。でも、もやもやする。本当に不正をしていなかったら、竜王への調整権を剥奪され、出場停止になった事実についてはどうするつもりなのだろう。結局、みんなの噂話を信じて処分したけど、証拠がでなかった。処分した方はあのときはこうするしかなかった。仕方ないですむかもしれない。でも、処分された側はずっと心に傷が残る。棋士の場合、収入にも [続きを読む]
  • 息子
  • 息子が成長するにつれて、母親としての役割が減って来ている。以前は将棋の大会につきそっていたので、いろいろとブログに書けたが、最近は送迎のみしかしていないため、全くわからない。寂しいです。この前も研修会にいってきましたが、成績は知りません。昔は聞かなくても教えてくれたのに、最近は聞いてもはぐらかすようになりました。寂しいです。でも、成長してるんだから、仕方ないか。いつまでもママべったりでは困るので。 [続きを読む]
  • 子供の成長
  • 子供はいつまでも子供ではない。当たり前ですが、なかなか難しい。主人は上の娘をまだ小学生くらいの女の子なように接する時がある。子供達が大きくなって手がかからなくなると、ホッとする反面寂しくなってしまう。親のわがままだと思う。 [続きを読む]
  • 負の連鎖
  • ちょっと仕事中に考え事。自分の担当の生活保護の方。この方は自立支援は年齢的にも健康面でも難しい。ということは、亡くなるまで生活保護か。大変だなぁ。気になる点は、その方の子供達のほとんどが生活保護の受給者ということ。負の連鎖なんだろうか。なんだか、このままではいけないような気がするけれども、どうにもできない現状にイライラする。自分の担当の方は仕方ないとして、その子供の世代の生活保護の受給の状態を変え [続きを読む]
  • 竜王のブログ
  • 渡辺竜王のブログをみてちょっと考えてしまいました。今回の一連の騒動について。本当のところは全くわからない。誰の責任ということも言えない。皆が皆、後味が悪い。コンピューターに棋士が負けたときに対策をとらないといけなかったと言うのは簡単。でも、実際にはできないと思う。誰が悪いのか、わからないし。誰も得しない。こんな状況でも、タイトル戦を戦う棋士の皆さんがすごいと思う。竜王のブログみて、なんだかな。切な [続きを読む]
  • ランチ
  • 久しぶりに真ん中の娘と二人で焼津。お昼なに食べたいと聞くと、肉。肉食だなー。というわけで、ケンタッキー・フライド・チキンに行きました。チッザデミハンまあ、どちらも想像していたのと変わらない。美味しいですね。でも、私はケンタッキー・フライド・チキンにきたら、チキンフィレサンドが食べたいな。 [続きを読む]
  • 悲しい
  • 今日、ニュースで二上九段が亡くなったことを知りました。悲しいです。仕事柄いろいろな方との出会いと別れを繰り返していますが、寂しいですね。 [続きを読む]
  • 先日
  • 先日、息子が珍しく日曜日に遊びに行きたいと話していた。たまたま将棋の予定はなく問題はなかったんですが、部活の子とその子の家で遊ぶ。う〜ん確か息子は国際交流部。男子は一人だったはず。そうなると、、、他に誰が来るの?部活の子。あのさ、皆女の子だよね?うん。女の子の中で男子一人で大丈夫?慣れてるから。そういうものなのか?わからない。半信半疑で送り出しましたが、帰ってきたら楽しそうな表情。無事に過ごせたな [続きを読む]