おチュウ さん プロフィール

  •  
おチュウさん: おチュウの世界
ハンドル名おチュウ さん
ブログタイトルおチュウの世界
ブログURLhttp://ochyu.com
サイト紹介文いよいよ人生の後半に突入したおチュウさん。 日々の生活をブログで紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/05/16 10:15

おチュウ さんのブログ記事

  • 豚しゃぶぶっかけの温うどん食べてみました
  • テレビCMで始めた丸亀製麺の豚しゃぶぶっかけうどんがおいしそうだったのでにわかに食べてみたくなりました。しばらく思いとどまっていましたが、日増しに食べたいという欲求が増し、火山の噴火のようにマグマが心底から噴き出してきてついに我慢できず出かけてしまいました。大日のイオンモールです。待ちきれずに午前の早い時間帯にもう到着店員が中に4,5人いたけど奥でまだ準備中あのう、すみません2,3回叫ぶと、やっと [続きを読む]
  • 手を変え品を変えて大変だ
  • ある日デイアモールを歩いていると、グリーンのシンボルカラーに身を包み何かイベントを開いています。おチュウはしばらく遠巻きに見ていましたが、何かを配り出したので近くに急行するとどうも焼酎のキャンペーンのようです。すかさず一ついただきました。こんなとき、我ながらその臨機応変な身のこなしに、さすがの思いを抱くわけです。それはそれとして、そばソーダとあります。はて?新しい飲み物かと思いきやこれって酎ハイと [続きを読む]
  • 今さらながら出来立てには敵わない
  • 店頭で握り寿司のパック詰めを陳列し売っています。あれを持ち帰って食べた場合と、その場で食べた場合で明らかに味が違うのはなぜ?パック詰めの寿司をその場で開けて食べても恐らくその場で握ってもらった方がうまいはずネタとすし飯が合わさった瞬間が100%で、時間が経つほど何かが変わっていく阪急三番街にある店です。店頭にはいろんな握り寿司のパック詰めが並んでいます。サイドに小さなカウンターがあり、その場でも食 [続きを読む]
  • 駅に一人佇み
  • ある日の大阪駅中央改札前の広場です。午前中はいろんな人々の待合場所として好都合な場所なのでしょう。ちょっと人が多すぎるのが玉に瑕ですが ‥‥小グループがあちらこちらでサークルを作っています。そのグループの人々の服装で共通した部分を割り出せればその日の目的が分かってしまうわけです。おチュウは時々待ち時間が退屈になると、無意識にグループを見つけては、あのグループは帽子をかぶっている人が多いからこれ [続きを読む]
  • 不思議な朝
  • 東の山の端から太陽が顔を出しました。でも今朝はちょっと様子がおかしい。太陽の前を雲のが幾筋にも浮かんでいて、しかもちょっと赤味がかっているので、なんとなく火星を見ているようで不思議な気分です。しばらく眺めていました。ふっと浮かんできたのが、”地球の上に朝が来た。その裏側は夜だろう ‥‥”おチュウが子供のころ、それもまだ幼稚園に上がるかどうかくらいの頃に聞た記憶がある歌ですが、子供心に変な歌だと思っ [続きを読む]
  • やはり生ビールはうまいと思う
  • 生ビールの季節がやってきました。おチュウはこの季節を待ちわびていたのです。陽も西に傾く頃、喉の辺りにセンサーがあるかのように反応があり、シグナルが胃腸経由で脳に送られ、最終的に脳が心に伝えるのです。「わかってますよねえ今日も暑い日だったので、あれを欲しいと体が言ってるんです」あれとはビールに決まっているんですが、それがまた生という修飾語がつけば余計満足度が増し、流れるように胃の中に入っていきます。 [続きを読む]
  • 電線やら電柱という便利で邪魔なもの
  • 歩いている時はさほど上の方を見ることはありません。したがって、日頃はほとんど気にはならないのでありますが、こんな日はちょっと邪魔には思います。JR天満駅近くを歩いていると、前方に木があり、こんもりと茂っていて、薄いピンク色の花が満開のようです。キョウチクトウに似ているような気もしますが、おチュウにはちょっと自信がありません。花の色が若干薄い気もしますが ‥‥まあ、きれいだし写真撮っておこう。そう思 [続きを読む]
  • やはり若い子は元気だ
  • 梅雨の合間の青空はうれしいけれど、夏至も近づくにつれ痛いほどの紫外線と太陽の強さを感じる昨今です。それはおチュウだけではありません。世の中のおじさんやおばさん、みんなそう感じているはずです。その証拠に、ちょっとした木陰があるとごらんの通りです。遠くからは木陰の部分が薄暗くよくわかりませんが、近づけば、なるほど、結構人が座って避難しているじゃないですか。皆さん、いくぶん元気がなさそうに見えます。晴れ [続きを読む]
  • 自然界の厳しさを垣間見る
  • チョウの写真を撮ろうとうろうろしていました。宇陀の山中での話ですが、クロアゲハが河原で羽を休めています。取りあえず一枚少し行くとヒメジャノメが葉っぱの上でじっとしていました。これも一枚てな感じで何枚か写真を撮り自宅で見てみると、羽がボロボロです。 何があったのだろうか?自然の中で生き続けるのは想像以上に大変ななことなんだろうとふと思いました。 おチュウのように空調のきいた部屋にいると、その [続きを読む]
  • 紫陽花の花を見るにつけ思い出すこと
  • あちらこちらで紫陽花の花が咲いています。品種改良が進んだのでしょうか?真っ白な花や形状の変わった花びらの紫陽花を見かけるようになりました。 大阪のように余り緑のない街でも紫陽花が咲いているのを目にすると、こんな所にも植物があったと少しうれしい気分になります。 ただ ‥‥一つ欠けていることがあります。それはカタツムリです。梅雨空の下の紫陽花とカタツムリは、おチュウの頭の中ではセットになってい [続きを読む]
  • 梅雨も一服
  • 4時44分日の出今日も天気は良さそうだ。 数日前に気象庁から梅雨入り宣言があったはずなのに気持ちいいほど朝陽が差し込んできます。 こんなもんです。もともと自然界の事象ですから人間なんかには想像もつかない多くの要因が絡まって、その結果として晴れたり曇ったりしているのですから。あくまでも予報です。 そう思うようにしているのですが、気象庁様が人類の科学技術の推移を結集して、スーパーコンピュー [続きを読む]
  • はるチュウくん、タイガースの仲間に!
  • 5月22日のブログで紹介しましたが、東京在住のはるチュウ君に一刻も早くタイガースを知ってもらおうと思い立ち、ベビー服を取り寄せておりました。昨日、ついにゆうチュウさんがタイガースのベビー服と共に上京し、はるチュウくんがタイガースの一員になったのです。上機嫌のようですが、ただ ‥‥本人は何のことかまったくわかっておりません。ユニホームを着ても、まだキャッチャー適性の体形ではありますが、これもいずれ歩 [続きを読む]
  • しんじょう君、でした。
  • 失礼しました。お詫び申し上げます。昨日のブログであんた誰?と書いてしまいましたが、ゆうチュウがどこかで見たことがあるということで検索してみると、 なんと!昨年のゆるキャラグランプリ第一位に輝いた高知県のしんじょう君でした。どおりで四国の物産展に出没していたのも合点がいきますし、カメラのフラッシュを浴びていたその人気にも納得した次第です。お勤めご苦労様でした。はるばる海を渡り大阪の地まで郷里の町 [続きを読む]
  • しんじょう君、でした。
  • 失礼しました。お詫び申し上げます。昨日のブログであんた誰?と書いてしまいましたが、ゆうチュウがどこかで見たことがあるということで検索してみると、 なんと!昨年のゆるキャラグランプリ第一位に輝いた高知県のしんじょう君でした。どおりで四国の物産展に出没していたのも合点がいきますし、カメラのフラッシュを浴びていたその人気にも納得した次第です。お勤めご苦労様でした。はるばる海を渡り大阪の地まで郷里の町 [続きを読む]
  • 失礼ながら、あんた誰?
  • 先日の阪神デパートでのことです。タイガースショップに行こうとして8階に行くと、四国の物産展みたいなコーナーがあり、その一角で黒山の人盛りです!やじ馬精神が蘇って来て、おチュウはすぐさま駆け付けたのは言うまでもありません。すると、そこにはキャラがおり、皆さん盛んに写真を撮っております。はて? このキャラ見たことないけど ‥‥、これだけ人が殺到するということは相当な人気者なのか?四国の物産展のコーナー [続きを読む]
  • 梅雨入り 2017
  • 昨日、いよいよ梅雨入りしました。ちょっと前までは、快晴の日が続き、強い日差しのため紫外線に気をつけてとか、日焼けに注意とか、連日天気予報で注意喚起していました。ああ、今日も天気だ。たまには雨の日はないのかなどと適当なこと言っていましたが、梅雨入りという言葉を聞いた途端、昨日までの晴れの日を懐かしく思うのはいつものことです。これから続くうっとうしい日々に、心までどんより曇り、足取りまで鈍くなってしま [続きを読む]
  • 肉と歯医者
  • なんとなく最近バテ気味だ。たまには肉でも食べて力をつけたい!早速ゆうチュウさんにメール。「そうしよう!」即決ということで、いきなりステーキさんへ弾力のあるステーキを食べていると、「ゴリ」? 口の中で違和感が ‥‥「あーれー、差し歯が取れちゃった」 がっかり帰り道、予約だけでも入れておこうと思い歯医者へ「差し歯が取れてしまって。予約したいのですが ‥‥」「今からでも構いません」「でも食事の帰りだから、 [続きを読む]
  • 危うい橋
  • 宇陀です。山道を歩いていると川があり、橋らしきものが横たわっています。辺りを見回しても、これ以外向こう岸に渡る方策はなさそうです。渡って山手の方に行ってみたかったのです。 しばらくどうしたものか考えましたが、ここで勝負をかけてどれほどの意味があるのかとか、これはきっと勇気を試されているのだとか、いろんな解釈が頭をもたげてきました。 おチュウには渡る勇気がありませんでした。橋が途中で重さに耐 [続きを読む]
  • 梅雨入り直前の宇陀でおたまと遊ぶ
  • 奈良は宇陀の山奥に行ってきました。この時期になると田植えも終わり、田んぼには水が張られておびただしい数のおたまを見ることができます。おたま、つまりオタマジャクシのことですが、おチュウが子供のころ近所のいわゆるじゃりと呼ばれた仲間うちではおたまと呼んでいました。 おたまをたまですくっては持ち帰り、カエルになるまで飼ってみたり随分遊び道具として貢献してもらいました。おたまがなければ、随分退屈なじゃ [続きを読む]
  • おチュウ、大衆演劇を観る 〜最終回
  • 定刻になり劇が始まった。本日は沢村慎太郎劇団冒頭、けたたましい昭和歌謡のBGMに乗り、音の割れたマイクで、昔、志村けんがよくやっていた呼び込みの「いらっしゃいませ、いらっしゃいませー、本日はお忙しい中 ‥‥‥‥」のアナウンスで幕が開き旅一座の興業が始まった。 三部構成で、ミニショウ、劇、舞踊ショウと続くらしい。最前列右端に野球帽をかぶった小柄なじいさんが座っていて、踊りの盛り上がりに合わせてテ [続きを読む]
  • おチュウ、大衆演劇を観る 〜その2
  • 劇場は170席中の様子も昭和感漂い、平成の世にこのような空間が存在していたなんてレトロ好きのおチュウは少なからず感激したのであります。ところで、今日の公演は?沢村慎太郎劇団 ‥‥ 知らん、ごめんそもそもこの手の劇を見ること自体初めてなのです。そこはそういうことで勘弁してもらいたい。この歳になると、生きている間にできるだけ見たことのないものは見ておきたいという妙な切迫感も芽生えてきます。 前日電話 [続きを読む]
  • おチュウ、大衆演劇を観る 〜 その1
  • 以前に紹介 (2015年8月1日 ブログ)したことがありますが、奈良の榛原駅近くにやまと座という大衆演劇場があります。昭和の雰囲気漂う古くてこじんまりした劇場です。 いつか一度観たいと思いながらも月日が流れて ‥‥、しかし 、ついにチャンスが訪れました。その日は奇しくも千秋楽、昼公演(12:00〜15:00) たまたま宇陀の山奥に行く日だったので、時間帯を早めて午前中に大阪の自宅を出ました。一路近鉄線で榛原へ [続きを読む]
  • 日本のおじさんを感じるとき
  • どちらかというと裏通り。居酒屋といっても色々あるが、決して上位にランクされるクオリティーではない。 かろうじて立ち飲みではないが、テーブルに向かって座ると、すぐ前は窓か壁が迫っている。生ビールとつまみがセットでお得感があり、ほぼ注文と同時に出てくる。しかし、すぐ無くなり物足りなく「生、おかわり」そう言いたくなる。 一人でも孤独感を味わうことなく黙って飲むことはできるが、なんとなく漂う場末感 [続きを読む]
  • 古寺の猫たち
  • 山の辺の道を桜井から歩き出し、後半に差し掛かったところに長岳寺というお寺があります。ツツジの綺麗なお寺ですが、見るからに歴史を感じさせる古めかしさも感じられます。歩き疲れやっとの思いでたどり着いたおチュウでしたが、何やらただならぬ気配を感じ取りました。猫が多い?一匹や二匹だったらどこでもいるでしょう。でもそんなものではありません。視界に入るたびに違った猫が数匹はいて、すぐに姿を隠す。歩き出すと、ま [続きを読む]
  • 牛とろ玉うどん
  • 大阪にもさぬきうどんのチェーン店が複数存在しますが、テレビCMでよく見る檀れいのうどんシリーズを食べてみたくなり、丸亀製麺を検索したことがあります。ところが家の近くには店がなく、うどんを食べるためだけに電車で出かける気もせずあきらめていました。先日、ゆうチュウさんが学生時代過ごした上本町六丁目辺りを二人でウロウロしていたときのことです。なんと偶然にも丸亀製麺の店を見つけてしまいました。店頭には、今 [続きを読む]