おチュウ さん プロフィール

  •  
おチュウさん: おチュウの世界
ハンドル名おチュウ さん
ブログタイトルおチュウの世界
ブログURLhttp://ochyu.com
サイト紹介文いよいよ人生の後半に突入したおチュウさん。 日々の生活をブログで紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/05/16 10:15

おチュウ さんのブログ記事

  • このごろ、ちまたで気になることは ‥‥
  • 急に細い路地裏から出てきては、大通りを大きな音を立てやたらデカいスーツケースを引っ張っていく。一人の時も大人数で歩いていることもあり、どこに向かうのかわからないけれど、日に日にその数が増えているのは確かな気がする。大阪の町でも観光客の急激な増加に伴い、ホテルや旅館などの宿泊施設が不足しているのでしょう。スーツケース引く人々を、予想外の場所で頻繁に見かけるのです。住宅街や路地裏で、彼らはスーツケース [続きを読む]
  • 7年間通ったスポーツジムをやめました
  • 実に名残惜しい!おチュウとしては、動けなくなるまで続けるつもりでした。しかし、右肩痛は如何ともし難く、筋トレさえもろくにできなくなり、このままでは風呂に入りに通うだけなのでついに7年間通ったジムをやめることにしました。これが忍び寄る老いというものでしょうか?体も徐々に崩壊に向かっているようです。万物はいずれ終焉を迎えるのは古来からの習わしではありますが、最近おチュウはその習わしの上を普通に進んでい [続きを読む]
  • カーニバルという名の盆踊りのようなイベント
  • おチュウは和歌山で生まれ育ったため、今住んでいる小学校区の出身ではありません。したがって、地域のイベントはほとんど知りませんが、以前から盆休みが終わったこの時期にカーニバルと称する盆踊りやら夜店が小学校のグラウンドで催されていることに気付いていました(菅北カーニバル)。もちろん在校生やOBにとっては楽しみの一つでしょう。この地域社会で過ごした思い出の一つになるはずです。それはいずれ土地に対する愛着 [続きを読む]
  • スマホを見てトランシーバーを思う
  • スマホ以前は時間を潰すにも一苦労しました。本や新聞がなければ、ただぼーっと突っ立って時間が過ぎて行くのを待つのみでしたから。でも今は違います。スマホがあれば重たいPCもいりません。これ一台で、あらゆる情報収集やゲームやカメラや電話やメール、すべて間に合います。ところで、何もなかったおチュウの子供時代でも、トランシーバーという無線機のちゃっちいおもちゃがあり、お金持ちの子供が稀に持っていて探検ごっこ [続きを読む]
  • 昼は鶏の唐揚げ、夜は焼き鳥の日
  • 好きなものには偏りがあるものです。毎日似通ったものを続けて食べてしまうこともありますが、そこはその食材が好きなんだから、無意識に手を変え品を変えをやってしまうわけで、仕方ないと割り切ればいいわけです。ところが、同じ日に二回も似たようなものを食べてしまうと、これが主食かとふと思ってしまい、心の中に後味の悪さが残ってしまうおチュウです。昼は大好きな鶏の唐揚これはOKです。でも夜は昼のことを忘れてしまい [続きを読む]
  • 路面のアブラゼミにふと思うこと
  • 虫好きのおチュウではありますが、このところ道端に転がっている蝉の死骸を見るにつけ季節の進みを実感します。大阪で蝉といえばほとんどクマゼミなのですが、まれにアブラゼミが路面にいるのを見つけると何となくうれしくもなるものです。ところで、故郷和歌山では8月の中旬以降になるとツクツクボウシが盛んに鳴き出すのですが、ここ大阪市内では全く鳴き声を聞くことはできません。生息域がそもそも異なり最初からツクツクボウ [続きを読む]
  • はるチュウくん、一段とたくましくなり ‥‥
  • まもなく生後11か月を向かえるはるチュウくんです。力強く這い這いしていますが、まだ独り立ちはままなりません。時折奇声を発していますが、徐々に言葉のようなものも混ざるようになっているような気がします。あくまで気がするレベルですが ‥‥。しかし、その成長過程は目まぐるしく変化して行くため、次のステップ、さらに次のステップと進展具合に澱みはありません。そうなると、ちょっと前はどうだったのか思い出すのもひ [続きを読む]
  • なんとなく暑さも峠を越したかなと思う日
  • 空の青さが際立っていました。雲の形もいつもと違う。公園はお盆の期間でもあり子供たちの姿がありません。セミの声も少し小さくなったように感じます。おチュウただ一人、ぽつんと ‥‥。吹く風が涼しく、なんとなく夏も峠を越えてしまった感じを受けました。あれほど暑さに閉口していたのですが、ちょっと寂しいようで、敏感に秋の気配を感じ取ってしまったのかもしれません。天気図的には、西から前線が近づき ‥‥北にはオホー [続きを読む]
  • 思い出す硬球のかたさと野球
  • 昼は甲子園で高校野球、夜は各地でプロ野球、野球シーズン真っ只中です。振り返ればおチュウも小学校の頃は随分野球をして遊びました。ただし、ボールは柔らかい軟球やゴムボール初めて硬球を触った時の衝撃は今でも覚えています。石のような硬さ(いや石そのものに思えた)と、キャッチした時のグローブ越しに手のひらに伝わる痛さうーん。こんなものでよく野球していると実感!それ以来プロ野球選手の大変さが何となくわかるよう [続きを読む]
  • 日替わりランチにドリンクを付ける日
  • 食事を終えた後、お茶を飲みながら会話を楽しむこれが心の豊かさと文化的生活を実感する瞬間です。でも余り時間が取れない場合も多々あります。現代人は何かと忙しい!そんな悠長な食事はたまの話です。でもこのくそ暑い日々冷たい飲み物を飲んでくつろぎたい!ごくごく真っ当な感情でもあります!ドリンクもセットにすればかなり安いし ‥‥しかし、さほど時間のない日はどうするのか?待ち時間短縮のため、ドリンクも一緒に持っ [続きを読む]
  • 知らなかった男の五大臭
  • テレビを見ていますと、男の五大臭はこれでOKということで消臭スプレーのCMしていました。ふーんてな感じでやり過ごし ‥‥はて? 聞いたことなかった。調べてみると、そもそも三大臭というのがあり、汗、たばこ、体臭今回それに加え、加齢臭、焼肉が加わったそうです。でも、「男の」との記載はありませんでした。なんとなく無理やり感は否めません。それに、焼肉なんてどうでもいいんでは?他にもありそうな気もするが?そ [続きを読む]
  • 元喫煙者から喫煙者はどう見える?
  • 人生はいろんな経験をするほど深みが増すとも言われますが、タバコを吸ったことがあるかどうかで人生に何か影響はあるものなのでしょうか?おチュウは今はタバコは吸いませんが、15年前まではいわゆるヘビースモーカーでした。学生時代から吸い始めパチンコの景品はいつもタバコハイライトが80円、セブンスターが販売開始になり100円そんな時代です。下宿の灰皿にはいつもタバコの吸い殻が山盛りの状態でしたが、周囲にはけ [続きを読む]
  • 台風5号というネーミングの味気無さ
  • 8月の台風にありがちなちょっとした迷走でノロノロで長寿な台風5号がやってきました。不思議なものです。前日には入道雲が沸き立ち盛夏ともいうべき青と白の空が広がっていましたが、一夜明けるとこの通り暴風雨の天候となっているのです。しかし、〇〇台風とか特別の呼び方をしなくなってから、20XX年の台風X号の時のような皆様の記憶にもあるように大雨で甚大な被害が ‥‥なんて気象予報士の方がよくテレビで話しています [続きを読む]
  • 日陰の有難さを実感する日
  • 快晴無風でセミがじゃんじゃん鳴きまくりの日です。汗でぐしょぐしょこの世の地獄かもしれません。なんとか早く家に帰り、クーラーの効いた部屋に避難したい!おチュウは道を急いでおりました。そんな緊急事態の時に限り、直前で信号が赤に変わってしまう。横断歩道の周囲には建物はなく日当たり良好”(-“”-)”ほんの少し横断歩道に進入すればそこは日陰の世界なのですが、車に引かれる可能性が大だめだろう!そんなリスク冒す意 [続きを読む]
  • くつろぎのひと時はすぐに去り
  • 本日街に出かけひと時を喫茶店で過ごすことに!とにかく暑いのです。ゆうチュウさんと涼んでいこうということになりました。たまに寄るお気に入りの喫茶店です。本ブログのトップの写真はこの店です。カップも同じことにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。ところで、外は暑ければ暑いほど中に入った瞬間極楽です。アイスコーヒーにしようと思っていましたが、座って注文するころには体が程よく冷え、ご注文は?ブレンドく [続きを読む]
  • 朝食バイキングという罪な食べ方
  • 世の中これでもかという程食物が溢れている昨今ではあります。バイキング方式は一見豪華で欲しいものはいくらでも食べられるのですが、結局食べたいものだけに手を出していることが多く食事の内容としては貧しいと言わざる負えません。やはりいろんな料理を適量バランスよく食べる方が豊かな食事というべきでしょう。最近旅館やホテルなどでも朝からバイキングというところも多いようです。しかしこれも罪なもので、朝から腹いっぱ [続きを読む]
  • ストレスの発散と蓄積は紙一重
  • 人それぞれストレスの発散方法をお持ちのことでしょう。この世知辛い現代社会で日々生活しているわけですから!おチュウも自身の心を守る方法は心得ているつもりです。その一つとして、プロ野球観戦があります。ひいきのチームが勝てばスカッとし、 ストレス解消にはもってこいです。ところが、それは野球の試合内容に依存した非常に危険な賭けなのかもしれません。例えば、せっかく9回表までリードしていながら、9回裏に逆転さ [続きを読む]
  • 「徹子の部屋」はいつまで続くのか?
  • いろんな長寿番組がありますが、 個人の名前が番組のタイトルに入っている場合、 本人に何かあればいきなり番組の存続が危ぶまれてしまいます。笑点の場合、春風亭昇太に何かあったとしても、他に司会者はいくらでもいるかもしれません。例えば、腹黒いおじさんは次の瞬間には司会の席に座ることは可能でしょう。その意味で、笑点自体の存続は何の問題もありません。先日、「徹子の部屋」を見る機会がありました。人は寄る年波には [続きを読む]
  • マスコミ報道と刺身
  • このところ何となく刺身や寿司を食べる機会が減った気がします。特に嫌いになったわけではありません。寄生虫のニュースが流れ始めてからなのかもしれません。別に昔からいたものだし、感染した魚が増えたというわけでもなく、魚を食べ続けて60年間一度も被害に遭ったわけでもありません。被害が増加しているというのも、報告義務が厳しくなったのが原因とも言われています。でもイメージというのは恐ろしいものです。魚に対する [続きを読む]
  • 残す勇気と満腹感の狭間
  • 目の前に並んだご馳走に一度手を付けるともはや料理がなくなるまでなかなかやめることはできないものです。少なくともおチュウの場合はそうです。と、断っておきます。そうではない方もおられるかもしれないので欲望は料理を口に運ぶに従い高まって行き、加速がついてしまったものはもはや満腹でこれ以上無理という段階まで突き進んでしまいます。この辺でやめておけば明日以降の体重調整も楽かもしれないなあ。でも ‥‥今が良け [続きを読む]
  • ヒアリにヒヤリとする世相
  • 交通手段が発達し物流が盛んになると、これに便乗してちゃっかりと日本にやってくる連中も増えてきます。たまたま強い毒を持っていたために人様の目の敵にされております。これが温厚なアリだったらひっそりと日本の各地に広がり生活していくんだろうなあ。ヒアリはそう思っているに違いありません。数十年前セイタカアワダチソウがやってきた時もアレルギーを引き起こすと大騒ぎになりました。おチュウもその凄まじい繁殖力を目の [続きを読む]
  • 体内時計と目覚まし時計
  • 人の体というものはいい加減なようで割りと正確いつも6時に起きるようにしていると毎日ほぼその時間に起きるようになる。そうなると、もはや目覚まし時計は必要なくなり、単なるの時計に成り下がってしまう。何かの都合で、明朝4時に起きなければならなくなった時、再び目覚まし時計の出番がやってくる。しかし、日頃滅多に使うことがないため目覚ましの時間設定が慣れていない。そして、セッテイングを間違えてしまうことがある [続きを読む]
  • 冬の寒さが懐かしい
  • 拝啓冬の寒さが懐かしく感じられる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか思わずこのような手紙を書いてしまいそうになる灼熱地獄の日々が続いております。おチュウは日々汗まみれになりながらも一瞬の冷風に活路を求めております。不思議なものです。エアコンや扇風機は瞬時に体温を下げてはくれますが、ときに不自然な形で体全体が冷えてしまったり、それによって体調不良にも陥りがちになります。しかし、こんな苛酷 [続きを読む]
  • 夜釣りと うな重
  • 先日の土用の丑の日にうな重を食べました。今年は、7月25日と8月6日に二度も土用の丑の日があるそうですが、たぶん8月6日は食べないと思います。若いころ夜釣りに出かけたことがありました。その日は闇夜で、魚が釣れても手元に引き寄せるまでは姿がよくわかりません。釣り始めてしばらくしてアタリがありました。ウナギが釣れたのですが、ウナギを釣った経験はありませんでした。初めてです。なので、ウナギが釣れることは [続きを読む]
  • 中途半端の魅力
  • 普通の家ですよねえ。おチュウにはそう見えます。まさか、いきなり玄関を開けて中には入れません。何やっているのかもわからんし ‥‥でも何かやっていそうペプシコーラの看板やビールの空ビンを積んでいたり、食関連の店の気配はするが ‥‥暖簾もかかっていないから、どうせ胡散臭い店だろう。でも別に他人のやっていることだからどうでもいいか。テレビを見るまでは ‥‥ そう思っていました。ある日、す・またんという朝の番組 [続きを読む]