rrb さん プロフィール

  •  
rrbさん: rrbのフォトヴィレッジ
ハンドル名rrb さん
ブログタイトルrrbのフォトヴィレッジ
ブログURLhttp://www.rrbphotovillage.jp/modules/rrbblog/
サイト紹介文永遠のテーマ《スズメさん》や《今の京都》を掲載したり 色々とチャレンジするrrbのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/05/19 13:57

rrb さんのブログ記事

  • 誰か教えてよ
  • その人の話は楽しいと思って聞いていた。けど、きょうは何か違和感が。「楽しくない」「聞いていてしんどい」と感じた。これって何? 話し方や話している内容は、これまでと変わっていないのは知っている。けれど、聞いているのがしんどかった。この感情って何? 誰か教えてよ…と、天を仰いで思うこと。気が変わったのかな? [続きを読む]
  • ???
  • 京都市内のどこかで撮ったものだけれど、どこだったか思い出せない。誰か教えて〜…という今京都。《京都・不明》あら、珍しい。自分で撮っているのに不明なん? [続きを読む]
  • 水辺の季節
  • 鴨川の岸は恋人たちの場。冬が去って春到来。そろそろ鴨川のほとりに腰掛けるカップルが増えてくるころだ。それぞれが主役…という今京都。《京都・鴨川》あれっ? 主役になりたい!というコメントはなしなん? [続きを読む]
  • 風物詩
  • この子たちが鴨川付近に溢れると「冬だ」と思う。いつの間にかいなくなると「春の到来」。季節を告げる子の子たち。すっかり鴨川の風物詩的存在…という今京都。《京都・鴨川のほとり》僕たちスズメはいちもいるけどね… [続きを読む]
  • 釘抜地蔵諸々1/3
  • 以前にも掲載した釘抜地蔵。寺社仏閣を撮るとやはり枚数がいってしまう。ちゃんと整理をすればいいのだけれど、「今京都」では使えるし…。今回からしばらくは釘抜地蔵の画像を…という今京都。《京都・釘抜地蔵》確かね、写真の整理は使用用途あわせてするのがいいかも… [続きを読む]
  • ひな祭り
  • きょうは「ひな祭り」。女の子の行事として親しまれているが、もっと親しまれているのは「ひな祭り」の替え歌ではないだろうか。原詩は次のとおり。♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日は楽しい ひな祭り ♪これが地方によっていろいろである。ネットで調べるといくつかあったのでそれを掲載しよう。♪ あかりをつけたら 消えちゃった お花をあげたら 枯れちゃった  [続きを読む]
  • 車折神社(くるまざきじんじゃ)
  • 平安末期の儒者で明経博士の清原頼業(よりなり)を祀る。この京都市右京区嵯峨朝日町にはかつて清原氏の一族舟橋家の菩提寺宝寿院があったが、頼業の没後御廟所を設けたのがこの神社の始まりという。後嵯峨天皇が嵐山に遊行した折、社前にて牛車が突然動かなくなったので門前の石を車前石(くるまさきのいし)と呼び、当社に正一位車前大明神の神号を送ったと伝える。商売繁盛・売掛金回収の御利益があり、境内の小石を持ち帰り、願い [続きを読む]
  • 芸能神社
  • 車折神社(京都市右京区嵯峨朝日町)の境内に芸能神社がある。よく車折神社=芸能神社と誤解されるが同一ではない。芸能神社は芸能・芸術・技芸・人気運の神様だ。朱塗りの玉垣がこれでもかというくらいに並んでいる…という今京都。《京都・芸能神社》今回は大量の写真やね。お姉さんたち、お目当ての朱塗りの玉垣を見つけたのかな [続きを読む]
  • 京都
  • 本来、「京都」という言葉は、天子が所在する「みやこ」を意味する普通名詞であり、のちに固有名詞となった。「京都」の語は平安初期からみられるが、中期以後、平安京の崩壊が進む中で、「京師」「京洛」「洛陽」「京・白河」とともに使用された。平安後期からしだいに固有名詞化し、鎌倉期には完全に固有名詞として「京都」が定着した。意外と知らない「京都」という言葉だ…という今京都。《京都・京都駅界隈 iPhone》都市名の [続きを読む]
  • 京のお茶漬け
  • 京の人は根はしぶいが、口先だけはお世辞がよいことをそしる言葉。訪問客が帰りかけると、「何もないがお茶漬け(お茶漬飯、粗末な食事)でも」と口先だけの愛想はいうが、実際にはご馳走する気はない。「京の去(い)にしなの茶漬挨拶」ともいう…という今京都。《京都・東山界隈》これは美味しくいただきましたよね [続きを読む]
  • アドラー心理学
  • 好きで色々と心理学を勉強しているが、アドラー心理学が最近注目されている。最大の特徴は人に施すのではなく、自分自身に施すものだというところか。すべては自分に向けられている。それだけに理解しやすいとされている。フロイトもユングもいいが、アドラーはとっつきやすい…と、天を仰いで思うこと。心理学の本をたくさん読んでるよね、役に立ってる? [続きを読む]
  • 現代京都の象徴
  • 町家の再生利用はありがたいことだけれど、一般民家の場合はワンルームマンションになったり…だ。ここもその雰囲気がある。町家保存区域のようなものを制定して欲しい。その一画だけは町家が並んでいる。そんな場所が必要では…という今京都。《京都・千本丸太町界隈》確かにね。西陣の界隈も高い建物が乱立しているよね [続きを読む]
  • お地蔵さん
  • このお地蔵さんはスゴイところにある。一般民家の玄関口。お地蔵さんにお参りするには、玄関の真ん前に立たなくてはならない。今まで見た中では最強の気がする。こんな文化も残っている…という今京都。《京都・千本丸太町界隈》地蔵盆のときはどうしてるのかなぁ…気になる [続きを読む]
  • 京都大事典
  • ブログを書く時に活用しているのが「京都大事典」。仕事の合間にも何気なくページを繰ったりしている。仕事に一区切りがつけば、もっと活用したい。できれば、大事典に掲載されているところの現地取材をしたい…という今京都。《京都・新京極界隈》老後の楽しみとしては最高やん! [続きを読む]