K.Y. さん プロフィール

  •  
K.Y.さん: K.Y.の独学四柱推命&紫微斗数
ハンドル名K.Y. さん
ブログタイトルK.Y.の独学四柱推命&紫微斗数
ブログURLhttp://fatumlogy.seesaa.net/
サイト紹介文独学で四柱推命や紫微斗数を勉強しています。小山内彰先生の著書を主に日々勉強しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/05/20 08:39

K.Y. さんのブログ記事

  • 太陰自化科はめまいに注意
  • いつもお読みいただきありがとうございます。これ、僕の経験というか観察によるものなんですが、太陰星自化科を持つ人は、めまいになりやすいのではないかと考えています。化科というのは、博識とか文化的才能とか、はたまた貴人運として良き出会いに恵まれやすいとかありますが、凶作用に病気やケガという象意もあります。自化は後天作用で基本的に良くない作用をもたらすのですが、自化科が我宮や遷移宮にあれば、後天的に持病を [続きを読む]
  • 内向きに偏る八字
  • いつもお読みいただきありがとうございます。これ、思いつきなのですが、内向きに偏る八字は他の八字の組み合わせよりも厄介だと考えています。内向きに偏る八字、即ち、官殺と印だけの八字ですが、この形は、自分へ意識が強く向かいます。自分へ意識が強く向かうことから、何かを極めるとか、何かに集中するとか、そういった面では優れます。一言で言えば忍耐強いです。しかしながら、その面だけしか、いわゆる長所がない気がする [続きを読む]
  • 官殺+財=素直になれない
  • いつもお読みいただきありがとうございます。通変調和の一つで、組織人、没個性を形成する官殺+財の八字ですが、その八字の形をしている人を観察していると、もう一つの特徴として、素直になれない、という性格をしていることに気づきました。何故、組織人、没個性の性質を持つ人が、素直になれない性格をしているのかを考えると、まず第一に考えられるのは、官殺にあるでしょう。官殺は日干を剋する通変で、最も強く日干を弱める [続きを読む]
  • トラブルは欲深さに起因する。
  • いつもお読みいただきありがとうございます。以下、思いつきなのですが、恋愛のトラブル、金銭のトラブル、人間関係のトラブル、というのは、人の持つ欲深さが原因のように思えます。なぜ、金銭のトラブルとか人間関係のトラブルとかが起こるのかを問えば、それは、エゴイズム、他人に対する期待、自分のこだわりが、自分以外の誰かと齟齬が生じて、トラブルという形で起こるのです。欲深さというのは、四柱推命で言えば財と印が生 [続きを読む]
  • 大運新理論と紫微斗数の比較
  • いつもお読みいただきありがとうございます。以前、大運の新理論を話したのですが、その理論と紫微斗数の大限を比較してみたので、話そうと思います。紫微斗数で僕の40代と50代を探ると、40代には向心力の化忌と生年化権、50代には向心力化禄と生年化忌があります。大限命宮に向心力化忌、向心力化禄が飛んでくる時期は財的に良い時期です。僕の場合、特に50代は生年化忌(D)+向心力化禄(A)で、そこそこしっかりした財運に恵まれる [続きを読む]
  • 【大運】新理論
  • いつもお読みいただきありがとうございます。以前も大運の新理論について、話したことがありましたが、小山内先生の新しい著書を購入したので、もう一度話そうと思います。今回の新しい理論は、比劫の大運の扱い方です。簡単に言えば、大運で比劫がめぐった場合、日干とその比劫は一体化する、ということです。では、一体化するとどうなるのか。日干は隣接する月干、日支、時干の影響を直接受けます。一方で、年柱の干支は日干と離 [続きを読む]
  • 立春です。
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今日は、立春ですね。春の訪れです。同時に、子平の流年が変わる頃でもあります。行運は今日から始まります。春という文字面で、温かい雰囲気を期待しがちですが、外はまだ寒いです。立春というのは、春が立つと書きます。春が立つ時期ということになります。寝ていた状態から立ち上がる頃なので、まだ本気が出ていないのです。春がまだ本気を出していないので、まだ寒いのは当然です。 [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜癸之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。2017年の行運概況もこれで最後ですね。今日は癸水です。癸は壬と基本的には同じですが、壬よりも強引さがなく、周囲に立てるアンテナの感度も適切になります。今年の十干の丁火は、癸と同じ陰性であり、癸の丁を剋する財の作用が無理なく働くので、余計な情報の収集や強引な所作はないと言えます。また、印も同時にめぐるので、こだわりが強くなる頃でもあります。壬にとって酉の金は、 [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜壬之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回も引き続き、行運概況のお話。今日は壬水です。壬にとっては、今年は眼力が強くなる時期になります。関心とこだわり、それが強くなる時期ということです。財のめぐる年ですから、関心事が増える頃となり、視野が広くなるでしょう。2016年も財がめぐった年でしたが、去年は関心事が非常に増えた年だったと思います。今年は、財が弱くなる頃で、関心が多いのには変わりはないのですが [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜辛之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。2017年の行運概況も残り3つになりました。今日は辛です。辛は庚と基本的に似た感じになりますが、丁火官殺の作用がしっかり働くので、言動の制御、強迫観念の強い時期になります。忍耐強くなり、理屈っぽさが際立つでしょう。金は観察力に優れますが、自分の理屈を発展させることでその観察力が磨かれる時になるでしょう。同時に地支にある酉金が辛を強めるので、安定感が生まれ、しっ [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜庚之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回も引き続き、行運の概況のお話。今日は庚です。庚の人にとっては、今年はお飾り官殺の年です。官殺と言えば強迫観念ですが、自分に鞭打つような感覚は弱いでしょう。去年は丙火で強く鞭打つような感覚がありましたが、そんな感じが弱くなって、臆病さは無くなるでしょう。官殺ですから、視線は気になるのですが、その程度で鞭打つようなことはないと思います。また、地支には酉の金 [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜己之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回も引き続き、行運概況のお話。今日は、己。陰の土です。己の人は、基本的に戊と似ていますから、戊と似たような時期になります。ただ、2017年の十干の丁火が陰性で、陰性同士になるので、関心の一極化、視野が狭くなる傾向は強い時期です。2016年と比べると、去年の方が印としての作用が強く、視野の狭さが極まっていましたが、今年は幾分か狭窄の程度は弱くなります。それでも、こ [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜戊之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回は前回に引き続き、行運概況のお話。甲乙丙丁と続き、今日は戊です。2017年は丁酉。丁は戊にとって印になります。去年は丙申で同じ印でしたので、去年と大差はないのですが、関心が狭くなる時です。しかしながら、陽から陰になるので、自分へのこだわりは薄くなるでしょう。少しだけ、視野が開ける感覚はあるかと思います。同時に、酉は金で戊にとっては食傷です。何かと喋りたくな [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜丁之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回も引き続き、行運概況を話そうと思います。今日は丁です。丁の人は、基本的に丙の人と同じような時期になりますが、2017年の十干が丁火で、陰同士の比劫の年になります。陰陽が同じなので、丁火が丙火を強めるよりも比劫の強める作用がしっかり働きます。ただ、丙火が丁火を強めるよりも弱いので、自然な感じはあります。総じて自我が強くなる時期と言えます。基本的に各通変による [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜丙之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回も引き続き、2017年の概況を話そうかと思います。今日は丙です。丙の人にとって、2017年は比劫の年です。日干のエネルギーが強まる年です。比劫の年ですから、その作用を感じにくいです。事象がないというのが比劫です。また、丙に対して丁は、同じ五行で陰性なので、丙を強める作用は小さく、自身の中のエネルギーが高まる感覚も感じにくいです。個性の視点から考えると、期待感は [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜乙之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回は、前回に引き続き流年運を話そうかと思います。今日は乙の人です。乙の人は、甲の人と同じく表現欲求や行動欲求が強い時期になりそうです。甲乙は木であり、2017年の十干は丁火なので、生じる関係、即ち食傷の年になります。2016年は丙火で、同じ食傷でした。陰から陽を生む時期でしたので、非常に強い表現欲求があった年と言えます。2017年は陰から陰を生む時期なので、激しさが [続きを読む]
  • 2017年行運概況〜甲之巻〜
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今回は、2017年の概況を話していこうと思います。今日は日干甲の人。甲の人にとって、今年の十干である丁火は食傷にあたり、概して表現欲求や行動欲求が強くなる時期でしょう。しかしながら、丁火は陰であるのでその作用は弱く、穏やかさがあります。2016年は丙火で、同じ食傷ではありましたが、丙より丁の方が弱いですから、2016よりも穏やかで激しさはないと考えると良さそうです。ま [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。2017年を迎えました。と言っても、これはグレゴリウス暦、太陽暦の話です。東洋の命術では、立春が年の境。立春から新年が始まります。紫微斗数では旧正月。このことはもうご存知だと思います。年が明けたと言っても、1月はまだ前年を引き摺っています。2017の運が気になるところだと思いますが、もう一月我慢が要りますね。さて、2017年は丁酉年です。酉年では [続きを読む]
  • 相性で10割良いのはあり得ない
  • いつもお読みいただきありがとうございます。四柱推命など、命術の類いでは、男女の相性を看ることは可能なんですが、10割相性の良い相手はほぼいないと思います。僕の八字と大運で考えると、僕と相性が良い八字は、日干金で強弱は弱の女性です。剋洩交加ならなおさらです。理由は、日干金の弱の人にとって、僕の日干である土は印にあたり、日干を強める上、時柱辛酉は金ですから比劫にあたり、五行調和をもたらす関係です。また、 [続きを読む]
  • 平等ではないこと
  • いつもお読みいただきありがとうございます。紫微斗数や四柱推命を研究し、色々考えを回らせていると、「平等ではない」ことを思い知らされます。紫微命盤では、生年四化が我宮に多いほど良い命運を持ちます。特に、化忌は我宮に欲しい四化です。しかし、生年四化が我宮に多い人もいれば、生年四化が他宮にしかない人もいます。僕は、生年の化禄と化権と化忌が我宮にありますが、僕の親は、生年四化が他宮にしかありません。生年四 [続きを読む]
  • 自然な欲求
  • いつもお読みいただきありがとうございます。印を持っている人を見ていると、欲求の形が自然なように思えます。なんというか、モチベーションの維持が上手に感じます。人というのは、何かをする時、内から生まれる欲求を伴うのですが、その欲求が自然に湧き出るのが、印を持っている人なんだと思います。自然に欲求が湧き出るので、やりたいことや自分という存在を確立しやすいです。関心を狭めるのが印ですから、自分という存在を [続きを読む]
  • 生涯独身率は100にはならない
  • いつもお読みいただきありがとうございます。今日、若者の交際離れが社会問題になっています。交際相手がいない独身者の割合が、男で7割、女で6割もいるのだとか。非常に多い割合を示していますが、生涯独身者の割合は増え続けて100%になることはないと僕は考えています。紫微斗数での考察なんですが、生年四化に同類の自化があれば、必定と言い、必ず発生するようになります。それが、夫妻宮にあれば、婚姻に必定が発生、即ち必ず [続きを読む]
  • 入社する時間ではなく入社を決める時間
  • いつもお読みいただきありがとうございます。九星気学という占術があります。書店に行けば気学の本は陳列されていますし、ネット上にもたくさんの情報がありますので、有名な占術ですね。気学は方位の吉凶を看るのに優れますが、就職先の吉凶を知ることもできます。主に、年盤、月盤で探るのですが、就職先の吉凶は、「入社する時」ではなくて「入社を決める時」がその吉凶を決めるようです。例えば、2017年4月に入社するとしまし [続きを読む]
  • せっかく利他的な人柄なのに…
  • いつもお読みいただきありがとうございます。利他的な人柄と聞くと、「親切」とか「思いやり」とか「優しい」とか、ポジティブな言葉が思い浮かびます。総じて良い人柄です。ですが、せっかくの利他的な人柄をしているのに、それを台無しにしている人柄の人がいます。紫微斗数で考えると、利他的な人には、一つは命宮から遷移宮に向心力の化禄があります。化禄には支援の作用がありますから、それが遷移宮に向かうとなれば、自分以 [続きを読む]
  • 巨財を得るが破財も大きい
  • いつもお読みいただきありがとうございます。大きな財を得て豊かになりたいと願う人は多いと思います。しかし、財を失う破財という非常に恐ろしい現実は誰もが避けたいものです。世の中には、巨万の富を得たものの、破財の憂き目に遭い莫大な負債を抱えた人がいるのも事実です。巨財を得て、破財の憂き目に遭っている人には、我宮に生年化忌があって、それに自化忌があることが多いです。化忌には財の象意があります。また、真に獲 [続きを読む]