kogakki さん プロフィール

  •  
kogakkiさん: 古楽器製作家の思うこと 
ハンドル名kogakki さん
ブログタイトル古楽器製作家の思うこと 
ブログURLhttp://kogakki.blog.fc2.com/
サイト紹介文クラッシクギターについて、古楽器製作家の立場から書かせていただいています。
自由文ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ、最近はクラッシクギターにも興味を持って製作しています。古楽器を40年にわたって作ってきましたので、モダンスペインギターでない、19世紀ギターの延長線上の音楽が表現できるモダンギターを作っています。一般的なモダンギターとは違う観点から作っていますので、構造その他、分かっていただけるように書かせていただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/20 12:19

kogakki さんのブログ記事

  • コメントをいただいて、そしてHORAギターについて
  • CABOTIN様いつも、有用なコメントをありがとうございます。今回は、私にもなかなか理解出来ない、専門的なコメントで時間をかけて、ゆっくり考えて見ます。michael様まだ、リュートまで考えが及んでいません。リュート、バロックギターなどについても考えてみたいと思います。ギターとは違った構造なので、違う理由が考えられそうですが。今、我が家には弦長 55センチから63センチまでの小型のギターが10台ほどあります。ど [続きを読む]
  • michimat様がギター2台持って来られました。
  • コメントを先にいただきましたが、michimat様が昨日ギターを2台持って調整に来られました。他の人が、弾きにくい楽器を弾いていたり、弾き難そうに演奏していると何とかしたいと思ってしまう性分なので、持ってきていただきました。河野さんのギターについては予想通りに近い線でしたが、ちょっとイメージとは違う楽器でした。(私もギターを弾いていたころは河野さんのギターを3台持ち替えましたから、また回りにも河野ギターを [続きを読む]
  • コメントをいただいて、リュートとギター
  • こうじ様コメントをありがとうございます。私も、ギターからリュートに転向して45年ほど、リュートを作るようになってから40年ほど経ちました。リュート、チェンバロとギター、ピアノとは表板の考えが違うようです。リュートは、もちろん製作家によって違いますが、またバロックとルネサンスでは違いますが、1.5ミリから1.8ミリくらいの表板に、ブリッジの下にはバスバーが入っていません。チェンバロも2段の楽器や、8 [続きを読む]
  • コメントをいただいて 弦の固さ?
  • 通りすがり 様コメント、ありがとうございます。私の言葉不足を補っていただくようなコメントで、ありがとうございました。弦長、ピッチが同じなら、どの楽器でもテンションは同じです。では、なぜ固く感じる楽器とそうでない楽器があるのか?たしかに、音を出さずに弾いてみると、どの楽器でも弦の感触は変わらないと思います。楽器によって、化学変化でも起こして、比重が変わりテンションが変わると言う事は有り得ませんから。 [続きを読む]
  • 弦が硬く感じる楽器と柔らかく感じる楽器の差は?
  • michimat様が面白い話題を提供してくださいました。弦長660ミリの河野に比べて、弦長650ミリのイーホのほうが、弦の感触が硬いとの事。これは、楽器製作者の間でも話題になることです。以下に書かせていただくことは私が考えている事ですので、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。弦のテンションについては、ピッチが同じであれば、また同じ弦を使えば弦長で決まってきます。でも、世の中には、弦のテンションを大きく感じる、 [続きを読む]
  • 古楽器製作家の思う事 そしてコメントをいただいて
  • あっという間に、6月になってしまいました。5月も演奏会や楽器の修理、調整で走り回っていました。案内させていただいた、芳仲さんの演奏会も,芳仲さんらしい心のこもった演奏を聞かせていただきました。1曲1曲好きな曲を選び、時間をかけて練習されたのが分かります。トレモロで爪の音が気になった、と言う方がおられましたが付け爪をされていたようで、付け爪だとどうしても爪の音が結構入ってしまいます。付け爪の材質など [続きを読む]
  • 演奏会のお知らせ
  • 前回のブログでお知らせする予定でしたが、長くなってしまったので、新しく更新させていただきます。古くからの、友人がリサイタルを行います。関西の方はご存知かもしれませんが、箕面のメイプルホールで 5月21日午後2時開演茨木の 六鳴館で5月28日の午後3時開演です。入場料はいずれも、前売り1000円、当日1500円です。プロの、ギタリストではなく、箕面こどもの森学園の理事をされています。プロの方のように [続きを読む]
  • コメントをいただいて、
  • momo様コメントありがとうございました。私にとって、非常に大事な事なので、コメント欄でお答えするより、ブログにあげさせていただいた方が良いと思いましたので、書かせていただきます。まず、なぜ弦長65センチになったのかと言うと、ギター製作家、演奏家が神様扱いをしているスペインのトーレスさんが65センチのギターを作ったからだと思います。一時期、ラミレスさんは664ミリの弦長の楽器を作ったり、現在でも66セ [続きを読む]
  • 南港ギター展示会そして・・・
  • まず、最初に親指の怪我の経過報告をさせていただきます。12日夜に縫合してもらって、21日に抜糸していただきました。24日診ていただきましたが、これで病院に来なくてよいと言われました。完全には直っていませんが、新しい皮膚が出来てきて、かさぶたが取れるまでは、もう少し時間がかかりそうです。でも、炎症の痛みもほぼなくなり、ギターも弾ける状態です。(22日、23日もギターは何時間か弾いていましたが。)1年 [続きを読む]
  • だんだん良くなっています。
  • 皆さんに心配をおかけしましたが、怪我は段々良くなっています。心配していた,化膿はなく、痛みもほとんどありません。傷口もふさがって来ています。今日は、2日ぶりに病院で診てもらいます。診察までの待ち時間に原稿を作っています。15日は神戸でガンバ協会の催しがありました。春のコンソートの会です。以前から参加すると言ってましたので、行かないと指の怪我が、かなり悪いのでは?と心配かけてはいけないと思い参加しまし [続きを読む]
  • やってしまいました
  • 昨日、夕方 友人に頼まれていた楓の木を製材していたところ、うっかり、他の事を考えていて、丸鋸(テーブルソー)で親指を切ってしまいました。10針縫いましたが、丸鋸で切ったので、切り口が複雑で3週間ほどかかるとのことです。夕方、夜間と言う事で何軒か病院に問い合わせて、やっと近くですぐに見てもらえるところがありました。30年ほど病院に言った事は無く、10年ほど前に一度耳くそが鼓膜に当たってうるさいので取 [続きを読む]
  • 久しぶりの更新
  • あっという間に、一ヶ月が過ぎていました。3月は九州行きとか、年度末の仕事とかいろいろありました。前回、案内させていただいた演奏会の報告も。宝塚ベガホールで開かれた、田村義一さん、バッハコンクールで1位になった富田一樹さんたちの演奏会オルガンと、リコーダーオーケストラとチェンバロではなかなかバランスが取れませんが、バラエティにとんだ曲目で楽しい演奏会でした。リハーサル中です。大阪音大の音楽博物館が本 [続きを読む]
  • 演奏会のお知らせなど
  • 富山、福井、名古屋での仕事が終わり、明日からは九州です。宮崎、天草、熊本、北九州市 新しい出会いもあります。ということで、ここら辺でブログ更新させていただきます。ほとんどが演奏会の案内ですが。と言う事で、私の関係している展示会から。今年で6回目になりました、大阪南港でのクラシックギターフェスタです。会場の案内図です。出展者の方たちです。昨年より二人ほど多く参加されます。 [続きを読む]
  • 演奏会など
  • 前回のブログ更新から1ヶ月経ってしまいました。更新が、また ものすごく遅くなってすみません。訪問してくださる方には、申し訳なく思っていますが、明日、朝7時くらいから富山に、長期連絡しているチェンバロを引き取りに、ついでに、月曜日は福井で仕事を。火曜日の28日は、熱処理していただく材料を、山盛りにして京大の野村先生の所に行ってから、名古屋で30年ほど前に作ったチェンバロとスピネットの修理と調整。3月 [続きを読む]
  • 12月25日の記事です。
  • 今日は、大阪 久保惣ホールに来ています。いつも素晴らしい演奏を聞かせてくださる、アンサンブルシュシュのメンバーの中からヴァイオリン、オーボエ、トラベルソ、歌、ガンバ、そしてチェンバロのメンバーです。ホールの雰囲気と音楽がぴったりあった、素敵な空間です。もちろん、演奏も、響きもすばらしいです。昨日は、高松で西垣さんの演奏会、内容は京都と同じですが、天井が非常に高く、響きがとても良いホールです。飾り気 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。昨年は、地味な、少し小難しいブログにお出でくださってありがとうございました。また、体のことについては、皆さんに心配をおかけするような記事で申し訳ありませんでした。検査すると、色々体の悪い所が出てくるとは思っています。検査しなくても、悪い所は沢山ありますので。でも、少しは安心材料を。オムロンの、体組成計で体重をいつもではないのですが、量 [続きを読む]
  • 展示会のお知らせ(来年の話です)
  • もうそろそろ、来年の話をしても鬼が笑わない時期が来たようですので、来年の話を。1)第6回 クラシックギターフェスタ in 南港ATC12017年4月22日23日 11時から17時の予定場所:大阪南港ATC ITM棟9F TBSCエキジビジョンホール近づきましたら、また詳しく書かせていただきますが、来年で第6回 の クラシックギターフェスタ in 南港ATCです。今年は32名ほどの参加でしたが、来年はも [続きを読む]
  • 弦の話
  • 日ごろから考えている事なのですが、こんな事を書くと楽器屋さんから嫌がられるだろうな、と言う事かもしれません。弦の話は今年の1月25日にチェロの弦のことを書かせていただきましたが、今回はもう少し話を広げます。弦楽器、特にヴァイオリン属やアコースティックギターなど、スチール弦を使う弦楽器についてです。ヴァイオリン属と言っても、モダンヴァイオリン属の話です。スチール弦を張った弦楽器が好きになれないと言う [続きを読む]
  • 近況報告
  • もうすぐ、前回のブログ更新してから、1ヶ月が経とうとしています。更新もしていないのに、訪問してくださる方、ありがとうございます。更新がないということは、無事に走り回っていると思ってくださると良いのですが。(便りが無いのは良い便りということもありますし)今日は、少しギターから離れて、健康や体のことを。最近テレビでも健康の事がよく番組で取り上げられていますが、体を健康に保つ、病気をしない体を作ると言う [続きを読む]
  • リンクのお知らせなど
  • 今回はリンクのお知らせです。少し前に、リンクの追加をさせていただきました。「Micha クラシックとリュートの楽しみ 」バロックリュートの修理させていただいてからのお付き合いです。リュートだけでなく、クラシック音楽全般に造詣がものすごく深い方で、私の好きなハイドン、有名なお兄さんハイドンだけでなく、弟のミハエル・ハイドンもお好きなようで、話が合う所です。もちろん、ハイドンだけでなく古典派、前古典全てのク [続きを読む]
  • 近況その2
  • 先日の炎の祭りは年上の人生の先輩方々との仕事でしたが、今日(11月20日)は中学生のボランティアと人生の大先輩の方々のための、クリスマス会のような催しでした。毎年、12月にすこやか会として行っているのですが、今年は民生委員の約半数が改選なので、(私も3年の任期が終わって離任です)任期中の11月に行いました。過去2年は仕事で参加出来なかったのですが、今年は参加出来ました。会場準備を10時頃より始め、 [続きを読む]
  • 近況演奏会など
  • 演奏会が続いていましたので、リハの時間にブログの原稿を書くことが出来ましたので、近況をアップさせていただきます。ブログの更新があまり出来ていませんでしたが、坂本さん達のツアーに間に合うよう、オルガン作りで他のことは後回しにしていたので、何かとバタバタしています。私が30年ほど前に作ったフォルテピアノが京都芸大に納められていますが、そのフォルテピアノのメンテナンスを行いました。長い期間、メンテナンス [続きを読む]
  • 坂本さん達の演奏が終わって、坂本さんの思いです。
  • 坂本さんが、今回のツアーが終わって1週間後、フェイスブックにツアーについて書かれています。フェイスブックを利用されていない方、また繋がっていない方のために、全文載せさせていただきました。最初の堺では、多くの説明がありましたが、長すぎるということで後の演奏会は説明が短くなってしまいました。いくらでも、話せば話すことが山のようにあったと思います。彼の考えが端的に書かれていますので、どうぞお読みください [続きを読む]
  • 演奏会のお知らせ
  • 明日(もう今日になってしまいましたが)京都芸大の私が昔作ったフォルテピアノのメンテナンスその他で京都に行くのですが、もう一つブログ書かせていただきます。今年も恒例の、西垣さんの演奏会が 京都と高松であります。京都はいつもの、京都文化博物館 別館ホール 12月17日の土曜日 午後7時開演です。料金は3000円今年は、朗読の方に参加していただいたり、ボレロでダンスを踊ってもらいます。ダンサーはまだ中学 [続きを読む]