水星人+のたわごと さん プロフィール

  •  
水星人+のたわごとさん: 水星人+のたわごと
ハンドル名水星人+のたわごと さん
ブログタイトル水星人+のたわごと
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hidekof_03
サイト紹介文とうとう50歳になりました。人生50年! 残りは、ボーナスと思い 好きに生きていきたいと思ってます。
自由文墨絵・習字・フランス語・合気道・俳句
映画・旅行  
(子供達が勉強しないと言っているので、私が勉強をはじめました!)
アバルトに乗ってます。
マクロビ・自然食に興味があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/20 12:41

水星人+のたわごと さんのブログ記事

  • 墨絵(水墨画教室)開講します。
  • 5月より墨絵教室を東京 大井町・大蔵にて開講いたします。生花を愛でながら、墨絵の基本をレッスンいたします。是非この機会に、日本伝統の手習いをはじめてみませんか?毎回色紙に仕上げます。色紙掛けに入れて、お部屋に飾ってください。               [続きを読む]
  • 名取墨絵交流
  • 2017.4.22~23 名取市で毎年2回行われている墨絵交流会へ参加いたしました。みなさんの笑顔に会いたくて、会長のお供でまいりました。今回は、竹・金魚・ラディシュ・イチゴ・しいたけを描きました。清書は色紙に水墨画を描き、ご自宅や集会所に飾っていただける色紙掛けに入れて、作品として仕上げました。みなさん夢中に描いていて、あっという間の2時間でした。その後は、お楽しみのお茶っこです。楽しいお話が色々と聞けて楽し [続きを読む]
  • 気が付いたらもう1年
  • 気がつけば1年も経ってしまった!その1年間色々なことがありました。これからは、日々のことを又書いていきます。 [続きを読む]
  • 明治村 大人の休日
  • 20代の頃に一度明治村へ行ったことがありますがただ、昔の建物があったな程度の記憶しかないのです。今回は、帝国ホテルのロビーを見たくて 来てしまいました。色々と検索すると、株主優待の券を持っていると半額近くになるらしくネットのオークションで350円GET!今は、何でもありなのですね〜栄のオアシス21から、バスに乗って出発です。前もって、ネットから地図を印刷しました。結構、無料のガイドツアーがあります。 入口を入り [続きを読む]
  • 名古屋 オアシス21 アンドロメダへ向けっ 発進!
  • アンドロメダへ向けっ 発進!このCMを見て、この場所はどこなんだろう!と思った人も多いハズ宇宙的なこのCM今回たまたま明治村へ行くのにバスでと思って、バスターミナルをググっていたらなんとこのCMの場所を発見!是非見たいと思い、早めにバスターミナルへ行き散策しました。 この日は、天気が悪くてきっと夜の方が綺麗なんだろうなと!帰り、本当は名古屋駅まで、帰る予定でしたが、栄で見た夜景が綺麗だったので、思 [続きを読む]
  • 名古屋城
  • 本日のメインイベントでは、ありませんが、この無料ツアーガイドを聞くというのは、かなり楽しみにしておりましたが、いつもながら、時間ぎりぎりで走っております。得なびとかいうもので、地下鉄の一日券を買うと入館料が100円割引になるそうです。 なんとか、セーフいやいや、無理にセーフにしているでしょ〜コインロッカーに荷物をぶち込み この黄色いはっぴのお姉さんの後をついて行きます。 この部分だけが、木造だとか      [続きを読む]
  • 頼りになるJCBプラザ エバー航空のキティちゃんジェット
  • 今回は、突然PARISへ行こうということになり、安いチケットを探して エバー航空という聞いたことのない航空会社(失礼ですね)の旅となりました。もしものことがあった場合に備えて、朝着の飛行機を選びました。台湾の航空会社で評判そこそこ スターライアンスグループだっていうじゃああ〜りませんか!姉のリサーチだと、自分の飛行機会社はいつも早い、私より到着時間が早いので、それにもまして早いエバー航空はいつも2時間は [続きを読む]
  • ルイ・ヴィトン財団美術館
  • ルイ・ヴィトン財団美術館2014年10月27日、パリ西部のブローニュの森の中にあるアクリマタシオン公園にオープンした美術館です。特に今回の旅の予定には、入ってなかったのですが、ミイ・ラ・フォレ( Milly-la-Forêt )に連れて行ってくれたマダムが良かったわよ!と教えてくれたので、急遽行くことにしました。駅を降りると案内が出ています。 綺麗な道を歩いていくと                          [続きを読む]
  • ピカソ美術館
  • 待ってました。ようやくオープンです。今回も本当にリニューアルしてくれるのか?心配でした。しかし、クレアにも載っていましたよ!2014年10月からオープンしてます。5年の歳月をかけての改装が終わりました。今回は、旅行初日に行きました。 5年前にパリに来たときに、泊まったアパートがマレでした。そのときに比べると凄くきれいになってます。   このカフェ素敵と思ったら、ピカソ美術館に到着  お屋敷という感じです [続きを読む]
  • ドラッカーコレクション 水墨画名作展
  • ドラッカーコレクション 水墨画名作展日経新聞の特集を見たときから、行きたいと思っていた展覧会だったのですが、東京の開催がなく、千葉・長野・山口千葉のときに行っておくべきだったのですが、なかなか行けず気がつけば、長野も8/23日まで主人に山口に行かない?と誘っていたのですが、どーなるかわからないからと8/21金曜の夜、今からいこう!ということになり、車で長野まで・・・高速に乗りながら、色々とホテルに電話し [続きを読む]
  • ミイ・ラ・フォレとジャン・コクトーの礼拝堂
  • ミイ・ラ・フォレ( Milly-la-Forêt)フランス語でご一緒している方が、フランス語の先生にフランスでどこに行きたい?という質問にここに行きたいと思っていると言うの聞くまで私はこの教会を知りませんでした。南仏の旅でサン・ピエール礼拝堂に行ったときに、なんて可愛い絵を描く人なんだろう!と思っていました。しかし、ジャンコクトーの人生は凄すぎる これを読んでいるだけども、頭がおかしくなりそう!マントンでは、ジャンコクトー [続きを読む]
  • やはり ルーブルは凄い!奥が深い!
  • 2015.08.07パリに行くと決まると絶対に行きたくなる、ルーブル美術館どこから入ると空いているとか、いろんな情報が飛び交っていますが…本当は、ぶらっとルーブルが私の理想子供たちが写生していたり、フランスの子供たちは本物をすぐに見れる環境にいていなぁ〜と前置きが長くなりましたが今回は、CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2013年 07月号 [雑誌]文藝春秋この本が出たときに、今度ルーブル美術館へ行くとき [続きを読む]
  • 夜の大噴水ショーと花火 ベルサイユ宮殿
  • 王のセレナーデのショー19:30〜のを見学して、外に出ても鏡の回廊 王のセレナーデ 8月のフランスは、21時近くまで明るいのです。21:00〜噴水ショーは、始まっておりました。美しい音楽と噴水ショーは、とても優雅です。ラスベガスやスペインの噴水ショーのダイナミックさはありませんが、マリーアントワネットやルイ14世も同じ噴水を見ていたのかと思うと考え深いです。平和だから。。。そして、廃墟となったベルサイユをこ [続きを読む]
  • ベルサイユの街とCOUR DES SENTEURS LA FLOTTILLE
  • 今回の旅のハイライト前回のベルサイユ宮殿に来たときに、今度は夏の噴水ショーへ絶対に来る!と誓いましたがこんなに早く実現できるとは。。。御姉様様です。今回のアパートから、ベルサイユはトラムに乗り、バスでというコースを姉が発見してくれていた為そのルートで向かいました。 パリの外環を通るトラム         国際見本市会場がある駅で違うトラムに乗りかえ国立セラミック博物館駅へここから、バス171でベル [続きを読む]
  • ベルサイユの王のセレナーデ
  • 2015.08.08ベルサイユ宮殿の中に入ります。もう少しで閉館の為、空いています。  マリーアントワネットが結婚式を挙げたチャペル The Royal Chapel入ったら、始めにあるのと凄い人で1Fからの写真はいつも大変なのに今回は、結構ゆっくり撮ることが出来ました。夕方だからかなぁ〜 マリーアントワネットの絵を見ると・・・複雑な気持ちになります。 窓からは、外の素晴らしいお庭が見れます。 2Fからもチャペルが見れ [続きを読む]
  • ドナウ川遊歩道の靴 "Shoes on the Danube Bank"と恐怖
  • ブダペストの国会議事堂近く 2015.04.28 あの建物が国会議事堂です。 この銅像の方はどなた?なんでしょうか?(疲れて座ってますって感じです。)この銅像の前にあります。ドナウ川遊歩道の靴"Shoes on the Danube Bank"                  鉄製の靴(モニュメント)が多数ドナウ川を向いて置かれています。第二次世界大戦当時のハンガリーではナチス支配下の「矢十字党」によるユダヤ人の迫害が行われました。特 [続きを読む]
  • 今回の旅で参考にした本 
  • ◇今回この本の発売で、ロワール・ベルサイユへ行こう!と決断しました姉は電子版を購入CREA TRAVELLER 2015年 07 月号 [雑誌]文藝春秋◇これで、パリ近郊へ旅が膨らみます。8つのテーマで行く パリ発、日帰り小旅行 (地球の歩き方GEM STONE)地球の歩き方編集室ダイヤモンド社◇今度ルーブルへ行くならこの本は絶対!必見と思っておりました。すごく参考になりました。CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2013年 07月号 [ [続きを読む]