Keiko さん プロフィール

  •  
Keikoさん: bluestrawberry212東方神起鹿虎
ハンドル名Keiko さん
ブログタイトルbluestrawberry212東方神起鹿虎
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/bluestrawberry212/
サイト紹介文東方神起鹿虎絶対固定です。ミンホのふたりで恥ずかしいことしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供475回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2015/05/20 17:34

Keiko さんのブログ記事

  • 第一回日本ミンホ学会学術・総会3
  • 「二人の初体験が17才と15才では早すぎませんか?」第一回日本ミンホ学会学術総会、第一日目の最終プログラム特別講演。テーマは「二人はいつから始まったのか-その検証」第二席。出会った最初から今もである、という発表へ質問が飛んだ。さあどうくる・・・!と学会員たちが壇上を見つめる中、演者であるbsBは大きく頷いた。「ご質問ありがとうございます。よく聞いてくださった、と申し上げたく思います。ご存じの通り、ユノは初 [続きを読む]
  • みんながいて、寂しい
  • ありがたいことに俺、人気者だよ。あちこちでユノヒョン、ユノオッパ、ユノ。大がかりな式典だからこれでもかって人引っ張って来て、事務所の面々だから華やかで。賑わう島の中、俺、一応中心で。呼ばれてあっちこっち行って。写真撮られて笑い声たてて。なのに寂しくなる何で。笑ったあと人波がふっと途切れた時ポッカリなる何で。チャンミンお前がいないからだよ。東方神起なのにお前がいないからだよ、欠けている感がすごいから [続きを読む]
  • Anh yeu em20
  • とろ甘く赤く、もう自分だけにかじられたいと背中に腕を回してくるユノの白い頸をチャンミンはかじる。「僕のものになった、ユノ」「もうチャンミンだけのもの・・・」「そうですよ。この唇も」「ん」口づけられ。「この肩も」「や」白いリネン一枚をまとっただけだったので、ユノの肩からパサリと布がすり抜けて落ち、白い肩があらわになったのをチャンミンに掴まれ。「この奥も。爪先まで。それから」チャンミンは南方の瞳をかが [続きを読む]
  • パン投入
  • チャンミンはパンを大量に買い込んだ。こんがりふっくら、良質なタネ。目的はもちろん。「お前今パンがブームなのか?」ユノのマンションのテーブルにずらりと並んだ甘いのソルティなのソフトなのハードなの。「これ新作です。評判いいらしいですよ」「へー」ユノが小首をかしげるのにチャンミンはキュヒョンとの電話での会話を思い出した。『最近ユノヒョン痩せたよなー』「そう思うだろ!」『うん、首回りひとつとっても』「折れ [続きを読む]
  • 眼球舐めーFC2に拍手御礼記事あげました
  • 1111拍手御礼です。諸般の事情により、今回はお二人分を書きます。(´・J・`)事情ってあなたが操作誤って自分で1111踏んだから前後の方の書くんでしょうがそうです。(´・J・`)馬鹿だ馬鹿だと思ってはいましたが、いよいよ(∵)チャンミンダメなのぅ若いのに気の毒な人なのぅすいません。前後であるからしてリクエスト内容は半分書きます。(`・J・`)半分?(∵)はんぶん?半分です。お一方はチャンミンがユノの眼球を舐めるです。べ [続きを読む]
  • 第一回ミンホ学会学術集会・総会2
  • 第一回ミンホ学会学術集会・総会。最終プログラム特別講演の会場は超満員に埋め尽くされ、あぶれた学会員たちはホールに設置されたモニターへと集まっていた。講演のテーマは「二人はいつから始まったか-その検証」。皆、食い入るように目を耳を研ぎ澄ませ集中している。「この深遠なテーマに取り組み、私は「二人が会った最初からミンホであり、ミンホが始まった」この推測に至りました。皆様ご存じの通り、お互いの第一印象はユ [続きを読む]
  • 第一回日本ミンホ学会学術集会・総会1
  • 「第一回日本ミンホ学会学術集会・総会」赤いポスターがあちこちに貼られた建物では、人波が絶えず流れていた。「すいません、この「ユノのかわいさの変遷ーこの10年を振り返るー」はどちらでしたっけ?」「206号室です」スーツを身にまとい、赤のチーフをのぞかせながらキビキビと誘導するスタッフ、自動受付機に会費を入れ発券し、券をパスケースにしまい首から提げ-紐ももちろん赤だ-、会場を確認する参加者。企業出展スペース [続きを読む]
  • ユノ僕にはあなたです
  • ユノあなたは夢の話の豆の木に乗っている人。どんどん伸びやかに高くあがっていってしまう。その高く明るい場所にはひらひら飛んでくる蝶や軽やかな風が吹いてあなたに別の場所に行こう、と誘いかける。上手くはありませんが比喩です。屈託なく関係を広げていける人たちの。僕とは決定的に違う人たちの。ですがあなたはそこから動けない。木の中から生えてきた手があなたの足首をつかんでいるから。その手は僕です。豆というのは蔓 [続きを読む]
  • チャンミンチャンミン呼びたくて
  • 「あなたが日本語間違えてもかわいーかわいーで済むからいいんですよ。僕は珍しい、になるのでトチれません」「俺かわいいになっちゃダメだから」(ますますマシマシでかわいい天から降ってきたのかこれ)「なに」「いえ。まあ、キャラクターの範囲内だと思います」ユノとチャンミンは新羅の報告会と反省会を電話で行っていた。ラブコールでは断じてない。「あと俺、オープニングもじもじしてたって言われた。そんなだったかなー、せ [続きを読む]
  • Anh yeu em19は再アップです
  • 消された記事に応援 下さったかた、コメント下さったかた、誠に申し訳ありませんでした。ありがたく目は通しております。気がついたのが昨晩22:30。風呂につかり気持ちを切り替えて猛然と書き直しました。久しぶりにお目にかけました光速再アップ。消されて初心にもどりました。露骨な表現をしなくとも色気というのは醸し出せるはず。これだってわたくしの文を磨く試金石。いや、悔しかったですが。悔しさをバネにするblues [続きを読む]
  • Anh yeu em19
  • つゆをおびていっそうつややかな実のように、白麻のシーツに包まれてユノは微睡んでいた。チャンミンのベッドの上、ここよりしあわせな所はないのだ、というような安らかな寝顔。「ユノ起きた?」「ん・・・」後ろから抱きかかえられていたので、寝返りを打つとチャンミンの首に鼻をすりよせる。バード・キスが額に落ちる。「あさ・・・?」「ええ。寝ててください。その・・・昨日というか明け方というか・・・疲れたでしょう?」 [続きを読む]
  • テーマは夜のハウツー本-FC2にリクあげました
  • ですが「夜のハウツー本」フル活用はされておりません。あふんなユノを目の前にして他のものに気をとられるはずはないだろう、没頭だろうと思うので。1000拍手にリクエストくださった方、ありがとうございました。わたくしリクエストをいただいて書ける環境にあるならば2〜3時間後にはアップするのですが、今回は真夜中でしたので今朝のお知らせといたしました。すいません。あとハウツー本がフル活用でないような・・・思いっき [続きを読む]
  • 叩いて1000回-FC2に記事あげました
  • うすい柔らかい白い生地にヒップラインが浮かび上がったユノのグラビアを見て、ああこれは叩いてほしい、ということだなと。ならば分かったと書きました(病気。処置なし)。1000回はあちらの総拍手数です、狙えます。当たった方、言われるがままにリクエストにお答えしますのでよろしければご一報くださいませ。ちなみに当ブログのユノはチャンミン「だけ」に叩いて欲しいのです。そこお間違えなきよう。↓こちらも叩いて?にほんブ [続きを読む]
  • 書き手をたきつけ高めてくれる読者さまのいる幸せ
  • 毎回毎回一つ覚えのように「ユノ好きです」「俺だって!」「チャンミン好きだ」「僕だって!」心の体のかけ持ち何ですかそれ?という話を書いているわたくしですが。飽きられてしまうだろうか?と考えることもあります。ので初の試みであるパロディ長期連載で「浮気泥沼当て馬」展開にしてみましょうか?と読者さまにおたずねしてみました。そのお返事がふるっていて。「ドロドロきたらビックリですが、ついていきます」(この素直 [続きを読む]
  • 「チャンミンからの」コールコールメッセ
  • 「もしもーし」『僕です。今いいですか』「おー」兵役についてから、今までよりずっと連絡を取り合うようになった。しかもチャンミンの方から。『これまでみたく「いついつに会うからその時でいいか」というのが無くなったので』「そーだな」『兵役終わったらすぐ活動再開するんですから、連絡取り合ってスムーズに進めるべきだと思います』「そーだな。会わなくても会いさえすれば、またすぐ意思は通じる気するけど」『まあそうな [続きを読む]
  • かわいいに戸惑うかわいい人(ユノ)
  • 「ファンがあなたのことかわいいかわいい言うのは、甘やかしたいっていうのもあるんですよ。分かれ」ある話の中でチャンミンにこう言わせたわたくしですが、付け加えるとしたらこうです。「ファンがあなたのことかわいいかわいい言うのは「いい加減認めさせたい」というのもあるんですよ。分かれ」で、ユノは認めたというか自覚したようですね、ファンミーティングの発言を見る限り。日本語だと可愛くなっちゃうからですか。わたく [続きを読む]
  • ユノねんねしますよ
  • 「ユノ寝ますよ」「・・・」ぷっと片頬をふくらませていたのでチャンミンは指でつん、とつつく。ぷんっ!と間の抜けた音。「まだすねてんの」「だってさー」ベッドからソファにとことこ歩いていったと思ったら枕かかえて座ってるパジャマ姿のユノはチャンミンに拗ねて甘えてる訳で。その理由は犬もくわないというやつで。「いーから寝なさい」「ここで寝る」ハーッとため息をついて、チャンミンは隣に座りユノの片手で抱えられる小 [続きを読む]
  • Anh yeu em18からの展開
  • 前回のタイトルに数字を入れるのを忘れました。エロ!とすんごい前のめりで書いてたんだろうな、おいおい、しっかりしろよ・・・と思われたでしょうにそっとして置いてくださった皆様ありがとうございます。エロ書いたる!と前のめり前かがみで取り組んでおりました、はい。読者さまに飽きられてしまわないように、と始めたこのシリーズ、わたくしにしては随分スローペースで進んでおります。今後についてですが、どうしようかなと [続きを読む]
  • Anh yeu em
  • 手につかんでいるのは甘いくだもの、ユノという赤い実。チャンミンはホテルの廊下を早足で歩く。「チャンミナ、痛いよ」ますます手首を強くつかみしめたのを振り払おうとはせず、ユノはチャンミナ、と呼ぶ。首だけで振り向いた彼をぽうっとした表情で見つめながらとろりとした声でとろりと言う。「ゆるめてくれなくても好き・・・」夜の閑散としたロビーは、そんな二人を見送るのは落ちた照明と調度品だけだった。ユノを車に乗せて [続きを読む]
  • 東方神起あれこれー丸山珈琲再びとか表参道とか
  • 丸山珈琲店様のメニュー。チャンミンは深煎りだそうです(違)(∵)チャンミナ深入り!漢字も意味も違いますからねユノ。そして少しまずいです。前回のスマートフォンの電源が落ちるという体たらくを取り返すべく、空いている平日にお店の許可の上激写して参りました。こういう所にチャンミンが座っていたのかという想像のお手伝いになれば。もちろん珈琲の銘柄はシムです。カフェラテアートはメニューにありませんでした。(´・J・`) [続きを読む]
  • 兵役を終えたらステージに立ちたい
  • 「東方神起としてあなたと立ちたい。ほらあれ、後輩も出るでしょう」「あれか?いくらなんでも調整ムリだぞ」分かっている、とチャンミンは頷く。眉に、まなざしに、負けん気がにじんでいる。嫌がられるだろうな、知ってんだけど、と思いながらユノはチャンミンの頭を撫でる。ほら嫌がった。曲げられた唇。「何なんですか」「あああー超いい男だ俺のチャンミナは」にほんブログ村 [続きを読む]
  • Anh yeu em 17
  • 甘い実が甘ったれたことを話している、甘い声で。「だめ?慣れるまででいいから・・・」手つないで渡って?ベトナムの首都であるハノイは交通量が多く、信号機などないようなものだ。外国人を戸惑わせるそんな中での横断。「一人では難しいですか?あなた運動神経良いでしょうに」チャンミンはこの可愛い甘ったれにふと意地悪を言いたくなった。ユノは黒目をうるませる。これから言うであろう言葉をチャンミンは聞きたいのだ。「渡 [続きを読む]
  • カッパーノきゅうりポリポリ
  • 「おおこう来たか・・・と思ったよ」『今ならではの髪の長さをいかした感じですよね!』チャンミンのメッセージにシウミンはどこまでもあくまでもファンなレス。新しいドラマのユノのビジュアル。「カッパーノだと思った」『カ・・・何ですか?』チャンミンは日本の河童の画像を送る。『さすが〜物知りですね!あとすいません可愛くて笑っちゃいました』「このカッパってきゅうりが好物らしいよ」『チャンミニヒョン大変です、この [続きを読む]
  • 東方神起を表現するのに、ユノと同じ言葉を使ってた
  • 「あなたにとって東方神起とは?」見るとしあわせになるもの、いろんな色があるもの、果てないあこがれ。「`Rainbow´ 消えることのない虹です」2016年5月の記事、「東方神起あれこれ-わたしの虹-」にこう書きました。そうしてご存じの方も多いでしょうが、直近のインタビューでユノは東方神起をこう表現していました。「虹。見る人によって色が変わる」東方神起を虹と感じられる人はたくさんいらっしゃることでしょう。その内の [続きを読む]
  • チャンミン俺にはお前なんだ
  • どうあろうとそこなんだ。大海原に放たれた魚が、広い広い水を回遊していたある日、向きを換え、力の限り泳ぎ故郷の激流を遡るように。海は温かい。さまざまな美しいものがある。やさしい潮もある。それでも白く泡立ち、清烈な流れへと向かわずにはいられない。分かるか?上手くないが比喩だ。俺たちの関係は優しく易しくたゆたえる恋愛ではない。なぜこんなしんどい思いをするのだろうと泡ぶくを吐きたくなるような時もある。だが [続きを読む]