Keiko さん プロフィール

  •  
Keikoさん: bluestrawberry212東方神起鹿虎
ハンドル名Keiko さん
ブログタイトルbluestrawberry212東方神起鹿虎
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/bluestrawberry212/
サイト紹介文東方神起鹿虎絶対固定です。ミンホのふたりで恥ずかしいことしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供450回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2015/05/20 17:34

Keiko さんのブログ記事

  • 東方神起あれこれー会うとお約束した方と「らん月」へ
  • お約束した方とお会いしてきました。お身内を無くされたお辛い最中にわたくしを思い出してくださった方とです。(∵)(´・J・`)(ホロリ)「鹿児島だろうが北海道だろうが会いにいくつもりでした」そう言って大阪からお越しくださいました。感激しながら「なぜ例えが沖縄でなくあえての鹿児島なのだろう、ああ鹿だから?高度なチョイス」と思っていたなんて言えませんので書きます。(´・J・`)/なんでやねん(ビシィッ)(∵)/なんでにゃ [続きを読む]
  • Not over you112
  • 「波の音ってさ、人を好きな気持ちみたい」沖縄にきていた。世話になった日本のスタッフたちと。夜に飲み会をして、ぽわっとユノは桜貝みたいな色になって、しばしのお別れのあいさつをして。二人は部屋に引き上げて一緒にシャワーを浴びて、今は床の上に座ったチャンミンの膝の上でユノは丸くなっている。淡い月光だけが照らす部屋の中。「波の音がですか?」「うん。ざざーん、ざざーんって、ずっと繰り返してるんだ」寄せる音と [続きを読む]
  • 「口に出したことをやらない人」はユノに信用されない
  • 韓国大統領選の推進CMにおいてのQ&A。「どんな人に大統領になってほしいですか?」「口に出したことはどんなに小さなことでもやる人」この答えのすばらしさに、わたくしは感動しました。表現がオーバーで調子がいいから人気があっても、言ったことはやらない。やらないことにすいませんと謝る。それでも調子がいいから人気がでる。また同じことをする。「また謝ってすませるんだろうか」が「また謝ってすませるんだろうな」になり [続きを読む]
  • bs212はコメント返しまで読み物
  • 読者さまは常に新鮮な驚きをわたくしに下さいます。「コメントまで全部読んでます」おおおおお。「bluestrawberry212さんのお話を他の読者さんがどう捉えて、それに何と返すか知りたいんです」ほああああ。しかも何人もの方の口から。少し話しはそれますが、わたくしに感想をくださる方は皆さま皆さま口を揃えてと言って差し支えない程、「独特の」「独自の」「こういう視点もあるのか」という表現をされます。あまりに統一感があ [続きを読む]
  • ユノはお口が下手
  • ユノがポロポロこぼすのはお箸ではなくお口が下手なのだ。「久しぶりにあそこで食いたい」「あー、わかりました。いいですね」「チャンミナ」ユノのちょっと甘たれ声。電話の向こうで首かしげてるみたいな。「あのさ、後ろに赤で丸く俺の名前入ったあの黒のニット帽わかるか?」「ええ」ユンホ、って。めちゃかわいい。「あれ被ってくっからお前も似たやつにしないか?」「ええ?」「いーじゃん」はー分かりましたと気の無い返事を [続きを読む]
  • Not over you111
  • チャンミンは猛然と体を鍛え抜いた。それはファンに一度見せたものは最初から最後まで見せなければならない、という彼のプロ意識でもあったが、「もっと男っぽくなりますよ僕は。「いつまでも可愛い小鹿」ばかりにお答えするつもりはありません。覚悟をしておけ、というのもあります」分かりやすい方法を取った、前触れでもあった。目を止めた有名なフアッション誌が「男性美」と彼を称するのは少し先のことになる。「そう、か。実 [続きを読む]
  • ビーグルンホ14
  • このシリーズ春だし卒業したいです・・・。チャンミンが戸棚をパカッと開けたから俺は急いでよってった。ここには俺のごはんとか、「あ、ユノ、おやつ?」うん。おやつがある。チャンミンはガサガサふくろを開けようとして、はっ!という顔をしていきなり何かを考えこんだ。テレビで見た「はむれっと」ってひとみたいに額に手をあててる。・・・なんだろう。時々思うんだけど俺のご主人ちょっと変な人だよ。チャンミンは意をけっし [続きを読む]
  • 腕の輪っかにスポッ
  • チャンミンはユノに背を向けて左手を腰の辺りにあてて立っていた。カーテンを新しくしようか。最近陽気もいいし。凝り性の彼は頭の中で色々なパターンを展開していく。「チャンミナー」遊びに来ていたユノの呼びかけに「んー」と生返事。うすい青にしようか、緑にしようか。「チャーンミナー」「んー」その時左腕と腰の間にスポッ!と何かが入り込んできた。ちょうど輪っかになった所にユノが小さな頭を入れてきたのだ。「何してん [続きを読む]
  • Not over you110
  • 「このツアーには、兵役前最後の、というフレーズがついて回ると思う」ステージ上で五大ドームツアーを発表してから後、ユノは好評を博した時代劇を終えた。そして会議の席での経営陣の発言に二人は黙ってうなづく。「いつどこで、どのタイミングでお互いの兵役に行く月をリークするか、それ以上に重要なのが兵役をどう表現するかだと思います」日韓感情を逆なでせず、かつ分かるように。ユノの発言に全員が耳目をよせる。「事実と [続きを読む]
  • チャンミンがいないのは惜しいけど、あいつは
  • そーゆう男じゃないから。さらりと言っちゃうよ?お涙ちょうだい、大げさ、目立ちたがり。一人にしないで、みんなーみんなー。そういうのじゃないから。「お前一生懸命やってるか?」「やってますよ」それから10年やってる東方神起を語り合い続ける、飽かずに語り合い続けられる、俺たちはそういうのなんだよ。惚れるならどっちがいんだよ。なあ、チャンミン。俺の片割れ。俺は少し先に戻ってるよ。それで、ファンの気持ちになる [続きを読む]
  • つり革広告
  • satomiさまお題です再始動のときに、電車を東方神起でジャックという企画がでた。車両すみからすみまでTONE一色。で。「何してるんですか」「体感」つり革広告ーつまり自分たちが写っている印刷紙を吊り下げた状態にしたものを、ユノは自分達の宿舎の自室のドア部分に設置していた。微妙に左右の高さが違うのはユノだからもういいとして。『どうしようこの羞恥プレイ感』ビシッと決めた自分が写っているものが目の前にひらーんと吊 [続きを読む]
  • Not over you 109
  • 「ライブだな、楽しみだな」「ユノ、少し頭あげて。タオル敷くから」ユノはハード、という言葉で片付けられない韓国のドラマ撮影のかたわら、事務所合同ライブのため上海に飛んでいた。控え室のソファに座りながらがくっと首を反らせるという無理な体勢でうつらうつらしていたのに、チャンミンは肩と膝を抱えて半回転させるとソファに完全に横にさせた。膝まづいて履いていた靴を脱がせる。頭の下にタオルを敷いてやると、「ライブ [続きを読む]
  • 約束したでしょ帰っておいで(ユノ)
  • 2年とほんの少し前、春のなか泣いているあなたと一緒に泣いて「好きだ、好きだ、絶対に待っている」と決めた日から。気持ちは少しも変わりません。変わらないことなんて分かっていたけれど。それをすばらしいと言ってくださる方にはこうお返ししたい。「いえユノがすばらしいからです」だから、ユノ、帰っておいで。「頑張ってきたこと」を勲章に。少しも変わらず好きだったなんて、こんな思いの人当たり前みたいにたくさんいる。 [続きを読む]
  • TILL2横浜アリーナ参戦もろもろ所感
  • 高い掲示板いっぱいにこの男前たちだなんて拝むしか。横浜アリーナ19時の会に参戦してきました。やるからには大盛況であって欲しい。そう思うのがトンペン心ですが、さすがにお席は8割弱は埋まったであろうかという感じでした。平日の割りには頑張ったと互いの健闘をたたえたい所です。客電が落ち、映像が流れはじめる。わたくしがしみじみ思ったのは「たとえマッチ棒だろうがゴマ粒だろうが本人たちがいるのといないのとではフ [続きを読む]
  • うさぎ注意
  • satomiさまお題です。チャンミンの周囲にはうさぎが出没する。くりくりとした黒い目の、口の小さな、しょっちゅうぴょんぴょん跳ねてるうさぎ。「うわ!」チャンミンはもう慣れっこになったとはいえ、時々額を押さえたくなる。どうして床のものに気づかず蹴とばすのだろう。そもそもどうして楽屋の床にリュックが口の開いたまま置いてあるのだろう(ソファはたくさん空いている)「あ、大丈夫でしたか」「へーきへーき、ごめんなキュ [続きを読む]
  • しあわせを運ぶ「みつばちユンホ」
  • 「こう来たか・・・」きいろと黒の大きなボーダー柄。を着て、んふんふ歩いているユノ。の画像を見て呟くチャンミン。これリアルhoney funnyか。花から花へしあわせ運んでいるのか。甘いもの、というかハチミツ買ったら完璧すぎる。「チャンミンどうした難しい顔して」「おつかれ様ですシウォニヒョン」「あ、ユノヒョン蜜蜂だ」ドンへも横から覗きこむ。「かわいいなー、触覚ぽいのついた帽子だったらもっとよかったのにー」「あ [続きを読む]
  • Not over you 108
  • 「したいな」「ん。でも今したら俺は現場で使い物にならなくなると思う」夏場の暑い中、時代劇の衣装を着こむ。美しく、世界に入り込みやすくなる代わりにものすごく暑い。夜のシーンはまだマシだが、夜眠れなくなるともいうことだ。疲労はたまる。「おかえり」もう着替えさえ無くなりそうになってユノはいったん帰宅した。チャンミンが出迎えてくれて、そのままソファに伸びる。マネヒョンは2時間後に来るからな、と言い残して本 [続きを読む]
  • 前作はリアルで鬼ドヤユノでミンホです
  • 「おいそんなモンでユノユノを」のことです。「また挑んでるなbluestrawberry212」と思ってやってください。けっこうカッコいいユノとチャンミンが書けたと勝手に自負しております。けっこう、です。「あああ腹立つ!どんなお前でも受け入れると決めたのにできなかった自分に腹立つ!」(「火性」より抜粋)当ブログのユノはこれくらいは言いますので。にほんブログ村 [続きを読む]
  • おいそんなモンでユノユノを
  • マンションに帰ってきたユノは無表情だった。それは怒りを抑え込んでいるからで、そうすると彼は本当に人間か?と思うほど冷たく整ってみえた。大きな音をたて自室のドアを開け放つ。静かに付いてきたチャンミンは入り口の壁に凭れかかって腕を組んだ。ユノは手近にあったクッションを宙にひゅっと上げ、次の瞬間すさまじい蹴りを放った。正確に中心を捉えたそれはふっ飛び床にバウンドする。ユノはそのままドガドガと壁を踏むよう [続きを読む]
  • 桜の花が散りつづけたなら
  • 夜の桜が散りつづけるのをその中で眺めつづけたら軽く気が触れる。幹の後ろからひょこりと異形が顔をのぞかせる。そんな空間。とろりと甘いのにどこか冷たい闇。ユノは幼い児のように山里の桜をみあげていた。古木の枝は静脈のように張りめぐらされている。ぽかりと開いた瞳。横顔が白く浮かび上がる。チャンミンは言い知れぬ焦燥にかられる。ユノのすべてが桜の花びらになって幾千幾万の花びらになってざざざと風に吹きくずれはし [続きを読む]
  • Not over you107
  • チャンミンは静かな生活といっていい日々を送っていた。大学で講義を受け、何となく顔見知りになった生徒と二言三言交わし、帰宅すると家事をして夜眠る。兵役を先に済ませたものならば、彼の年齢ならば、当たり前といっていい日々。今も緑陰の心地いいベンチに腰かけ先程の資料をめくる。つい読みふけってしまった。疲れた目を閉じる。チチチ、と鳥の羽音。こうしていると芸能活動の慌ただしさがふと夢のように思える。自分は椅子 [続きを読む]
  • リアルでオラオラユノでミンホ書きました(FCおしらせ)
  • リアルでオラオラユノでミンホです。ベッドをガンガン蹴りつけ「ぅるっさいんじゃ!」で、自分から乗っかるようなユノです。ご興味持たれた方は「bluestrawberry212annexーFC」を検索ください。もともと当ブログのユノは、例えば映画撮影で職場で泣いたチャンミンに「人前で自分のつらい苦しいで泣くな。お前が誰より努力しているのは分かっている、それでもだ」(Not over you49)ゆとりを盾に、は「タラタラしてんな。絞ったもん見 [続きを読む]