ねたろう さん プロフィール

  •  
ねたろうさん: ねたろうはアルコール依存症
ハンドル名ねたろう さん
ブログタイトルねたろうはアルコール依存症
ブログURLhttp://ameblo.jp/netaro1019/
サイト紹介文2014年12月アルコール専門病棟から退院。旅行、音楽、妄想全開中。何かがあなたに届けば…
自由文音楽、旅行記など徒然なるままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/05/20 19:59

ねたろう さんのブログ記事

  • 生えてきた?
  • ギターに張ってる弦なんだけどね。変な物を見つけちゃったワケ、ほれ、この4弦見てよ。見えるでしょ、ささくれてるでしょ、絡みついてるでしょ、生えてきてるでしょ。ワタシ、指先からサビサビビームが出るから弦がすぐに錆びちゃうのね。エリクサーの弦なら長持ちすると聞いて去年の梅雨の頃かな、ちょっと高いけど張ってみたのよ。結果、一年を越えての超ロングラン。他の一般的な弦と比べて音は良くないんだけどね、張替えの手 [続きを読む]
  • ハッピーセット
  • マクドのハッピーセットはミニオンが付いてくる。うーむ、靴は黒なんだよね。出来ればそこまでちゃんと作って欲しいな。お腹のマークを押すと舌が出てくる。これがかわいい。合成してみましたよ。ところで、呼び方なんやけど近畿二府四県は「マクド」だと信じてたのに、なんや、滋賀県民は「マック」派もおるんやね。意外と狭い範囲だけなんやなあ。この画には「マクドは関西人に迎合しません」という強いメッセージがあるよね。悪 [続きを読む]
  • 箕面大滝
  • 近畿で滝といえばここでしょうか。涼しいかなと一瞬思ったけれどそれ程でもないか…2分割して上のほう。下のほうは滝壺の色がなんともいい。鬱蒼とした樹々と水遊びの子どもたち。こんな普通の景色が美しい。名物の「もみじの天ぷら」やサイダーやらすべてスルーしましてね。ただ見てるだけでいいんです。 [続きを読む]
  • 猪目窓と天井画と風鈴まつり〜正寿院〜
  • 宇治茶で有名な山城地域。宇治田原町は緑茶発祥の地といわれ、特に、玉露は京都の生産量の大半を占めます。正寿院ではこの時期、全国各地の風鈴が一堂に会する風鈴まつりが開催されています。本堂の前には、この様にたくさんの風鈴が下げられています。てるてる坊主だけど風鈴ですね。本堂に御参りします。お茶とお菓子の接待があります。ご本尊様のいらっしゃる本堂には、江戸時代に描かれた「種字曼荼羅」の天井画がありますが、 [続きを読む]
  • 混沌とした心の
  • 全てがどうでもよくなる瞬間。本来ならそれは恐ろしい事なのに、どうでもいい波に飲み込まれる。自分がどこへ向かおうとしているのか、分かってるくせに見ないふりを決め込もうとする。辛い気持ちはない。それが問題なんだよね。 [続きを読む]
  • 倉敷美観地区
  • かつて「天然ボケ」で話題になったこちらを訪れた日は倉敷天領夏祭りが催され大変な人出でした。アイビースクエアの正面じゃない方。蔦が一面を覆うカフェ。倉敷川の南側から。川岸の柳並木が印象的です。船に乗って川から見上げる選択肢も。古い町並みが残されています。ここの白い土蔵は、「なまこ壁」と呼ばれ他ではあまり見られないユニークさです。「くらしき桃子」本店、早生桃のパフェ。メッチャ美味しかった。でも、お値段 [続きを読む]
  • ルルソンキボア
  • 京都北山、結構分かりにくい場所ですが、クララの誕生日のお祝いにこちらへ。かわいいお皿。前菜。好んでは絶対に食べない鳥貝と穴子。枝豆のスープ。夏らしくスッキリ爽やか。メインの米沢牛(だったかな)。乗ってるのは、上はブロッコリーで下はアスパラガスという不思議な野菜。女子が食べたデザート。ワタシはチーズのデザート。真ん中にあるのは山羊のチーズ。クセが半端ない。お店の中で撮る写真は難しいな。色が思ったよう [続きを読む]
  • そうか、逆なのか………
  • あるがままを受け入れるのが清く、正しく、美しい生き方だとずっと信じてきました。「年齢なんてただの数字である」と考えている大人は記憶力が高い一方で、「加齢は運命であり避けることはできない」と考えている大人は記憶力が低く、ストレスに過剰に反応する傾向がありました。今までワタシは、後者こそがストレスを溜めない方法であり楽に生きる術であって、「アンチエイジング」を掲げ老いに逆らうのは自然の摂理に反したただ [続きを読む]
  • 絶命したワタシのiPhone
  • いやね、いつかはこの日が来ると心の片隅では分かってたの。でも、別れは突然に訪れるもの。そう、それが世のことわりなの。なんて湿っぽいハナシではなく、以前相棒だったiPhone5sがついにバッテリーの不具合=心停止に陥りまして。つまり絶命いたしましたのさよ。今思えば、先日の再インストールあれがダメだったのかなあ?老体にはキツイ手術だったかもね。もう少し粘って頑張ってもらって次のiPhone8を買おうと思ってたの。噂 [続きを読む]
  • オーマイガー??
  • 誰もが認める常識だと思ってるのはもしかして日本人だけなのかも…そう考えさせられる記事を読んだ。「4300年前のノアの洪水の時に絶滅した恐竜の展示」などで有名なケンタッキー州の創造説博物館は今年で10周年、来館者数は衰えるどころか上昇中で2007年の開館から合計で300万人を迎えたとのこと。〜「ギズモード」より引用〜「サルから分かれ人間は進化した」これを真っ向から否定し、神が人間を造ったとする創造説を本気で信じ [続きを読む]
  • 胃潰瘍と十二指腸潰瘍
  • 健康診断を受けた。オプションで胃カメラを申し込んだ。鼻からならオエッとならないという知識だけはあったのだが、現実は厳しかった。最初に通りを良くする薬を鼻から入れられた。喉に下りてきたらこれが強烈に苦い。次に麻酔。ドロッと粘度の高い液体を鼻ですする。喉に下りてきた不易糊みたいな薬を飲み込む。最後に口からスプレーで麻酔する。麻酔が効いたおかげで鼻から挿入される時の痛みはない。喉を通る時もオエッとならな [続きを読む]
  • 美しすぎる短歌との出会い
  • 琵琶湖畔の浮御堂。その西側に公衆トイレがある。ここで見つけた貼り紙があまりにも素晴らしいので、著作権のことも考えずご紹介したい。「急ぐとも心静かに手をそえて外にこぼすな松茸のつゆ」−詠み人知らず−下ネタか⁉?と一瞬疑ったが、うーむ、美しい、美しすぎる。ここのトイレも同じく美しい。やはり、奥が深い。 [続きを読む]
  • 気がつけば…
  • ブログを更新しないまま7月も終わりに近づきましたね。元気ですか?と訊ねられます。まあ、それなりにね、と答えます。何にでもハマってしまう性格なので、書き始めたら止まらなくなるかも。どっちにしろ、自分が心地良く過ごす事が一番ですからね。撮り溜めた写真も整理出来てないけれど、ボチボチとアップして行けたら良いかな。琵琶湖畔のペコリーノさんのカウンター席。窓の外ではベンチと猫ちゃん。なんか自由でいいなぁ〜。 [続きを読む]
  • 平凡こそ
  • 玄関チャイムが鳴った。古い知人が夫婦で訪ねてきた。散歩のついでに立ち寄ったという。二人が訪ねてくれたことそれ自体は嬉しい出来事。だが、話をするうちに忘れたくても忘れられないそして忘れてはいけない辛い過去が蘇ってきたのです。彼等には何の罪もなくて、ただ自分の心にさざ波が立っただけなのです。自分の心の在り方なのです。思うのです。朝起きて、ご飯を食べて、慌しく家を出て、いつもの電車に乗り、仕事をこなし、 [続きを読む]
  • 再インストール
  • iPhoneの調子が悪く再インストールするためiTunesでバックアップを取っていた。ところがバックアップのパスワードがいくら考えても分からない。思いつく限り入力しては「パスワードが違います」と言われ、とうとうギブアップ。諦めて本当に「初期化」しましたとさ。アプリのユーザーIDやパスワードはしっかりバックアップしてあった。だから、ログインし直すのにはさほど時間はかからない。困った点をいくつか…その1再インストー [続きを読む]
  • 「他人は変えられない」という当たり前のこと
  • 仕事で新人や部下に教育する。もっともワタシに部下はいないが。先輩を真似て早く仕事を覚える人。この人たちはいい。他方、とにかく自分が正しいと言い注意しても反論ばかりを繰り返す。先人達の過去の経験を軽んじ、自己流に走り聞く耳を持たずミスを繰り返す。出来てもいないくせに出来てる相手に噛みつく。非常にタチが悪い。組織論を論ずる気は更々ないが、仕事をする姿勢になってない人には何を言っても無駄だと。−−−−− [続きを読む]
  • 夢を
  • 夢を見た。今はお昼前、どうやら大きく寝過ごしたようだ。今さら電話して休みますと言うのも面倒くさい。さて、どうしたものかと思案中&無断欠勤進行中に眼が覚めた。時計を見ると夜中の3時前。テレビをつけると通販番組を放送している。暫く経っても煙のようには消えない。貞子も這い出てはこない。どうやら本当のようだ。それから朝までいつものように寝ては覚めを繰り返す。病んでるのかワタシ… [続きを読む]
  • そのエネルギーをどうか他所で
  • 市川海老蔵氏のことをブログを更新しすぎだと批判してる人がいるらしい。この手の話を耳にする度に思う。なんともくだらない。誰が何を発信しようと自由だ。だから批判するのも自由だと。これ、SNSにありがちな手前勝手な屁理屈。仕事でもクレーマーと出会う。多くは、自分の言動は正義だと勘違いしていること。その実体は正論を隠れ蓑としたただの欲求不満の捌け口だ。実に見苦しい。他のことにそのエネルギーを費い力を発揮すれ [続きを読む]
  • 喋りが判りにくいのを滑舌が悪いという人の話を聞き間違うのを滑耳が悪いという。。。ワケがないイヤホンがあるこのiPhoneを買ったら付いていた真っ白なこのイヤホンどういうワケかワタシの耳にはフィットしない付けてもすぐに耳から滑り落ちる角度が悪いのかと30度、45度、90度、えーい180度捻って装着しても5分ともたずに滑り落ちる耳垢が溜まってるのか?耳掻きで丁寧に掃除する再び装着やはり滑り落ちるウエットティッシュで拭 [続きを読む]
  • 異星人
  • ふと思うアイツは異星人だとアイツはワタシの知る常識の枠組みに属さない異星人に違いないそうに違いないそうでなけりゃアイツの言動が理解出来ないそう思うことで自分が壊れないようにワタシを守るすると怒りの感情よりも諦めの感情が勝るコントロール出来ないものにイライラしても仕方がないからこれは神がワタシに与えた試練ではないただアイツとここで出会ってしまっただけのこと不幸でもなければ乗り越えて幸せになることもな [続きを読む]
  • 藤森神社
  • 伏見稲荷大社の南側こちらは藤森神社。今年は気温が低めに推移したため、紫陽花の花は少し遅めのようです。ここの紫陽花苑はコンパクト。本来は300円の入苑料ですが昨日は200円でした。第一はそこそこ咲いていますが、第二の方はまだこれからでした。紫陽花は日本の在来種で元々は下の写真のような外側だけのものだったそうです。海外に輸出され、品種改良され逆輸入されたそうです。形も様々ですね。花だけ見せられても紫陽花だと [続きを読む]
  • ゾウの鼻とキリンの首
  • 自分の姿を俯瞰するのは難しい。自分は他人より仕事ができる。他人より理解力がある。他人より気配りができる。そうかも知れない。そうかも知れないが、そうでないかも知れない。誰よりも数字に強い自負はある。計算は速いし、間違いもすぐに見つけられる。確かにそうだろう。でも、ただそれだけのこと。鼻の長さを自慢するゾウ。確かにそう、誰よりも鼻は長い。でも、ただそれだけのこと。首の長いキリンと出会う。でも、キリンは [続きを読む]
  • 父の日に
  • クララからプレゼントをもらう。「父の日」。父親らしい姿をどれだけ見せられているんだろう。自分の向いてる方向がこれで合ってるのか?あまり見えていないけれど、こうしてプレゼントをしてくれる喜びは、言葉にできない。 [続きを読む]
  • ケーキ食べよ
  • 仕事から帰るなり「なあなあ、どっちがいい?」ハイジが訊いてきた。テーブルの上にラップのかかったケーキがふたつ。ワタシは、チラッと見てから「こっち」と右側を指した。「じゃあ食べて、召し上がれ」あれ?このイチゴ、なんか変。よく見りゃ左のオレンジも変。なんや、小物入れやんか気付くのに1分かかった。 [続きを読む]
  • しあわせって何だっけ?
  • 明石家さんまはぽん酢しょうゆのある家さ〜と歌っておりました。確かに関西人にとってぽん酢は大事。常に味の違う複数のぽん酢を我が家にも常備しております。まあ、ぽん酢の有無はさて置き、何にでもケチをつける考え方では自ら不幸になるようで…あ、ワタシのことか「冬は寒いと嫌い夏は暑いと厭う春は眠いと疎み秋は寂しいと嘆く」以前に書いた詩です。まさに世の森羅万象にケチをつけてる。これ、ひっくり返せるといいのにな。 [続きを読む]