やまとのとまと さん プロフィール

  •  
やまとのとまとさん: tomatoの蒸気機関車館
ハンドル名やまとのとまと さん
ブログタイトルtomatoの蒸気機関車館
ブログURLhttp://tomato1953.muragon.com/
サイト紹介文1960年代後半 「撮り鉄」時代の撮影を思い出しています。当時のSLの写真です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/05/22 10:58

やまとのとまと さんのブログ記事

  • SLの思い出 120 筑豊本線
  • 5分もしないうちに逆キューロクがやって来た。465レ。しかし、この列車はどこ行きなのか。勝野を過ぎたらスジが消えている。?  そして10分もしないうちに1763レがD60の重連で登場。 1970.8.4 直方 常にこの列車は重連になっている。冷水峠があるからか原田まで重連が設定されていた。このあたりは平坦地なので迫力はない。しかしなぜか重連となるとウキウキするのはどうして?  次回に続く [続きを読む]
  • SLの思い出 119 筑豊本線
  • 少し勝野方面に移動。切り通しのようなところを抜けると左右見通せるところで撮影。ここは今もそうだと思いますが、画面手前の複線は伊田線で奥側は筑豊本線だ。真夏の午前10時過ぎ、空はよく晴れて暑くなっていた。直方方向から8751レがやって来た。ダイヤからは飯塚までのスジが引かれているのが読み取れます。石炭や石灰石ではなく、混合の貨車で編成されている。 1970.8.4 直方 勝野方面から1732レC55 [続きを読む]
  • SLの思い出 117 筑豊本線
  • 陸橋の上からの撮影が続きました。来ない時は神社や石炭記念館の広場にいた記憶があります。今はGoogle地図でおおよその雰囲気はつかめます。当時の直方はSLの煙が漂っていたように思います。跨線橋から見える当時の沿線沿いの風景から、懐かしい思いがします。 10時頃862レが構内に入ってきました。D60とキュウロクの重連。この列車は新飯塚からD60の回送が付いて重連になっていたようです。そして今度は直方 [続きを読む]
  • SLの思い出 116 筑豊本線
  • 直方駅に9時30分前に到着。ここから12時15分頃の伊田行き乗車まで直方駅構内と勝野方面へ伊田線との併走4車線区間で撮影する。 直方駅ホームから機関区を見渡せるが、たくさんのカマが待機している。今回の撮影旅行では機関区よりも走行中の写真や発車シーンの撮影が多い。多分、走行写真の方が面白いことに気づいたのだろう。ただ時間的なこともあるので、駅からそう遠くへは行っていない。撮影フイルムから読み取れる。 [続きを読む]
  • SLの思い出 115 筑豊本線
  • 1970.8.4 筑前垣生−筑前植木 C5551牽く728レが行ったと思うと垣生駅を発車した客車1727レがやって来た。D60だ。軽々とやって来た。D60は先の爆煙D6033のほうが似合っているか。 筑前垣生での滞在は1時間。駅に戻り9時過ぎの2729Dで直方駅に向かう。ここまでに何本のSLを写せたのか。 次回に続く [続きを読む]
  • SLの思い出 114 筑豊本線
  • まもなく植木方面から6672レがいわゆる爆煙でやって来た。 D6033だ。なかなかいい煙だ。 続いて、客車728レC55のスジだ。ほぼ同じ場所で写しているが、先ほどのD60は爆煙だったが、C5551は煙出すものかとスマートにやって来た。C5551は門デフだ。きれいなカマだった。  次回に続く 1970.8.4 筑前垣生−筑前植木 [続きを読む]
  • SLの思い出 113 筑豊本線
  • 筑前垣生方向から上りの貨物1690レがD51に牽かれやって来た。 1970.8.4 中間−筑前垣生 写した後、急いで中間駅に戻り8時15分頃1522Dで筑前垣生へ向かう。 撮影フィルムを順に見ていくと、途中遠賀川の入り口で臨時の標識を掲げたキハ58と出会う。どんな列車だったかは不明。 到着後筑前植木方面へ移動。丘陵地帯の間を線路が通っていたような記憶がある。写真を見てもそうだ。しかし、今はネットの [続きを読む]
  • SLの思い出 112 筑豊本線
  • この区間は複線だから上りも下りもやってくる。若松行き726レD50205が行ったと思うと、貨物651レがやってくる。D51だけと思っていたら重連だ。次位はD60か。今度はインサイドから。しかし、朝日で逆光だ。今写真を見ると後ろにはボタ山が見える。今はなくなっていると思いますが。筑豊炭田のニオイがまだまだ残っていたのだろう。 しばらくの間SLは来ない。しかしその時間は30分ほど。7時45分頃、207 [続きを読む]
  • SLの思い出 111 筑豊本線
  • 通勤時間帯だから若松や小倉方面行きのDCがやって来る。全くそんな写真は写していない。当然だ。今度は折尾から戻ってきたハチロク125レが、香月線を走っている。客車を4両軽やかに牽いていく。この時間下りは上りに通勤客が殺到しているので軽そうだ。盛夏のの早朝、蓮の田の横をかけていく。写真の手前に少し移る線路は筑豊本線下り線。 125レ通過して30分ほど後に、香月で折り返して126レがやって来た。 197 [続きを読む]
  • SLの思い出 110 筑豊本線
  • 今度は上り小倉方面行き1724レのD60がカーブをやって来る。 と同時に下り若松からの貨物763レがやって来る。空っぽになったセキを牽いている。軽そうだ。 1970.8.4 中間−筑前垣生 D51ナメクジだ。これも日頃見慣れないので新鮮だ。写真を見てもらうと1724レの客車が写っているのがわかってもらえるだろう。この5本ほどがたぶん15分程度の間にやって来ていた。すごい! 次回に続く [続きを読む]
  • SLの思い出 109 筑豊本線
  • 中間駅から筑前垣生方面に向かうと大きなカーブがあります。遠賀川に向かって心地良いカーブだった記憶があります。折尾から中間駅に着いたのが午前7時前。8時過ぎにDCに乗り垣生に行くまでの間に11本のSLを写した記録が残っています。前回の写真を載せたハチロク折尾行きが発車したと思ったら、鹿児島本線からやって来た681レD51がやって来た。集煙装置も重油タンクものっていないD51は新鮮に映る。  次回に続 [続きを読む]
  • SLの思い出 108 筑豊本線
  • 折尾駅まで電車で移動。 駅に着くとD50140が停車している。 1970.8.4 折尾駅 写真を撮っていると貨物の760レがキュウロクに牽かれて通過していく。停車中の723レD50で次の駅中間まで乗車。D50が牽く列車に乗るのは初めてだ。 折尾と中間間は4車線区間がある。今回は写さなかった。明日写す予定で計画。 この日は中間、筑前垣生、直方、田川線油須原、伊田線で撮影。 中間駅に到着すると、香月線 [続きを読む]
  • SLの思い出 107 鹿児島本線 
  • はやともで九州に入りました。今回からは撮影列車と撮影場所しか記録が残っていません。時間を追いながら、少し思い出しながら当時のSL牽引列車の写真を見ていただこうと思います。当時こんなにSLが走っていたのかとびっくりする方もおられると思います。懐かしく見ていただく方もおられるでしょう。 1970年8月4日 早朝からSLをねらいにゆく。D6446とD51の上下列車が行く。国電に乗り折尾へ向かう。ホームに [続きを読む]
  • SLの思い出 番外編
  • 広島駅でこんな列車を写していました。急行「やしろ」165系で運転されていたのでしょうか。調べてみると、準急として広島−下関間の列車として設定され、急行に格上げ、統合され岡山−下関間に伸びて、その後に急行「山陽」に統合されたようです。広島に着いた直後ぐらいの撮影です。 昨晩再び東大寺二月堂修二会の写真を写しに行きました。皆さんがよく目にされるのは、二月堂の舞台一面に松明の火が流れる写真だと思います。 [続きを読む]
  • SLの思い出 106 呉線 広島機関区
  • 広島駅15時発 38レ急行安芸 昼下り 37レでやって来たC6216が上りも牽いていく。機関区で存分写した後、今日の最後の列車だ。さすがC62、すごい迫力でやって来た。 1970.8.3 広島機関区 お礼を言って機関区を後にして駅に戻る。「はやとも」<広島−博多 475系電車で運行>で小倉に向かう予定。夕方の通勤列車だろう。広行き922レがC59162の逆向きで発車をしていった。広には転車台がない [続きを読む]
  • SLの思い出 105 呉線 広島機関区
  • 14時20分 先ほど準備をしていたC6237が 荷42レを牽いてやってきた。加速をつけてやって来た。なかなかの迫力だ。 <時間が合ったら海沿いのところで写したかった> C11330がやって来た。可部線の貨物列車だろう。夏の盛りなのにこの列車も良い感じで煙をはいている。 <当時の鉄道雑誌にはなかなか可部線のC11の情報は載っていなかった。機関区で情報を得ていたのだろう。自分も記録を残せていない。> [続きを読む]
  • SLの思い出 105 番外編
  • 本日2回目 番外編です。 <SLは広島機関区で見たSLやEL 本線をこんな機関車が貨物を牽いていました。EH10です。懐かしの巨大機関車です。> 関西では東大寺二月堂修二会(お水取り)が終われば春が来ると言われます。今日は修二会のおたいまつを写しに行きました。夕方から雨が降るとの予想のためか人出は少なかったように思います。あと何回か写しに行きます。ちなみに、お水取りのたいまつは3月12日だけのよう [続きを読む]
  • SLの思い出 104 呉線 広島機関区
  • 「はやとも」で小倉に向かうまでの数時間機関区で写真を写す。しかし、暑くてついにダウン。チャーハンも影響か。そうこうしていたら、C6237が始業の準備を始めた。 本線経由の323レC59161が流れるように入ってきた。 1970.8.3 広島機関区 <この本線経由の323レと書き残してあるのがよくわからない。本線をC59が走るわけないのだから。何を見てこう記録したのか不明です。この後にも不明のことが [続きを読む]
  • SLの思い出 103 呉線 広島機関区
  • 入れ換えのDEが目立つ。 C50はもういない。目にしたカマはC6215,16,17,23,37 C59162 C11328,329,330,313 D51489,395 C58313,345 C58は芸備線?しかし暑い。C6237が準備をしている。14時半頃42レを牽引するのか。詰め所でお話を聞いていると、あさかぜのヘッドマークを見つける。駐機中のC62につけてもよいか聞いてみるとOKと [続きを読む]
  • SLの思い出 102 呉線 広島駅
  • 発車の前に、急行安芸37レが到着。ホームに滑り込んできた。C6216だ。 1970.8.3 広島駅 <写真に写っている時計は12時15分を指している。><この広島での撮影でも走行写真は二の次で、機関区で写真を写している。今更ながら後悔している。> <さて、当時の記録に???が付く文が残っている。> 626レが発車の後, 広島機関区に向かう。昼食 ひどいチャーハンだ。忘れること出来ず。 広一(広島第 [続きを読む]
  • SLの思い出 101 呉線 広島駅
  • 今日はとっても暖かい日でした。梅の木がたくさんある公園では、観梅の人々がたくさん来られていました。 これからしばらくの間、1970年8月3日から9日まで九州への撮影旅行の様子を写真を載せながら紹介します。以前に旅行記が見つかったと書きましたが、この撮影の時ではありませんでした。しかし、どこでどの列車をどのカマが牽引していた記録が残っていました。少しマニアックなものですが、当時を思い出しながら載せて [続きを読む]
  • SLの思い出 100 山口線 長門峡−渡川
  • 初のプレ金はいかがでしたか。ほとんど恩恵を受けなかったのではないですか。当然私もそうでした。帰宅したのは19時前でした。来月はどうなるのでしょうか。3月弥生 櫻の花も咲き出しているのでしょうか。花より団子です。 ヒマを見つけてはフイルムをスキャンしていました。95%ぐらいまできました。もう一息か。こんなところでこんな写真を写したのかと少し記憶が戻ってきました。まもなく1970年代後半のSL撮影記を [続きを読む]
  • SLの思い出 99 山口線 津和野−船平山
  • 2016.7.30 津和野−船平山 C57とC56の重連はいかがでしたか。1年に一回写すかどうかのSLの写真。ところで、SLの写真ばかりでしたが、風景写真も写しています。これから春、やりたいことがいっぱいあります。SL写真撮影ももちろんですが、季節の風景も。先日はこんなところまで行ってきました。 自分は写真だけではありません。こんな植物も栽培しています。 エビネ蘭と言います。これからは花の季節です [続きを読む]
  • SLの思い出 98 山口線 津和野−船平山
  • 列車通過後、自分も移動を開始しましたが、渋滞が起こっていました。上りの撮影目的地は「白井の里」と決めていたのですが、目的地まで何度も「本門前踏切」と思い返していましたが、国道からの分岐点で、この通狭い。俺の運転技術ではムリ。あきらめが付きました。 到着した「白井の里」には車がたくさん来ていました。駐車スペースがあったのはラッキーでした。この中に自分の車があります。 炎天下、待つこと数時間。やって来 [続きを読む]