櫻子 さん プロフィール

  •  
櫻子さん: 深淵から見えた
ハンドル名櫻子 さん
ブログタイトル深淵から見えた
ブログURLhttp://nadeshikosakura-psychiatric-care.hatenadiary.jp/
サイト紹介文精神科に勤務するとあるメンヘラナースの頭の中。自傷 躁うつ病 発達障害 BPD 精神科ナース
自由文正常と異常の狭間で生きる。
だからこそできることがある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/22 19:25

櫻子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 逃避行
  • 逃げて来た。中学時代にいじめられて不登校になった。高校時代にいじめられて保健室登校になった。社会人になっても人間関係で悩んで自傷、退職した。私は逃げてばかりいた。逃げることは悪い事じゃない。死ぬくらいなら逃げればいい。簡単に人は言うけれど、逃げた末に待っているのは死んだように生きる日々だ。転職しても私は逃げた。思うようにいかない業務、冷たい視線。私は体調を崩し、それを理由に仕事へ行かなか [続きを読む]
  • 真っ白な病室の窓の向こうには
  • 8月待ちに待ったその日が来た。真夏の精神病院その日はいつも通りの時間に起きておめかしをして「佐々木さん、調子が良さそうですね」なんて看護師さんから声を掛けられるくらいには晴れ晴れとした表情をしていた。15時くらいに病室に聞こえるくらいのバイクのマフラーの音がして私は病室から駆け出した。面会票に戸惑いながら名前を書く彼の姿が目に映る。お盆休みを明けて6時間もバイクを飛ばして関西から会いに来 [続きを読む]
  • 波の随に願って
  • 私の大好きだった祖父は癌で亡くなった。「家族と最期の夏を」そう望んでオピオイドで疼痛コントロールしながら自宅で数ヶ月療養した何の知識もない12歳の私が祖父の背中にフェントステープを貼っていたことを覚えている。それから丁度10年が経った。外科病棟で看護師として働いているがたまにターミナルの患者さんを看る事もある。そんな私は恐らく、看護師人生で忘れられないような出会いをした。外科に配属され [続きを読む]
  • 未来づくり
  • ガラスの割れる音怒声何かが壊れる音鈍い音がした後痛みに咽び泣く声と襖の隙間から漏れる蛍光灯の光そして、不安と恐怖で眠れない夜いつだっただろうあれから何年経っただろう昨日の事みたいに瞼の裏に焼き付いている光景耳の奥にこびり付いている音大切に想う人のあたたかい胸の中で目が醒めた頬が濡れている。大丈夫か?心配そうに声を掛けられてああ、夢だったんだと現在に引き戻される。もう何度こんな夜を過ご [続きを読む]
  • 再起
  • 精神科を退院してから3ヶ月が経った。あの後、私は仕事を辞めた。「患者の急変対応ができるようになりたい」そう思って一般病院の外科に行った。挿管の介助もできるようになった。また沢山の患者さんと出会った。命を削ってまで生きたいと再発するガンに対して化学療法や手術をして必死で生き延びようとする人達がいた。そんな患者さんを看護する日々で自分がしたい事は何だろうと自問自答する毎日。精神科で患者さ [続きを読む]
  • ジキルとハイド
  • 「もうしんどいんです」巡視に来た看護師の私に彼女は言った。丁度、精神症状が悪化して来た彼女に何と言葉を返して良いか分からずただ話を聴く事しかできなかった。たった、3ヶ月前の事だ。8月11日午前1時私は精神病院の開放病棟にいた。看護師としてではなく、患者として。何がどうなってここに立っているのか訳が分からなかった。ただ、自分の正中の静脈にニードルを刺して4日で2,000ml血を抜いただけだっ [続きを読む]
  • メンヘラと知って逃げ出したんだ
  • 精神科で働くメンヘラとして精神医療に対する啓発をしようと立ち上げたブログなのに完全に自分語り用の自己満足ブログに成り下がってしまいました。そこで、今日は私の恋愛について語らせて下さい。私が完全に境界性人格障害を発症したのは初めて恋人が出来た時でした。別に彼自身が好きだったわけではなく彼からの好意が好きで付き合っていたという最低な女です。彼にはメンヘラだという事を打ち明けていました。そしたら事あるご [続きを読む]
  • 僕が死のうと思ったのは
  • こうして眠れない夜は看護学校の吹き曝しの廊下に出て柵にもたれて地面を見下ろしていた日々を思い出す。地面には茶色い土、小石、それから視界の隅にアオギリの木があってその木漏れ日が揺れていた。今でもあの景色は鮮明に思い出せる。「ここから落ちたら死んでしまうだろうか」いや、「ここから落ちてしまえたら死ねるだろうか」そんな事しか考えられなかった。幼い頃の夢は看護師になる事だった。物心つく前から何故か?自分は役に [続きを読む]
  • 戦え
  • 久しぶりです残暑厳しい頃になりました。皆様どうお過ごしでしょうか。私はもう何年かしたら思春期の精神医療に特化した病院に転職しようなんて考えています。だから、思春期に多い精神疾患について勉強するためにたくさん本を読まねばなりません。今日も図書館でBPDについての本を読みあさっていました。たくさん事例が乗っていて病態や治療的な関わり方とても為になる本だったのですが読んでいる途中で幼い頃の事がフラッシュバ [続きを読む]
  • 生きること、死ぬこと、食べること
  • 最近、精神状態がおもわしくない。仕事中も、死ぬことと食べ物の事で頭がいっぱい。精神科でナースとして働いてる癖に患者さんより強い薬を使ってる。私が看護師である価値があるのか。そんな事を考えると涙が溢れる。食べ物をうけつけない。食べたいけど食べてはいけない。少し食べては吐き出す。役立たずの憎い自分の左腕を傷つけてしまう。喜怒哀楽が激しくて自分で自分に疲れる。どうにかしなきゃ。どうにかしなきゃ私は看護師 [続きを読む]
  • 過去の記事 …