ガク長 さん プロフィール

  •  
ガク長さん: 宅建 独学者の糸
ハンドル名ガク長 さん
ブログタイトル宅建 独学者の糸
ブログURLhttp://torihikishi.seesaa.net/
サイト紹介文宅建士を独学で目指す方に向け、宅建試験で重要となる民法の過去問付きテキストを販売しております
自由文宅建試験に独学で挑戦される方に向け

宅建試験に一発合格した筆者が受験時に使用したノートに加筆・修正を加えたテキストを販売しております。

本書が少しでも皆様のお役にたてば幸いです。

https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=309029

そのほか、宅建業法の解説も行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/05/22 22:08

ガク長 さんのブログ記事

  • 宅建業法施行規則7
  • @宅建業法施行規則 27条〜36条(処分した旨等の通知)第二十七条 国土交通大臣は、法第六十五条第一項若しくは第二項、第六十六条、第六十七条第一項又は第六十七条の二第一項若しくは第二項の規定による処分をしたときは、遅滞なく、その旨を、宅地建物取引業者の事務所の所在地を管轄する都道府県知事に通知するものとする。2 都道府県知事は、法第三条第二項の有効期間が満了した場合において認可宅地建物取 [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則6
  • @宅建業法施行規則 23条〜26条(保証委託契約約款の基準)第二十三条 保証委託契約約款には、少なくとも次に掲げる事項が定められていなければならない。一 保証債務の範囲及び保証期間に関する事項二 保証金の請求に関する事項三 保証金の支払に関する事項四 保証委託者の通知義務に関する事項五 調査に関する事項2 前項各号に掲げる事項の内容は、次に掲げる基準に合致するものでなければならない。 [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則5
  • @宅建業法施行規則 18条〜22条(帳簿の記載事項等)第十八条 法第四十九条に規定する国土交通省令で定める事項は、次のとおりとする。一 売買若しくは交換又は売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介の別(取引一任代理等(法第五十条の二第一項に規定する取引一任代理等をいう。以下同じ。)に係るものである場合は、その旨を含む。)二 売買、交換若しくは貸借の相手方若しくは代理を依頼した者又は媒介に [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則4
  • @宅建業法施行規則16条〜17条(法第三十五条第一項第五号の国土交通省令・内閣府令で定める事項)第十六条 法第三十五条第一項第五号の国土交通省令・内閣府令で定める事項は、宅地の場合にあつては宅地の造成の工事の完了時における当該宅地に接する道路の構造及び幅員、建物の場合にあつては建築の工事の完了時における当該建物の主要構造部、内装及び外装の構造又は仕上げ並びに設備の設置及び構造とする。(法第三 [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則3
  • @宅建業法施行規則14条〜15条(登録を受けることのできる都道府県)第十四条 二以上の都道府県において試験に合格した者は、当該試験を行なつた都道府県知事のうちいずれか一の都道府県知事の登録のみを受けることができる。(宅地建物取引士資格登録簿の登載事項)第十四条の二 法第十八条第二項に規定する国土交通省令で定める事項は、次に掲げるものとする。一 本籍(日本の国籍を有しない者にあつては、その者 [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則2
  • @宅建業法施行規則11条〜13条(合格の公告及び合格証書の交付)第十一条 都道府県知事は、その行つた試験に合格した者の受験番号を公告し、当該合格者に合格証書を交付しなければならない。2 指定試験機関が前項の公告を行うときは、第十条第三項の規定は公告の方法について準用する。(宅地建物取引士資格試験合格者の名簿)第十二条 都道府県知事は、宅地建物取引士資格試験合格者の名簿を作成し、これを保管しな [続きを読む]
  • 宅建業法施行規則
  • @宅建業法施行規則1条〜10条宅地建物取引業法 (昭和二十七年法律第百七十六号)第四条第一項 、同条第二項 、第八条の二第一項 、第十二条の五第二項 及び第十九条 の規定に基き、並びに同法 を実施するため、宅地建物取引業法施行規則を次のように定める。(免許申請書の様式)第一条 宅地建物取引業法(以下「法」という。)第四条第一項に規定する免許申請書の様式は、別記様式第一号によるものとする。(添付書類 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問19
  • @宅建業法 過去問 問44問44 正解2宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が乙県内に所在するマンション(100戸)を分譲する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1、Aが宅地建物取引業者Bに販売の代理を依頼し、Bが乙県内に案内所を設置する場合、Aは、その案内所に法第50条第1項の規定に基づく標識を掲げなければならない。→法5 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問18
  • @宅建業法 過去問 問43問43 正解2宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1、宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、自ら売主となる乙県内に所在する中古住宅の売買の業務に関し、当該売買の契約においてその目的物の瑕疵を担保すべき責任を負わない旨の特約を付した。この場合、Aは、乙県知事から指示処分を受けることがある。→法40条より、瑕疵担保責任を負わ [続きを読む]
  • H27 宅建過去問 17
  • @宅建業法 過去問 問42問42 正解3営業保証金を供託している宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)の社員である宅地建物取引業者Bに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 新たに事務所を設置する場合、Aは、主たる事務所の最寄りの供託所に供託すべき営業保証金に、Bは、保証協会に納付すべき弁済業務保証金分担金に、それ [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問16
  • @宅建業法 過去問 問41問41 正解1宅地建物取引業者が売主である新築分譲マンションを訪れた買主Aに対して、当該宅地建物取引業者の従業者Bが行った次の発言内容のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。ア. A:眺望の良さが気に入った。隣接地は空地だが、将来の眺望は大丈夫なのか。B:隣接地は、市有地で、現在、建築計画や売却の予定がないことを市に確認しました。将来、建つとしても公共 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問15
  • @宅建業法 過去問 問40問40 正解4宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. Aは、Bとの間で建築工事完了後の建物に係る売買契約(代金3,000万円)において、「Aが契約の履行に着手するまでは、Bは、売買代金の1割を支払うことで契約の解除ができる」とする特約を定め、B [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問14
  • @宅建業法 過去問 問39問39 正解3宅地建物取引業者Aが自ら売主となる売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1、宅地建物取引業者でない買主Bが、法第37条の2の規定に基づくクーリング・オフについてAより書面で告げられた日から7日目にクーリング・オフによる契約の解除の書面を発送し、9日目にAに到達した場合は、クーリン [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問13
  • @宅建業法 過去問 問38問38 正解2宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. Aが売主を代理して中古マンションの売買契約を締結した場合において、瑕疵担保責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置についての定めがあるときは、Aは、 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問12
  • @宅建業法 過去問 問37問37 正解3次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「建築確認」とは、建築基準法第6条第1項の確認をいうものとする。1、宅地建物取引業者は、建築確認が必要とされる建物の建築に関する工事の完了前においては、建築確認を受けた後でなければ、当該建物の貸借の媒介をしてはならない。→法36条より、宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問11
  • @宅建業法 過去問 問36問36 正解1宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物(代金2,400万円)の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア Aは、Bとの間における建物の売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の予定額を480万円とし、かつ、違約金の額を240万円とする特 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問10
  • @宅建業法 過去問 問35問35 正解4宅地建物取引業法の規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1、「宅地建物取引業者は取引の関係者に対し、信義を旨とし、誠実にその業務を行わなければならない」との規定があるが、宅地建物取引士については、規定はないものの、公正かつ誠実に宅地建物取引業法に定める事務を行うとともに、宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならないものと解 [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問9
  • @宅建業法 過去問 問34問34 正解3宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1、Cが建物の所有権を有している場合、AはBとの間で当該建物の売買契約を締結してはならない。ただし、AがCとの間で、すでに当該建物を取得する契約(当該建物を取得する契約の効力の発 [続きを読む]
  • H27宅建 過去問8
  • @宅建業法 過去問 問33問33 正解3宅地建物取引業者A及びB(ともに消費税課税事業者)が受領した報酬に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものの組合せはどれか。なお、この問において「消費税等相当額」とは、消費税額及び地方消費税額に相当する金額をいうものとする。ア. 土地付新築住宅(代金3,000万円。消費税等相当額を含まない。)の売買について、Aは売主から代理を、Bは買主から媒介を [続きを読む]
  • H27宅建 過去問7
  • @宅建業法 過去問 問32問32 正解2宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1、建物の売買の媒介に関し、受領しようとする預り金について保 全措置を講ずる場合において、預り金の額が売買代金の額の 100分の10以下であるときは、その措置の概要を説明する必 要はない。→法35条1項11号より、預かり金を受領する場合におい [続きを読む]
  • H27宅建 過去問6
  • @宅建業法 過去問 問31問31正解2宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を行う場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア 宅地の貸借の媒介の場合、当該宅地が都市計画法の第一種低 層住居専用地域内にあり、建築基準法第56条第1項第1号に基づ く道路斜線制限があるときに、その概要を説明しなかった。→法35条1項2号より、宅建業者は宅 [続きを読む]
  • H27宅建 過去問5 
  • @宅建業法 過去問 問30問30正解31、宅地建物取引業者Aは、Bが所有する宅地の売却を依頼され 専任媒介契約を締結した。 この場合における次の記述のうち、 宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア、Aは、Bが宅地建物取引業者であったので、宅地建物取引業 法第34条の2第1項に規定する書面を作成しなかった。→法34条の2第1項より、宅地建物取引業者は、宅地又は建物 の売買又は交換の媒介の [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問4
  • @宅建業法 過去問 問29問29正解2宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明及び書面の交付に関する次の記述のうち正しいものはどれか。1、宅地建物取引業者ではない売主に対しては、買主に対してと同様に、宅地建物取引士をして、契約締結時までに重要事項を記載した書面を交付して、その説明をさせなければならない。→法35条は以下のように定めています。宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の [続きを読む]
  • H27 宅建 過去問2
  • @宅建業法 過去問 問27問27正解4宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。1、A社は、不正の手段により免許を取得したことによる免許の取消処分 に係る聴聞の期日及び場所が公示された日から当該処分がなされるま での間に、合併により消滅したが、合併に相当の理由がなかった。 この場合においては、当該公示の日の50 [続きを読む]
  • H27 宅建業法 過去問1
  • @宅建業法 過去問 問26○遅ればせながら今日から、27年度の宅建試験における宅建業法の解説を行って参りたいと思います。問26 正解1次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはいくつあるか。ア、都市計画法に規定する工業専用地域内の土地で、建築  資材置き場の用に供されているものは、法第2条第1号に  規定する宅地に該当する。→宅建業法2条1号に定めてある宅地とは、建物の敷地に供 せられる土地 [続きを読む]