ron さん プロフィール

  •  
ronさん: リタイアライフのつぶやき
ハンドル名ron さん
ブログタイトルリタイアライフのつぶやき
ブログURLhttp://ameblo.jp/ron1192ron/
サイト紹介文サラリーマン生活をリタイアし、たんたんと日常生活を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/05/24 15:57

ron さんのブログ記事

  • 「星観緑地」の現在
  • 一昨日、「星置緑地」のあとに「星観緑地」に行ってきました。ここは、秋のポプラ並木の景色がいいところです。そして、雪の手稲山をバックにした桜並木がいいのですが、今回バッチリとれました。「星観緑地」は、手稲と小樽の境界と言った感じです。住所は、札幌市手稲区手稲星置317になります。駐車場は空いています。緑地の中に入ります。ポプラ並木です。新緑が眩しいです。逆側からのポプラ並木です。実は、秋の写真はこ [続きを読む]
  • 「星置緑地」の現在
  • 星置緑地は、ミズバショウが有名で4月23日のブログで紹介しました。その後が気になり、昨日行ってきました。昨日も暑かったです。20度を超えていました。「星置緑地」のあと「星観緑地」に今年初めていきました。2回に別けて報告します。最初は、「星置緑地」です。看板です。↓あのミズバショウはどうなっているのでしょうか。すごい事になっていました。↓巨大です。↓横でカモちゃんがいました。癒されました。珍しいことにメ [続きを読む]
  • 散歩「中の川沿い」
  • 昨日は、気温が20度を超え気持ちがよかったので「中の川沿い」を新川方面へ散歩にでかけました。9時10分出発。快晴です。足元には山野草のヘラオオバコが咲いていました。ヨーロッパからの帰化植物です。西洋タンポポの花と種子がセットです。ナノハナのような花。まじめに調べました。セイヨウアブラナではなくセイヨウヤマガラシ(ハルザキヤマガラシ、フユガラシ)だと思います。 川を見ますとマガモのオスです。たった一羽 [続きを読む]
  • 「百合が原公園」のチューリップ
  • 「百合が原公園」のチューリップが満開でした。一昨日、午後から、行ってきました。たくさんの方がいらっしゃってました。見事なチューリップです。ムスカリとの対比がいいですね。黄色と青です。青と赤です。 チューリップに名前がついています。オレンジエンペラーです。↓コロンブスです。↓由来はわかりません。スノーボードです。なんとなくイメージが。↓黄色小町です。↓なるほど。金魚だそうです。赤い金魚?夢の紫です。 [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」と「の富丘西公園」
  • 昨日は、久々に晴れたので「稲穂ひだまり公園」と「富丘西公園」と「百合が原公園」に行ってきました。2回に別けて報告します。最初は「稲穂ひだまり公園」です。看板です。さがして見つけました。ここは、なんといってもヒトリシズカです。咲いてました。拡大します。「吉野静」といったそうです。当然、源義経の恋人である静御前のことであり、清楚なイメージを抱いてしまいます。吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ [続きを読む]
  • 「前田森林公園」
  • 「カナールに水か満たされました」と新聞に報道がありましたので、昨日行ってきました。駐車場です。空いてました。↓ポプラ並木です。緑が増えました。つづいてカナールです。水が張っていました。いいですね。 しばらく歩きます。緑の中でリフレッシュ。いつもの鳥がいる小屋です。ところがいつもの鳥のシジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ等は一羽もいません。代わりに夏鳥がいました。キビタキです。初めて撮影しました。 [続きを読む]
  • 新しく見つけた木々や野草
  • 今まで未掲載の新しく見つけた木々や野草を紹介します。いまで自信がなかったのですがこのたびはっきり分かりました。ハウチカエデです。平岡公園の梅の木の横で咲いていました。雌雄同株で、一つの花序に雄花と両性花の両方をつけます。萼の色は 暗い紅色で、花びらの色は淡い黄色です。下の暗紅色は、萼と思われます。 次は、オオカメノキだと思います。↓平岡公園の湿地帯に咲いていました。白色の小さな花のまわり [続きを読む]
  • 散歩「中の川沿い」
  • 昨日、健康管理も兼ね中の川沿いを散歩しました。気温12度。天気曇り一時雨です。9時出発です。中の川全体です。写真の右側がサトザクラ(八重ザクラ)で一番遅く開花するさくらです。右側を拡大します。↓手稲山に向かって歩きます。サトザクラのピンクもいいですね。 拡大します。歩いて行きます。手稲山には、まだ雪が残っています。↓サトザクラの白も咲いていました。近づきます。↓白の八重も綺麗です。おや、ハクセキレ [続きを読む]
  • 花壇(5月中旬)No.2
  • 前回の続きで今頃の花壇です。今回は、山野草や木々も加えたいと思います。最初は、プリムラ・ジュリアンです。たくさん咲いていました。スノーフレークも。スズランのようです。 シバザクラも満開です。 スミレも咲いていました。↓サクラソウだと思います。次は、ヤマブキです。ユキヤナギです。↓遅れて咲きます。サトザクラ(八重ザクラ)です。綺麗です。ミモジも色鮮やかですね。↓ドウダンツツジの花です。これも [続きを読む]
  • 花壇(5月中旬)No.1
  • 北海道の今ごろの花壇には、どんな花が咲いているのでしょうか。旧中の川沿いを散歩しながら、近くの家の花壇を覗いてみました。但し、不審者に間違われないよう気をつけました。2回に別けて報告します。旧中の川です。歩道の周りには、チューリップが咲いていました。赤はいいですね。黄色も。またレンギョウも咲いています。ムスカリも。↓でもこの時期は、ツツジが綺麗です。拡大します。↓ ピンクもいいですね。↓ [続きを読む]
  • 小説「君の名は」感想
  • 「君の名は」という古風な題名から、私は、昔の映画「君の名は」を連想しました。1953年に岸恵子と佐田啓二が主演した映画です。当時、自分は、3才ですから記憶にはないのですが、有名な映画のため題名は覚えていました。映画がこの小説と何か関連があるかと思いましたが全くありませんでした。この原作本の長編アニメ映画が若者に人気があり2016年公開で第1位だということで読んでみました。内容は、本の裏側の解説では、以下の [続きを読む]
  • 「平岡公園」の梅まつり
  • 桜と同時期、もしくは少し遅れて満開になる北海道の梅です。「平岡公園」は、札幌近郊で最大級の梅林で、豊後性の紅梅種と白梅種の梅が4:6の割合で1,200本植林されており、5月頃の開花時には多くの来園があります。毎年20万人の方々が訪れております。一昨日、行きました。白梅が「七分咲き」紅梅が「二分咲き」となっていました。看板です。駐車場から梅園に向かう途中、「梅の香橋」を渡ります。↓梅林が広がります。↓見事です [続きを読む]
  • 「五ノ戸の森緑地」散策
  • 今年初めて「五ノ戸の森緑地」へ行ってきました。北区篠路3条10丁目です。車で30分です。前にも紹介させてもらいましたが、今から、100年以上前に青森県五ノ戸地区からの開拓者が入植した土地です。入植した秋山家の屋敷林として植え育てたものが残っています。ここは、アオサギのコロニー(集団繁殖地)で有名で、ほかにも多種多様な野鳥が見られる場所として人気があります。看板です。少し古いです。山野草の看板です。↓上の看 [続きを読む]
  • 「宮丘公園」の散歩
  • 宮丘公園へいきました。昨年以来です。車で15分くらいです。駐車場は、すいています。看板です。↓上にあがります。階段が急です。息切れします。登ると広場です。山の中へ入ります。山林です。展望台へ行きます。展望台からの景色です。石狩湾が見えます。↓ここは、夜景スボットです。夜間駐車できないので写真は借りてきました。ここは、子供用遊戯施設もあります。ミズバショウが咲いていますが、時期が遅いと凄いことになっ [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」の山野草
  • 山野草の季節がやってきました。「稲穂ひだまり公園」は、山野草の宝庫でした。看板です。↓前にも報告しておりますが、カタクリの群生地です。カタクリはまだ残っていました。春の妖精です。色がいいですね。一緒に咲いているエンゴサクです。こちらも春の妖精と呼ばれています。プシュキニアもまだ咲いていました。゜ナニワズもまだ咲いていました。↓コジマエンレイソウです。↓拡大します。北海道から希少種(R)として指定 さ [続きを読む]
  • 旧軽川緑地の桜
  • 桜を見に行こうと思いましたが、その前にかもちゃんに挨拶。メスが一羽もおりません。繁殖期のため別のところにいるのでしょうか。つづいて桜を見にいきます。旧軽川緑地です。旧軽川緑地は、花見観賞スポットとして有名です。場所は、札幌市手稲区下手稲通りより南側です。手稲区専修寺の裏側の手稲前田5条9丁目近辺です。毎年、桜が見事に咲きます。ところが、もう終わりかけていました。こんな感じです。↓近づくとこんな感じ [続きを読む]
  • 白い恋人パークの「ガリバータウン」
  • 函館から、孫がきましたので、石屋製菓の白い恋人パーク「ガリバータウン」へ行ってきました。9時30分すぎ出発。車で20分くらいです。ところが駐車場は、満杯です。臨時駐車場にとめました。白い恋人パークです。↓カリバータウンは、今年の4月22日にオープンしたばかりです。自分がガリバーになったかのような気分になれるミニチュアのおうちが集まったカリバータウンです。場所は、白い恋人パークの中ではなく、Jリーグコンサド [続きを読む]
  • 「水滸伝」感想
  • 「項羽と劉邦」のブログの中で、中国の歴史で小説、映画、ドラマになっていておもしろいのはやはり「三国志」次に「項羽と劉邦」、その次は「水滸伝」とかきました。したがって、今回は、「水滸伝」を取り上げました。読んだ本は、陳舜臣の「ものがたり水滸伝」です。70回本です。 ご存知のとおり、「水滸伝」には、70回本、100回本、120回本の種類があります。70回本は梁山泊に108人の豪傑が揃って、討伐に来た宋軍を打ち破 [続きを読む]
  • 「今昔物語集」感想
  • 芥川龍之介の「地獄変」を読んでいくうちに、説話について調べたくなり自宅にあった「今昔物語集」を読みますと、これが実に面白いことに気づきました。ただし、この本は、角川ソフィア文庫でビギナーズ・クラシックス日本の古典シリーズです。「今昔物語集」は、12世紀全般(平安時代末期)に成立したものと思われ作者不明の日本最大の説話集(古くより伝承されて来た話)で、1千余話からなりますが、このビギナーズ・クラシックス文 [続きを読む]
  • スイセンとサクラの開花
  • 旧中の川です。右側にスイセンが咲いています。 スイセンが見ごろになってきました。 近づきます。黄色が鮮やかです。黄色といえばレンギョウも咲いています。拡大します。↓上をみれば、鯉のぼりです。さて、サクラの開花はどうでしょうか。いつもの中の川沿いの歩道は、桜づつみといわれ桜が植えられています。全体は、こんな感じで、左側がエゾヤマザクラ、チシマザクラがメインで早く咲き、右側は、ピンクの八重ザ [続きを読む]
  • 芥川龍之介「地獄変」感想
  • 2月18日のブログ「平家物語(敦盛最後)とアツモリソウ」の中で浄瑠璃・歌舞伎「平家物語(「一谷嫩軍記)」でどんな理由があるにせよ、あってはならない、親が子供を殺すという不条理の世界が文楽・歌舞伎の題材にあるという事を述べました。しかし、調べていくうちに他にもありました。自分の知っている範囲では、「菅原伝授手習鑑」、「国姓爺合戦」です。上記の理由としては、上司等の命令や、恩義に報いるためで我が子を殺すとい [続きを読む]
  • モクレンとサクラ開花情報
  • 散歩していますと、モクレンかコブシかわからなかったのですが見事に咲いています。拡大しますとこんな感じです。↓実に綺麗です。白い清楚な美しさです。調べますとハクモクレンでした。ハクモクレンとコブシの違いは、3つあります。.花の向きです。ハクモクレンは、上を向きますが、コブシは、色々な方向に向きます。ハクモクレンは、花が咲いている時、葉の付け根に葉っぱがありません。それに対して、コブシは、花の下に一枚 [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」のカタクリ
  • 稲穂ひだまり公園は、カタクリで有名です。行ってきました。公園全体が丘陵地となっており,イタヤカエデ、ミズナラ、ハルニレ等の落葉広葉樹の中にカタクリが群生しています。ちょうど今(4月下旬)が最盛期です。看板です。平成16年からカタクリの保全活動を始めたそうです。13年になります。全体は、こんな感じです。早春のわずかな間、主に落葉広葉樹林の地面に花を咲かせ、その後、広葉樹の葉が広がるまでの短い期間に、光合成 [続きを読む]
  • 散歩「旧中の川沿い」
  • 気温が12度もあり、気持ちが良かったので旧中の川沿いを散歩しました。やはり、カモちゃんがいました。おや、もぐっていますね。水草の葉や茎などを食べています。最近みかける夏鳥です。カワラヒラです。↓恥ずかし気にうつむく姿が可愛らしいクリスマスローズです。↓早春の花、ヒマラヤユキノシタです。↓こちらも早春の花キバナノアマナです。黄花甘菜です。↓黄色い花で球根(鱗茎・りんけい)を煮て食べると甘みがあること [続きを読む]
  • 散歩「自宅周辺」
  • 健康管理も兼ね家の周りを散歩へでかけました。気温8度。晴れ。風が冷たくて寒い感じでした。散歩道の旧中の川です。今年は、カモちゃんがすくないのです。心配てです。 歩道の周りの庭には、クロッカスとスイセンがボチボチという感じです。スイセンです。それとプシュキニアです。↓福寿草が咲きだしました。木々は、キタコブシかモクレンでしょうか。咲いています。↓今度は、中の川沿いです。タンホポです。エゾタンポポ [続きを読む]