ron さん プロフィール

  •  
ronさん: リタイアライフのつぶやき
ハンドル名ron さん
ブログタイトルリタイアライフのつぶやき
ブログURLhttp://ameblo.jp/ron1192ron/
サイト紹介文サラリーマン生活をリタイアし、たんたんと日常生活を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/05/24 15:57

ron さんのブログ記事

  • 「東屯田川遊水地」
  • 久々に「東屯田川遊水地」に行ってきました。昨年の11月2日以来5ヶ月ぶりになります。 ここは、野鳥がくるところとして有名です。カメラマンがきていました。最初に東遊水地です。↓ここは、野鳥撮影のデッキがあります。↓てもここには、いません。池のまわりを歩きます。被写体が小さくて撮影がたいへんです。いました。オオバンです。↓拡大します。全身が黒く嘴と額の白が特徴のクイナ類です。越冬地は、オーストラリア [続きを読む]
  • 「星置緑地」と「ハマナスプロムナード」
  • 天気が良かったので「星置緑地」と石狩湾新港の「ハマナスプロムナード」へ行ってきました。最初は、星置緑地です。 ここは、ミズバショウで有名です。清楚で愛らしいですね。白い花びらは、植物学的には花ではなく萼で、花の最も下につく葉の変形したものです。この緑地は、木道でまじかにミズバショウを見ることができます。やはり、水に映るといいですね。マガモもいました。↓早春の花も咲いていました。キクザイチゲで [続きを読む]
  • 「キタキツネ」現れる
  • お昼過ぎ車を洗っていましたら、何やら犬らしきものが自宅の前の道路を横断しています。今ごろ犬の鎖が取れて歩き回るとはめずらしいと眺めていましたら柴犬にしては、少し大きいなと思ったら、それよりも尻尾が太く長いのです。これは、キタキツネとおもったら、目と目があいました。可愛らしい顔をしています。早速、写真を撮ろうと思い、カメラを取りに行っている間に、逃げられてしまいました。そういえば、昨年の5月、中の川 [続きを読む]
  • 「トキシラズ」
  • と4月13日の北海道新聞朝刊に「トキシラズが水揚げされた」と載っておりました。水揚げされるシロザケが、4月〜7月と秋鮭よりも早いために、『ときしらず』と呼ばれています。(時不知(ときしらず)・秋鮭に比べ優しい顔をしています)↑トキシラズは、定置網捕獲します。トキシラズは、日本の川に帰る魚でなくロシアのアムール川です。今回のトキシラズは、太平洋の日本200カイリ内で操業していた小型サケ・マス流し網漁船がトキ [続きを読む]
  • 憲法学者「鈴木安蔵」
  • 4月11日、北海道新聞に憲法70年「もう一人の起草者」鈴木安蔵が4回にわけて連載されました。鈴木安蔵は、誰?というのが実感でした。勉強不足で申し訳ありません。福島原発事故の「南相馬」出身です。南相馬市役所が昨年、市街の避難者含めて日本国憲法の冊子を南相馬出身全世帯に送付したそうです。「鈴木安蔵を生んだ南相馬の誇りにかけて憲法の保障を考えてもらう」趣旨だそうです。北海道新聞およびWikipediaによりますと鈴木 [続きを読む]
  • 残雪とタンポポ
  • 久々に「中の川沿い」国道5号まで散歩にでかけました。昨年の10月以来だと思います。雪がとけて歩いて行けて嬉しいです。10時出発。気温12度。曇りで風が強いです。手稲山方面に向かいます。看板です。函館本線です。小樽方面の電車です。↓ 途中、木々に目をやります。ネコヤナギの花です。早春に川辺で穂の出る姿は美しいです。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とみなされてい [続きを読む]
  • 散歩「前田森林公園」
  • 天気も良かったので健康管理も兼ね「前田森林公園」へ散歩にでかけました。車で15分です。9時30分、気温8度、快晴です。駐車場は、空いてました。駐車場から見た手稲山です。マツとの対比がいいですね。↓いつものポプラ並木です。↓そしてカナールです。暫く歩きます。雪が残っています。野鳥のいる小屋です。↓野鳥がいました。シジュウカラです。おや、今日は、シジュウカラしかいません。ほかの野鳥がいないのです。↓仕方が [続きを読む]
  • 自宅近くの散歩「旧中の川沿い」
  • 去年の12月1日以来の「旧中の川沿い」の散歩です。やっと、雪がとけ、歩けるようになりました。4ヶ月振りです。9時35分出発。気温8度。曇りです。看板です。↓いつもの全体の写真です。雪がとけ川の水も増えています。 いつものカモちやんはいるのでしょうか。いました。ツガイです。近づくと、飛び立ちました。↓木々に目をやります。ナナカマドの冬芽です。↓次は、ライラックの冬芽です。↓ いつものエゾヤマザクラ [続きを読む]
  • 散歩「中の川沿い」
  • 天気も良く、健康管理も兼ね中の川沿いに散歩に出かけました。9時20分出発。気温9度。天気晴れです。旧中の川です。↓まだ雪が残っています。すこし歩いて今度は、中の川です。こちらも雪が少し残っています。↓スタートです。フキノトウです。木々に目をやります。マユミです。↓エゾマツです。↓エゾヤマザクラの冬芽です。まだまだです。ハマナスの冬芽です。↓下手稲通りにきました。↓共栄橋から開拓橋まであるきます。シラ [続きを読む]
  • 百合が原公園「春の花展」
  • 4月1日から百合が原公園で「春の花展」が開催されていました。早速行ってきました。報告が遅れて申し訳ありません。駐車場は、割と混んでいました。温室です。↓看板です。↓期待したのは、春の妖精たちです。 早春のわずかな間のみ花をつけ、主に落葉広葉樹林の地面に咲き、木の葉が広がるまでの 短い期間に花や葉なとが地上部から消え、あとは地下で過ごす一連の草花を 「春の儚いもの」「春の短い命」の意味で [続きを読む]
  • NHKスペシャル「絵本作家 甲斐信枝 と雑草のドラマ」感想
  • 4月1日、NHKスペシャル「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける゛雑草゛生命のドラマ」が放送されました。(再放送のようです。)番組の放送内容説明は、以下のとおりでした。「85歳の甲斐信枝さんは現役の絵本作家。雑草の美しさにひかれ草花を描き続けて60年以上。代表作「雑草のくらし」は30年を超えるロングセラーだ。草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話する。ノゲシがタネを飛び散らす様子を“綿 [続きを読む]
  • 百合が原公園の花
  • 百合が原公園の椿展で椿以外で咲いていた花を紹介します。NHKのドキュメンタリーの投稿が暫く続き遅れてしまいました。申し訳ございません。温室の入口に咲いていたアザレア「レックス」です。豪華です。↓横には、既に「洋ラン展」が終了したにもかかわらず、洋ランが展示してありました。テンドロビウム「スペキオキンギアヌム」です。↓デンドロビウムは、特徴として、茎が多肉の棒状になることで、そこから節ごとに数枚の葉を [続きを読む]
  • NHK中国王朝 よみがえる伝説「 趙姫」感想
  • 3月29日、NHK BSプレミアムで「中国王朝 よみがえる伝説「悪女たちの真実始皇帝の母 趙姫」」をみました。このドキュメンタリーは、女優の戸田恵梨香を旅人として考古学の新発見から、伝説の悪女たちの素顔を探るシリーズ。第一回目の西太后、第二目の楊貴妃に続く三作目で今回の主人公は、始皇帝の母・趙姫です。この番組の存在を知りませんでした。もっと前から見れば良かったと後悔しています。(兵馬俑)(紫禁城)今回のドキュメ [続きを読む]
  • NHKあの人に会いたい「酒井雄さい」感想
  • 3月25日、NHK映像スペシャルあの人に会いたいで「酒井雄さい」が放送されていました。「酒井雄さい」とは誰?という感じでした。天台宗の荒行「千日回峰行」を2度も成し遂げた僧侶だそうです。「千日回峰行」とは延べ1,000日比叡山に点在するお堂や塔お墓石仏それに草木一本一本を拝み巡る最も過酷な修行だそうです。途中で行を続けられなくなったときは自害する。そのための「死出紐」(首吊り用)と、短剣、埋葬料10万円を常時携 [続きを読む]
  • 散歩と「旧中の川」
  • 天気も良かったので健康管理も兼ね散歩にでかけました。中の川沿いに国道5号までの予定です。10時出発。天気は晴れ。気温5度です。歩きだします。手稲山方面です。ところが、雪がとけ歩くところが埋まり歩けません。断念しました。近くの木々の撮影です。この辺のマツは、アカエゾマツです。葉が短いのです。キタゴヨウだと思います。↓ツリバナです。↓エゾヤマザクラの冬芽です。↓ユーターンして線路沿いを歩きました。札幌方 [続きを読む]
  • NHK「阿修羅 1300年の新事実」感想
  • 3月23日夜、NHK総合で「阿修羅 1300年の新事実」が放送されていました。日本史の教科書などで有名ですが、奈良の興福寺の阿修羅像の話でした。わが国の阿修羅像を代表するのはもちろん、わが国の仏像を代表する阿修羅像と言っても過言ではないようです。この阿修羅像は、、光明皇后が光明皇后の母、橘三千代の一周忌の追善供養のために興福寺に納められた28体のうちの1つだそうです。NHKのこの番組では「阿修羅は本来、荒ぶる闘 [続きを読む]
  • 百合が原公園「椿展」(2)
  • 前回掲載できなかった椿展の続きです。椿は古くから日本人に愛されてきた花のひとつです。江戸時代から品種改良がなされ、日本産品は現在2,200種以上を数えます。また、18世紀に欧米に渡ると「西洋椿」(洋種)と呼ばれる、豪華で華やかな花をつける品種が多く作られました。最初は、「雪小町」ヤブツバキ系です。次は「野々市」ヤブツバキ系です。↓次は「越の香」ヤブツバキ系です。↓自分は分かりませんでしたがほのかな香りがす [続きを読む]
  • 百合が原公園「椿展」(1)
  • 百合が原公園で椿展が開催されていました。椿展です。北海道最大級の椿展のようです。2回に別けて報告します。最初は、琉球列島にのみ生育しています姫サザンカです。↓次は、「錦麒麟で」雪椿です。↓ユキツバキは、雪の多く降る地帯に分布し、樹高のやや低いです。赤と白の対比が綺麗です。次は、「高嶺の花」でヤブツバキ系です。↓ヤブツバキは、東北以西の暖地に生育する常緑の小高木です。次は、「カメリア ロシフロラ カ [続きを読む]
  • 散歩「前田森林公園」
  • 天気も良かったので健康管理を兼ね「前田森林公園」へいってきました。気温2度。天気晴れ。9時30分出発です。車で15分です。駐車場は、割と混んでいました。↓歩くところは、整備されていました。青空がでているので良く撮れています。白樺がいいですね。↓ずっと歩いていくといつものカナール(水路)です。雪で覆われています。横には、バーゴラ(藤棚)です。カナールに接近します。↓カナール全体の写真です。↓正面は、手稲山で [続きを読む]
  • 関口知宏の「ヨーロッパ鉄道の旅」感想
  • 何気なくテレビ番組欄を見ていたら、関口知宏の「ヨーロッパ鉄道の旅」がやっていましたので、毎日、録画をとることにしました。毎朝(月〜金)7時45分〜8時00分(NHK BSプレミアム)です。でも、残念なことに、再放送でそれも、もうすぐ終わりそうです。気づくのが遅かったです。関口知宏さんが旅人として出演するNHK鉄道番組シリーズは、平成16年「列島縦断鉄道12000キロの旅」からスタートし、平成17年からはヨーロッパの鉄道の旅 [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主「直虎」紀行」感想
  • 毎週、おんな城主「直虎」を楽しみにしていますが、ドラマ終了後に放送される「直虎紀行」で興味深い内容がありました。3月12日の「直虎紀行」で徳川家康に関する事でした。以下の内容です。「愛知県岡崎市は、徳川家康誕生の地として知られています。6才で岡崎市を離れ、織田家、今川家の人質として少年期を過ごします。家康が再び岡崎に戻ったのは19歳のときで、今川家の人質になっており、桶狭間の戦いに敗れたのでした。その [続きを読む]
  • 映画「戦場のピアニスト」感想
  • 3月11日、BS12の土曜洋画劇場で「戦場のピアニスト」が上映されていました。久々、映画に釘付けになりました。こんな目が離せなく、見ていて辛くなりますが、ひきつける映画です。2002年公開、ワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。監督は、ポーランド出身のロマン・ポランスキーです。(簡単な内容)(wikipediaより抜粋)「1930後半、ポーランドのワルシャワ。ユダヤ人シュピルマンはピアニス [続きを読む]
  • 映画「日本侠客伝 昇り龍」感想
  • 火野葦平原作の「花と龍」の映画に関して、過去2回ブログに書きました。昨年の1月に第1回目、映画「花と龍」(主演 渡哲也)の感想を書きましたが、第2回目は、今年の1月「日本侠客伝 花と龍」(主演 高倉健)に書きました。今回は、第3回目です。3回とも共通している事は、若松の港を舞台に、一介のゴンゾ(沖仲仕)から一家をなした(2回目は助役)玉井金五郎と妻マンとの夫婦愛と、ゴンゾ同志の激しい抗争を描いているという事で [続きを読む]
  • 散歩と「シラサギ」
  • 毎年、雪が解け始める3月、中の川にシラサギがやってきます。中の川の氷も解ける時です。私のブログを見てくださっている方からうれしい情報を教えていただきました。中の川でシラサキが優雅に飛んでいるという事です。早速、健康管理も兼ねカメラを持ち散歩に出かけました。気温2度。曇り。10時出発です。雪が降り、歩く道がありません。少し、ぬかりながら進んでいきます。川の水がまだ凍っているところもありました。↓下手稲 [続きを読む]
  • 読書「北条政子」(永井路子)感想
  • 女流作家で永井路子の本は、非常に気にいっています。永井路子は、中世を題材にした作品で歴史小説に新風をもたらした作家です。たしか、愛読書が鎌倉幕府の正史と言われている「吾妻鏡」だと記憶しています。永井路子の本の中で一番好きなのが「北条政子」です。本の表紙の裏の解説は、以下の事が書かれています。「伊豆の豪族北条時政の娘に生まれ、流人源頼朝に遅い恋をした政子。やがては夫は平家への叛旗をあげる。源平の合 [続きを読む]