モンテおやぢ さん プロフィール

  •  
モンテおやぢさん: モンテと時々グルメ
ハンドル名モンテおやぢ さん
ブログタイトルモンテと時々グルメ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/monteoyadi
サイト紹介文モンテディオ山形とチープなグルメを語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/05/24 18:12

モンテおやぢ さんのブログ記事

  • 第5節ホーム福岡戦の展望〜左サイドがカギ〜
  •  第5節ホーム福岡戦が明日に迫った。いつものとおりスポナビでスタメンをチェック。注目の左WBには山田、左CBにはタツさんとの予想だ。 対する福岡は3連勝と波に乗っている。特にウェリントンには要注意だ。しかもその後ろには城後、駒野がいるし、おっかないなぁ。 そういう意味でわが軍の左サイドがカギを握ることになるので、WBに山田というのはわかる気がする。少なくとも高木よりは守備力があるしね。 ただ、CB [続きを読む]
  • サカダイによる讃岐戦の採点は5.5〜本田と馬場の対決にも注目〜
  •  サカダイによる讃岐戦の採点を確認すると5.5とのこと。記事では、内容で圧倒した讃岐だが、肝心のゴールを奪えず。一方の山形は相手のハイプレスとロングボール戦術に苦しみながらもなんとか引き分けに持ち込んだ、というもの。ということで、MOMはチーム最高の6.5をつけた児玉だそうだ。http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23754 確かに、内容で圧倒されたのもその通りだし、負けなかったという評価はそ [続きを読む]
  • 児玉がDAZNの週間ベスト5セーブに選出
  •  今日オフィシャルに、讃岐戦での児玉のセーブがDAZNのベスト5セーブに選ばれたという記事を発見した。そもそもこういう企画があったことを知らなかった。 このゲームではいくつかビッグセーブがあったけど、見てみるとやっぱりすごいセーブが選ばれていた。児玉の雄叫び具合からもそのすごさがわかるというものだ。http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00006827/ 実はこのベスト5の1位と2位が湘南の秋元なの [続きを読む]
  • 第4節ホーム讃岐戦の余韻〜試行錯誤の最中かな〜
  •  第4節ホーム讃岐戦から一夜明けて、新聞各紙、ブロガー諸氏の戦評をチェック。まずは、アウェー3連戦の戦いぶりで期待値が高まってのホーム開幕戦だっただけに、この結果でのがっくり度合いは大きいようだね。 一方、今季まだ負け無しという結果をポジティブに捉える意見も多い。長いシーズン、こんな試合もあるが、それを負けなかったということを評価するということだろう。その考えもわかる。 選手たちも長らく待ち望んだ [続きを読む]
  • 第4節ホーム讃岐戦は0-0〜前節までの戦い方は何処へ〜
  •  第4節ホーム讃岐戦は待ちに待った試合。特に、前節までのアウェーでの試合内容からして期待が膨らんで迎えた試合だったが、結果は今季未勝利の讃岐相手にスコアレスドローとは残念な結果だった。 せめて内容的に目を見張るものがあればと思うが、そういうことでもなく、むしろ前節までの出来はなんだったのかと思われるような内容で、逆に讃岐に押される始末。はっきり言って負けなくてよかった。そういう意味でMOMは児玉だ [続きを読む]
  • 第4節ホーム讃岐戦の展望〜ホンタク・風間がカギ〜
  •  第4節ホーム開幕戦となる讃岐戦が明日に迫った。いつものようにスポナビでスタメン予想をチェック。 まずホンタクが復帰、そして既報どおり荒堀が左のシャドーに入るようだ。注目の左WBはやっぱり高木と予想。ここは山田でもいいと思うんだけど微妙だなあ。 スポナビでもコメントしているが、明日の試合はアウェーで引いてくる相手をどうこじ開けるのかが大きなポイントになるだろう。縦にボールを入れるボランチの役割が重 [続きを読む]
  • 興味深い荒堀のコンバート
  •  今朝の大本営山新では、試合形式の練習で荒堀が左のシャドーに入ったという記事があった。 キャンプ途中からのコンバートとのことだが、木山監督は荒堀のどういうところにシャドーの適性を見出したのだろうか、大変興味深い。http://yamagata-np.jp/news/201703/17/kj_2017031700322.php 前節の熊本戦でも汰木に代えて荒堀を起用したっけな。何しろ本人が、前線での経験が少なく、意外な思いもあったと言っているくらいだから [続きを読む]
  • 雪がもたらした団結力・新生山形の強さ
  •  ホーム開幕戦まであと2日。本当に待ち遠しい。ホームでの試合は昨年11月のシーズン最終戦から約4か月ぶりか。毎年思うのだけど、このオフシーズンは長いようで短く、短いようで長い期間である。 ちょっと情緒的ではあるが、雪国の山形にとって、雪が解けて春の訪れを感じるとき、ホーム開幕となる。この季節感も抜群に素晴らしいと思う。 こんなことを思っていたら、「雪がもたらした団結力。開幕アウェイ3連戦を無敗で乗 [続きを読む]
  • ボムヨンが千葉へ移籍
  •  清水のボムヨンが千葉に期限付き移籍となった。山形から広島に完全移籍し、昨季は清水に期限付き移籍、そしてこのたび、清水に完全移籍して千葉に期限付き移籍という、何ともややこしいことになったようだ。 しかし、あのメンタルとスタミナ、キャラクターは本当に得難い選手だ。わが軍が2度目のJ1昇格を果たした2014年、3バックに変えてから左WBのポジションをつかみ取ったことは記憶に新しい。  そして、2015年のJ1 [続きを読む]
  • サカダイによる熊本戦の採点は5.5
  •  サカダイによる熊本戦の採点を確認すると5.5とのこと。記事は相手GKの佐藤のゴールで追いつき、貴重な勝ち点1をゲットとの内容が中心。 選手の採点を見ると、茂木・加賀・高木・汰木が5.5で、あとは監督も含めて6。DFは悪くなかったと思うけど手厳しいね。http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23430 熊本戦関連では、今朝の大本営山新に振り返りの記事があった。 「攻撃展開時にミス多く」と題し、監 [続きを読む]
  • 第3節アウェー熊本戦の余韻〜昨日の結果を前向きに考えよう〜
  •  第3節アウェー熊本戦から一夜明けて、新聞各紙、ブロガー諸氏等の戦評をチェック。やはり、相手GKの佐藤選手によるAT同点ゴールが際立ち、わが軍は勝ち点3がポロリ的な報道が多いような。 まずもって、悔しい結果ではあるが、ここは贅沢なことを言わずに、この結果を前向きに考えたい。2試合続けて追い付かれてのドローとなったことについて、木山監督は「先につなげていければ、この3試合が良かったということになる」 [続きを読む]
  • 南が骨折で全治3ヶ月
  •  今日の試合のあと、オフィシャルに南のケガのお知らせを発見した。 骨折で全治3ヶ月だと。開幕からスタメンを勝ち取り、高い技術ですごくワクワクさせてくれる選手。何で今日いないのかなと漠然と思ってたけど、こんなに重症とは残念だ。まずはしっかり治してほしいね。 当面は今日のように、汰木とボリを併用することになるのかな?  まぁ、この二人にとっては大チャンスだ。切磋琢磨して、頑張って [続きを読む]
  • 第3節アウェー熊本戦は1−1〜勝ちきれないなぁ〜
  •  第3節アウェー熊本戦は1−1のドロー。前半に先制するも、後半AT、コーナーキックに相手GKから合わせられて失点。前節の千葉戦といい勝ちきれないね。今日も勝ち点2を失ったゲームだった。 詳しくは見逃し配信で確認してみるけど、失点の前のプレーが気になった。後半ATに入るあたりの時間帯は相手に圧をかけられながらも、ピッチを広く使ってうまくボールを回せていた。その流れで時間をうまく使えばよかったんだけど [続きを読む]
  • 第3節アウェー熊本戦の展望〜両WBと松岡に注目だ〜
  •  第3節アウェー熊本戦が明日に迫った。いつものようにスポナビでスタメン予想をチェック。既報の通り、ホンタクの代わりに松岡との予想。そして意外だったのはWBで、右に山田、左に雄斗との予想だ。 まず、ボランチについてホンタクが欠場し松ちゃんとなれば、攻撃面での組み立てをどうするのか注目だ。長いシーズンこんなこともあるだろうから、「松岡バージョン」を作り上げてほしいものだ。 そしてWBだけど、雄斗が左に [続きを読む]
  • ホンタク欠場の可能性〜松岡と中村にチャンス到来〜
  •  今朝の大本営山新によると、ホンタクが別メニュー調整で熊本戦は欠場の可能性があるという。このため、代わりのボランチは松岡か中村になりそうだ。http://yamagata-np.jp/news/201703/10/kj_2017031000186.php ホンタクは当然にして欠かせない戦力であるが、昨季を見てもケガなどのためにフルシーズン出場というのは難しそうで、欠場した場合のシミュレーションはできているはずだ。 こういうときに松岡がいるというのは非常 [続きを読む]
  • またぞろ秋春制移行の議論〜いい加減にしてほしい〜
  •  先日、秋春制移行を議論との記事があった。またぞろ出てきた話である。最近は秋春制という話が聞こえてこなかったので、てっきりあきらめたのかと思っていたが、まだ結論が出てなかったってことのようだ。 記事によると、秋春制へのシーズン移行については、(1)19〜20年シーズンからの移行(2)W杯カタール大会後の22〜23年シーズンからの移行(3)移行せずに今後10年は議論もしないのいずれかの結論を今季中に [続きを読む]
  • 除雪ボランティアお疲れ様でした&陵平とナカシの写真
  •  昨夜からの雪でサブグラウンドの除雪が必要になったと、今朝オフィシャルから呼びかけがあった。 小生は仕事のため行くことができなくて恐縮なのだが、行かれた方は本当にお疲れ様です。毎年恒例となっている除雪ボランティアはまさに「お天気次第」なので、常に急な呼びかけになるわけだけど、いつもしっかり除雪できているというのが何ともすばらしいことだ。本当に頭が下がります。 この光景を初めて見る選手たちは驚いてい [続きを読む]
  • 「千葉戦での南のアシストはシュートかパスか」の結論
  •  千葉戦の得点シーンは、瀬沼が右サイドをえぐるように突破してのクロス→中央で南がパス→阪野がシュート、という美しいゴールだった。 ところで、小生は南のアシストを阪野へのパスだと思っていたが、ネットなどではシュートがたまたま阪野の前にこぼれたという声もあった。 そしてその結論がわかった。今日のエルゴラによると、本人曰く、あれは「シュート」だったとのこと。http://blogola.jp/p/69911 記事にあるように、 [続きを読む]
  • サカダイによる千葉戦の評価は5.5
  •  サカダイによる千葉戦の評価を見てみたところ5.5、MOMは児玉だった。ちなみに、ドローという結果も踏まえてなのか、千葉も5.5である。http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23169 採点の理由として、「前半は千葉が主導権を握るも、山形のGK児玉の好守もあって無得点で後半へ。53分には千葉の運動量低下を計算して後半勝負を仕掛けた山形が先制点を奪った。しかし、7分後にPKで千葉が同点に追い付く。終盤 [続きを読む]
  • 第2節アウェー千葉戦の余韻〜いろいろ見えた試合〜
  •  第2節アウェー千葉戦から一夜明けて、新聞各紙、ブロガー諸氏の戦評をチェック。 まず開幕から2戦ともに勝ち点が獲れたのは、あの2009年以来とのことで良かったというコメント、そしてPKによる失点ということもあるのか、勝てた試合だったという評も目立ったね。 そういう中で、阪野はアウェー2連戦で勝ち点4を獲ったことについて聞かれ、「普通のチームだったら、アウェイで勝ち点4で満足できる勝ち点かもしれない [続きを読む]
  • 第2節アウェー千葉戦は1−1のドロー〜まずまずの結果〜
  •  第2節アウェー千葉戦は1−1のドロー。 前半を0−0で折り返し、後半早々に瀬沼の突破からのマイナスのパスを南が中央で逆サイドに詰めていた阪野にパス、阪野が押し込んで先制。 その後、自陣の深いところから繋いでいたところをパスミス?からカウンターを受けて、本田がつめたところで相手に足がかかってPKを献上し同点。 その後は一進一退の展開。積極的な選手交代によって攻撃が活性化するも、追加点ならずドローと [続きを読む]
  • 第2節アウェー千葉戦の展望〜慌てずに戦おう〜
  •  第2節アウェー千葉戦が明日に迫った。いつものようにスポナビでスタメン予想をチェック。 わが軍は前節京都戦と全く同じとの予想。確かに京都戦の戦いぶりを観ると敢えてスタメンを代える理由はなさそうだ。 対する千葉も3バックのようだ。監督が代わって、高い位置からのディフェンス、ハイプレスを仕掛けてくるようだ。更には大きなサイドチェンジもあって、ピッチを広く使いながら、3バックの裏を突いてくることが予想さ [続きを読む]
  • ちょっと心配だがDAZNに加入した
  •  今週末の4日(土)は第2節アウェー千葉戦。J2の中では比較的近いアウェーということもあって参戦する気満々だったんだけど、夕方からどうして抜けられない会合があって、泣く泣く参戦をあきらめることに。 ということで、遂にDAZNに加入する時が来たというわけ。昨季はスカパーオンデマンドで見ていたんで、ネットでの配信にはあまり抵抗感がないけど、J開幕戦での配信トラブルがあっただけに心配だ。 まずはPCで登 [続きを読む]
  • 攻撃陣のポテンシャルが高い
  • またまた京都戦を振り返ってみます。 今季の課題のひとつが得点力。そこで、昨季J2で二桁得点を取った阪野、瀬沼、中山を獲得した。 京都戦にフル出場した瀬沼は期待どおり先制点を奪ってくれた。加えて、ユニフォームを引っ張られても倒れないフィジカルがすごかった。 阪野は得点こそなかったけど、前線での守備が本当に素晴らしかった。 この二人と南、雄 [続きを読む]