とうちゃん さん プロフィール

  •  
とうちゃんさん: 電気屋さんが教えるお得な情報!
ハンドル名とうちゃん さん
ブログタイトル電気屋さんが教えるお得な情報!
ブログURLhttp://tochanfight.blog.jp/
サイト紹介文電気工事の仕事に従事しています。実作業の経験を基に、住宅電気設備のお得な情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/05/24 22:47

とうちゃん さんのブログ記事

  • ネジがまわらない!そんな時の対処方法。
  • ネジの頭がなめてしまったり、錆びてしまってドライバーで回せなくなったりした経験はありませんか?そんな時の対処方法をご紹介します。順番通りに試してみると、どこかでネジを外すことが出来る?!と思います。1.潤滑剤を使うまず試してみるのが潤滑剤をスプレーすることです。ネジ部が錆びていたり、ネジ山が焼けたり、食い込みすぎたりした場合回すのが固く、緩める事が非常に困難になります。そんな時はシュッとひと吹きスプ [続きを読む]
  • 中部電力「カテエネ」のお得な4つのサービス!
  • 中部電力「カテエネ」リニューアル記念♪どうぞよろしくニャンペーン♪2015年3月2日(月)〜4月30日(木)まで中部電力「カテエネ」とは、中部電力から電気を購入しているお客様向けに無料で様々なサービスを提供しています。電気料金を上手に使ってお得に省エネできる情報や、ポイントサービスもはじまりました。更に今ならカテエネポイント最大300ポイントプレゼント中です!「カテエネ」のお得な4つのサービス①電気の上手な使い方 [続きを読む]
  • 花粉やPM2.5を除去!お部屋の空気をキレイにしよう。
  • インフルエンザが猛威を振るっていますね。お家に帰ると「手洗い・うがい」を忘れずにしてください。更に暖かくなってきて、花粉の量も増えてきました。外出時にはマスク等を装着される方も多いのではないかと思います。しかし、お家に帰ってきたら息苦しいマスクを外してくつろぎたいですよね。お家の空気は汚いの?お家の中は安全だと思いがちですが、実は目に見えない有害物質がたくさん浮遊しています。例を挙げると、「アレル [続きを読む]
  • 冬のエアコンはちょっとした工夫で省エネ・節電!
  • 冬場の暖房には電気ストーブや灯油ファンヒーター、こたつやホットカーペット、床暖房など様々な方法があります。その中でも最近はエアコンの暖房をメインに使われる方が増えています。近年のエアコンは暖房性能も向上しています。中にはセンサーを使用して人を感知し、手足の温度をチェックして、ピンポイントで暖めてくれる機種などもあります。高性能で省エネなエアコンですが、更に使い方によって節電することも可能です。<設 [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜回路設計編〜
  • 新築でお家を建てる時に気にしてほしいのが「分岐回路数」です。新しいお家に入居後に、頻繁にブレーカが落ちてしまうなんて事にならないように、しっかりと計画しましょう。<分岐回路数の決め方>分電盤の分岐回路数は照明やお部屋のコンセントなどの「標準負荷分岐数」と、エアコンや電子レンジなどの消費電力が高い専用回路が必要な「専用負荷分岐数」を合計します。分岐回路数 = 標準負荷分岐数 + 専用負荷分岐数・標準 [続きを読む]
  • 失敗しない住宅リフォーム〜洗面所編〜
  • 洗面所のリフォームを検討するときは、「洗面台を交換したい。」、「洗面所の床が心配。」、「洗面所を広くしたい。」などがあります。また洗面所はお風呂と隣接している場合が多く、洗面用品や洗濯用品とお風呂用品などもあり、収納が少なくて困っている方も多くリフォームをする理由にもなっています。洗面所をリフォームする時は、洗面台の交換もオススメです。一昔前の洗面台に比べて次の4つの点が進化しています。1.鏡の見や [続きを読む]
  • 失敗しない住宅リフォーム〜お風呂編〜
  • 住宅一戸建てのリフォームを考えたとき、リフォーム希望者の実に60%の人が「お風呂の設備の交換」を検討しています。お風呂をリフォームする際最も多いのがユニットバスへの交換です。タイル貼りの在来浴室からユニットバスへの交換や、ユニットバスからユニットバスへの交換などが多いです。現在のユニットバスは10〜20年前の在来式やユニットバスに比べて大きく4つの点で進化しています。1.お風呂全体が温かいタイル貼りのお風 [続きを読む]
  • 住宅リフォームの電気配線 〜トイレ編〜
  • トイレの便座を交換したり、和式から洋式にリフォームする際や増築などで新たにトイレを設置する時などにあると便利な電気配線をご紹介します。<トイレに必要なコンセント>まず必要なのが便座用(ウォシュレット)のコンセントです。暖房便座やおしりの洗浄や、自動でフタが開閉するものなど最近は機能が充実しています。ここで注意が必要なのが、暖房便座だけなら消費電力が300W〜500Wぐらいですが、温水が出るタイプなど機能が [続きを読む]
  • 引っ越しなどでエアコンを移設するときの注意点。
  • 引っ越しの時、新しく買い替えたばかりのエアコンや、まだ使えそうなエアコンなどは業者さんに依頼して、取り外して新しい住居に移設します。しかし、移設後「効きが悪くなった」という声を聞きます。なぜ調子が悪くなるのか?移設するときの注意点は?<エアコンの調子が悪い!?その症状は。>移設後調子が悪くなった症状として次のようなことがあります。・エアコンのスイッチを入れた後しばらくすると室外機のファンが回り始めま [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜オール電化編〜
  • 現在新築戸建住宅に限るとオール電化は60%弱もの割合になっています。近年は電気料金が高騰していて、これから新築を考えている方はオール電化の導入に躊躇される方も多いと思います。しかし2016年から始まる電力自由化によって多彩な電気料金メニューが出てくることで、生活スタイルに合わせた無駄のない電気の使い方が出来るようになるのでますますオール電化の需要は伸びてくると思われます。<オール電化とは?>住宅で使用す [続きを読む]
  • 急に照明やコンセントなど電気が使えなくなったときの対処方法。
  • 急に照明が点かなくなった、コンセントが使えない、夜の間に急に真っ暗になった、家じゅうの電気が使えなくなった。などの症状が出たときは慌てずにまず分電盤を見てください。(ここでは一般戸建て住宅での対処方法を記しています。)<分電盤を見てブレーカが落ちている時の対処方法>ブレーカが落ちている場合は、どのブレーカが落ちているかで対処方法が異なります。ブレーカが作動したということは危険を察知して安全を守るた [続きを読む]
  • 新築戸建住宅に最適な空気清浄機。
  • 市販の空気清浄機は床に置くタイプがほとんどで、結構ジャマになりますよね。そこで、新築や増改築時にオススメの天井埋め込みタイプの空気清浄機をご紹介します。オススメするのが三菱電機製の「ヘルスエアー機能」搭載 循環ファン(JC-10K)です。天井に埋め込みタイプなので設置してもジャマにならず、目に見える部分はフラットインテリアパネルなのでスッキリします。<ヘルスエアーとは?>ヘルスエアーとは、三菱電機が商標 [続きを読む]
  • 住宅の防犯対策〜侵入されても身の安全と大切な物を守る〜
  • しっかり防犯対策したにもかかわらず家の中に侵入された場合も考えておきましょう。家の中に侵入された場合は、身の安全と大切な物の保護が重要になります。建物内部(施錠する部屋の壁面・開口部・出入口・室内など)を「第三警戒線(G3)」といいます。この警戒区域では建物内部へ侵入されても重要対象物(お家の人や金品など)まで時間をかけさせたり、侵入したことを発見・威嚇して追い返すことを考えて防犯対策をおこないます [続きを読む]
  • 住宅の防犯対策。〜家に侵入されない防犯対策〜
  • 住宅の敷地内に侵入した侵入者は発見されることを嫌がります。建物の中に入られる前に、敷地に入ったことを発見し威嚇・通報することが重要になります。また侵入までに時間がかかるようにすることで、侵入をあきらめさせます。敷地内と建物の外周部を「第二警戒線(G2)」といいます。この警戒区域では建物内部への侵入を防ぐための対策を考えます。<警戒対象>建物の外周部(玄関・勝手口・窓・ベランダ・屋根・外壁)<対策>敷 [続きを読む]
  • 住宅の防犯対策。〜敷地に侵入されない防犯対策〜
  • 住宅への侵入を防ぐには、まず敷地内へ入らせないことが重要です。侵入者は侵入する前に発見されることを嫌がります。敷地内に入る前に食い止めることが出来るように対策します。敷地の外周部(塀や門)や構内部(駐車場入り口など)を「第一警戒線(G1)」といいます。この警戒区域では敷地内への侵入を防ぐための対策を考えます。侵入者は事前に家の周りを下見したり、留守の時間を調べたりします。建物周辺の遮蔽物は、侵入者の [続きを読む]
  • 住宅の防犯対策。〜防犯の3つのポイント〜
  • 防犯とは「犯罪を未然に防止すること」です。犯罪に遭わない為には2つの考え方があります。・原因論(犯罪そのものを無くすこと)警察による取り締まりを強化したり、犯罪者を生み出さないように青少年の健全育成を推進する。犯罪者をつくらない社会づくり向けた取り組みのこと。・機会論(犯罪をさせないこと)被害対象や犯行場所に着目して、防犯意識の浸透や犯罪の起こりにくい環境づくり進めること。一般住宅における防犯は、 [続きを読む]
  • 初心者でも簡単!自宅で出来るイルミネーション。
  • クリスマスが近くなると自宅の玄関や庭先などに綺麗にイルミネーションを飾っているのを見かけます。「今年こそ我が家も!」と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし電飾の飾り方や電気の配線など、自分でするのは面倒だ、不安だという方は参考にしてください。イルミネーションしたら電気代は?1日6時間を1か月点灯させると、(100球タイプ)・電球タイプ 1か月 約200円・LEDタイプ 1か月 約40円100球程でこれだ [続きを読む]
  • 新電力って何?
  • 2016年4月から「電力小売自由化」が始まります。これに伴い最近よく聞かれるようになったのが「新電力」です。一般家庭の電気は各地域にある電力会社から購入しています。この電力会社のことを「一般電気事業者」といいます。今までは電気の販売はこの「一般電気事業者」が独占していました。それが規制緩和などにより、電力会社の送電設備や電線を通じて電気の小売りをする事業者を「特定規模電気事業者(PPS)」といい、これを通 [続きを読む]
  • 新電力って何?
  • 2016年4月から「電力小売自由化」が始まります。これに伴い最近よく聞かれるようになったのが「新電力」です。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});一般家庭の電気は各地域にある電力会社から購入しています。この電力会社のことを「一般電気事業者」と... [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜テレビ配線編〜
  • 新築住宅で電気配線を計画するとき照明やスイッチ・コンセントの位置や数に注意が行きがちですが、テレビの配線も入居後に「ここに欲しかった〜。」と言われるお施主さんが多いそうです。<宅内のテレビ配線>アンテナからテレビまでは下図のような配線がされています。ここではテレビの受信方法としてUHFアンテナ・BSアンテナを使用した時の配線方法をご説明します。?UHFアンテナ・BSアンテナ屋根や建物の壁面にテレビ受信用アン [続きを読む]
  • 省エネ・節電の前にまずは「見える化」!
  • 省エネ・節電を心掛けていても実際の効果はなかなか実感できません。月々の電気代の請求書だけ見ても、各ご家庭の生活スタイルによって月々の使用量やよく使う時間帯も違います。季節によっても電気を使う量は変わりますし、節電を心掛けていても「本当に節電出来ているのかな?」と感じることはないですか?省エネ・節電を始めるには、まずご家庭の「電気の見える化」が重要です!「電気の見える化」とは、いつ・どこで・何を・ど [続きを読む]
  • これからのテレビは4K・8Kへ!受信するときの注意点は?
  • 衛星放送で2020年東京オリンピックの多くの中継を4K・8Kで予定しています。<4K・8Kって何?>画面の水平方向(横)の解像度(ピクセル)を示しています。現在のデジタル放送(フルハイビジョン)は1,080(垂直)×1,920(横)で約200万画素です。水平方向(横)の1,920(約2,000画素)から「2K」と呼ばれています。テレビの実用サイズとして32インチと言われています。これが「4K」になると、ウルトラハイビジョンになり2,160×3,84 [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜専用コンセント編〜
  • 新築住宅のコンセント計画で最も大切なのが「専用コンセント」の計画です。しっかりと計画しておかないとブレーカが落ちたりして不便になりかねません。一般住宅ですと1つのブレーカ容量は20A(アンペア)です。通常は1つのブレーカから数か所のコンセントへ分岐して、100Vのコンセントであれば合計で2000W(ワット)まで使用できます。※注:通常のコンセントは1つで15Aの容量しかありません。1500W以下でご使用ください。   1 [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜コンセント計画編〜
  • 住宅でのコンセントの位置と数は、住み始めてから色々と失敗に気づきます。図面や建築中ではなかなか家具や家電の位置などをイメージ出来ないからだと思います。「こんなところにこんなコンセントはどうですか!」を紹介します。<コンセントの高さ>・コンセントの高さは床からコンセントのセンターまでが25?が通常です。・机や作業台の上に必要な場合は70~90?。・洗濯機用は水が掛らないようにちょっと高めの100~110?。・冷蔵 [続きを読む]
  • 新築住宅の電気配線。〜コンセントの種類編〜
  • 住宅で使用するコンセントには用途によって色々な種類があります。最近では省エネや利便性を考えられたものもあります。<コンセントの種類>一般的に使用するコンセントは「15A-2P」と呼ばれるものです。これは15アンペアまでの容量で2か所の差込口があるものです。同じ大きさで3P(3か所差込口がある)もありますが、大きなACアダプターを差すと他が差せなくなったりするのであまりオススメできません。それよりは「15A-2P」を2 [続きを読む]