温子 さん プロフィール

  •  
温子さん: ひえとり道
ハンドル名温子 さん
ブログタイトルひえとり道
ブログURLhttp://hietori-do.seesaa.net/
サイト紹介文こころとからだに効く365日冷えとり・毒だし生活
自由文こころとからだに効く365日冷えとり・毒だし生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/05/26 13:38

温子 さんのブログ記事

  • 【2017夏】虫除けはナチュラルなものを選びたい
  • 蚊に悩まされる季節になってきました。なるべく、化学物質などの自然でないものはからだに入れたくないので、蚊遣りもなるべくナチュラルなものを選びたいですね。ちなみに蚊遣りとは蚊を追い払うために、草木の葉や木くずなどをいぶしたり、香をたいたりすること。また、そのいぶすもの。かいぶし。かやりび。引用:http://dictionary.goo.ne.jp/ここ数年愛用しているのは「 かえる印のナチュラルかとり線香」。合成着色料や防腐 [続きを読む]
  • ピッタリスッキリ収納を目指したらDIYにたどり着いた
  • 今年に入ってからのわたしの頭の中は、家の中のモノの整理整頓でいっぱいです。モノを捨ててスッキリとした気持ちで、次に目指すのはミニマリストな部屋。よくブログで見る無印良品の白いファイルケースがズラーっと並んでいる収納。ごちゃごちゃとした配線もボックスにまとめられ、余計なものが一切ない部屋。それでも、まだまだあるお別れできなかったモノ。なんでこんなに買い集めたのか、作家ものの食器や高価な鍋。ル・クルー [続きを読む]
  • 【心の毒だし】なんにもない暮らし
  • 新しい家に引越してきて5か月を過ぎました。引越の時に、持ち物を3分の1にすることを目標にいろんなモノとさよならしました。引越までの1か月間、毎日仕事から帰ってから夜中までと休日はモノの仕分けと処分で過酷でした。腕も腱鞘炎になるくらい酷使して、体もボロボロで何度か鍼灸やマッサージに行きました。でも、どこかモノを捨てられるうれしさで気持ちはスッキリしていて、まさに「こころの毒だし」。そして、大方の要らない [続きを読む]
  • 夏でもここちいいフットカバー
  • 毎日蒸し暑い日が続いて、薄着に裸足でエアコンはかえって冷えやすくなっています。そして、外気温と室内の温度差が大きいと自律神経も乱れやすくなります。冷え取りの基本は上半身は薄着でも下半身は冷やさないことがポイントです。そうは言っても現代の暑さは昔の夏とは違ってきています。地球温暖化とヒートアイランド現象で、35度を超える日もめずらしくありません。冷房が効いた部屋で足元を冷やさない工夫として履くのにち [続きを読む]
  • 腸冷え解消!ペットボトルで腸マッサージ
  • 最近仕事が忙しく、食生活が乱れ睡眠不足です。お通じが悪くお腹が冷えて、触ると腸も固くなっていました。寝る前に以前に習ったことのある、お腹もみをしています。これは「腸冷え」の状態です。ストレスも原因だと自覚していますが、血流が悪くなってむくみも心配です。ポッコリお腹は「腸冷え」からくる血流と水分の滞りが原因です。肌の状態も悪くなって、クマもできています。美容の面からも「腸冷え」は放っておいてはコワイ [続きを読む]
  • 夏に向けて「ジャックパーセル」を新調しました
  • 長年変わらず愛され続けているスニーカーの「ジャックパーセル」。つま先のスマイルラインとかかとのヒールラベルのひげがかわいい。コンバースのオールスターも履きやすくて好きですが、大人女子には絶対ジャックパーセルの方が似合う。今年流行の太めのパンツに白スニーカーのコーデにもぴったり。わたしもチノのワイドパンツに合わせるために、ジャックパセールを新調しました。幅広のわたしの足にはちょっと細いので、普段23? [続きを読む]
  • 【2017夏】冷房と紫外線対策にアームカバー
  • アームカバーは日焼け防止や虫除けにもなり、着脱も楽なのでかばんにいつも入れておけば電車の中や、エアコンのきつい室内での冷房対策にもなります。また、マラソンやランニングでアームカバーをつけている人を見かけますが、アームカバーをつけているのとつけていないとでは、筋肉の疲労やからだの温まり方が違うそうです。なんとなく、おばさんの日焼け止めのイメージで敬遠していましたが、スポーツ用のものやおしゃれで実用的 [続きを読む]
  • 【2017春夏】冷えとりコーデに履きたいサンダル
  • 「頭寒足熱」が基本の冷えとり。わたしたちのからだは上半身は温かく、足元が冷えている人がほとんどと言われています。夏に向けて冷房になると、悩まされるのが足元の冷えです。重ね履きの靴下やレギンスをおしゃれで軽快に見せ、足元レイヤードにあわせたい今年おすすめのサンダルを集めました。 ●DANSKO ダンスコ INGRID イングリッド ホワイト ボックスおしゃれで機能的なdanskoダンスコのイングリットレザーサボ。シン [続きを読む]
  • ネットショップ『LOHACO』のお気に入りの日用品
  • 以前に紹介した生姜とハーブがブレンドされたmoogyムーギーというソフトドリンクを先行発売していた『LOHACO』さん。普段使いの日用品にも限定販売の素敵なデザインのパッケージの商品がたくさんあります。こんなにかわいいのだから、スーパーやドラッグストア―でも売ってくれたらうれしいのに…と思います。でも、ここでしか手に入らないところが他のショップとの差別化なのでしょう。ネットウィンドーショッピングするだ [続きを読む]
  • 冷えないための生活習慣
  • 知らず知らずのうちに現代生活は冷えやすい環境になっています。冷えの自覚がなくても不調は実は冷えからくるものかもしれません。冷えを防ぐための生活習慣を取りいれましょう。 1.食べもので体を温める 2.白湯を飲む 3.外側から温める食べもので体を温める食べものにはからだの機能を促しを温めてくれるものと、機能を抑えて冷やすものがあります。薬膳の考え方には、食べものを陰陽の性質で「熱性」「温性」「平性」「涼性」「 [続きを読む]
  • 【断・捨・離】服を3分の1にする
  • 引越しを機会に服をクローゼット1つの納まるようにかたづけています。ハンガーにかかっている服が100着あまりありました。それだけで、隙間なく服がかかっていてクローゼット2つ分がいっぱい。そのため、持っている服がペタンコの状態です。若いころはアパレル会社で働いていたこともあり、服が好きなのです。次から次に増えるだけで、気に入って購入した服も一度も着ないままということもありました。思い切ってルールを決めて服 [続きを読む]
  • 【心の毒だし】モノを減らしてシンプルに暮らす
  • 20年間すんだ2階建て一軒家から、2LDKのテラスハウスへ引っ越すことになりました。離婚して、娘が結婚して犬との一人暮らしになった私には広すぎるのです。それに、この20年間たまりに溜まったモノにあふれた生活に疲れて、引越しを機会にすっきり暮らしたいという気持ちが強くなったから。でも、いざ手をつけると思い出や思い入れがあるモノたちとさよならするのは簡単なことではありませんでした。それで、わたしが目指す暮らし [続きを読む]
  • 手作り米ぬかカイロの作りかた
  • 市販で買った米ぬかのカイロの使い心地がよかったので、自分でも作ってみた。じんわりやさしい温かさが心地よく、家族や友だちの分も作って喜ばれた。使い捨てカイロのように長時間温かいわけではないが、家の中でちょっとした時間に、肩や首や目をあたためるときもちいい。木綿なので肌触りがよく、香りもほんのりぬかのにおいがして、じんわりやさしいぬくもりが伝わってくる。寒い季節にはもちろん、夏の冷房対策にあたためて使 [続きを読む]
  • 自転車の冷え対策に「すそバンド」が効く
  • 自転車に乗っていて気付いたことがあります。わたしは自転車通勤で、クロスバイクというチェーンカバーがついていない自転車に乗っています。広いすその長ズボンの時は汚れるのでチェーンのある右側だけに「すそバンド」をつけていました。「パンツクリップ」とも言いますが、わたしのはマジックテープになっていてズボンのすそに巻けるようになっています。寒い冬に自転車に乗ると、巻いている方の右足だけが温かく、巻いていない [続きを読む]
  • 【冷えとりファッション】ショートブーツでおしゃれに
  • 今年は前から欲しかったトリッペンのブーツを買いました。見た目はゆったりしていそうなシルエットですが、履いてみるととても足にフィットします。靴下の重ね履きをするので、ワンサイズ大きめにしました。おろしたてを旅行に履いていきましたが、どこも痛くならず歩きやすくて快適でした。靴底が本体と一体になっているような構造ですが、ショップに持っていけばちゃんと張り替えてもらえるそうです。そういうところは、ビルケン [続きを読む]
  • 【温活レシピ】シナモンで毛細血管力をあげる
  • 末端冷え症の人は、様々な原因により毛細血管力が低下していると考えられます。近頃よく耳にするいわゆる「毛細血管のゴースト化」です。毛細血管のゴースト化により、末端まで血流が届かず、肌荒れや内臓の機能低下による冷えにつながります。加齢や運動不足、食べ過ぎ、活性酸素などが原因とされていますが、改善することもできます。そこで注目されているのがTie2(タイツ―)と言われる酵素です。Tie2は血管を守り老化 [続きを読む]
  • ビルケンの『ロンドン』と『ボストン』
  • 冬の足元には、厚手のソックスや重ね履きにも大丈夫な靴がマストアイテム。今年は、ビルケンシュトックの『ロンドン』のブラックオイルレザーを買いました。ビルケンシュトックは、先が広く足が楽な上にメンテナンスをすれば長く履けるので多少高くてもエコだと思います。不思議とどんな靴下を持ってきてもおしゃれっぽく見えるところも好きです。靴にそれぞれ「ボストン」「アリゾナ」「ミラノ」など都市の名前がついていておもし [続きを読む]
  • 冬はやっぱりカシミア
  • カシミアの肌触りと軽さ、そして何よりその温かさは一度味わうと手放せません。カシミヤコートを着ると分かりますが、軽くて温かく「繊維の宝石」とも呼ばれているカシミヤは上質な素材で高価ですが、それなりの価値があります。冷え取りのシルクとあわせると最高ですね。 アールキュリアル Since1993さん(@artcurial)が投稿した写真 - 2016 11月 6 10:41午後 PST出典:https://www.instagram.com/artcurial/ ● カシミヤの特徴 [続きを読む]
  • 内臓の冷え性には『湯たんぽ』が効果的
  • 手足の冷えより気づきにくい「内臓の冷え性」に要注意。お腹や腰まわりを触ると冷たく感じませんか?わたしは冷えが進んで手足が火照っていたので、自分が冷え性だと気づきませんでした。でも、不調が続いて訪ねた病院の看護師さんに腰を触られたとき「ものすごく冷えている」と言われました。今思うと「内臓の冷え性」だったのですね。内臓の冷えによって免疫力が低下し、疲れが取れにくく風邪を引きやすかったのも、便秘や生理痛 [続きを読む]
  • 簡単!『足まくら』で冷えとむくみを解消
  • デスクワークで長い時間座ったままでいたり、運動不足で足がむくんで辛い時『足まくら』が効果的です。眠る前にしばらく足まくらをするだけで、足のむくみや疲れがとれてよく眠れます。わたしは、クッションを足首の下に入れて足まくらにしていますが、眠りにつくまでに30分ほどそうしているだけで随分ラクになります。 ● 足のむくみと冷えの原因  ● 足まくらの効果  ● 足まくらの方法 ● 足のむくみと冷えの原因からだを巡 [続きを読む]
  • 【温活スタイル】オシャレで温かい『かぐらやロール』
  • ● 自由に切って使えるウォーマー『かぐらやロール』Instagramで偶然見つけた写真で知った『かぐらやロール』。カラフルなニットのようなものをくるくると巻いたものがとてもかわいらしい。 soratokanさん(@soratokan)が投稿した写真 - 2015 10月 8 5:12午後 PDT出典:https://www.instagram.com/soratokan/なんだろうと思い調べてみると、80センチほどのニット生地が筒状になっていてもの。好きな長さに切ってレッグウ [続きを読む]
  • 【10月の温活】手編みのミトンで今年の冬はあったか手先
  • 毎年秋の気配を感じると編み物をしたくなります。もうすぐやってくる寒い冬に備えて今年は何を編もうかと考えるのも楽しい時間です。わたしは毎年靴下とミトンを編みます。小物だと早く完成しますし、新しい靴下やミトンができると寒いときもなんとなく気持ちがあがります。家の中では靴下は締め付けないウールの靴下が楽です。靴下の重ね履きのカバーソックスにもなり重宝します。手編みくつしたのすすめ足がむくんで仕方なかった [続きを読む]
  • 体のだるさ髪のパサつき抜け毛には『ヘム鉄』
  • からだを温める食事をしていたり、適度な運動をしているのになかなか冷えが改善せず、体のだるさや髪のパサつき、抜け毛などの症状がある人は鉄分が不足していることが原因かもしれません。女性は月経のたびに鉄分が失われていくため、鉄分の多い食品を摂取し補う必要があります。鉄分と冷え性の関係 ● 鉄分不足になるとどうなるの?  ● 効果的な鉄分の補い方は?  ● 「ヘム鉄」を含む食品 ● 鉄分不足になるとどうなるの? [続きを読む]
  • 「夏老け」を解消するスーパードリンク【ココナッツヨーグルト】
  • 9月6日のフジテレビの特番「腸を知って身体のお悩み解決SP」はダイエットや便秘の解消、長寿の秘訣などのキーポイントが腸内環境の改善によって解決する方法を紹介していました。その中でも私が気になったのは「夏老け」の話し。「夏老け」とは夏の終わりが一番肌が老けて見える季節で、その原因が夏の紫外線による活性酸素の影響と夏バテが原因だということでした。「夏老け」による乾燥・しみ・しわ・くすみ・たるみを放置し [続きを読む]
  • プチ不調は自律神経の乱れが原因
  • 「手足が冷える」「体がだるい」「肩こりがつらい」などのプチ不調は自律神経の乱れが原因のこともあります。夏は特に室内と室外の温度差に自律神経の働きがついていかず乱れがちです。「自律神経失調症」という病気があります。自律神経のバランスが崩れ、冷えがひどくなることで様々な不調がからだに現れます。病気にならないプチ不調のうちに自分で自律神経を鍛える習慣をつけて酢長を解消しましょう。   ● そもそも自律神経 [続きを読む]