へいほー さん プロフィール

  •  
へいほーさん: へろへろです隊〈2〉
ハンドル名へいほー さん
ブログタイトルへろへろです隊〈2〉
ブログURLhttp://heroherodesutai.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分に優しく!山に登ってみたり、ハンドルにしがみついてZ250で走ってみたり、孫に遊んでもらったり☆
自由文へろへろです隊〜へろへろです隊〈2〉突入です☆
決して無理しない山登り、ちんたらったら〜とZ250で走ったり、可愛い孫との隠れんぼが大好き(*´∀`*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/05/27 16:07

へいほー さんのブログ記事

  • シャクナゲの穴場、菅倉山
  • 石川県、菅倉山標高923m、我谷ダム〜県道153号線、古九谷大橋手前駐車場20台位(ウォシュレットトイレ有り)菅倉山登山口にも駐車場有20台位。4月30日:晴れ:今日の火燈山富士写ヶ岳は満員御礼でしょう。人ごみは苦手なのでシャクナゲの穴場菅倉山にお邪魔します☆3年ほど前でしょうか、この山は積雪期しか登れない山でしたが山中山岳会の方々が切り開いて下さり、年中楽しませて頂ける事になりました。有難いですよね。3 [続きを読む]
  • 富山県射水市、海王丸パーク
  • 4月23日:晴れ:海王丸の総帆展帆を観に行こうツー☆ここはバイク仲間のセローさんに連れて行って頂いたことがありますが、海王丸の総帆展帆はまだ観た事がありません☆DUCATIと共に走ります。オソロで新調したタイチのライディングパンツで颯爽と。。。のつもりが、やっぱ寒〜い★風が強くてライディングパンツの上にオーバーパンツも履かないと、鼻水ジュルジュルです(笑)うわ〜☆真っ白な帆が美しい〜!写真係りの夫は沢山撮 [続きを読む]
  • 新緑の岩籠山
  • 岩籠山(いわごもりやま)は、福井県敦賀市に所在する標高765.2mの山である。岩篭山とも表記される。北方は敦賀市街、東方は笙の川、西方は黒河川を挟んで野坂岳と対峙し、南方は 乗鞍岳に連なる。花崗岩質の山であり、山頂付近には「敦賀山野会」が命名した「インディアン平原」というなだらかな起伏のある平原があり、所々に花崗岩の巨石が露頭している。4月22日:重い雲、曇り:春のお花も綺麗ですが、何より新緑が大好き☆ [続きを読む]
  • カメラの腕を磨きに、西方ヶ岳〜栄螺ヶ岳
  • 西方ヶ岳(標高764.1m)は、若狭湾に沈み込むことでリアス式海岸を生み出し敦賀湾を形作っている敦賀半島のほぼ中ほどにあり、北の蠑螺ヶ岳 (標高685.6m)とともに半島の主稜を構成するここ最近、孫と遊んでばかりでお山に行けてない★カメラと中々仲良くなれなくて綺麗な写真が撮れない。春ですもの、春のお花はもう咲いていることでしょう。。。そろそろ上手に写真が撮りたい。。。4月16日:晴れ:春の霞:今日のテーマは、 [続きを読む]
  • ツーリングシーズン始まりました☆
  • 4月2日:晴れ:桜のシーズンです。やっとバイクシーズン到来です。ひゃっほ〜ぃ♪まだ少し寒いですが(いやいや、めっちゃ寒い)そろそろ乗りたいZ250、DUCATIと共に2017スタートです。小浜公園って、桜&海が見える展望所があるんだって〜。。。{春の小浜を走っちゃおうツー}です。のんびり時間出発で、まずは、道の駅若狭おばまでランチ、やっぱ寒い時はカレーうどん!今日は後悔するほど寒い(笑)ロケーション最高の場所に [続きを読む]
  • やった〜☆取立山から鉢伏山
  • 3月25日:この上ない晴れ:二週連続の取立山(標高1307m)から鉢伏山です。先週は激下り前までで敗退。。。一週間モヤモヤ(笑)キツくて敗退や時間オーバーで敗退なら諦めもつくってもんです。ただただ、怠け者で敗退しちゃったもんだから、すっきりしません★えい!再トライさせて下さい鉢伏山☆キャンプ場まで除雪してありますが通行止めなので、国道から歩きます。今日も自由な単独で〜す♪取立山山頂で今日はどら焼きを食べ [続きを読む]
  • 取立山から鉢伏山、途中敗退
  • 取立山は石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。冬期から早春の残雪時期にだけ使用できる谷峠より護摩堂峠を越えるルートと、大長山からのルートがある。今日は初の鉢伏山に挑戦☆3月18日:淡い青空:晴れ:お天気が安定した日は毎回満員御礼の取立山、国道から早朝出発です。7人の団体さんを抜かせて頂きトップを歩きます。団体さんは、こつぶり山から降りられるそうです。序盤はアイゼンで歩けますが、今朝 [続きを読む]
  • 銀杏峰部子山からの荒島岳
  • ずっと気になっていた、冬季限定の銀杏峰から部子山縦走、足に自信がないので夜明けとともにスタートすれば行けるかも。。。単独、気合充分!おっしゃ〜☆6時から登るぞ〜!あ。。。れれ?登山口まで除雪されていない。。。ここから歩くの〜?ポキン、心が折れた★今日の部子山はやめとけって事よね(笑)☆即気分を変えて荒島岳に向かいます☆お題に、{銀杏峰部子山からの荒島岳}って、三座したような言い方ですが、ちゃうちゃう [続きを読む]
  • 春がそこまで来ている医王山
  • 医王山は、石川県金沢市と富山県南砺市にまたがる標高939mの山塊である。白兀山、奥医王山及び前医王山などの山塊の総称で、最高点の奥医王山には一等三角点が設置されている。日本三百名山及び新・花の百名山に選定されている。3月4日:春の霞空:晴れ:そろそろ雪質も悪くなる頃、低山でも立山が拝めたらいいな〜♪で、単独医王山へ。ここより少し下に駐車場はありますが、医王の里キャンプ場手前の除雪されているギリギリに停 [続きを読む]
  • 厳しかった冬道傾斜の蓼科山☆
  • 蓼科山は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,531mの火山。円錐形の美しい山容から諏訪富士とも呼ばれる。山体は八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる。日本百名山のひとつ。2月25日:車中泊、26日:遠征登山に有難い晴れでございます。片道たった4K弱の百名山、楽に登れると勘違いしたまま来ました。初っ端から厳しい登りです。途中なだらかになり、この先はこのまま行けるんだ〜と信じ。。。あれ、また急?いえいえずずずい〜っ [続きを読む]
  • よく頑張りました!富士写ヶ岳
  • 富士写ヶ岳は、山中温泉の奥にあり、福井県側からは坂井市丸岡町の山竹田から山中温泉に向かう途中にある標高942mの山である。温泉街から見ると富士山に似ているのが山名の由来である。しかし富士山型になって見えるのは北東から北西方向にかけてであって、その他の方向から眺めるとかなり複雑な山容である。シャクナゲでも有名だが、積雪期も人気の山である。2月19日:天気予報に反して晴れ曇り☆人気のお山です、絶対誰か [続きを読む]
  • 少しの青空が嬉しい銀杏峰
  • 福井県大野市の市街から見ると、西南方面にひときわ高くそびえる銀杏峰、標高1441mの山。山名は中腹に銀鉱山があったことからの由来とされる。鉱山跡は登山口付近に標識と石垣跡が残る。山頂からは360度の大展望で、白山連峰をはじめ、能郷白山や姥ヶ岳などが美しい。 2月18日:曇り予報からのラッキー青空♪♪♪キャンプ場から、のんびりお一人様スタートです。8時ちょっと前のスタートでは雪が緩みかかっています。大好 [続きを読む]
  • 二月の荒島岳
  • 荒島岳は、福井県大野市にある標高1,523mの山である。別名大野富士。日本百名山に選定されている。白山と同様に泰澄が開山したと伝えられる。山頂には荒島神社があり、信仰の山とされてきた。山域は奥越高原県立自然公園区域に指定されている。2月4日:本日は晴天なり、本日は晴天なり:この時期に一度は行っておきたい荒島岳☆お一人様でございます。上の状況が分からないので、アイゼン、わかん、ピッケル今日はフル装備です。 [続きを読む]
  • かづこ、大倉岳に行く
  • 大倉岳は標高651mの石川県白山市と小松市の境に位置する山である。1/15にもお邪魔しましたが、天候悪化とタイムアウトで途中敗退。二日連続の山行ではありますが、今日の貴重な晴れに背中を押されレッツらゴ!1月29日:嬉しい晴れでございます☆15日は新雪一番乗りでしたが、あれから何人か入っているようで足跡があります。今日は我が家の人気者、雑種の座敷犬かづこ(積雪期限定山牝)も来ちゃいました。久々のお山 [続きを読む]
  • 恒例の安全な雪山、伊吹山〜☆
  • 伊吹山は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰(最高峰)標高1,377 mの山である。一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属し、滋賀県最高峰の山である。山域は琵琶湖国定公園に指定されている。1月28日:待ってました!の週末の晴れです☆週末しか遊べません、貴重な晴れです☆500円の呼び込み駐車場をスイスイ素通りさせて頂き、300円で停めさせて頂けるPに停めます [続きを読む]
  • 大倉岳、3分の2まで。。。
  • 大倉岳、石川県白山市と小松市の境に位置する山で、大倉岳高原スキー場や鳥越高原大日スキー場が広がる、標高651mの山である。かつては銅鉱山として栄え、煙害で緑が失われていた時代もあったが、現在はミズバショウ群生地があったり、アカマツやコナラの林に囲まれるなど、緑を取り戻している。 1月15日:(やっと)これぞ!冬!的なお天気です。今まで偶然にも好天候ばかり経験している夫に、「雪山のラッセル行くか〜? [続きを読む]
  • 初登りは野坂岳から☆
  • 野坂岳は福井県敦賀市に聳える山塊である。野坂山とも言う。敦賀市の最高峰であり「敦賀三山」(野坂岳、西方ヶ岳、岩籠山)の一つである。山頂には一等三角点が置かれ、標高は913mである1月7日:七草粥の日:めちゃんこ晴れです☆近場で雪を追い求めても、今年はいまいち。。。ならば頭を切り替えて、お山から海を観に行こう〜♪安全ないこいの森コースピストンです、初登りは久々の単独です。登山口付近は全く雪はありません、 [続きを読む]
  • 今年も宜しくお願い致します☆
  • 2017年、今年も平凡な年でありますように。。。1月3日、初登り!竜ヶ岳は、三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境にある標高1,099 mの山。鈴鹿山脈中部に位置し、鈴鹿セブンマウンテンに選定されている。樹氷の美しい今の時期、樹氷が羊の群れのように見える事で有名なお山です。7:30、P到着。。。小雨がパラパラパラパラ。。。昨日からてんくらの予報は変わらず{C}。。。天気は晴れで、やや風は強いが{C}ってどういう [続きを読む]
  • 登り納めは、綿向山
  • 綿向山は、滋賀県蒲生郡日野町北畑にある標高1,110 mの山である。鈴鹿国定公園内にあり、7世紀頃から山岳信仰の対象として崇拝されている。12月31日:滋賀県は晴れております☆積雪が少ない割に、樹氷が美しいお山です☆三合目からアイスバーン。五合目から今朝降りました!感の、乾いたふかふかの雪!(同じふかふかの雪でも、湿った雪の福井とは違う感触)七合目からは、キラッキラの樹氷♪樹氷♪樹氷♪七合目から先の夏道は [続きを読む]
  • 晴れるよ〜!大日ヶ岳行こうよ!
  • 大日ヶ岳は、白山国立公園内の両白山地南部に位置し、岐阜県高山市と郡上市にまたがる標高1,709 mの山である。12月25日:三連休最終日、晴れるよ!大日ヶ岳行こうよ!3コースありますが、毎度の水道山コースから登ります。ここから登るのは私達の車を入れて3台。他コースより少し距離が長いので人気がありません。陽のあたる所は霜も無く、落ち葉の上を歩きます、むっちゃ気持ちいいです♪やんわり雪が出てきます。一ぷく平 [続きを読む]
  • ラッキーな取立山
  • 取立山は石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークや奥越高原県立自然公園内にある。またまた新しいアイテムを仕入れた夫。確かにスマホ対応のグローブでも不自由だったスマホでの撮影。だけど億劫でもなかったんですけど。。。今日からこれが私の撮影の友に成りました(汗)国道に車を停め歩きます。四駆切り替え、更に超四駆切り替えもある車なん [続きを読む]
  • 一番乗りの銀杏峰
  • 大野のお山はそろそろ素敵な事になっている様子。。。んじゃ!行かなくっちゃ!福井県大野市の市街から見ると、西南方面にひときわ高くそびえる山、銀杏峰1441m。12月11日:晴れてたり曇りだったり。。。いつの間にかルールというかルーティンというか。。。決まりごと通り動きます(笑)行きの運転は私が。。。登山届けは夫が。。。帰りの運転は夫が。。。完全防備の変なおじさん。前回の鼻血ブー!で、鼻が冷たいとアカ [続きを読む]
  • ぶらり近場を走る。。。
  • 12月でこんなに暖かい日は、もう無いよね。。。12月4日:晴れ。。。てる内に、走ってこようっか〜。今日も、じっとしていると死んでしまうマグロが二人、バイクに跨ります(笑)前回のツーで、消雪パイプの点検できっちゃなくなったバイクを、キャンベリーで洗いピカピカにして越前海岸に向かいます。近場と言ったらワンパターンのコースです、昔親に言われたっけ。。。アホの一つ覚え(今思えば失礼な親です!)越前海岸は水 [続きを読む]
  • 福井県に住んでりゃ、絶対荒島岳でしょう〜
  • 12月3日:12月だ!っちゅうに、なんとまぁ素晴いいお天気!ここに行かなくて、どこに行く〜?360°の展望!荒島岳に向かいます。荒島岳は、福井県大野市にある標高1,523mの山である。別名大野富士。日本百名山に選定されている。白山と同様に泰澄が開山したと伝えられる。山頂には荒島神社があり、信仰の山とされてきた。勝原の駐車場に到着すると、夫の鼻からツーーーーーっと鼻血が!ボトボトボト。。。い?ー、今ここで [続きを読む]
  • ふれあいコンサート
  • 11月20日:曇り雨です、こんな日は。。。習い事仲間のお姉さま方と、プチコンサートを観に行きます☆{健康の森温泉:ふれあいコンサート:トーンチャイム〜こころ癒されて〜}トーンチャイム、私は聞いたことがない楽器でした。習っている楽器は違えど、何かを得ることが出来るはず!何かを感じに行きます☆こじんまりとした会場ですが。。。暖かみのある可愛らしい照明で、今日のコンサートにぴったりです。外は晩秋、柔らか [続きを読む]