愛梨 さん プロフィール

  •  
愛梨さん: 美しい娘に育てられたい
ハンドル名愛梨 さん
ブログタイトル美しい娘に育てられたい
ブログURLhttp://hikari22.blog22.mmm.me/
サイト紹介文ある男性との出会いから普通の男の子が女装子へと変わっていくブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/28 00:39

愛梨 さんのブログ記事

  • 幸せがいっぱい。
  • 1つ目のホテルで入ってソファーに腰掛けたかと思うと熱いキスをされました。抱擁力のある力強いキスです。その中にも優しさがいっぱいです。それが終わるとご主人様は鞄から一枚の紙をわたしに見せてくれました。見 [続きを読む]
  • 主人を待つ
  • でも家に一人でいる時色々、考えました。正直、フェ◯とかしてむしゃぶりつきたいんです。愛梨本当にやらしいと思います。これって悪いことなのでしょうか?やっぱりあういう経験をした以上身体が覚えてしまっていま [続きを読む]
  • ゆうみさんかっこいい
  • 一番恥ずかしかったのが、地味のようですが白い大きめなTシャツを着せられます。その大きさは愛梨の膝上5cmのところくらいのものです。何が恥ずかしいと言えば、上も下も下着のみで、上はブラのみでも全く問題ないの [続きを読む]
  • 底なし沼
  • ゆうみさんには本当に心も身体も溺れてしまっています。わたしを感じさせようと思ってバイブやペニ◯バンドまで用意してもらって本当に感激です。後から聞いたのですが、ネットとかで購入したのではなく梅田でHグッズ [続きを読む]
  • レズの快楽
  • ヴ◯ギナはバイブでそして、指はクリを刺激してきます。「愛梨気持ちいいでしょ。ほんと、こんなに悶えてやらしい。」など、ゆうみさんから言葉攻めされます。それがまたたまらないくらい興奮します。「愛梨、もっと [続きを読む]
  • 極太バイブ
  • あとから考えてもはじめてなのに落ち着いているのが信じられません。でも、その落ち着きはゆうみさんの自信の賜物に他なりません。その後、また、びっくりさせられたのがバイブです。「愛梨見て。嬉しい?」と見せら [続きを読む]
  • 驚愕
  • この後、ベッドのある部屋にいき、ゆうみさんからたっぷりと愛撫され感じさせられ、愛梨もゆうみさんの大切な部分を指や舌で感じてもらっていて、ここまでは今までと変わらなかったのですが、あまりにびっくりするこ [続きを読む]
  • 趣向が変わる
  • ゆうみさんは「とてもきれいよ。」とも言ってくれますが「愛梨、ほんとエロい。」とも言ってきます。恥ずかしすぎます。そうやってゆうみさんは本当に嬉しそうなんです。そんな事言いながら愛梨の乳首に優しく触れた [続きを読む]
  • 許可を取る
  • ゆうみさんの希望はとにかくわたしのすべてを知りたいとのことです。それから次に会うまでに多くの中から3回分選んで渡しました。ゆうみさんと一緒に見るのは恥ずかしかったし、やはり怖かったので帰り際に渡しまし [続きを読む]
  • 不安
  • それから1ヶ月くらいたったころ、ゆうみさんから驚きな事言われました。それは先に書いたご主人様との動画を見たいとのことです。「是非、見たい。」と言われたのですが、さすがにこれには躊躇しました。やっぱり、 [続きを読む]
  • 合コン
  • でも多くの男性はゆうみさんとお付き合いしたいと考えているはずです。ゆうみさんとは色んなところにも遊びにいきましたね。映画やショッピングなんかは当たり前のこと海水浴なんかもいきました。色んな男性に声かけ [続きを読む]
  • ゆうみさんの癒し
  • ゆうみさんと同じベットで寝れて幸せです。寝る前も熱いキスを頂きました。ゆうみさんとはこんな感じでレズの付き合いが始まりました。お付き合いも数ヵ月、何度ゆうみさんに抱かれたかもわからなくなっていた頃ゆう [続きを読む]
  • 2人でいっちゃう。
  • もちろん、ゆうみさんの喘ぎ声の大きさもただならぬ大きさです。腰を動かしながらも時おり、愛梨のおっぱいの愛撫もしてくれます。もうたまらないのです。ゆっくりした動きから次第に速くなったり。浅く腰を入れたり [続きを読む]
  • 食べられる
  • そのまま、ゆうみさんからキスをいただいたのですが舌が激しくまとわりつくエロ、そのままです。その後、ゆうみさんがおもむろに顔を上げたかと思えば、またクリに温かさがあり、あまりの気持ち良さが前進に走ります [続きを読む]
  • 快感
  • そんな矢先にまた、クリが温かくなってくるのです。ゆうみさんが舌で刺激してきたかと思えば、お口に前部含んでしまうのです。もちろん、その間も美巨乳の刺激は続いています。もう愛梨は何もわからなくなっていて、 [続きを読む]
  • 挟み込まれる
  • 指や舌、そして乳首を使っての愛撫は本当になんともいえないです。愛梨のクリもそのようにしてくれます。指で何度も刺激をあたえられていて、もうそこは、濡れ濡れです。そしてそこは温かく感じています。ゆうみさん [続きを読む]
  • 2人の卑猥な声
  • それにも、更に興奮してか愛梨の舌の動きも、自ずと早くなります。はじめは外から中へと指と同じようにしていたのですが、ゆうみさんの感じ方があまりにも普通でないので、いつの間にか自分でもびっくりするくらい何 [続きを読む]
  • おいしい。
  • もちろん、愛梨の片方の手はクリを刺激しています。中の指の腹を次は上に向けます。同じようにはじめはソフトに、そして激しく指を動かしていると、ゆうみさんのただならぬ声と中でぴちゃぴちゃという音、それとわた [続きを読む]
  • どう慰めていたの?
  • 「愛梨って、わたしと会うまでセックスはどうしていたの?身体とか火照ったりしなかったの?」さすがにわたしもこのことには、どうしようと一瞬思いましたが答えられる範囲で答えることにしました。恥ずかしいけど今 [続きを読む]
  • 全てが美しい。
  • しばらく、そのように愛撫をしていきます。それから、上の被っているところを優しく、そっとむきます。ゆうみさんのクリが出てきました。こちらも恐ろしいくらい美しいのです。よく、真珠で例えられますが、まさにそ [続きを読む]
  • 開く。大人の香り
  • それをゆうみさんが見ると、さらに興奮した卑猥な顔になり、ローションのように唾液たっぷりのおっぱいを愛梨の胸へとふれてきます。豊満なおっぱいの愛撫がたまらないのです。柔らかくてボリュームもあって、それで [続きを読む]
  • 美巨乳を舐める
  • 今までもそれなりに声は出ていたのですが、女性同士ということもあるのかもしれませんが、何のためらいもなく声も大きくなります。ゆうみさんがしてくれる刺激に比例して、それは大きくなります。前と首筋から背中へ [続きを読む]
  • ゆうみさんの裸体
  • すこしして「いいころかな。」とゆうみさんは風呂晩に湯加減を見に行き、すぐ戻ってきました。「愛梨、沸けてるから入りましょ。わたしも脱ぐね。」と言いました。わたしは頷くだけです。そうするとゆうみさんはゆっ [続きを読む]