テラヤマアニ さん プロフィール

  •  
テラヤマアニさん: ANAとマイルのパパじゃない
ハンドル名テラヤマアニ さん
ブログタイトルANAとマイルのパパじゃない
ブログURLhttp://kowagari.hateblo.jp/
サイト紹介文2016年の1年間で208万マイル貯めたANA陸マイラーです。SFC、JGC持ちの紫ダイヤ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/05/28 17:55

テラヤマアニ さんのブログ記事

  • 【朗報】ついにANAホノルル線が羽田も成田も全便フルフラットに!
  • ANAホノルル線のフルフラットウォッチャーとして長らく活動してきました当ブログも、ついにその役目を終えるときが訪れました。2016年10月30日から、既に羽田−ホノルル線においてはフルフラット機材B787-9が使用されていましたが、このたび、2017年6月1日から、成田−ホノルル線2便のうち1便、続いて9月1日から残りの1便においてもフルフラット機材B787-9が使用されることになりました。これにより、ANAのホノルル線は、成田1 [続きを読む]
  • 2017年JAL初日の出・初富士フライトに乗ってきた!
  • 新年明けましておめでとうございます。修行僧たるもの、一日たりとも休む暇などありません。日々是修行。というわけで、新年早々一発目のフライトに行ってきました。初日の出フライトです。今回は写真たっぷりでお届けします。初日の出フライトとは毎年恒例となっている初日の出フライトは、元旦の日の出前に出発し、初日の出を見て、初富士を見て、出発空港に戻ってくるというものです。ANAとJAL、それにバニラエアなんかも [続きを読む]
  • 飛行機に乗る服がない! 飛行機のドレスコードについて考えた
  • 「服を買いに行く服がない!」でお馴染みテラヤマです。飛行機に乗るときの服装って、悩みませんか? 私は悩んでます。航空会社にはドレスコードがあるだの、ないだの。好きな服装で乗ればいいよと言う人もいれば、TPOを考えてちゃんとした格好しなさいという人もいます。もう一体どうしたら!今回は飛行機、とりわけビジネスクラス搭乗時の、男性のドレスコードについて、気楽なコラムを書いてみたいと思います。きっかけは [続きを読む]
  • 知らないと損! ANA国内線特典航空券の見落としがちな重要ルール
  • ANA国内線特典航空券は、国際線に比べればかなり取りやすくなっています。とはいえ、特典開放枠には限りがあることも事実。そのため、座席確保のためにはちょっとした裏ワザを使うことも要求されます。上記の記事では、「14泊15日からの日付変更」という裏ワザを使って、正攻法よりも確実にANA国内線特典航空券を取得する方法を解説しました。今回は、知ってる人は知っている、便の変更ルールについての解説です。国内線特典 [続きを読む]
  • ANA国内線プレミアムクラスのメリットと当日アップグレードの方法
  • 最終更新日:2011年1月17日飛行機の座席は狭くてつらい。隣の席に気を遣う。リクライニングでも後ろに気を遣う。トイレはいつも誰かが入ってる。CAさんは忙しそうだし、喉が渇いてもなかなか気軽にお水を頼むこともできない。それが飛行機のイメージってものですよね。でもそれは、座席が「普通席」だからです。ちょっと奮発して、ANA国内線プレミアムクラスに乗ってみませんか? 飛行機のイメージがガラリと変わりますよ。 [続きを読む]
  • 陸マイラー必携 死蔵用最強のANA TOP&ClubQマスターカードのポイント案件
  • カード年会費たったの751円(税別)で毎年1,000マイルを自動発生させることができる、死蔵用最強のANA Suicaカード/ANA TOP&ClubQ PASMOマスターカード。当ブログでも何度もおすすめしている、この2つのANAマイラー必携カードをまだ発行していない方に朗報です。今回この2種類のうち、いずれかを発行すると、ちょびリッチから6,500ポイント(3,250円相当)がもらえます。死蔵用カードとして毎年1,000マイルをもらうのはもち [続きを読む]
  • 2017年ANA SFC修行を計画している人におすすめの修行ブログ
  • 2017年SFC修行を計画中の皆さんにとって、11月は特別な時期と言えるかもしれません。優雅で楽チンな修行に欠かせない国内線プレミアムクラスは、2ヶ月前から予約が可能となっています。つまり、2017年1月のプレミアムクラスは、2016年11月から予約が開始するわけです。1月〜3月は修行に最適な時期となります。まず主要路線である那覇線の運賃が安い。シーズンオフですからね。そして、3月までに一気に修行を終わらせてしまえば [続きを読む]