ITOTOHARI さん プロフィール

  •  
ITOTOHARIさん: utena music field(おとをみる かたちをきく)
ハンドル名ITOTOHARI さん
ブログタイトルutena music field(おとをみる かたちをきく)
ブログURLhttp://utenamuse.mimoza.jp/
サイト紹介文ピアノ教室のこと。おとをみる、かたちをきく ことについて。シンプルな生き方について。そしてにわにっき
自由文「音楽を描く」ワークショプを開催。立ち上がれ!零細音楽教室の会。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/05/28 22:04

ITOTOHARI さんのブログ記事

  • 夏至の頃の庭
  • 今年は一昨日、6月21日が夏至だったそうです。 一年のうちで一番日が沈むのが遅い、というこの時期。 地球は365日で一呼吸。 想像もつかない長い楽曲のほんの一小節が一年と換算できるかもしれません。 一小節の中に春・夏・... [続きを読む]
  • 視覚と言葉のエッジ
  • 私の感覚の中に深く残っているあの、暗闇の中(ダイヤログ・イン・ザ・ダーク)・・いや、自分の感じ取った新しい世界では、もっと物と物の間はなめらかにつながっているかのように思えた。 そして、人の声と手は暖かく、いつも漠然と感... [続きを読む]
  • あじさいの頃の庭
  • ひかりをはらむ。空気をはらむ。 あじさいってゆるい感じが良いのかも。 6月。芒種を少し過ぎた頃。田植えはどこも終わっていて、あじさいがこれから見頃。庭の花は、やたらと背丈が伸びるものがぐんぐん成長しているところ。 春に咲... [続きを読む]
  • ビルマの竪琴
  • 今から思えば、ビルマの竪琴は、初めてふれたファンタジーだった。 ビルマ(ミャンマー)は私の祖父が戦死したとされているところで、多分、それで この本が家にあったのだろうと思う。私も祖父の話はよく聞かされていた... [続きを読む]
  • 6月初旬の庭
  • 人っていうのは 大枠において、どこか無意識において、 本当はいろんなことが分かっているんだと思う。 その声をきこうとしないのは、 聞けない自分てのは、なんなんだろうね。 だけど、そのそこが自分でもあるし。 さて、上のはサ... [続きを読む]
  • 音楽は人の似姿
  • 音楽ってなんだろう? という問いがずーっと心の奥から消えないで、なんでこんなにそんなことばっかり考えるのか自分でもさっぱりわからないんだけれども、もうどこか自分の一部のように思えてきている今日このごろ。 やっと、腑に落ち... [続きを読む]
  • 音に触れる
  • ”耳を使っておとをきく” ということの中に、まじりこむ何%かの他の感覚。 どのくらい、人はそれを感じているものなのだろうか。 おとをききながら、 同時に音を見てもいるし、音に触れてもいる。 聴覚、という一つの感覚器官を通... [続きを読む]
  • 我を待っていたか、薔薇の散り際
  • トップの写真、何やらレトロな写りになったのは、多分カメラの設定だが、なにをやったかわからない。 昨日、夕方、東京から帰ってきた。薔薇はきっともうちってしまっているだろうと思いながら、自家用車で庭に突っ込んでいくと、薄暗が... [続きを読む]
  • 小満の頃の庭
  • ツバメの子たち。ツバメは玄関先の電灯の上で毎年子育て。 日向のあやめはもう咲き切って終わり。 バイカウツギは花が終わると毎年アブラムシの大群に襲われます。昨日、思い切り切り詰めて、切った枝についていたアブラムシは水の噴射... [続きを読む]
  • 5月の庭は歌い茂り
  • ニシキウツギは手に余すほど大きくなり・・ 二十四節気でいうところの小満は、調べてみると今年は5/21からということ。小満とは万物も草木も生い茂る・・ということを意味するのだとか。小満が間近になり、庭は繁茂しまくり、剪定バ... [続きを読む]
  • 立夏の庭/2017
  • 庭は 日に日に緑色濃くなってきた。 4月までの庭仕事の成果が 実ってきて、 適材適所で 葉っぱが茂り、花が咲いてきてるのがうれしい。 日光のあたり具合を読み、 風のとおりを読み、 植物の背の高さや根のはり具合や 花の色や... [続きを読む]
  • 多動の少年と描く
  • その男の子は初めて、視覚と聴覚とタッチとをクリアに一つにして、深い呼吸の中で、ゆっくりと演奏をしとげたのだった・・・ とにかく、小さいときから動き回る子だった。 今までであった子達の動き回り方のパターンは2種類あって、一... [続きを読む]
  • 一週間の庭日記
  • この季節、庭に出ると毎日のように初咲きの花に出会います。 そして、庭でぼーっと過ごすのが今一番の至福。 上の写真はギボウシ(ホスタ)八重のコデマリ メギ ビバーナム・スノーボール 水鉢に咲いた花・・水草の白い花って花びら... [続きを読む]
  • 年表 (おぼえがき)
  • 誰が誰の前に生まれたとか、どんな流行の中でその作曲家がいたかとか、そういうことを覚え書き程度でよいから年表が必要と思いました。あくまで自分のおぼえがきなので、いま(自分にとって)必要なものだけ書いています。ただ、記事との... [続きを読む]