故郷はトイ・ボックス さん プロフィール

  •  
故郷はトイ・ボックスさん: 故郷はトイ・ボックス
ハンドル名故郷はトイ・ボックス さん
ブログタイトル故郷はトイ・ボックス
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/2d-toybox
サイト紹介文♫やっとこやっとこ かきだした♫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/05/28 23:16

故郷はトイ・ボックス さんのブログ記事

  • 反応
  • 久しぶりに、昨日から今日にかけてウツがやってきました。夕方になって、少し持ち直した気がします。でも、このこんなのしか書けませんさて、私の鬱は回復しているでしょうか? [続きを読む]
  • けなげ
  • 私の頭の中のキャラクターたちも、幾つかのまとまったお話も、ずっと待っています。画く技量が追いつかず、技量は画かないと身につかない。まずは早起き。 [続きを読む]
  • もうちょっとしたらね
  • ちょきちゃんはきちょちゃんと似ていますがきちょちゃんはちょきちゃんじゃないのです。ちょきちゃんはやる気ですが、きちょちゃんがきっと足を引っ張ることでしょうきっとそうなることでしょうがそれが日課であり日常なのです [続きを読む]
  • まじ、わかんないんっす
  • 具体的心配事項例の飛翔物が、うちの方に来たら怖いからJアラートとは、いかにして聞くとかすればいいのか調べてみたら、危険度の手順だけしかわからない。前の時はテレビで出てたって、人が言っていたけど地震の時の警報みたいに、お寝坊さんでも情報が得られなきゃ困るなぁでも、そもそも地震速報も鳴らなくなってる。うちは区の境で、5時の時報でさえ聞こえたり聞こえなくなったりする。うちのあたりで丈夫な建物は、近くの女学 [続きを読む]
  • 町角セッション
  • シロートさんの映像がよくテレビに出るよほど社会敵に希少で重要じゃない限り、私としてはあまり気持ちがいいものではない。機内で歌手が歌ってくれても、有名人が弟子筋の子にビンタしても、それは社会的に共有するべき事柄だとは思わないむしろ、口伝えに、噂として楽しむべきではないのかネット世界になったからといって、街角や教室での話はそれとして大切なものではないのかなぁ。テレビで大騒ぎしていたことと同等かそれ以上 [続きを読む]
  • しばり付けてしがみ付く
  • 遊んでないと、早うせい!と、ちょきちゃんにギプスをはめられた呑気なきちょちゃんです。何かしら毎日画いて、テンションを保っているのですが、画き飛ばしていると、それにかまけて、作品をまとめられなくなる。一方、作品をまとめに画かれない時には、ブログでも上げないとテンションが保てない幾度も本格稼働を試みているのだが、今度こそしっからやろうと、1コマのコンペ情報を集めてノルマと課す。提出は余裕をもちましょう [続きを読む]
  • 終わらせない夏
  • 夏が終わってしまう、終わらないでほしい、この夏が…。自分を偽り続けたい。だが、秋の気配は容赦なく訪れる。よい子の皆様、宿題は終わりそうですか? [続きを読む]
  • 足がなかったんです
  • ありがちな「そこかい!?」UFOのを画いていて思いついたこういう切り返しをして、せっかくの会話の流れを妨げるイヤナ奴。 [続きを読む]
  • 空飛ぶモグラが確認されました
  • シンレイ好きの従姉が、それはUFOだとコーフンしていた。なんでもUFOとかシンレー現象とかで片づけるのは、思考とガクシューの放棄だと思うが、UFOというのは未確認飛行物体という意味らしいので、それでいいのかもしれない。夏も終わりに近づくと、判断能力を失ってしまったセミがドカンと窓ガラスにぶつかってくる。カナブンだったらコツンという音だ。ほとんどの場合、音しか聞いていないので、あれもUFOといえるかもしれない。 [続きを読む]
  • 教訓
  • たいへんタメになる昔話の感想文を書かなければならない男の子背中の31は夏休みの終わりの象徴的数字。実は、この子の2学期の始まりは28日だと。もちろん、残っているのは読書感想文だけではない。妹の方は1時間おきに宿題のことを思い出すのだが、お兄ちゃんの影響でスイッチが入らない。あとでやるあしたやるご飯食べたらネコと遊んでからゲームしてからにしようんで、ドン詰まりまでやらないもしくは間に合わないこういう風に、 [続きを読む]
  • 覚書まで
  • 小父さんを画こうとしたら、あまりに輪郭が似ているので、ともちゃんちの隣の電気屋さんにしてみました。奥さんは優しいいい方で、おじさんは癖のある人だったらしいのですが、ともちゃんには優しかったです。たぶん、子供が好きだったんだと思います。エピソードは、いつかちゃんとともちゃんのお話をまとめる時まで頭の中にしまっておきます。ナショナル坊やとシチズンちゃんが、どうもゴッチャになっています。 [続きを読む]
  • 異空間への出入り口
  • これは昭和40年代のお話になりますがともちゃんはマンガの学校へ行かせてもらいました。お父さんがのらくろ好きだったので、二つ返事でOKが出て、毎週漫画家さんに会えるという、夢のような出来事が1年続きました。今ではもう、それがこの世のものである事はわかってきたのですがそれでもワクワクするともちゃんなのでした。 [続きを読む]
  • 台所事情
  • 久々の明智探偵事務所事件の依頼もなく、平和な日々です。このベタベタ60年代の画風が私のスタンダードです。朝の15分マンガ、短時間ではなかなか難しく、挫折いたしました。まいど申し訳ございません [続きを読む]
  • こっちだって大変だよ
  • 8月の記録的な降水日どうも、背景を入れると15分では画けないこれでは、肝心な作業に影響が出る。気をつけよう [続きを読む]
  • ひとコマ、夏の
  • これだけ(^^;)。ギャグなし。ちょっと落書きのつもりが懐かしくて、ついどんどん画いて行ってしまいましたもっと色々書き込んで仕上げてゆきたかったのですがここまで。 [続きを読む]