おかん さん プロフィール

  •  
おかんさん: 夜明けのガングリオン
ハンドル名おかん さん
ブログタイトル夜明けのガングリオン
ブログURLhttp://gangurion.blog.jp/
サイト紹介文日々の想いを少々辛口で吐き出して明日もスッキリ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/29 09:27

おかん さんのブログ記事

  • いたれりつくせり
  • ケアマネの仕事柄・・・介護保険制度の矛盾を感じることが多い。まず・・・介護保険、は保険なのだから、保険料を払っているから、その恩恵を誰でも受けれるわけではない。保険が適用される条件が必要だし、保険である以上、審査や規則もある。好き勝手には使えないのだ。そ... [続きを読む]
  • 106万〜…とか
  • 10月から一定の条件下のパート従業員も、保険加入ですね〜まあ、仕方ないといえば仕方ですよね。これだけ社会保障費が嵩んでるんですから・・・・・とはいえ、一番お金のかかる、子育て世代に負担がのしかかるのも事実。アベノミクス。私は反対でも賛成でもないけど・・・... [続きを読む]
  • 窮状察します
  • 熊本のニュースを見るたびに心が痛い。ブログでいの一番に、お悔やみを述べるなんて・・・・偽善者ぽい。と自分に言い聞かせてみながら・・・・22年前、阪神大震災に遭った、自分としては、あのころの恐怖や蘇ります。阪神淡路大震災は・・・・当初、兵庫県南部地震という名称であった。途中で阪神大震災に変わった。でも・・・・やはり兵庫家県南部地震なのだ。阪神とは、大阪神戸を指す。大阪も揺れたけど、震災直後、大阪の都 [続きを読む]
  • 息子の進路
  • 息子の進路。お金のこともあるので、息子のしたいようにしてよい!とはいえない。家計や、下の妹だって、いつかは進学する。それらをくるめて考えねばならない。県外に進学したい!と言っても、仕送りのこともある。とりあず、大学を目指す方向だ。うちの夫は、有名大学を出たわけではなく、ふらふらと転職を繰り返す、甲斐性なしである。だからこそ、息子は大学に行かせたい!しかし・・・・いくら公立だとしても、4年間でお金は [続きを読む]
  • 快適にはお金がかかる。
  • 贅沢とまではいかないけど、快適をもとめるとお金がかかる。高価なものがほいいわけではない。王様のような便利さと、快適を求めているわけではない。普通に快適に過ごす(今の日本で)という日常を維持するだけでも、(我が家には)お金がかかる。家も広くなくていいし、毎日豪華な食事でなくてもいい。服だってしまむらでいい。トイレットペーパーはシングル、再生紙でもいい。こだわりの味噌醤油じゃなくてもいい。化粧品は、ち [続きを読む]
  • ケチと節約
  • どっちかというとケチかな〜でも、理由はある。金持ちではない。小金持ちでもない。ワーキングプアだと思う。自然とケチ・・・・・というか、財布のひもがきつくなるのは道理。だからといって、ケチと思われるのは心外。ない袖は振れないではないか。どんぶり勘定。家計簿なんてださいものはつけてない。とは怖くてできない。自分が何にどれだけ使って、おおよその予算をたてて、消費と貯金を常に考えている。のだ。節約?と言われ [続きを読む]
  • 不労所得者
  • いい響き。昔でいえば、貴族や、地主さんてとこかな?でも現代でも、働かずして、大金持ち。は存在する。真に優雅に暮らす人、ハイソでセレブというのは、このような人達のことなのであろう。今でこそ、医者や弁護士は金持ち〜の代名詞(?今はそういいきれない?)と言われる。少なくとも低所得者ではない。しかし。。。本来、医者などは、どうあがいたって、労働者階級であった。昔の貴族などは、働くことは卑しい、下々のするこ [続きを読む]
  • 生活保護について
  • 生保でパチンコ報道が渦巻く。ケアマネという仕事か柄、私は生活保護の人を担当することは多い。地域にもよるけど・・・・私の職場が管轄するエリアは、まあまあ保護者が多い。事情により65歳以下の保護者も多い。生保者の全員とは言わないが、やはり、なるべくして生保者になったであろう。人は必ず要る。人間的にはみな(私が知る限り)悪い人ではないのだ。なんというか・・・・・潔癖症や吝嗇家が、神経質ぽいように・・・・ [続きを読む]
  • オムツのこと
  • 子供が3歳くらいの小さかったころ、よく他人さまに言われたこと「オムツはとれたの?」ほっといてほしかった。3歳というと世間ではトイレトレーニングの一つの節目なのだ。そんなことは、母親なら承知の上。ま、相手は「おっぱい育児?」「2人目はまだ?」くらいの、挨拶変わりなのだ・・・・ただ、そういう人は、まず年配者が多かった。昔はオムツが(おしめ?)外れる時期も早かったのだろう。しかし・・・・・オムツのとれる [続きを読む]
  • 正論野郎
  • 先日仕事で・・・・私はケアマネです。滅多にないが、クライアントの主治医と話すことがある。というのも・・・・お互い忙しい仕事なので、接点はないのだが。。。建前では、利用者のために連携をもつことを原則とされている。しかし・・・・・忙しい医師が、一患者のために... [続きを読む]
  • 話しかけられる
  • どちらかというと人付き合いが苦手。おしゃべりは好きだけど、誰とでも仲良くなれるタイプではない。でも・・・・そんな私ですが、深く付き合わない場合は別。わりと人に話しかけたりもするのです(大阪のおばちゃん?)だからなのか・・・・全くの知らない人に話しかけられることが多い。町中などで、話しかけられやすいのである。道を聞かれたり、何か尋ねられたり・・・・隣り合った人から気軽に話しかけられたり。たぶん・・・ [続きを読む]
  • ゲスですが何か?
  • 前々から言っているが、世の中で一番偉いのは働く母である。ひがみが根源にあるが、恵まれた専業主婦のことは、腹の中では見下しているのである。本当は、こっちが見下されているのだろうが、あえて見下している。うらやましいのだけど・・・・そうしないと、やってられないのだ。とにかく・・・・生活のために働く母は・・・・お百姓さんの次くらいに偉いのである。私は常々・・・偉い仕事は何か?と考えるとき、古代や、災害時な [続きを読む]
  • 未婚の母
  • 余計なお世話だが・・・・職場にも友達の中にも独身。または子供のいない人がいる。だからといって、ここで私がああだこうだ。は言わない。それなりの理由があり、また私にしたって、それなりの理由や過程があり、今に至るわけだ。こうなりたい!と計画どおりに人生を操舵できる人など、一握りのラッキーな人だけだろう。私は結婚して子供を産んだけど・・・・ほぼなりゆき。今は、髪振り乱して生活しており、それが本当によいかど [続きを読む]
  • 割り切って働く
  • ケアマネの仕事・・・介護や医療関係の仕事をしてる人が受ける誤解がある。こういう仕事をしている人は、奉仕の精神が強いのではないか?ということ。他の人は知らないが、私はそうではない。給料をもらうために働いているのであって、それい以上でも以下でもない。そんなことはあたりまえのことんなんだが・・・・誤解を受けやすい。本来の仕事以上を求められ、サービスが悪い、対応が悪い。制度が悪い。と言われる。ケアマネは、 [続きを読む]
  • 絶対評価で生きる
  • 絶対評価と相対評価がある。絶対評価でいえば、私は不幸ではない。特に大きな病気をしているわけでもなく、ひもじくも、寒くも、痛くもない。ミニマ二ストであり、物欲も年々減って来た。年相応に、色気も食い気も、がつがつしていない。とくに色気は昔からなかったか(;´・ω・)花より団子でした。それも・・・胃腸が年相応なので、食べ過ぎることもなく。そう考えれば、あくせく働く必要などなく、現状維持を目指せばいいのだ。私 [続きを読む]
  • 軽減税率くそくらえ
  • 我が家は稼ぎが低い。でもなんとかやりくりして、家族4人生きています。無駄なところ、自分にとって必要ないものにはお金を使っていません。また我慢もしています。私はいまだにガラケーだし、高校息子は、iPodtouch で我慢させてます。仕事に必要な車は、こぎたない軽です。軽でキャンプも行きます。車中泊もします。夜逃げにも見えるが・・・・・(´;ω;`娘には、兄のおさがりを極力使わせ・・・・(スキーセット北国だから、 [続きを読む]
  • まんじゅうこわい
  • 先日の続き・・・・仕事の愚痴ですが。サ高住は原則、本人や家族が探すことになっている。サ高住や有料老人ホームは民間のものなので、いわば、賃貸物件を探すことに似ている。だから、自分で探すのが一番いいわけだ。でも・・・・よくわからない場合は、高齢者住宅を専門に紹介するNPOや民間事業所がある。不動産屋みたいなもの。そういうところにいって、条件のあうところを探すのが一番いいのだ。だから、そういう事業所をケア [続きを読む]
  • くれない族
  • 昔の流行語ですな。「○○してくれない」他人に依存する人間の口癖。はっきしいうと私の仕事は介護保険のケアマージャーだ。保険外交員みたいな仕事に、加えて・・・・各種相談をよせられる。十人十色のクライアントがいるのだが・・・・厄介なのは、クレーマーはもちろんのこと、この、くれない族なる依存型の人。かわいらしく、ソフトな要求ならまだかわせるが・・・単刀直入なのは困る。ヘルパーはお手伝いでも、何でも屋ではな [続きを読む]
  • 劣化
  • 40歳を超えたあたりから、重力に逆らえないことがわかったてきた。ほうれい線が目立ち始めた。要するに老化。もう若い女じゃないということ。当たり前だ。いつまでも若かったら、魔女だ。美じゃなくて、私の場合、やまんまばか?うちの母世代の30代なんて、もう「おばさん」だった。今の人は若い(若作りして、無理に若くしてる)髪は明るく染めて、服装もカジュアル。ネイルもしていて、おかんではない。割烹着着て、ぬかみそ混 [続きを読む]
  • ガラケーの贖罪?
  • ガラケーだ。iPhoneに変えないのは、買えない・・・・というわけでもない。今は必要ないから。メールとちょっと通話できるればそれでいいと思っているので、全然困らない。ものすごく余裕があれば、必要はないけど、変えてもいいかもしれない。けど、ものすごく余裕もないので、今あるもので間に合わせている。iPhoneに払う料金があれば、その他のことに使う方が、私にとっては有意義だから。ひとそれぞれ価値観はある。何かを削っ [続きを読む]
  • 毒親の罪
  • 夫だけの収入で家計が潤う2昔以上前の時代ならいざしらず・・・・今は妻も働かねばならない。とは先日つぶやいた。妻は仕事+育児家事がもれなくついてまわる。さらにいえば、めんどくさい姻戚関係までも。夫が妻の実家をきにかける以上に、妻は夫の実家を気にする。とそれはさておき・・・・最近毒親という言葉をよく聞く。有名人が毒親を暴露する本やコミックエッセイを読んでみたが・・・・まあひどい。あそこまでひどいと、親 [続きを読む]
  • いつまで働らかねばならぬ?
  • ワーキングマザーの終わることのない、無限ループ?まあよく聞く話です。毎日、家事、育児、仕事に追われ・・・・お弁当づくりに、送迎、スーパーに寄って・・・夜中にアイロン台をあて・・・・家の中はホコリがつもり。いつまでたっても干せない布団。新聞やチラシもまとめられない。一息つく暇もない日常。働けど働けど我が暮らし楽にならざり。一体いつまでこんな毎日が続くの?とはよく聞く悲鳴。悲痛。私も思う。別に億万長者 [続きを読む]
  • 働く厳しさ
  • 久しぶりの更新。仕事でやなことがあって、心身ともに疲弊していた。しかし・・・・10代や20代の小娘ではない。何より生活かかってるババアは、ちょっとやそっとじゃやめるもんか。ここやめて、次の仕事探す気苦労を思えば、まだ頑張れる。今ならわかる。仕事とは・・・・お金を稼ぐとは、生活のために働くとは・・・学生のアルバイトとは雲泥の差。覚悟が違う。自分が学生の頃のバイトは、稼いだ分はぜ〜んぶ自分のもの。20歳で就 [続きを読む]
  • パートのサービス残業って?
  • フルタイムパートで働いている。けしてブラックではないと思うが(信じたいが)パートなのにタイムカードがない。時間を過ぎると、自然にサービス残業になってしまう。もし残業扱いにする場合は、事前に、このくらい残業になりそうだ。(これこれ正当な理由があって)と上司に報告して許可を得なければならない。正当な理由というのは、自分には非がないが・・・・たとえばクライアント側の都合で、時間外に会議にでなければならな [続きを読む]
  • 怖いものみたさ から 考える
  • 何か読むのが好きなので、話題の本などは図書館で予約している。でも、話題本ななかなか巡ってこない。世の中をさわがせている「絶歌」まさかこれが図書館にあるとは思わない。また、買ってまで読む気にもならない。でも、もしこれがフィクションとしての読み物であったなら、怖いもの見たさで読むかもしれない。買ってまでは読まないが、目の前にあったら読むかもしれない。人間は多かれ少なかれ、怖いものが好きだし、他人の不幸 [続きを読む]