謎のSOMU さん プロフィール

  •  
謎のSOMUさん: ティータイム
ハンドル名謎のSOMU さん
ブログタイトルティータイム
ブログURLhttp://www.aeplan.co.jp/blog
サイト紹介文会社のホームページの隅っこで、会社とは無関係なモロモロについて個人的なブログを書いています
自由文ティータイムというタイトルからも想像出来るように、仕事の合間でちょっと気分転換してもらえるような、そんな軽い気持ちで覗いていただけるものを書こうと心がけています。いやいや、そんな大したものでもありませんね…暇な時、ちょっと覗きにお越しください。ついでに会社に仕事を依頼していただけると更に感謝なんですが…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/05/29 09:30

謎のSOMU さんのブログ記事

  • 後継者のいない寂しさが痛みとして伝わる時
  • いつも1話完結だったはずの番組が、今回は5月18日、25日と初めて2回に渡って特集されました。『世界!ニッポン行きたい人応援団 “浮世絵”心から愛すフランス人』の回。ご覧になられましたか? 1回目の放送では彫り師、刷り師、2回目の放送ではバレン職人がメインで取り上げられていましたが、いつにも増して、心に染み渡る感動をいただきました。今回は3種類の伝統工芸に関わる職人さんが登場し、いずれも [続きを読む]
  • 済んだ青と白い馬…優しさに溢れた東山
  • BS朝日5月17日放送の『昭和偉人伝 東山魁夷』の回、ご覧になられましたか。私の大好きな画家の1人です。亡くなられてから18年が過ぎた今も、高い人気を持っていますが、その画家人生は、決して平坦ではありませんでした。自然と向き合った傑作「残照」で風景画家として認められた東山さんは、柔らかな色使いや安らぎを覚える独特の画風で、日本画の歴史に一時代を築きました。 感情のままに生きる父と、耐え忍ぶ母を見 [続きを読む]
  • Mr.トルネード 日本が世界に誇れる研究者でした!
  • 先日、NHKの『ブレイブ 勇敢なる者』という番組の『Mr.トルネード〜気象学で世界を救った男〜』の回を観させて頂きました。また、面白い新番組が始まったと思いきや、既に放送された物の再放送という事でした。(^ ^;) 主役の藤田哲也さんは、竜巻の強さの基準「Fスケール」を考案したことで有名で「ミスター・トルネード」と言われるほど、その世界では大きく貢献していましたが、それだけでも凄い事なのに、 [続きを読む]
  • 人生100年時代の働き方…国の委員会まで?
  • ガイアの夜明け『どう働く?“人生100年時代”〜15周年企画 ニッポン転換のとき〜』が先週から放送されていますが、その1回目、ご覧になられましたか? 日本は近年、大きな変貌を遂げています。特集でも扱われた『その便利さは必要か』『長時間労働は正しいのか』『安定を捨ててでもやり甲斐を求める若者』等と次々とこれまでの価値観が変わっていく中、これから、人生100年の時代をどの様に生きていくのか&h [続きを読む]
  • 『つがい』・・・詩集『道しるべ』より
  • 「つがい」 喧嘩はしょっちゅう違うところだらけ何で夫婦になったの…と思うこともある顔も見たくないと思うことも… でも、弱ると助け合っている元気がないと喧嘩もできないいないと…寂しい…離れると心に穴があいたようで…気力も湧かない 2つで1つが「つがい」とは、よく言ったもの…いつの間にか、なくてはならない人にデコボコでも支え合っていたんだね… [続きを読む]
  • 永遠の一曲から「クリムゾン・キングの宮殿」
  • 先日BS-TBSの『SONG TO SOUL〜永遠の一曲』〜「クリムゾン・キングの宮殿」キング・クリムゾンを観させて頂きました。ロックに大きな革命をもたらしたビートルズが解散騒動を引き起こしていた1969年、もうひとつの偉大なバンドがデビューしています。その名はキング・クリムゾン。御存知ではない方の方が多いかも知れませんね。 新しいスター、次なるムーブメントを求め、混沌としていた当時の音楽シーン。そんな中で、 [続きを読む]
  • 旧体制を壊す快感の『マネーボール』
  • 先日、映画『マネーボール』を観ました。実話を基にして作られており、選手や監督ではなく運営するゼネラルマネージャーが主役という異色の野球映画となっています。 ブラッド・ピット演じるビリー・ビーンは、かつて超高校級選手としてニューヨーク・メッツから1巡目指名を受けたスター候補生でした。スカウトの言葉を信じ、名門スタンフォード大学の奨学生の権利を蹴ってまでプロの道を選んだビーンでしたが、鳴かず [続きを読む]
  • 日本の良さを、よく食べ、よく呑む
  • テレビ東京系の、まぁ主人公がよく食べる『ドラマ24 孤独のグルメ season6』、原作者がお酒好きで、ドラマが終わると現実版に満面の笑顔で登場し、お酒で喉を潤しています。一方、こちらもテレビ東京の『ワカコ酒3』、原作は新久さん。どちらもしがないサラリーマンとOLさんが、美味しい物を食べ、美味しいお酒を呑むのを、羨ましそうに見る番組です。 また、お酒と言えばWOWOWの『銘酒誕生物語』。不定期で放送されて [続きを読む]
  • 『負け続けた男…』ザ・ドキュメンタリーより
  • 先日、BS朝日で放送されたザ・ドキュメンタリー『負け続けた男、新幹線をつくる!』ご覧になられましたか?今年の4月から放送が始まったザ・ドキュメンタリー。始めは最後まで見ようとは思っていなかったのですが、見ているうちに夢中になってしまって、結局最後まで見てしまいました。 昭和39年、その後の世界の鉄道を一変させた画期的な高速鉄道、東海道新幹線が開業しました。世界初の210 km/h運転を達成した新幹 [続きを読む]
  • 実話をもとにした映画『白い嵐』
  • 先日、実話をもとにして作られた、映画『白い嵐』を観ました。『白い嵐』は、帆船アルバトロス号が白い嵐によって1961年5月2日に沈没した実際の事件をもとに書かれたチャック・ギーグ著の手記『白い嵐-アルバトロス号最後の航海』を原作とした1996年公開の映画です。 海洋学校での航海の中で、若者達の成長と友情を描いた青春作品という事ですが、実際に死者が出てしまう事で、ただ感動して終わるという軽いものではな [続きを読む]
  • 『人生とは』って・・・
  • ************************************ 人生とは自分を見つけるものではない人生とは自分を創るものである************************************そんな事を語られたジョージ・バーナード・ショーという人がいました…。でも、私は順番があると思うんですよ。 誰しも無限の可能性は持っているものの、やはり特に特化している能力があるような気がするのです。人にはそれぞれ先祖から引き継がれた能力があって、それ [続きを読む]
  • 『ゴミって?』 ・・・ 詩集『道しるべ』より
  • 『ゴミって?』 ゴミって何?使えないから捨てられたもの?   使えない基準って何?邪魔? いらないってこと?だから、いる人がリサイクルするんだね? それじゃ、ゴミって、捨てるんじゃなくて、預けるってこと?でも、何でリサイクルされないまま、放置されているゴミが多いんだろう? 人間をゴミって言う人は、どういうつもりで言っているんだろう? まだまだ、沢山沢山・・・   リサイクルされない [続きを読む]
  • 震度6弱以上の地震に襲われる確率
  • 政府の地震調査委員会は、全国の活断層や海溝型の巨大地震に関する最新の研究成果などに基づき、先月4月27日、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した、最新の全国の予測地図を公表しました。 更に詳細な地図もこちらのサイトで確認できます。2017年版http://jwsvm001.bosai.go.jp/map/ 全体を見れば分かりやすいのですが、関東や太平洋側で引き続き確率が高くなっているほか、活断層の評 [続きを読む]
  • 発酵食品約600種の発酵市場
  • 5月2日のガイアの夜明け『進化を続ける「道の駅」』ご覧になられましたか?私の住まいがある千葉県の道の駅が2つも取り上げられたんですよ!それで、そのうちの1つ「発酵の里こうざき」に、早速家内と2人でドライブがてら行ってみたんですよ。自宅から車で片道1時間半ぐらい。家内は車酔いしたのか頭痛と吐き気をもよおしてしまって、大変だったのですが、目的地の『発酵の里』にある『発酵市場』も大混雑で、ゆっくり見る [続きを読む]
  • まさか、無添加と書ける食品添加物?があるなんて・・・
  • 『蛋白加水分解物』ご存知ですか?ちょっと気になって先日調べてみたのですが、wikipediaによるとタンパク加水分解物は、コクやうまみをもたらす目的で加工食品に使われているアミノ酸混合物の事で、従来のうま味調味料だけでは作れなかったコクや自然なうまみを作ることができるため、1970年代後半以降、日本の加工食品において欠かせない物となっているそうです。 食品衛生法では食品添加物に指定されていませんが、J [続きを読む]
  • 昭和偉人伝『相田みつを』の人物像
  • 昭和偉人伝『相田みつを』の回、先日見させていただきました。相田みつをさんの名前が「にんげんだもの」で知られるようになったのは、この世を去る7年前、60歳を過ぎてからと言います。 若くして書道界の権威ある展覧会に入選し、「自分の作風はこれでいいのか」と、悩み続けておられたとか…。当初は見本のような美しい字を書いていたんですよね…。基がしっかりしているからこそ、味のある優しい字にな [続きを読む]
  • ある朝、突然、携帯(スマホ)が壊れたら…
  • 今朝の事ですが、「今何時?」かと目覚まし代わりに使っている携帯で確認しようと見たところ、うんともすんとも反応しないのです。仕方なく少し離れた時計で確認したところ5時45分。起きる時間まで、まだ5分はありましたが… 私が使っているのはiPhoneですが、最初はバージョンアップの起動時みたいな感じかなぁと、横の電源スイッチを長押ししたり、画面下のセンターボタンを長押ししてみたりしたのですが無反応 [続きを読む]
  • 映画『ちはやぶる』上の句、下の句、そして…
  • 映画『ちはやぶる』上の句、下の句の2編、一気に見させて頂きました!元々は、競技かるたを題材とした少女漫画で、娘が愛読していた事で、私も知ることになり、どんな物かと今回は実写の映画で知ることになったわけです。 第40回日本アカデミー賞では、売れっ子の広瀬すずさんが優秀主演女優賞を獲得していますが、個性的な登場人物が織り成すドラマと躍動感のある競技かるたの描写で楽しく見ることができました。  [続きを読む]
  • 衝撃!『隠れ油という大問題』
  • 今日は1冊の本をご紹介させていただきます。弊社近くの三省堂一階の推薦図書で目に入ってきたこの一冊・・・『隠れ油という大問題』林 裕之著 表紙が目立つように並べて置かれていたので、正に目に入ってきて買うハメになった本です。内容紹介では以下のように書かれていました…**********************************************************************「隠れ油」を知っていますか? それはあなたが知らぬ [続きを読む]
  • 実話が基のキャプテン・フィリップス
  • 先日、2009年4月に起こった実話を基に作られた、トム・ハンクス主演の映画『キャプテン・フィリップス』を見ました。あの『ソマリアの海賊』に襲われた貨物船の船長の物語です。 ソマリア人漁師のムセたちは、彼らのボスから金を稼ぐよう強要され、ムセはナジェとエルミ、10代半ばのビラルを連れて海賊行為を行おうとしていました。この出だしを見ていないとラストシーンの船長の言葉が生きてきません。 フィリッ [続きを読む]
  • 怪物に挑む頼もしい主人公
  • 4月11日放送のガイアの夜明け『業界の?巨人?に挑む!』ご覧になられましたか? ここ数年、アパレルメーカーの業績が軒並み悪化するなか、過去15年で売り上げが20倍と急成長を続けているアダストリア。「ニコアンド」を始め、家族向けブランド「グローバルワーク」、「ローリーズファーム」などを展開しています。 アダストリアの強さの秘密は、高品質で低価格を実現する「多品種少量生産」にあるとか。通常「多 [続きを読む]
  • 1秒でも早くiPS細胞で人を救いたい
  • カンブリア宮殿 4月13日放送の長いタイトル『なぜ、"手術下手"な医者が、ノーベル賞をとれたのか?劇的な【iPS細胞】発見から10年― "夢の医療"最前線』の回、ご覧になられましたか? 山中先生のiPS細胞の発見からはや10年。今、世界中の研究者が人間の臓器を作ったり、不可能だった新薬を開発したり…様々な研究を行っています。眼球、胃、心臓…人間のあらゆる部位は、小さな細胞が増殖し様々な形 [続きを読む]