ジャストタッチ さん プロフィール

  •  
ジャストタッチさん: 競技ゴルフ挑戦記録”一打専心”
ハンドル名ジャストタッチ さん
ブログタイトル競技ゴルフ挑戦記録”一打専心”
ブログURLhttp://ameblo.jp/tourney-golf/
サイト紹介文競技ゴルフへ挑戦しているシニアゴルファーのブログ。小さな飛ばし屋”畑岡奈紗”情報も発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/05/29 15:51

ジャストタッチ さんのブログ記事

  • 上手いのか、下手なのか・・・
  • 家を出た時はいい天気だったのに、ゴルフ場に着いたら、雨・・・ まさか合羽を着てやるなんて、心の準備ができていなかった。 そのせいなのかどうか、ドライバーは曲がり、アプローチのミスあり、そしてなんと3パットが5回でスコア49回。こんなに打ったか?! このままではいけないと思い、やったことはパッティングのチェック。午後のラウンド前に練習グリーンへしっくりこなかったアドレスを直す。。前傾の角度 [続きを読む]
  • 試合で3バーディ!
  • 昨年のチャンピオン 今年もツアー選手権が6月1日から開催されます。 プレーしたのは東コースでした。 6番ホール 398yミドルティーショットは左ラフ。この日は雨でラフが濡れかなり手ごわい。 ピンまで150y、前下がりでフルショットは無理なので6番アイアンを選択。 振りすぎないように、でもラフに負けないようにショット。 手前でもいいと思っていたが、花 [続きを読む]
  • あと5ヤード
  • 工藤スクールコンペに参加しました。天気も良く楽しい1日でした。工藤プロには年に何度かラウンドレッスンを受けています。プロと同じ組でフルバックからまわりました。プロのショットにはいつも感心するばかりで、その飛距離も到底かなわない・・・と思ってました。それが・・・なんと・・・あと5ヤード・・・ドライバーの飛距離の差が5ヤードのホールがありました。プロのショットもそんなミスショットには見えませんでした [続きを読む]
  • 1日観戦
  • 茨城ゴルフ倶楽部西コース18番ホール 413y par4やや左ドッグ。左サイド210y地点にあごの高いバンカーとその先は木とラフ。狙い目は素人目でも右サイド。ほとんどの選手が右に打っていく。徹底して右。少しラフでもかまわない。さすがプロの技術!飛距離を測ってみました。(レーザー計測器使用・2打地点までの推定距離)金田久美子プロ 265y原江江里菜 265y堀 琴音 248yここまでは風フォローでした。比嘉真美子 [続きを読む]
  • 週間NASA
  • 久しぶりの奈紗情報。アメリカの様子はこの雑誌でしかわかりません。18歳の女の子は必死で頑張っています。時には一人涙を流しながら・・・家族は遠くで見守るだけでも彼女の力なら必ずみなさんを驚かす日がきますからもう少し見守って下さい。必ずやってくれます! [続きを読む]
  • 「8」
  • ピンの位置が難しい。傾斜があるところに切ってある。上につけたら絶対止まらないホールもあった。 前半、パーオンした3ホールだけがパーの42回。グーリン近くまで運んでも寄せきれずにパーが拾えなかった。 後半スタート513Yロング。ドライバーはグッドショットでフェアウェイセンター。 2打目はグリーンエッジまで256Y+ピン奥目22Y。3Wでは3打目が60Y前後の微妙な距離になってしまうと思い、 [続きを読む]
  • 桜を見ながら・・・
  • いい季節になりました。この日は春らしい最高のゴルフ日和でした。スコアは、40 40 80(P28)パットが良かったみたいですが、実は1.5m〜2mのバーディパットを3回はずし、1バーディのみ。ダボ3つ。アプローチの距離感ミスと3パット1回。ドライバーも曲がりフェアウェイキープ4ホール。スコアは悪くないけど、もっとできた感がいっぱいでした。上手い人だったら、75回で予選通過!でしょうか。何回も言いますが、いつもゴルフは思い通 [続きを読む]
  • 最終ホールはいかに
  • 半袖でも大丈夫なくらい暖かくなったこの日。天気は最高だ。さて最終ホールはいかに・・・565y パー5ティーグランド、風はかなりのアゲインスト。吹け上がりは抑えたい。・ティーは低め。・ボールの位置は体のほぼ真ん中。・フェースをかぶせる。・テイクバックを低く。・トップはコンパクト。・インパクトは押し込む意識で。このショットはこの日初めての打ち方だったので少し不安はあったが・・・ナイスショット!低く強い打球 [続きを読む]
  • サザンヤードカントリークラブ
  • OUT №9 565y Par5 セカンドは打ちおろし。手前と奥に池があり、距離感が難しい。 何ヤード打てばいいのかわからず、何度も失敗している。刻むと左足下がりになり3打目が難しくなる。 今日の練習ラウンドでは距離計でしっかり測ってきた。ティーショットの位置にもよるが、思いっきり攻めても大丈夫みたいだ。ほぼ200Yで奥の池まで届くことはないし、左手前の池も超える。攻め方がはっきりし [続きを読む]
  • 久しぶりの練習
  • 久しぶりに練習できた。来週試合があるのに大丈夫でしょうか。アイアンの当たりが薄いので、グリップを思いきって左に回しながら(捻るように)テークバックして打ってみました。フェイスがかぶっているように見えますが、これが不思議。捕まったボールがまっすぐ飛んで行く。違和感アリアリなのに、スイングというのはわからないものです。前にレッスンを受けた時のアドバイスを思い出して試してみましたが、やる時は思いきった変 [続きを読む]
  • 日々是好日
  • 何気に見ていたテレビドラマで使われたことば。有名な禅語のようです。 ”毎日がいい日だ”という単純な意味ではなく、 晴れの日もあれば、嵐の日もある。いいこともあれば、いやないこともある。 そんな優劣や損得にとらわれず、ただひたすら、ありのままに大切に生きる。 それはすべてが”好日”なのです・・・・  ◇ ◇ ◇ 実は自分の環境に変化がありました。競技ゴルフへの挑戦に少し影響 [続きを読む]
  • 春なのに・・・
  • 寒い・・・・ 何と雪が降ってきた・・・ さて、雪が舞う中の予選会はいかに・・・? ◇ ◇ ◇ 前半2バーディ、3ボギーの37。後半ダボがでたものの、トータル+6踏ん張っている。予選通過も見えた。 迎えた17番Hショート。ティーショットが右にでてグリーン右の谷に落とす。通称ダボ谷。 2打目、ロブショットのミスしてグリーンオーバー。3打目、超下りラインのアプローチをトップしてまた [続きを読む]
  • いよいよ!
  • 3月です。いよいよゴルフシーズンですね。 明日、県アマ予選に出ます。準備はしてきたつもりですが、どうでしょうか。何とかいいスタートを切りたいものです。 [続きを読む]
  • 奈紗のスイング2
  • 13歳(中学2年)の時のスイングです。この時にはすでに、完成度が高い素晴らしいスイングをしているように見えます。 11歳にゴルフを本格的に初めて、13歳でこのスイング。16歳でプロツアーデビュー、17歳で優勝。そして18歳になった今年、アメリカ女子ツアーでの戦いに挑んでいます。 まだまだ伸びるのはこれからですよ。 USLPGA第2戦ホンダLPGAタイランド70 73 74 74 (+3)  56位T&nbs [続きを読む]
  • 奈紗のスイング
  • 写真GDO2017年1月、米ツアーデビュー戦の時のスイングです。 ドライバーの平均飛距離は”237.25ヤード”あまり調子が良くなかったようです。 1年前のスイングがこちら↓↓ 2015年10月、大活躍した「Pontaレディース」の練習ラウンドの時に撮影したものです。あの渡邉彩香プロをオーバードライブしたことが話題になりました。 トップの位置、左肩の入り具合が今とだいぶ違いますね。これだけ違うと [続きを読む]
  • オリジナル練習器具
  • こんな練習器具をつくりました。とは言っても、タコ糸にマーカーをつけた簡単なものです。器具というほどのものではありません。 両端をマーカーで押さえると、真っ直ぐなラインが引けます。練習マットの出来上がり。”ナイスアイデア” アドレスの向きをチェックしながら、球の転がりを確認。 地味な努力の結果、パット数30( 17 13)で回ることができました。"練習は嘘つかない"ことを信じて・・・ [続きを読む]
  • 風にも負けず・・・
  • 風の音・・・木の枝が揺れる音・・・落ち葉が飛ばされる音・・・なんで自分の時だけ強くなる・・・? 「風の音がうるさいなぁ。耳栓してラウンドしたら、ペナルティー?」「大丈夫じゃないの。補聴器をしている人ともいるでしょ」「そうかなぁ」 最大で10m/s以上の強い風が吹き荒れたこの日、あまりにもプレーに集中できないので、こんな会話をしながらのラウンド。冬のラウンドは風が強い日が多い。 体感で5m/ [続きを読む]
  • パットは生き物?
  • 最近けっこう練習しているので、自信をもって打てるようになってきたパッティング。このアドレスで、このリズムで、ここにテークバック、フォローといったような自分のカタチで打てば、ワンピン、真っ直ぐだったらけっこう入るぞ・・・ と思っていたが、ラウンド前の練習グリーンで”あれ、おかしい” 転がりが悪い。今までの転がりがどうしてもでない。いいインパクト音がでない。球が死んでいる。真っ直ぐが打てない [続きを読む]
  • 「強い選手」への一歩目
  • 畑岡奈紗の米ツアー初戦の様子を書いた記事がありました。↓↓↓http://number.bunshun.jp/articles/-/827383 photograph by Shizuka Minami ”練習の虫”奈紗をよく見てくれていましたね。うれしいことです。 「うまい選手より強い選手になりたい」と、彼女は中学生の頃から言っていました。 必ず来ますよ、その日が・・・ [続きを読む]
  • ナイスショットを想定する
  • 砲台グリーンでピンまで115Y。ピンは奥目。 ピッチングウェッジの距離だが、当たりが悪ければ、届かない。大きめの9番で打つか。ナイスショットだったら、ピンをオーバーしそう。 コースではよくこんな場合がよくありますね。そんな時、クラブ選択は? どんな打ち方? けっこう悩むときがあります。 日経新聞社「書斎のゴルフ」の中で、三觜喜一(みつはし・よしかず)プロがこんな風に言っています [続きを読む]
  • ラウンド分析”過信は禁物”
  • 前回のラウンドは、ショットは悪くなかったがスコアが悪かった。その原因をつかむため、当日の内容を分析してみた。 スコア 43 44 87(P34)1バーディ・8ボギー・4ダボパーオン:3/18・リカバリー:4/18 この日は10番スタート。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10番ミドル セカンドをダフッてバンカー目玉。ボギースタート。11番ミドル フェアウェイからの [続きを読む]