Toshi さん プロフィール

  •  
Toshiさん: 安倍奥の星空
ハンドル名Toshi さん
ブログタイトル安倍奥の星空
ブログURLhttp://drpiano.exblog.jp/
サイト紹介文40年振りに星見を再開しました。 安倍奥のきれいな夜空を、のんびり撮っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/05/29 18:58

Toshi さんのブログ記事

  • 完全にノーマークだったClark彗星(71P)
  • この時期、へびつかい〜さそり座付近を南下中のClark彗星(71P)ですが、光度が12等のうえ天の川の中という条件での検出は難しいと判断し、撮影リストから外していました。ところが星ブロガー諸氏のお写真を拝見しますと小さな尾が確認出来ますので、もしかしたら私の過去の画像にも写っていないかと思い、「ウォーリーを探せ!」ならぬクラーク彗星捜索の開始です。そこで抜群の透明度だった4/29撮影... [続きを読む]
  • アンタレス付近〜青い馬とJohnson彗星(C/2015 V2)
  • 先週末はいつもの星見メンバーと、安倍奥まで遠征しました。今回は月の出までの時間が限られていたので、今一番撮りたいアンタレス付近〜青い馬のワンショットに集中しての撮影です☆そして自己記録更新の80分露出を無事に終え、期待を胸に画像処理を始めたのですが・・。現像の前に同時保存のJPEG画像で確認すると、低空を飛来する薄雲とおそらくPM2.5に由来するヘイズで、S/N値の低いショットば... [続きを読む]
  • 超新星SN 2017eaw
  • 5/14にケフェウス座の銀河NGC 6946で発見された、超新星SN 2017eawです。現在12〜3等級ですが、明るさの極大は発見後約1週間とみられているので、今後の光度変化が楽しみです☆(May 20,2017 0:31〜 D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメー... [続きを読む]
  • さそり座のしっぽ付近
  • 引き続き先月末の撮影分からですが、この「さそり座のしっぽ付近」は、いつもの河川敷からは光害のため、全く撮影の対象にならない星域でした。そこで川根本町への遠征の機会に初挑戦してみました。残念ながら低空では静岡・藤枝市の光の影響が見られ、カラーバランスの悪い仕上がりになりましたが、それでもM6、M7そしてNGC6357(彼岸花星雲)、NGC6334(出目金星雲)、IC4628(エビ星雲)... [続きを読む]
  • 天の川
  • いよいよ天の川の季節到来です!夜明け前にはバンビの横顔からケフェウス座まで、天の川のアーチが東天に架かります☆(D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED F2.8→3.2 ISO1600 14mm端で撮影 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)... [続きを読む]
  • おとめ座銀河団
  • 300mmによる春の銀河祭りの最終回は、夜明け前の彗星を待つ間に撮影した、おとめ座銀河団です。このあたりには輝星はありませんが、おとめ座ρ星を目安に、いつもの手動&勘導入が上手くいきました♪↓そしてせっかくなので、銀河名も入れてみました↓メシエ天体と約13等級までの銀河(4桁はNGC番号です)を合わせて45個を確認☆拡大しますとさらに暗い天体も写っていまし... [続きを読む]
  • ケンタウルス座A(NGC 5128)
  • 春の銀河祭りも、いよいよ残り少なくなりました。今回は憧れの電波銀河、ケンタウルス座A(NGC 5128)です。うみへび座のM83(南の回転花火銀河)同様、昨年は確認レベルの画像に終わってしまいましたが、さすがに空が暗いと全然違いますね☆このダイナミックなベルト帯が、いつ見てもカッコいいです^^(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F... [続きを読む]
  • NGC4631(くじら星雲)とNGC4656
  • 今年の春は明るい彗星の撮影で忙しいですが、それに平行して「300mmでの春の銀河祭り」も継続中です。今回の第四弾は、りょうけん座の銀河ペアーであるNGC4631とNGC4656です!両者ともいわゆるエッジオン銀河に分類されますが、その形は独特で前者(右上)は大宇宙を泳ぐクジラの姿に見えることから「くじら星雲」の呼称があります。そしてやや偏った紡錘形を引き延ばしたような形は、すぐ上... [続きを読む]
  • 4/4のラブジョイ彗星(C/2017 E4)
  • 気になる彗星の一つ、ラブジョイ彗星(C/2017 E4)を撮ってきました。いつもの安倍川河川敷からでは低空の条件が悪いのですが、それでも尾がかすかに写ってくれました☆ところでだいぶ明るい核ですが、これが何となく楕円のように潰れた形に見えるのです!これって核本来の形?それとも画像処理または大気の影響でしょうか?これからは月明期に入ってしまいますが、機会を見つけて追跡出来ればと思... [続きを読む]
  • 薄明と夏の大三角形
  • 今回の新月期には今話題の彗星や夏の天の川を狙うつもりでしたが、あいにくの悪天続きで成果は全くありません。やはり春になりますと、周期的な天気の変化に加え春霞の影響で、透明度の良い夜がめっきり減ってくるのは仕方のないことですね。というわけで以前のストックから、薄明と夏の大三角形です。この観測地の空の暗さは抜群ですが、周囲が山に囲まれているため低空の対象が限られてしまうのが惜しいです。... [続きを読む]
  • M108に大接近するタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)
  • 昨夜はタットル・ジャコビニ・クレサック彗星のハイライトの一つである、M108との大接近でした!今回はGPVの予報通り、薄い雲が広がる透明度の悪い条件ではありましたが、それでも日付が変わる頃に30分だけ、北斗七星周辺が晴れてくれました☆そこで雲の通過がないことを祈りながら2min×8コマ分を撮影したわけですが、この16分の露光中にも彗星の見かけの動きが大きく、いよいよ地球に近づいている... [続きを読む]
  • M108・M97に接近するタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)
  • 4月には7等程度まで明るくなると予想されている、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)。本日(3/22)夜のM108との大接近に備え、練習をかねて昨夜、プチ出動してきました。真っ黒なGPVの予報に反して、ひっきりなしに雲の飛来するあいにくの空模様でしたが、じっと待つこと1時間で、15分程の晴れ間に無事に彗星と星雲のショットが撮れました♪彗星は順調に増光しているようなので、... [続きを読む]
  • NGC2903とNGC4361
  • 300mmレンズによる「春の銀河祭り」の第三弾は、「ししの大がま」の先っぽに位置する、NGC2903銀河です。この銀河はメシエ番号がついていないのが不思議に思えるほど、明るさも見掛けも大きいので、カメラレンズでも2本の腕の存在が分かります☆↓そしてこちらは、からす座の惑星状星雲NGC4361です↓13等の中心星の周囲に広がるブルーの星雲が、一見棒渦巻状の銀河に... [続きを読む]
  • 南の回転花火銀河(M83)
  • 「春の銀河祭り」の第二弾は、うみへび座のM83、別名「南の回転花火銀河」です。昨年は安倍川河川敷から挑戦しましたが、光害のため確認レベルの画像に終わってしまいました。そこで今回、新観測地から再度チャレンジとなったわけです。結果は、フェイスオン銀河の3本の渦巻腕が確認出来まして満足です♪やはり暗い空のもとだと、撮影が楽しいですね^^↓(D810A  AF-S NIK... [続きを読む]
  • 黒眼銀河(M64)
  • この時期、天文ファンの間では「春の銀河祭り」の真っ最中なのですが、300mmレンズでもエントリー出来そうな対象を選んで撮影してきました☆その第一弾は、かみのけ座のM64、別名「黒眼銀河」です!銀河の中心近くに目立つ暗黒帯があり、確かに「眼」のように見えます。一度大口径の望遠鏡で眺めてみたい銀河の一つです♪(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E P... [続きを読む]
  • 3/5のタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)とアンタレス付近
  • 先週末は以前から気になっていた安倍奥の観測候補地を目指して車を走らせましたが、いざ現地に着いてみますと途中の林道が工事中のため通行止めになっていました。そこでせっかく遠出してきたこともありまして、昨年一度下見をした近所の梅ヶ島のポイントに立ち寄り、星空観望を楽しみました☆まずはタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)です↓現在しし座からこしじ座の境界付近を移動中です... [続きを読む]
  • オメガ星団とJohnson彗星(C/2015 V2)
  • 先週の遠征分の続きです。この観測地は標高が500m以上あるうえに、南〜南西方向が安倍川の流域に当たるため、低空まで眺望が利くのが特長です。そこで「からす座」が南中を越えた頃を見計らって、低空の山際を試し撮りしますと・・。巨大な球状星団、オメガ星団がモニターで確認出来ました☆南南東に位置する山塊の存在も静岡市街からの光害軽減に寄与しているようでして、昨年の安倍川河川敷からの写真... [続きを読む]
  • 再処理によるM42とNGC1999の「宇宙の穴」
  • デジタル写真の面白さの一つが、撮影後の処理プロセスをいろいろ試して、何度でもチャレンジ出来る事です。このM42は昨秋、川根本町で撮影したものですが、その後のフラットの撮り直しと現像処理の変更で背景が引き締まり、星間雲が浮かび上がってきました☆そして次なる目標は多段階露出で星雲中心部の飽和を押さえる事ですが、これは是非、来期にトライしてみようと思います♪↓ところで画面の下(... [続きを読む]
  • 41P/タットル・ジャコビニ・クレサック周期彗星
  • 昨夜は星見仲間の方に探して頂いた厳冬期用観測地に、初めて行ってきました♪ここは標高が500m以上あるものの凍結の心配がなく、さらに静岡市街からの光害の影響が安倍川河川敷に比べて約1/2に軽減するので、本川根まで行く時間のない時には(冬場に限らず)手軽に通えそうです。そのようなわけで満天の星空のもと、いつものように駿府星見隊!の3人で集まり、楽しく春の天体を撮影してきました☆そして... [続きを読む]