価提 さん プロフィール

  •  
価提さん: お悩み相談 人生を変える名言
ハンドル名価提 さん
ブログタイトルお悩み相談 人生を変える名言
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/katei-katei/
サイト紹介文悩みがある、人生を変えたいあなたへ。建前一切無し、本音のみの人生を変える名言や言葉を発信します。
自由文仕事、人間関係、お金…

誰でも抱えるようなこれらの悩みで未来に希望を全く感じることが出来ませんでした。

そんな私を救ってくれたのは近くのコンビニで出会ったある1冊の本でした。

その本には聞いたことの無い素晴らしい言葉が沢山書かれており、私の人生は変わりました。

言葉はどんな人生も変えることの出来る力を秘めています。

悩みを抱えたあなたを救う人生を変える言葉を届けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/05/30 10:14

価提 さんのブログ記事

  • ブログ移転のお知らせ
  • 当ブログをご覧になっていただき誠にありがとうございます。この度、ブログを移転したことをここでご報告させていただきます新しく移転したブログはこちら今後ともよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 嫌な仕事をやり続けているあなたへ
  • きっとあなたも1度はテレビで見たことがあるだろう若手の女優が芸能界を引退するというニュースがネットで流れた。様々な理由が挙げられているが、その1つに仕事への不満があった。必ずしも自分の理想とする仕事をすることが出来ない現状に対し、ストレスが溜まっていたようだ。ここで1つ真実をお伝えしたい。しかし、もしかしたらあなたにとっては信じたくないほどの衝撃的な事実かもしれないので、続けて見ることをお勧めはし [続きを読む]
  • 他人に不正を告げ口されたあなたへ
  • 不正の密告には根底に嫉妬が渦巻いている。なぜ人は不正に敏感なのか?それは自分も不正をして美味しい思いをしたいけど、しないように気を付けているからヌケヌケと不正をする人間が許せないのだ。そして不正をする人間が痛い目を見るのを密かに期待している。人は自分がしないように気を付けていることを他人が気軽にやると腹立たしく感じる。不正を監視する立場にでもない限り、本当に正義感を持って不正を正そうとする人間は極 [続きを読む]
  • ふとしたときに失敗してしまうあなたへ
  • 人間というのはふとした時に本音が出る。何も意識していない、何も考えていないときに自動的に行動に反映されるのが本音ということだ。こればかりはどのような行動をするかというのはその場その場で自分で選択するということはできない。なぜならふとした時というのは無意識下だからだ。ではふとした時に失敗をしないようにするためにはどうすればいいのか?それは自分にとって本当に大切なものが何かということを明確にしておくこ [続きを読む]
  • お金持ちとそうではない人の違いについて知りたいあなたへ
  • 世の中にはお金持ちとそうではない人の違いをまとめて本にして売られていることが多い。お金持ちの習慣を理解することでその習慣取り入れ、あなた自身お金持ちに近づきますよというような謳い文句で売られているものだ。お金持ちは朝が早い…好きなことを仕事にしている、または仕事が好き…実は贅沢にはあまり興味がない…これらの巷によく溢れるお金持ちの共通点があるが、ここではまた違った視点からお金持ちとそうではない人の [続きを読む]
  • 学校へ行きたくないあなたへ
  • あなたはなぜ学校に行きたくないのだろうか?理由は人それぞれで、嫌な事が学校で待ち受けているんだと思う。友達との空気の読み合いを求められる人間関係が辛い…勉強が嫌だ…毎日通うのが面倒くさい…きっと誰もが感じることだろう。もしかしたら誰かにいじめられていて学校に行くのが本当に辛く、学校のことを考えるだけで気分が悪くなってくるという人もいるかもしれない。学校に行きたくない原因のトップは人間関係だから、人 [続きを読む]
  • すぐに「こうだ!」と決めつけてしまうあなたへ
  • 人は誰もが少なからず「自分が絶対に正しい」「自分は人よりも優れている」と思って生きている。人間というのは他人を見下すのと同時に、自分を高く評価し、そのバランスで心の安定を保っている。だから自分の考えが正しくて何事も「こうだ!」と決めつけてしまうその気持ちは分からなくはない。特に血気盛んな若い時にはよくあることだ。しかしちょっと踏みとどまって考えてみてほしい。自分の考えだけで全ての物事を「こうだ!」 [続きを読む]
  • 女性の外見をからかってしまう男性のあなたへ
  • あなたがもし女性の外見を軽い気持ちでからかっているとしたら、それは今すぐにやめたほうがいい。なぜなら女性にとって外見というのは、自分の地位やステータスを表す非常に重要な要素だからだ。それは人生を左右するほどだと言っても過言ではない。だから女性は美に関して敏感だし、一生のうちに多額のお金を投資する。男同士では「お前太ったな」、「お前ガリガリだな」などといった外見に関するお話を気軽にすることが多い。し [続きを読む]
  • 男性の運転に口を出してしまう女性のあなたへ
  • あなたが男性からフラれたくないのであれば絶対にやってはいけないことがある。それは男性の運転をけなすことだ。運転というのは日常生活に深く溶け込んでいるものである。それゆえに男性に運転してもらうことも珍しいことではないだろう。あなたも今まで男性が運転する車に乗せてもらったことがあるかもしれない。男性というのは内面や能力を否定されることにひどく傷つく生き物だ。その点に関しては女性以上に脆く傷つきやすいと [続きを読む]
  • 建前ばかり言っているあなたへ
  • はっきり言って、今あなたは虚しくないだろうか?あなたは生きていて心の中が冷たく空っぽになっているような感覚を持っているだろうか?建前ばかり言っているというのは、言い換えれば嘘ばかりついているということだ。それでは自分の精神がグラつき、何が正しいのかわからなくなり、予想だにしていなかった未来に足を踏み入れてしまう可能性がある。建前ばかり言っていると、その建前に従った行動をとるようになる。多くの場合、 [続きを読む]
  • 後輩に無視されるあなたへ
  • なぜ立場が上のあなたのことを後輩は無視するのか考えたことがあるだろうか?後輩や部下など、自分よりも立場の下の人間があなたを無視をするということは、後輩や部下の最大限の拒否の心の表れなのだ。あなたの言ったことが聞こえていないわけではない。拒否しているのだ。しかし立場が下という手前、あなたに面と向かって堂々と「嫌です」とは言えない。だから聞こえないふりをして無視をするのだ。この場合あなたが取る選択肢は [続きを読む]
  • レッテルを貼られて困っているあなたへ
  • 組織に属して生きているとレッテルを貼られるということからは逃れられない。どんな人間にもレッテルというのは貼られるものだ。ものすごく目立つ人間に対して賛否両論のレッテルが貼られるのはもちろんのこと、全然目立たない窓際一直線のような人間にも必ず「目立たない人」、「使えない人」などといったレッテルが貼られる。組織に属している時点でレッテルが貼られるということから逃れられないのだから、レッテルに対して一喜 [続きを読む]
  • 上手くいかないときにイライラしてしまうあなたへ
  • 上手くいかないときというのは非常にイライラしてしまうものだ。さらにそのような時に限って上手くいかないことが1つ、2つ、3つとどんどん続いていく。そのせいでさらにイライラしてしまって状況が悪化するというのは多くの人が経験したことがあるだろう。実は上手くいかないことが続くというのはとてもラッキーな事なのだ。上手くいかないことが1度あって、その次にうまくいってしまうと人間というのは大してその失敗を気にし [続きを読む]
  • 謝るべきところで謝れないあなたへ
  • あなたは気づかぬうちに周りの人間から多くの恨みを買っている。謝るべきところで謝らないというのは、本人が気づいている、気づいていないに関わらずとても罪深いものだ。「たかが謝らないだけで大げさな」と言うことなかれ。謝らなかった本人は、謝らなければいけないようなことをした事実はすぐに忘れてしまう。または気づいていない。しかし謝ってもらえなかった方はいつまでもその事実を根に持って覚えているものだ。謝らなく [続きを読む]
  • すぐに「こうだ!」と決めつけてしまうあなたへ
  • 人は誰もが少なからず「自分が絶対に正しい」「自分は人よりも優れている」と思って生きている。人間というのは他人を見下すのと同時に、自分を高く評価し、そのバランスで心の安定を保っている。だから自分の考えが正しくて何事も「こうだ!」と決めつけてしまうその気持ちは分からなくはない。特に血気盛んな若い時にはよくあることだ。しかしちょっと踏みとどまって考えてみてほしい。自分の考えだけで全ての物事を「こうだ!」 [続きを読む]
  • 何かと理由をつけて仕事から逃げるあなたへ
  • あなたがどんなによく出来た理論を述べても、周りの人間はあなたが仕事から逃げていることがよく分かっている。はっきり言って仕事から逃げるのは見苦しい。大人になって仕事から逃げるというのは子供が遊びから逃げると同じようなことだ。つまり不自然なのだ。子供は遊びで楽しむように、大人は仕事で楽しむ。そして大人は仕事で他者を幸せにすることができる。ただあなたがどうしてもその仕事から逃げたい、絶対にやりたくないと [続きを読む]
  • 学校へ行きたくないあなたへ
  • あなたはなぜ学校に行きたくないのだろうか?理由は人それぞれで、嫌な事が学校で待ち受けているんだと思う。友達との空気の読み合いを求められる人間関係が辛い…勉強が嫌だ…毎日通うのが面倒くさい…きっと誰もが感じることだろう。もしかしたら誰かにいじめられていて学校に行くのが本当に辛く、学校のことを考えるだけで気分が悪くなってくるという人もいるかもしれない。学校に行きたくない原因のトップは人間関係だから、人 [続きを読む]
  • 空気が読めないあなたへ
  • 人が人と関わって生きていく上で空気を読むということはとても大切な要素だ。空気が読めないだけで嫌われたり、周囲から人がいなくなってしまって孤立するといった例も少なくない。ではそのような状況に陥らないために、空気を読むためにはどうすれば良いのだろうか?それはその環境を分析するということである。このような場合どのような答え方をしたら正しいのか?この人は誰が嫌いで、逆に誰が好きなのか?同じ環境に置いてはい [続きを読む]
  • よくコンビニに行ってしまうあなたへ
  • このブログを見てくれている方々へ、同じ記事を間違って投稿してしまい申し訳ありませんでした。それでは本題に入る。コンビニとは現在のお店において非常に便利ですぐに行くことができる、人々の生活になくてはならないものになった。しかしその利便性の反面、お金を使いやすい、浪費しやすいといったデメリットが挙げられる。コンビニに並べられている商品というのは流行の先端であり人々が関心を持つものばかりだ。そのためつい [続きを読む]
  • 仕事の終わり時間をいつも気にしているあなたへ
  • あなたは仕事が終わりそうになると「あと何分で仕事が終わる!」、「やっと帰れるぞ!」と思いながら、そわそわして仕事が手につかない状態になってはいないだろうか?例えば仕事が17時に終わるとしたら、16時には気持ちが切れかけているはずだ。16時半からは仕事が手につかず、何もやる気が起きずにただデスクに座ってダラダラ過ごしているという人もよく見かける。私も嫌いな仕事をしていた時はこの例に漏れずそのような人物の一 [続きを読む]
  • 仕事の終わり時間をいつも気にしているあなたへ
  • あなたは仕事が終わりそうになると「あと何分で仕事が終わる!」、「やっと帰れるぞ!」と思いながら、そわそわして仕事が手につかない状態になってはいないだろうか?例えば仕事が17時に終わるとしたら、16時には気持ちが切れかけているはずだ。16時半からは仕事が手につかず、何もやる気が起きずにただデスクに座ってダラダラ過ごしているという人もよく見かける。私も嫌いな仕事をしていた時はこの例に漏れずそのような人物の一 [続きを読む]
  • 学校へ行きたくないあなたへ
  • あなたはなぜ学校に行きたくないのだろうか?理由は人それぞれで、嫌な事が学校で待ち受けているんだと思う。友達との空気の読み合いを求められる人間関係が辛い…勉強が嫌だ…毎日通うのが面倒くさい…きっと誰もが感じることだろう。もしかしたら誰かにいじめられていて学校に行くのが本当に辛く、学校のことを考えるだけで気分が悪くなってくるという人もいるかもしれない。学校に行きたくない原因のトップは人間関係だから、人 [続きを読む]
  • 好きな人に尽くしても嫌われてしまうあなたへ
  • きっとあなたはなぜこんなに尽くしているのに自分が嫌われてしまうのか理解できないだろう。これだけ誠心誠意、あの人に自分は尽くしているのにどうして自分の元からあの人は去っていってしまうのか?今までたくさん同じようなことで悩んできたはずだ。どんなに尽くしたからといっても意中の人は自分に振り向いてくれるとは限らない。なぜなら人に思いを伝えるときというのは【どのように伝えるか】ではなく【どのように伝わるか】 [続きを読む]
  • よく友達と群れているあなたへ
  • 断言しよう。あなたが群れ続ける限り、お金持ちになったり大成功者になったりすることはできない。もちろんこのブログを読んでくれている人の中には「私はそこまでならなくていい」、「今が楽しければ別に成長しなくていい」と考えている人もいるかもしれない。だが私はこのブログを読んでくれているあなたに、この先は今までよりも良い人生を歩んでもらいたいからあえてここで本当のことを言う。「友達は大切にしなさい」「困った [続きを読む]
  • 何をやっても続かないあなたへ
  • 自分が続けようと思っても続かないことを無理して継続するほど辛い人生はない。この最たる例が自分の嫌いな仕事をし続けるということだ。現代社会においてこの行為がどれだけ人にストレスを与え、最悪な場合自殺者まで出しているということにあなたは気づいているだろうか。何をやっても続かないというのは逆に捉えればたくさんの事にチャレンジできるということである。世の中にはあなたの寿命を全て使ってもやりきれないことがた [続きを読む]