星音ジュン さん プロフィール

  •  
星音ジュンさん: 桜華爛漫
ハンドル名星音ジュン さん
ブログタイトル桜華爛漫
ブログURLhttp://ishirenai.blog.fc2.com/
サイト紹介文医師たちの恋愛事情の二次小説サイトです。 春樹×千鶴メインで妄想全開でお送りしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/30 15:49

星音ジュン さんのブログ記事

  • 【ep.59】最後の恋 Sequence.7
  • こんにちは、星音です。現在進行形で台風がゴオゴオ言ってます。明日は我が弟が就職試験。台風が危ぶまれましたが何とか通過するみたい。しかし思い返せば4年前、全く同じ日に私も就職試験がありましたが、その日は朝から昼にかけて台風直撃。びっしょびしょで滑り込みセーフ、試験会場にもぐりこんだ忘れられない思い出。どうやら私たち兄弟は台風を呼ぶ才能があるみたいです。あの時は未来に希望馳せて試験に臨んだのに、今では [続きを読む]
  • 【ep.58】最後の恋 Sequence.7
  • こんにちは、星音です。最後の恋、58話です。大概長くなってきましたが、ついて来れているでしょうか。これからちょいちょい、気づいた部分は補足をはさんでいこうと思っています。Sequ7、アメリカ編②においての時間軸は、春樹さんがアメリカに渡って丸3年経つくらいのところを想定して書いています。3年経った人の距離感を書きたいですが、なかなか難しいもんですねこれが。やっぱりアメリカ編はどうやら話が重くなってしまうみ [続きを読む]
  • 【ep.57】最後の恋 Sequence.7
  • こんにちは、星音です。やってしまいました、大遅刻です。9月に入ってしまいました。そんなこんなで「最後の恋」も7章突入です。今章は春樹さん目線。アメリカ編パート2になります。「背中合わせの行方」ということで、「背中合わせ」の意味を調べると①二人の人が、また物と物とが背と背を合わせて、互いに後ろ向きになっていること。 ②背と腹のように互いに裏表うらおもての関係にあること。 ③仲が悪いこと。 だそうです。そん [続きを読む]
  • 【ep.49】最後の恋 Sequence.6
  • こんにちは、星音です。連休です。永遠に続いて欲しい。久しぶりに踊る大捜査線を見てる途中、最後の映画でのすみれさんの結末の裏設定を思い出してしまい、急激に見る気がなくなってドラマ7話で止めました。医師恋はハッピーエンドでよかった。本当に。そんな中、これまた昔のドラマ「CHANGE」のDVDBOXを購入して満足。しっかり見終えたので、この長編を連休中に書けるだけ書き溜めして、できることならラスト近くまで書いてしま [続きを読む]
  • メッセージ
  • こんにちは、星音です。ドラマを見ながら長編の続きを書いててどうしても普段の二人が書きたくなっちゃったので急遽方向転換。やっぱりちょこちょこ見直すのもいいですね、いろいろといつもと違うところに目がつきます。今は主にセット重視で見だしている最中。例の瓶詰めネックレスが地味に常に見えるところに置いてあるのがツボ。っていうかマジ続きやってくれんかな。ほら例えばさ、ロミジュリ的な引き裂かれがあって、それでも [続きを読む]
  • 【ep.43】 最後の恋 Sequence.5
  • こんにちは、星音です。パソコンが治って満足満足。パソコンの偉大さに気がつきました。もうほんと良かった良かった!と言うわけでパソコンを替えたいんですが先にスマホを変えることにします。←ちなみに今回長め、そして浅い医療ワード出てきますけど、無知識の私が書いたやつなので、正しいなんて全く言えないのでそこのところ宜しくお願いします。目くじら立てずに……。あと2話3話ほどで次シークエンス(千鶴さんパート)突入 [続きを読む]
  • 【ep.41】 最後の恋 Sequence.5
  • こんにちは、星音です。なんとまあ、パソコンがついに壊れました。というのも、日本語で文字が打てなくなりました。ローマ字しか打てん。会社でさんざんパソコンを見てきた私もお手上げ。たぶんIMEが壊れたけど直す方法知らんぞ!と思い今日はポメラで書いて、パソコンに取り込んでます。いつもはポメラで書いて、パソコンで手直しなのでまあやりにくいやりにくい。修正はスマホするしかないんですけど、スマホでの更新超やりに [続きを読む]
  • 【ep.40】 最後の恋 Sequence.5
  • こんにちは、星音です。いつまで続くんだこの話は、と自分で悲しい気持ちになっている最中です。でも絶対終わらせよう、せめて今年中に終わらせよう。そんなこんなで、実はもう一年以上やっているのにまだ40話、そんなお話です。 [続きを読む]