airlike さん プロフィール

  •  
airlikeさん: Airのように
ハンドル名airlike さん
ブログタイトルAirのように
ブログURLhttp://air-like.no-ip.biz/wordpress/
サイト紹介文人、物、空間に視線を向け、光と影が織り成す場の空気感を切り取った写真を中心に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/05/30 17:13

airlike さんのブログ記事

  • 意外な所に満開の桜あり
  • 長野県高遠城址公園 にて何年か前に、別の場所へ桜を見に行った時もそうでした。意外と駐車場などの近くの方が、人混みに入る必要もなく、綺麗な桜を見ることが出来るのかもしれないと思うわけです。そしてこの後、体調が悪くなるなんて予想だにしませんでした。運転するのがとても辛かった (>_にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょっと残念な春の1枚
  • 長野県高遠城址公園 にて珍しく、定番の撮影スポットを楽しみに訪れたのですが、感じんの桜がまだ咲いてませんでした(涙)開花情報を見てから行ったのになぁ… 何かおかしいぞ!諦めきれずモノクロームで、造形美を写真することにしました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜の下で
  • 京都府八幡市の背割堤 にて何年も前から行こうと考えていた桜の名所へ、ドライブに行った時の1枚。青空と桜並木のコラボレーションを切り取りたかったが、その日は生憎の曇天であり、空を入れない構図にした。私は積極的に三脚を使用し、自分が面白いと思った場所で、じっくりとシャッターを押すべき瞬間を待つスタイルで基本的に写真を撮る。そのため、同じ場所にかなり長い時間立ち止まっている。そんな時、毎度のようにふと後 [続きを読む]
  • 瓜割の滝
  • 福井県三方上中郡若狭町天徳寺 にて去年の夏、ドライブの途中に道路標識で見つけ、ふらりと立ち寄った場所の1つが、昭和60年環境省に「全国名水百選」に選定された天徳寺の瓜割の滝だ。この日は夏だというのに曇天であり、辺りも木々が生い茂る場所のため、綺麗に光がまわっている。風が吹き止むのを待ちさえすれば、PENTAX K-1のリアルレゾリューションモードで写し撮るに申し分ない造形美だと確信し、シャッターを切った1枚。 [続きを読む]
  • The sunset of New Year’s Day
  • 兵庫県明石市にて撮影なんとなく夕日が見たくなり、自動車を走らせ明石海峡大橋の袂へ、元日の夕方に両親と共に行った。海からそれほど遠くない所に実家はあるが、母親は夕日が水平線に沈むのを観るのが久しかったらしく、新年早々に家族で有意義な時間を共有することが出来た。今時は、日の入り時間も簡単にインターネットで調べることが出来るようになったので、自然を被写体とする場合は大変便利だ。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 諸油問屋
  • 金沢の街を散策している時に、趣のある建物と遭遇しました。立派だな〜と見とれ、何枚か写真を撮った中の最後の1枚です。丁度、この写真を撮った直後に、右から左へ、マリオに変装しカート(キチンとナンバープレートが取り付けられていた)に乗った方が横切ったのです。(残念ながら写真は撮ってません…)目の前で、一瞬にして時代が交差したかの様な、複雑な気持ちになった思い出付きの写真です(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • Poles
  • つい先日、自動車で通りがかって見た光景が忘れられなかったので、写真にしてみた。何とも珍しい光景に思えてならない。視線の興味こそ、写真することの意味じゃないかと思うのです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蓮の花(Lotus flower)
  • 時期的には少し出遅れたが、去年見つけた場所へ、蓮の花を見に行ってきた。写真を撮っている時は、相変わらずご年配の方から良く声かけされる。何故だろうと、いつも不思議に思うのだが、未だに分からないままである。まぁ、写真することは、男女・年齢問わず幅広い趣味の1つだということにしておこう。話は変わるが、掲載した写真は何の編集も行っていない、撮って出しの写真だ。よ〜く観察すると、蜘蛛の糸が2本写っており、1 [続きを読む]
  • 意図を表現する
  • 『意図を表現する』簡単なようで、とても難しいことだと思うのです。『言うは易しするは難し』という表現がまさにピッタリである。もっと光を操ることが出来たら、より私の意図に近い形式で写真に残すことが出来るのだろう。まだまだ修行せねばならない。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • モノクロームであることの意義  〜釣り人(Angler)〜
  •  あくまでも個人的な考えを記した記事であることを、初めに断っておく。 少なくても、我々、人間の目はモノクロームではなく、カラーで物体が見えているはずである。フィルム写真だって、デジタル写真だって、今やカラーが主流といえる。 それにもかかわらず、好き好み敢えてモノクロームで写真を撮る人がいる。まぁ、私もその1人である。 ここで重要なことは、何故、敢えてモノクロームで撮るかである。 アナログのフィルム [続きを読む]
  • 雨降り
  •  梅雨の時期は、『今日も朝からシトシトと一日中雨降りか』と思うのが常であったが、ここ数年そうは思わなくなった。 俄雨のような日もあれば、激しい天候の変化を伴い急速に風速が変化するスコールとなることもある。その昔、歌人が詠んだ日本の風情は、徐々に様変わりしているのではないだろうか。そんな事を余所に、紫陽花は今日も綺麗に咲いていた。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 集い
  • 人が集う理由なんて、極単純な切っ掛けに過ぎないと思うのです。キーワードは「共通の〇〇」ではないかと思うのです。そんな私は、今日、写真展に行ってきました。写真展に足を運んだ各の方の本当の目的は、きっと異なるでしょう。しかしながら、「写真を楽しむ」ということは共通しているはずです。人は理性によって集う、いや生物として群れる習性に、意義を見出すのだと思うのです。 にほんブログ村 [続きを読む]