モーターサイクル日記 さん プロフィール

  •  
モーターサイクル日記さん: モーターサイクル日記
ハンドル名モーターサイクル日記 さん
ブログタイトルモーターサイクル日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/triumph-t100c
サイト紹介文モーターサイクルと日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/05/31 18:14

モーターサイクル日記 さんのブログ記事

  • DUCATI マッハ1 テストラン
  • 近くのお客様と違いマッハ1のオーナーは新潟なので、渡す前のテストランも長めに行う。出発前 12571mile少し走るとクラッチの切れが悪い、速攻調整。いきなりですが本栖湖 工房から70Kmくらい。そして帰還  12668mile走行距離が97mile およそ155Km正直ワタシの体格ではポジションがきつい。特に肩から首はなかなか辛いものがある(笑普段GSのような殿様ポジションに慣れてしまってるからなぁ。。。エンジンより人間の参ったテ [続きを読む]
  • 車検場にて
  • 整備の完了したR1100Sを、軽トラに積載して車検場へ。書類のチェックも済んで、コースに並ぶ。静岡陸運支局では大型車のコースに並び、検査官のチェックを受けてから二輪コースに並ぶ。ワタシの前は2トンほどのタンク車がいて、その後ろ2メートルほどにバイクを停車した。バイクの右側に下りて、前方の検査官の位置を確認してる時だった。いきなりピーピーピーとバックの音。まさか!? そう前のタンク車がバックしてる!バイク [続きを読む]
  • BMW R1100S 車検整備3
  • ブレーキホースの破裂したR1100S その後。ブレーキラインパーツが入荷した。マスターからABSユニットに入るライン1本 ABSユニットからRキャリパーまでのライン1本Lキャリパー用ライン1本  リヤブレーキライン1本だ。元のホースを外す。ABSユニットの連結部分Rキャリパー部分Lキャリパー部分リヤブレーキ部分全てのブレーキラインを交換して、ブレーキオイル入れ替えとエアー抜き作業。ABSユニットからもしっかりエアーを抜く。 [続きを読む]
  • アエルマッキ アラベルデ エンジン始動
  • 最後のエンジン始動作業に没頭していたので、写真を撮り忘れてる^^;ポイントカム軸のガバナー、これが破損していて点火時期が合わせられなかった。進角はやめて固定する。固定して試乗したがなかなか力強く走る。ライディングポジションはとても不自然だが、乗った感じは普段の足に出来そうな感じだ。簡単に動画を撮ってみた。アラベルデはこれで納車かな。アエルマッキ アラベルデ [続きを読む]
  • アエルマッキ アラベルデ エンジン始動に向け
  • バルブを抜く。バルブフェィスはこんな感じ。当然バルブシートも広く当ってて本来なら、シートカット フェイス研磨 ガイド交換はしたいところだが今回はエンジン始動の確認のため見合す。一応バルブ清掃と、擦り合せは行なって。エンジンを組み付けてキックしてみたのだが、なんともキックが軽い。コンプレッションが抜け気味なのか。ライトケースとテールブラケットの塗装も行う。ライトケースは塗装が割れてたのだが、剥がすと [続きを読む]
  • BMW R1100S 車検整備2
  • R1100S車検整備の続き。ブレーキキャリパーの清掃とモミ出しを兼ねた作業。中性洗剤と歯ブラシでブラッシング、このタイプは樹脂ピストンが入ってる。ラバーグリスを塗って組み付け。フルードを交換してやろうと入れ替え作業、最後にブレーキレバーを思い切り握ったら。バシュッ!!と音がして一気にレバーが抜けた。一瞬何が起こったのか理解できなかったが、左フロント側のブレーキホースが破裂している。モミ出し作業の時多少ホ [続きを読む]
  • BMW R1100S 車検整備
  • BMW R1100S車検依頼のついでに、気になる個所の整備や修正補修。何度かこのブログでも行っているハーネス被服の補修。タンクカバーなどを外し、アルミで出来たガソリンタンクも外す。すでに被服はボロボロ、この年式のBMWのお約束だ^^;ハンドルバー スイッチからの配線被覆もボロボロのチューブを出来るだけ取り除き、脱脂してからハーネステープを巻きスパイラルチューブで保護しておく。取り除いたチューブの破片は。。次回は [続きを読む]
  • アエルマッキ、アラベルデ
  • なかなかレアな車両が入車した。拙い記憶だとアエルマッキはイタリアの航空機会社で、戦時中は戦闘機などを主に生産してた。戦後三輪やオートバイの製造に着手していたが、60年代にハーレーに吸収されたと覚えていたが間違ってるかもしれないので、興味ある方はWikiさんで検索して欲しい。このアラベルデはクランクケースにもHDの文字はないし。ごく初期の頃の個体だろうか。修理依頼はエンジン関係電装関係で、要するに乗れるよう [続きを読む]
  • DUCATIマッハ1 修正他
  • 県外よりマッハ1修理の依頼。もともと工房で再生した個体なので、やった事は把握している。工房で仕上げた時より変更された部分がある。その一つ キャブレターマニホールドとインシュレーター。工房で制作したマニホールドから、別のマニホールドに変更されてる。ノーマルらしさを追求して交換したと思うが、インシュレーターが良くなかった。段付きマニホールドなら占め込んでもインシュレーターが潰れる事は無いが。このマニホ [続きを読む]
  • GX750 ミラー取り付け 他
  • GX750のバックミラー取り付け作業。ハーフカウルのため、ミラーを何処に取り付けるかが最初の問題。オーナーさんはカウル固定より、ハンドル側に取り付けたいとの希望。これが中々手ごわかった^^;右側はこんな感じでアルミブロックを削りだして。。。と書けば簡単だが。。工房のフライスはボール盤にXY軸テーブルが付いたようなモノなので、重切削が出来ずチマチマ削っていく。エンドミルの削り痕はペーパーで研磨して磨きだす。 [続きを読む]
  • GX750 エンジン始動確認
  • 細かな調整はまだ行っていないが、電装関係も終わり一通りのパーツが付いたのでエンジンを始動してみた。異常なメカノイズや白煙も無くホッと一安心^^今後キャブレター同調やジェッティング、点火時期やら細々作業していく。動画をUPしてみた。動画だとシャカシャカ気になるが、実際の音はかなり良い音色で少し回転を上げた時はレーシーな感じ。排気音も下品でなく丁度いい。KVID0599.mp4一つやり直し個所^^;チェンジペダルとサイ [続きを読む]
  • GL700始動に向け
  • 持ち込んだ時に抜けていたフロントマスターは、シリンダー内部の傷が酷く使用不可だった。キャリパーはピストン揉み出しで良さそう。キャブレターエアカットバルブのダイアフラムは溶けてドロドロだ。キャブレターインナーパーツキットでOH次は電装を仕上げて車検所得かな。 [続きを読む]
  • GX750 バッテリー他
  • GX750ハーネス周りも9割方完了し、バッテリーを搭載してみた。セルモーターも問題なく回るので一安心。テールカウル下は、レギュレター(一体式 ノーマルはレクチファイアと機械式レギュレターが付く)ウインカーリレー スタータースイッチが収まる。月曜朝に発注したモノタロウの被覆関係がいまだ入荷せず。。。。コレならマルツで買ってくれば良かった〜〜(-_-;)詳しくは書かないが、ガソリンコックも負圧式から手動式に改良 [続きを読む]
  • レアレア車 昭和の香
  • また一つ昭和の香りを放つモーターサイクルが入車した。ホンダGL700 巷ではシルバーウイングと呼ばれてたとか。今ググるとほぼビクスクがヒットするが。。。ゴールド シルバーとくれば、ブロンズは無かったのかなとしょうもない考えが(笑しかしこのGL700距離こそ出てないが、前オーナー?の修理の痕跡がいい加減すぎで一抹の不安が残る。とりあえずエンジン始動まで行いたいが。。。なぜかキャブのフューエルホースが無かったり [続きを読む]
  • GX750 配線編
  • エンジンの発電系、点火系部品が組み付いたところで、ハーネスの改造に入る。ノーマルのメインハーネスの状態を見て(被覆をすべて剥がし)再使用出来るところと作り変える個所を考えながら作業を始める。電装の配置を変えるので、配線もそれに合わせて切ったり伸ばしたりが必要。使わないところはカットしてしまう。こんな傷んだカプラや端子は交換していく。この配線作業は地味だけど、非常に長い時間がかかる。フレームに沿わせ [続きを読む]
  • GX750 各部仕上げ組み付け
  • 前記事?http://blog.goo.ne.jp/triumph-t100c/e/8c9610763d4db922003ac360c3c70e06切り出し状態のキャリパーサポートを、肉抜き研磨して完成させる。もちろん強度は確保して要らない部分を削る。右側左側これは次回の宿題^^ボトムケースの径が合わなかったため、細工して内径加工。エッジで手が切れそうなので丸めていく。マフラーを取り付けてみる。エキパイの流れキレイですねぇ〜〜リヤからマフラーサイドこれからは仕上ったパ [続きを読む]
  • GX750 エンジン合体編
  • エンジンはヘッドまで組み付け、なるべく軽い状態でフレームに合体させる。エンジン合体は応援を頼もうかと思ったが、オイルパン代わりのアルミ板のお陰で横移動がし易くフレームを殆ど傷付けることなく乗せることが出来た。左リヤ側自作ロングソケットの出番。クラッチケースまで組み付け完了。だんだんモーターサイクルらしくなってきた。 [続きを読む]
  • GX750 エンジン塗装
  • GX750のエンジンは入車時始動確認済みで、異音はクラッチ以外は確認出来なかった。その事も踏まえてクランクケースは割らずにペイントで仕上げる事にする。脱脂とマスキングは入念に。オイルパン部分はアルミ板でざっと制作しておく。このアルミ板がエンジンをずらしたり、置いたりする時に役立つ。ペイントエンジンを吊って行なったが重さで絶句(笑使った塗料は?Top Heat通常の耐熱塗料と違い、ガソリンなどの耐性もある。これ [続きを読む]
  • XS650SPL その3
  • 前記事?XS650SPLその2クランクベアリングの入れ替え外注作業が完了して(1か月以上かかった)、組み付けも終えたXS650SPL。まだ車検所得が残ってるけどほぼ目途が付いた感じかな。このベアリング4個交換のためフルOHの羽目に。。。でもエンジン音も正常になって、これから長く乗れるでしょう。^^ [続きを読む]
  • スイングアーム加工
  • NSRのスイングアーム加工を頼まれた。今年に入ってステムシャフトの入れ替えや、シートレールの加工など細かな加工を依頼されてる。今回はスイングアームに、キャリパーサポートのトルクロッドエンドを付ける。工房の溶接機は強力な奴でないので、まずスイングアームに熱を入れる。水冷式トーチなんて最高なんだろうな〜。工房ではトーチが真っ赤になると、冷えるまで休ませ休ませ溶接していく^^;取り付けてみた。しっかり溶け込 [続きを読む]
  • GX750  エンジン編
  • GX750のエンジンだがかなり重い。今までやった同排気量4発より重いのではないか?シャフト対応のフロントギア部分などがあるから重いのか?実際に重さを測ってみたいものだが。。。ヘッドカバーを外すと二本のカムシャフトが現れる。ヘッドを外すにはカムチェーンを切らないとならない、切らずに外せれば楽なのだが。。カム山など痛みは見られない。ヘッドを外し燃焼室のチェック、#3インレットが多少オイリーだがステムシールで [続きを読む]
  • GX750 フロントフォーク他
  • GX750のフォークインナーチューブは、年式の割には良い部類だが流石に錆びた物は使えない。最初の状態↓福岡の東洋硬化様にハードクローム再メッキ依頼。2週間ほどで仕上がってきた。早々に組みつけてみる。う〜〜〜ん!! 新品のようで大満足!ついでにデフも取り付けてヤマハのXSやTX650と同じセンタースタンド。このスプリングを引っ掛けるのに、人力だとかなりの難易度。工房ではこんな感じでここまで簡単に伸ばせるので、あ [続きを読む]