涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアル さん プロフィール

  •  
涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアルさん: 涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアル
ハンドル名涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアル さん
ブログタイトル涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアル
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bao0722ceo
サイト紹介文一日の中で心の中に長居した気持ちや考えを詩にしてます。泣きたい日涙が流れない大人にいつの間にかなった
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/05/31 22:14

涙流れるままに 〜揺れるスピリチュアル さんのブログ記事

  • 私の生きる理由
  • 私は夢を見るために生きているのであろうか毎夜ではないけれども偶に倖せな夢を見る現の籠の中では味わえないようなふわふわした酔心は夢の宙(そら)の中だけ [続きを読む]
  • 勝手だね
  • 誰も知らない何処か遠くに行きたいと切に願っていたなのにいざ実現したら自分を知る人のいない事への寂しさに思いが溢れ故郷を恋しく想う勝手だねみんなが持っていたりCMに刺激されたりして前からどうしても欲しいと強く思ってたなのにいざ実現したら手に入れた事に満足して日常を変化させる事も嫌い数日後には箪笥の肥やし勝手だね何度断られふられても未練引き摺ってずっと思い続けていたなのにいざ振り向いてもらえたら恋の炎は [続きを読む]
  • 為の行き先
  • 壊す為に造り別れる為に出逢う失う為に得て悲しむ為に喜ぶ曲がる為に伸び落ちる為に登る後退する為に前進して消える為に現れる眠る為にに活動して忘れる為に覚え知る [続きを読む]
  • 無かったこと
  • 心の毒となり 心に悪しき哀しくなるような 出来事は無かったこと 総て無かったことにすればいい 忘却の彼方へ置き去りにして 無かったことにすればいい 出逢わなかった 出逢った記憶は幻か夢 真実(ほんとう)は 出逢っていない ただの思い込みだって 自分の心を整頓すればいい 踏み出した足を元に戻して 無かったことにすればいい 烏が持ち去ってくれたらいいのに 雪解け水と一緒に川へ 流れてしまったなら [続きを読む]
  • いったいどこまで墜ちて行くのだろうか今いる場所が底だと思っていたのにまた墜ちる高みに登ろうとしてさらに底に墜ちる這い上がろうと見上げる先は90度の絶望だ [続きを読む]
  • 晴れ雪
  • 晴れた日に降る雪は涙を流しながら笑顔を偽造(つく)るかのようだ晴れた日に降る雪は哀しみのスイッチを刺激する晴れた日に降る雪青空が透けるほどの薄っぺらい雲から流れ落つる涙晴れた日に降る雪地面に落ちる前に既に日差しで溶け雨と化して着地する晴れた日に降る雪冷えた冬を舞台とした狐の嫁入り晴れた日に降る雪喜んだ後の悲劇のように哀しみが詰まっている [続きを読む]
  • 変な世界
  • 変な世界モノクロの色のない世界変な世界すべての物が氷でできた世界変な世界毎日雨が降り続く世界変な世界妖怪と人間が共生する世界変な世界心の声がイヤホンから聴こえる世界変な世界前を向いても後ろを向いても同じ景色が広がる世界変な世界正義が勝者になれず不条理だらけの今生きているこの世界 [続きを読む]
  • もしもあの時
  • もしもあの時ああしてたらこうしてたらって思うことがあるけれど過去に戻ってやり直せたとしても結果は今と変わらない自分の根本が変わってないのだから結果も変わるはずがない過去に戻って結果を変えれる人は過去に戻らずに今を変化できる人今を変えれたら過去に戻る必要もない [続きを読む]
  • 蛙(かわず)
  • その気になったら洒落た小説が書けそうな気がしたり少し習えば管楽器や弦楽器が演奏できそうな気がしたり時間と気力があったら油絵や水彩画が描けそうな気がしたりもう勉強したら弁護士や行政書士の資格が取れそうな気がしたり人脈があったら音楽の曲の提供やアイドルのプロデュースができそうな気がしたり機会があったらプロ野球の敏腕投手の豪速球が打てそうな気がしたり過去に戻れば栄光を掴めそうな気がしたりすべてそれは大き [続きを読む]
  • キレイ事
  •   海底に長い間 沈む錆びきった鉄屑が ダイヤモンドで一度や二度 削っただけでは 落ちないように 汚(けが)れた心は キレイ事を ひとつふたつ並べただけでは 決して澄むことは無い 腐敗した心に キレイ事は 満腹時に見る食べ物のように 拒否反応が起きるだけ 泥々の心に キレイ事は 嘲笑の材料でしかない 錆びや汚(よご)れや腐った心に キレイ事は 幻想(ゆめ)物語 [続きを読む]
  • 心に刮目
  • 己が心に刮目せよ他人は欺けても自分は欺けないのだから己が心に刮目せよ真実の自分を見つけるのは占い師や心理学者でもない自分だ己が心に刮目せよ生涯一番長く付き合うのは自分なのだから [続きを読む]
  • 理(ことわり)
  • やる気を引き出せない理由はそこに理(ことわり)が無いからだイコール無理なんだ何の為にやるのか何の為にのやりたいのかはっきりした理(ことわり)が必要なんだ何をしたらどうなるとイメージできる筋道がつけれたなら気力も芽生える [続きを読む]
  • 気持ちに心がついてこない
  • 気持ちに心がついてこない心は亀で気持はウサギのようだ気持ちに心がついてこない気持ちより心の重力は大きいのだろうか気持ちに心がついてこない気持ちばかりが先を歩き心は後退り気持ちに心がついてこない気持ちは向上の地点にいるのに心は面倒がり動かない気持ちに心がついてこない [続きを読む]
  • 心底良い人
  • 心底良い人なかなかいない心底良い人見てるだけで涙が溢れそうになる心底良い人どれだけ辛酸辛苦味わったのであろうか心底良い人オーラが温かい心底良い人苦行を終えた仏様のようだ [続きを読む]
  • 人それぞれ
  • 沈まぬ太陽も昇り続ける月もないいつも活溌に見える人も落ち込むことはありネガティブに感じる人もテンションを上げる事もあるどんな人も昼夜の如く晴れ間も闇夜もある傍から見て些細な事も致命的な事も当人にとっては巨大な熊であったり矮小な蟻であったり感じ方は人それぞれだ自分だけが悲劇のヒロインだなんて虚観だ空も大地が同じであっても見えている世界は人それぞれだ [続きを読む]
  • 訪問者
  • 喜びは律儀な紳士だ必ず訪問する時にはノックをしてやってくる哀しみは礼儀知らずの無法者勝手にドアを開けて突如としてやってくるノックの音を聞き逃すと喜びは帰ってしまうよドアに鍵をしめていても哀しみは容易に侵入してくる哀しみから逃れるために隠れていると喜びと出逢えない堂々としてればいい哀しみから逃れられないけれど喜びとの出会いを逃さないように [続きを読む]
  • 心の夜空に認(したた)めて
  • 心には夜空が広がる満ち欠けを繰り返す大きな野望ひとつと無数の小さな希望成就して失う光は乏しく認(みと)める事で諦め光は滅していく彗星のように燃焼して小さな塵となり新しく生まれた希望に纏わりつく認(みと)める事は星が小爆発する如くエネルギーが要る認める事は時間をかけてじっくりと見留めること無惨なモノは誰も見たくない目を逸らしたくなる凝視に耐えない凄惨な事実を見留めるひとつひとつ見留めていくと涙こみあ [続きを読む]
  • なぞなぞ
  • 離れたくてもずっといつも側にいて離れないもの無意識のゾーンにあってもバックグラウンドで継続して活動しているもの生まれた時から現在まで一緒にあるもの隠し事もできなくて嘘もつけない唯一の存在どんなに大きな失敗をしても同じ過ちを繰り返しても見放すことができないのもの答えは自分自身だ好き嫌いの云々で物語らずに本気で向き合いぶつかり続けなければならない相手は自分自身だ [続きを読む]
  • 良かれ
  • 良かれと思ってやったことの結末は失敗になる良かれと思っての時点でただの軽い推測だから推測の段階で行動に移すのだから結果は失敗になるよね喜んでもらえる確信のあることに良かれと思うとは使わない単に根拠のない推定が良かれなのだ良かれと思ってやったことに結果喜ばれないことに苛立つのは身勝手だ [続きを読む]
  • なんでだろう
  • なんでだろう本当に手に入れたいモノほど報われないのはなんでだろう真剣に向かい合うほど離れていくのはなんでだろう手応えを感じたコトほど空振りするのはなんでだろう強く念じるほどに失っていくのはなんでだろう [続きを読む]
  • 月の道
  • この先を辿れば君に逢えるのであろうか海面に渡る月の道闇夜に響く潮騒のメロディーあの日の君の鼻歌月の道の先で再び聴けるのであろうか月の道に続く魅恋(みれん) [続きを読む]
  • 開き直りの唄
  • どうせ全然成長しないやつだって思ってるんじゃない真剣にやっていないんだから当たり前じゃん条件を優遇してくれたならばもっと真面目に取り組むよ少しの間はね真面目に取り組む事にすぐに飽きるし馬鹿らしくなってそれがまた当たり前に思えてすぐにまた元のグズに戻るよ辞めたらいいじゃんって思うでしょでも次を探すことさえ面倒で新しい事に挑戦するリスクに慄きやる気はないけど取り敢えずここにいるんだやる気がないから同じ [続きを読む]
  • 理由
  • 涙を流すのは傷ついた心を癒やすため悲しみに乾き罅割れた心に涙は水を注ぐ嬉し涙は喜びと悲しみを感じる場所が同じ場所で衝動も似ているから錯覚して流れるんだ寂しさや虚しさは誰かを求めたり何か行動をする為に必要な引き金としての役割があって本能なんだ怒りは突発的に自己防衛する為のバリケードどんな気持ちにも理由がある [続きを読む]