あわきび さん プロフィール

  •  
あわきびさん: 認知症になった夫との日々の記録
ハンドル名あわきび さん
ブログタイトル認知症になった夫との日々の記録
ブログURLhttp://awakibi.blog.fc2.com/
サイト紹介文認知症になった夫との日々の生活、認知症を呈する病気とその治療方法、介護方法、さまざまな葛藤など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/06/01 18:51

あわきび さんのブログ記事

  • 歩こう〜、歩こう〜、私は元気〜!
  • 昼食後、私がのんびり読み物を読んでいたら、例によって、夫は「自分の居場所がない感じ」にとらわれ?そわそわ落ち着きがなくなってきました。私が、そんなことにお構いなく読み物に集中していると、夫は部屋着の上に、もう一枚着込んでいます。そのうち、階段を下りて、玄関のドアを開ける音が・・・。あ、これは、追いかけねば・・・慌てて階下に降りてドアを開けると、夫の後ろ姿が見えました。 (玄関先に咲くケマンソウ [続きを読む]
  • 『わすれな草』を、あなたに
  • 今日の東京は寒くもなく、暑くもなく、晴れていてお出かけ日和。夫を車椅子に乗せて、渋谷へ映画を見に行きました。東京に住んではいるが、渋谷なんて、とんと縁がない。なんか異邦人であるかのような居心地の悪さを感じるから。でも、見たい映画が、渋谷でしかやっていない。夫が珍しく早起きできたので(と言っても、午前7時頃)、午前10時30分開始の回を見よう。外出する前には、とにかく、トイレ、トイレ。本日2回目のお [続きを読む]
  • やはり「遺産分割協議書」を作成した方が無難らしい
  • 今日、税理士から電話があった。先日、夫の実家の借地権を義妹に譲渡する問題で相談に行った税理士だ。あの後、税理士が調べた結果、亡義母名義のままになっている未分割の不動産(借地権)について、夫が自分の相続分を義妹に譲渡する方法には2つのリスクがあるとのことだった。1つは、税務署が、「相続分の譲渡」ではなく、義妹への「贈与」と認定する可能性は低いかも知れないけれども、ないとは言えない。つまり、「相続分の [続きを読む]
  • 夫の実家の借地権処分問題
  • 夫の実家は、借地上に義父名義の建物を建てた。その後、義父が死亡した際に、義母と兄弟姉妹で共有する形での登記を経た。義母が死亡した時には、何の手続きもとることなく、現在も義母名義が残っている。実家の建物には、現在、末の義妹が内縁の夫と住んでいる。 内縁である事情は詳しくは知らない。 おそらくはそれぞれに子供があるので、相続関係でもめたくないからではないか。 兄弟姉妹間では、義妹の夫として認知されてお [続きを読む]
  • 無事帰りました
  • 午後5時過ぎに電話がなった。母からだ。「もう、お父さんをタクシーで連れて帰ってきたから。」バスは午後4時に到着したので、父のショートステイ先に電話をして、明るいうちにタクシーで迎えに行ったのだという。念のため頼んでいたショートステイでの夕食も、キャンセルしてかまわないと言われたので、6時の夕食を待たずに帰ってきた次第。やはりこの方法で良かったのだ。母のバス旅行は老人会のグラウンドゴルフ部(?)のも [続きを読む]
  • 母のバス旅行と父のショートステイ
  • 母が明日から一泊二日で、老人会のバス旅行に行く。それに併せて父はショートステイに一泊二日の予定。ところが、ショートステイの送迎が問題だ。初日の集合時間は午前8時半で、二日目の帰宅時刻は午後5時予定。まず、通常のショートステイの迎え時間は午前10時頃だそうだが、特別に午前8時50分頃にしてもらった。母は8時15分頃に家を出る予定なので、30分ほどの間だ。しかし、送り出し時に誰もいないわけにはいかない [続きを読む]
  • 雨の中、傘もささずに、父徘徊す
  • 今日は午後から雨があがるという予報だったのに、正午になっても雨は止まない。昼ご飯は外で食べようと決めていたので、やむなく雨の中、夫と相合い傘で、距離にして200メートルほど先の焼き肉店へ。傘を持って歩くので、今日はウォーキングポールはなし。しかし、夫が傘の持ち手にぶらさがってくるので重い夫を抱えるようにして、15分ぐらい?で到着。少し雨に濡れたけど、気温は低くなかったので、大丈夫。七輪でお肉を焼いて [続きを読む]
  • 今日も誰かが呼んでいる
  • 今日は午前中10時半頃から夫を車椅子に乗せて、地下鉄、徒歩、コミュニティバスなどを使ってあちこち行って、大名しだれ桜を見たりして、午後4時半頃に帰宅。夫は車椅子に乗っているとは言え、家で寝ているのとは違って、ずっと外を移動しているので、それなりに疲れているはず。自宅に戻ったら、きっと一眠りするだろう・・・ところがどうしたことか、夫は眠るどころか、何度も何度も、掛け時計を見ては、「もうそろそろ出かける [続きを読む]
  • うんの良いお花見日和
  • 昨日、犬の散歩から帰ってきたお隣さんが、「もう桜が9分ぐらいになっていましたよ」と。えぇ? なんとなく寒いから、まだまだかなって思っていたのに。早く行かなくっちゃ、桜が散っちゃうかも〜慌てて今日、夫を車椅子に乗せて、神田川沿いの桜を見に行った。神田川沿いに着いてすぐ、夫がトイレに行きたいと言う。公園内の公衆トイレに行くと、車椅子用は使用中。仕方がないので、車椅子から降ろして夫だけを男性トイレに行か [続きを読む]
  • 父の定期預金を解約しました
  • 父の介護問題は、勤務中に父から「銀行にお金がなくって、電気代が払えないから、保険を解約したんだよ。」という電話で始まった。「電気代が支払えない」?にわかには信じがたい言葉。その後、すったもんだあったあげく、通帳の取引履歴を見たら、毎月50万、100万単位で引き出されていて、あっという間に残高がほぼ0円に。保険の解約返戻金の40数万円も戻ってきた翌日には、全額引き出されていた。何に使ったのかも不明。 [続きを読む]
  • ティシューペーパーを延々と引き出す夫
  • 今日のお昼は手作り雑穀ピザにすることにした。  水を多めにしてモチアワを炊き、塩をやや強めに入れて「なんちゃってチーズ」のできあがり。  ピザのトッピング用に、ひじきのマリネを作りました。  ピザの生地は、小麦粉(中力粉)に塩を入れ、 なたね油とお湯でこねて。 写真でめんぼうが移っていますが、実際はめんぼうは使わず、 手で丸く伸ばしました。 直径20センチのピザ生地が焼けました。&n [続きを読む]
  • ミュシャ「原故郷のスラヴ民族」に見る顔の表情と同じ
  • 夜2回目のトイレ(私が尿瓶で取る)に夫が起きた時に、 目が赤くなっていたので、点眼薬(ガチフロ抗菌薬)を差した。「右目に霧がかかっているようだ」と夫が言った。はっきり「き・り」と指文字で表し、「ぼやけて見えない」という手話。う〜ん、霧視(むし)は、虹彩炎(ぶどう膜炎)の症状。4日前に眼科受診した際に、炎症はおさまっているが、眼圧が高いので、 一日2回差していたステロイド目薬(リンベタ)を止めて、  [続きを読む]
  • 猫の様子と、夫の眼科受診
  • ご心配おかけしている猫のミルクの様子ですが、今日はいつもどおりに過ごしていたように思います。いやいや、気のせいか、いつもよりちょっと、甘えた声で鳴くことが多かったようなのが、気になります。猫って、すごく我慢強い動物なので、かなり痛くても、走ったり、飛び上がったりしますから。ミルクは麻痺を起こしたのではないようです。獣医が言うには、脳梗塞のような麻痺の場合、そもそも足が上にあがるということがなく、ダ [続きを読む]
  • 猫のてんかん様発作か?
  • 今晩は玄米を炊こう。圧力鍋を火にかけ、お湯が沸いてきたところで、玄米を投入。それからふたをしておもりを乗せ、おもりがシュンシュン動き始めたら、15分間タイマーをセットする・・はずだった。テーブルの上で、ガタン!という音がしたので、振り返ってみると、テーブルの上で、猫のミルクが片足をへんにバタバタと上げながら、踊るかのように、よろけている!?? 脳梗塞? けいれん? てんかん発作?ホオ〜〜ンミルクも自 [続きを読む]
  • 「仲良く!」だって
  • 今日は夫の家の菩提寺にお墓に参った。自宅から菩提寺までは、私が夫を車椅子に乗せて押していけば40分ぐらいの距離のところを、今日は小規模多機能居宅介護サービスの車でお寺まで送ってもらった。いつものお彼岸は、兄弟姉妹、各々でお参りをするのだが、今回は、夫の妹夫婦(内縁関係)とお寺で待ち合わせて一緒にお参りをすることにした。以前もブログに書いたことだが、このお寺は谷の傾斜地に立っており、尾根にあるお寺か [続きを読む]
  • 介護者リフレッシュ等支援事業
  • 昨日は、指名したヘルパーさんに自宅に来てもらいました。このヘルパーさんは、夫と同様に耳が聞こえない人で、夫と手話で会話ができます。小規模多機能居宅介護センターを利用する以前、夫が「要支援」の頃、約5年にわたり、自宅に来てもらって、夫と一緒に主に調理をしてもらっていました。でも、小規模多機能居宅介護サービスの利用を開始すると、他の事業所のサービスを受けられなくなるので、手話のできるヘルパーさんに定期 [続きを読む]
  • 最近の様子
  • 久々にやらかしてしまいました。洗濯機を開けてみたら、透明なつぶつぶが洗い上がったものにいっぱいくっついています。え〜、どうして?洗濯物を出してみると、下の方から、重く水を吸ったリハパンが出てきました。最近は、布パンツにパッドにしていることが多かったので油断しました・・・○| ̄|_一昨日の夜、入浴中、夫が、「なんだかヘン。身体の骨がぱらぱら外れたような感じ。」その後、突然バスタブから立ち上がり、「あ〜 [続きを読む]
  • 桃の節句のお告げ?
  • 今日は桃の節句だけど、我が家は特別なことは何もしなかった。夜、夫に日記を書いてもらう。いつもは、私が書くべき文を手話で表して、それを書き取ってもらう。ところが、今日は、夫はペンと執ると、いきなり何かを書き出した。それが これ ↓今日は桃の祝日。女の子の心をもっとやさしくしてね。今日リはすべての幸わせの兆である。一人も強く4握って先の道を足を早くしながら、走りながら、ケンカは無意味だろう。竜ある道を [続きを読む]
  • 2017年「猫の日」に寄せて
  • 今日の午前中は、私が体操教室に行っている間、夫は小規模多機能デイへ。私が帰宅してからデイへ電話をし、昼食を済ませた夫が帰ってきた。連絡帳を見ると「筆談をしても通じないことがありました」と書かれていた。どういう筆談でのやりとりがあったのかわからないが、夫は「妄想の世界」に入ってしまうと、何を言っても(手話で)、こちらの言うことを理解しない。あるいは、文章を読んだ途端に忘れてしまい、内容把握が困難にな [続きを読む]
  • 認知症になった夫が綴る日記 今、9年目
  • 夫が認知症と確定診断されてまもない頃から、夫は「三年日記」を付けている。下のピンクの日記が2009年から2011年、真ん中の茶色いのが2012年から2014年、一番上が2015年から2017年で、現在、使っているもの。夫が認知症を発症してから、夫の状態を記録をしておこうと思った。パソコンで日記のように綴ってみたが、できなくなったことをあれこれ数えるような感じがして、やめた。できなくなったことを数え [続きを読む]
  • バレンタインの贈り物
  • 今日はバレンタインデーだから、なんちゃってトリュフチョコ」を作りました。チョコレートなし、砂糖なし、生クリームやバターなしで・・・今回、私が使った材料は下記のとおり。 高きび(コーリャン) 麹 塩 キャロブ(いなご豆のさやの粉) ココナッツパウダー 桜花塩漬け これが↑高きびです。小学校の時に、世界で生産される穀物に「コーリャン」とありました。アフリカや中国にたくさん。その「コーリャン」がこれ [続きを読む]
  • シュール(超現実)な人と、ともに生きる
  • 最近、夫は、昼間もウトウト眠っていることが多い。目覚めたら、目覚めたで、夢の続きのような妄想話になる。でも、これは仕方がないことなのだ。現実世界のことで、夫が正確に記憶できることは、ほとんど何もないのだから。現実世界が記憶できないという異常事態に、脳は何とか対応しようと頑張る。自分の頭に浮かんだこと(過去の記憶から構成されるもの)を「現実のものとして」、話をしたり、行動したりする。現実世界に生きて [続きを読む]
  • 介護者自身の健康:特定保健指導を受けてきました
  • 介護者の多くは、なかなか自身の健康管理に手が回らない。仕事をしながら介護している時は、夫の通院に付き添うために半休を頻繁にとらせてもらっていたので、自分の具合がちょっと悪くても、身体に気になることがあっても、仕事を休んで病院に行くというのが憚れた。介護のために仕事を辞めた今も、なかなか・・・。自分の健康がおろそかになりがち。今日も、気候のせいもあるかもしれないけれども、首の後ろから後頭部が痛く、重 [続きを読む]
  • 節分にあたり鬼の画を描く
  • 節分過ぎましたが、夫が描いた鬼の画をアップしたいと思います。節分を前にした1月30日に、「鬼の画を描いて!」と言って、夫にA4の紙とサインペンを渡しました。最初に、左上の方にコチョコチョとゴミのようなものを描いて、これが鬼の画だと言うので、もっと紙一杯に大きく描くように言って、描き直してもらいました。↓ 私は「鬼の画を描いて」と言っただけなのですが、夫は「泣いた鬼」の画を描きました。なんだかずい [続きを読む]
  • 落馬をしたら、すぐ馬に乗れ
  • 前回の記事「「お通じ注意報」また活かされず・・・(ノ_<)」を書いた翌日のこと。夫と共にランチに出掛けた。歩行練習を兼ねて、夫にウォーキングポールを両手に持たせて、150メートルほど先のレストランまで。美味しいランチを食べ終わって、私はトイレに行った。夫に「トイレは?」と訊いたが、「まだ・・・」と。ゆっくり歩いても10分ぐらいなので、大丈夫だろう。とは言え、帰り道、夫の足はスムーズに動かない。夫の歩みには [続きを読む]