マミー☆ さん プロフィール

  •  
マミー☆さん: 失恋による自死を防ぐために
ハンドル名マミー☆ さん
ブログタイトル失恋による自死を防ぐために
ブログURLhttp://love-addction.seesaa.net/
サイト紹介文30歳の娘は、失恋して自死(自殺)しました。母親としての苦しい胸の内を吐露しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供756回 / 365日(平均14.5回/週) - 参加 2015/06/02 06:31

マミー☆ さんのブログ記事

  • 美術館特集。
  • 無料誌が新聞に挟まっていた。全国の美術館が特集されていた。あの子は美術館や博物館が好きだったなー。小さい頃、ヨーロッパであちこちの美術館や博物館に連れて行った。子供達はその頃は美術館より博物館が好きだった。確かに博物館の方が子供にとっては面白いだろうな。大きくなって、元婚約者さんと美術館デートをよくしていたな。彼も芸術好きだったから。ハワイでもわざわざ行っていたし。そんな楽しみも二人でしてみたかっ [続きを読む]
  • 嫉妬深いなら。
  • 彼は自分のことを嫉妬深い人間だと言っていた。前の彼女の時は、さんざん嫉妬をして疲れて別れたと言ったらしかった。彼は嫉妬をしないと燃えない人間なのかもしれない。だから今の妻には燃えられなかった。(あ、これは違うかもしれない。他の要因もあるかも。3つくらい思いつく。当たってるかどうかは別として)彼が嫉妬深い人間なら、少しは娘の気持ちを分かろうものを。確かに娘は嫉妬深いっていう感じではなかった。だけど婚約 [続きを読む]
  • 死ぬよりも。
  • あの子は医者として学んだ知識を活かして社会に還元したいとは考えていた。ただ、あまりにも死に繋がる診療科は鬱に繋がったかもしれないなと思う。医師としての学びと知識を活かしながら、あの子らしく社会に貢献していく方法はあったのではないか、と思う。学校時代から生徒会の役員をして、学校をよくしよう、生徒の役に立とう、社会に役立とうとしていた。釜ヶ崎の人達のための手編み帽子作りの数を増やす工夫もしていた。ボラ [続きを読む]
  • 娘の勘違い。
  • 彼が娘に好きです、愛してます、ずっと考えています、と熱烈なLINEを送ってきて、娘は勘違いをし始めたようだ。男は新婚でも二股ができてしまう動物なんだ。それを娘は弱った心で誤解してしまった。アホやったよねぇ。彼に惹かれる自分のアホさには気付いていたけれど、彼のことは純粋で優しくて、彼女に放ったらかしにされてる可哀想な人だと誤解してしまっていた。彼は放ったらかされたい人だったのに。 [続きを読む]
  • ちゃんと長所を見抜いた上で。
  • 元婚約者さんも、最後までケアしてくれた医師も、あの子の美質を見抜いていた。見た目の可愛さだけでなく。 とても鋭い。 邪悪な人は自分の邪悪さを相手に投影してしまうのだろう。理解の範疇は自分の思考の中にあるから。娘は最後の彼のことをピュアな人だと思ってしまった。それはあの子の思考の範疇だったから。世の中にはそうではない人もいることを、あの子は気付いていたけれど、彼は自身の非常識に気付かないネジがぶっ飛ん [続きを読む]
  • イノセントの邪悪。
  • 誰かが安倍昭恵さんのことをイノセントの邪悪と書いていた。まぁ、それは言えるかもしれない。人柄の良いバカ。これが一番始末に困るとか。娘も彼をイノセントだと思っていた。イノセントどころか、自分をイノセントだと勘違いして邪悪をもたらすバカな人だったのだ。残念だ。 [続きを読む]
  • そんなこと、思わないで。
  • 娘のアメリカの親友が時々メッセージを下さる。励ましてくださる。この前、彼女は「自分が幸せを感じる時、申し訳ないなと思ってしまう」と書いてくださっていた。彼女は娘に何も悪いことはしていないのだし、むしろ娘が悩みを打ち明けた時に一生懸命アメリカからメールして下さっていた友達だ。何も彼女が申し訳ないなんて思う必要はない。申し訳ないと思う必要がある人は彼女ではない。 [続きを読む]
  • 最後まで諦めない。
  • 稀勢の里の優勝には感動した。最後まで諦めない強さ。スポーツマンの極致だ。あの子だって諦めたりしないで欲しかった。恋愛にもトコトン頑張ったと思う。あの子の精一杯をやったんだと思う。愛しい。だけど、彼じゃなかったんだよ。あなたの誠意を尽くす相手は。彼みたいな大嘘ついても、それに気付かない馬鹿男なんかをピュアな人だと勘違いするだなんて。まぁ、その前の医師も最悪だったけれど。騙し屋だ。一人だけ参考書をゲッ [続きを読む]
  • 「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」⁈
  • この本の中身は読んでいない。きっと自殺を思いとどまった話だろう。だけど、この言葉は無いかなぁと思う。もし死にたい時に、親がそう言ったら、「じゃあ、いいのね」って死んでしまうと思う。本心はその反対の気持ちで言っても、死にたい人には免罪符を与えられた気持ちになるような気がする。「死んではいけない。死んで欲しくない」と言わないといけない気がする。 [続きを読む]
  • 梯子外し
  • 娘は恋愛で辛い思いをしてきた。大学2年の初恋の人には海外志向は僕には無いと振られ、結婚の口約束をして初めて身体を許してしまった大学6年の彼には浮気をされ続け、そして元婚約者の御家族とは合わなくて精神的負担が大きくなって婚約解消をしてしまった。その後の婚活では医師の仕事への無理解を思い知らされた。そんなところへ、同じ医局医師からの騙し。強いダメージを受けていたところへ、最後の医師のダメ出しのようなひど [続きを読む]
  • 痛みについて。
  • 昨日、痛みの治療についてテレビでやっていた。石川県の加茂先生という方が出ていらして、この先生については私もネットで知っていた。娘が線維筋痛症で苦しんでいた時に、調べまくっていて見つけていた。娘の場合は心の緊張や押さえ込んだ怒りが、無意識の身体の緊張をもたらし、それを痛みとして感じていたんじゃないかと、今の私は推測している。しかし本人にとっては激痛だし、耐え難かったんだと思う。彼は娘にとっては、心の [続きを読む]
  • 神経質なんかじゃありません。
  • 娘の親友が書いてきてくださっていた。◯◯◯ちゃんは神経質なんかじゃありません、と。優しくて真面目で繊細なんです、と。確かにそうだ。それにしても、なんて彼らは女好きなんだろう。女たらし。確かに可愛い子には心惹かれるのが男なんだろう。昨日も「美人すぎる◯◯」というのをテレビでやっていて、私もつい見ていた。何かに打ち込んでいるピュアな美人たち。可愛いなぁと私も思った。まぁ、うちの子はここまで美人ではなか [続きを読む]
  • 辛い。
  • 母の携帯に妹からのメールが来た。妹一家の写真があった。妹夫婦と二人の娘たち夫婦とそれぞれの赤ちゃん。2+3+3人辛い。辛過ぎる。なんで、あの子は私にそんな親不孝をしたんだ。なんの恨み? いや、そんなことを言ったら夫に叱られる。あの子が悪いわけじゃない。悪いのはアイツだ、と夫は心の底で思っているに違いないのだから。私のせいでも、娘のせいでも、ましてや夫のせいでもない。娘が自殺したのは、ひたすら彼の [続きを読む]
  • あ〜ぁ、私の大失敗。
  • なんで、私はあの子の恋心を止めてやることができなかったのか。危険に足を踏み入れそうになっているのに、それは危険だから離れなさいと強く言ってやれなかったのか。本人だってとても不安だったはずなのだ。だから当初から私に事細かく話していたんだ。最後の彼との身体関係については何も言ってくれていなかったけれど。言えなかったんだろう。私が怒ると分かっていたから。あぁ、なんであの子の恋心に冷や水をぶっかけてやれな [続きを読む]
  • 長女の言い間違い
  • 長女は妹が生きている時から、よく旦那さんに間違えて妹の名前「◯◯◯」と呼び掛けていたらしい。一番夢に出てくるのは妹だと、よく言っていた。それだけ心配していたんだろう。気になる存在だったんだろう。そして昨日は、生後2ヶ月の息子に「◯◯◯、おしめ替えようか」って言ってしまったらしい。長女は本当に妹のことを可愛がっていたんだなと思う。私達にとって愛しい愛しい存在だった娘。30年間、家族の愛情を受けて育った [続きを読む]
  • 器用さの遺伝。
  • 考えてみれば夫の家族は皆んなとても器用だ。夫の父は物作りや道具作りがとても上手だ。電動ノコギリなどもかつては使って色々作っていた。夫の母は漬物コンクールで優勝もしているし、なにせ字が非常に上手だ。今でも筆書きが抜群に綺麗。夫の姉は刺繍が得意。私もセーターに素敵な花の刺繍をしたものをいただいて、長く愛用していた。夫の妹は生花の師範の資格を持っている。夫も勿論器用だ。なんでも作ってくれる。一方、私の家 [続きを読む]
  • 赤のiPhone
  • 赤のiPhoneが出るらしい。あの子が買い換えるなら赤にしたかもしれないな。それとも今まで通りの白とかかしら。生きていたら、そんなたわいもないお喋りもできたのにな。お姉ちゃんはそんなの関係ねぇって感じだけどね。 [続きを読む]
  • 幸せな子。
  • 長女夫婦は連休最後の暖かな日に、生後2ヶ月の息子を連れて水仙の綺麗な公園に行って来たようだ。写真を沢山、送ってきてくれた。とっても幸せな様子だ。姪っ子達もそれぞれ赤ちゃんが産まれて幸せにしている。なんで、あの子だけは死んでいるんだろう。なんで、うまく幸せを掴めなかったんだろう。私も妹も普通の家庭を営んでいたし、子供達はむしろ恵まれて育ったはずなのに、なんでなんだ?と思う。姪っ子の上の子は、うちの娘 [続きを読む]
  • こんな広告が。
  • 今日、買い物に行った時に不動産屋の横を通った。そしたら広告が貼ってあった。「バカ正直は生まれつき」と人の良さそうな若者の顔「お節介は遺伝子レベル」とこれまたお節介焼きそうなお姉さんの顔そうだな。娘もバカ正直なお節介焼きだったな。 [続きを読む]
  • なんでだ?
  • なんで、あんな素直で優しい良い子が自殺なんかせんとあかんかったんだろう?彼が婚約者がいるのに、好き好き愛してますだなんて、そんなことを言ってくるからだ。あの子はその直前に同じ医局の医師に騙されたのだ。ひどい痛手を受けて傷心の極みに、そんなことを言ったらどうなると思うんだ?そりゃ確かに彼は娘に溺れたかもしれない。可愛いし。だけど、娘が既婚を聞いてるのに隠したらあかんやろ。愛人になんかなりたくないって [続きを読む]
  • ピュアな子ほど。
  • オギヤハキのどちらかが言ってたようだけれど、良い女の子ほど変な男に引っかかり易いのだとか。確かにピュアな子ほど、計算しないから騙され易い。 案外、ユルイ女の子がしっかり確実な男を捕まえるとかなんとか、オギヤハキが言っていたようだ。なんで、あの子が死なないといけなかった? 長女も言っていた。私が思ってた以上にあの子は純粋やってんねぇ、と。ほんとだ。純粋だとは長女も私も思っていたが、純愛の気持ちを [続きを読む]
  • 買ってあげたいけど、居ない。
  • ネットであの子にピッタリなものを見つけた。買って送ってあげたいけれど、もう居ない。あの子が喜んで使うところを見たかったのになぁ。あの子を喜ばせたかったのになぁ。取り敢えず、お気に入りに入れておいた。 [続きを読む]
  • どんなことにも真面目。
  • 娘は一生懸命になるタイプだ。どんなことにも真面目に取り組む。仕事はもちろん、趣味にも。美容にだって、料理にだって、インテリアにだって、恋愛にだって、性にだって真剣だ。とりわけ恋愛には真剣だったと思う。性については極めて慎重だったからこそ、騙された痛手は命を賭けてしまうほどのものだったのだ。初めの医師には一回の過ちで気付けたけれど、そのためにご飯も食べられなくなり、仕事も1週間の休職を申し出なければ [続きを読む]
  • 結婚記念日。
  • 長女は結婚相手の住む国で働くためのビザ手続きのために、結婚式より半年前に入籍をした。結婚式までに一度渡航して新居を決めてきた。二人の結婚記念日は入籍日だ。私達夫婦は結婚式をしたあと、新婚旅行に出掛けた。そして入籍は新婚旅行から帰って直ぐにした。だから私達の結婚記念日は結婚式の日だ。彼等の結婚記念日はいつなんだろう。たぶん入籍日なんだろう。残念な結婚記念日だ。その2ヶ月後に熱烈な不倫だなんて。ひどい [続きを読む]