イチイ さん プロフィール

  •  
イチイさん: 失敗ばかりの人生だけど・・・
ハンドル名イチイ さん
ブログタイトル失敗ばかりの人生だけど・・・
ブログURLhttp://yewtree.seesaa.net/
サイト紹介文40代にして海外に転職した貧乏OLです。ヨーロッパで必死にサバイバルしています。
自由文ときどき生きていくのが嫌になったり、自分のことが嫌いになったりしますが、毎日を精一杯やりすごしていくことしかできません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供433回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2015/06/02 06:54

イチイ さんのブログ記事

  • 世界でひとつしかないドアストッパー
  • バーナード・ショーはノーベル賞作家ですが、アカデミー賞も受賞しています。「ピグマリオン」という1912年に書いた作品が翌1913年に映画化され、アカデミー脚本賞を受賞したそうです。でも、社会主義者のショーは授賞式に出ることなく、後から送られてきたオスカー像を、なんと、ドアストッパーとして使っていたそうです。お客さんが来るときだけ、書斎のマウントピースに置いていたそうですが普段はドアストッパーとして [続きを読む]
  • マンチェスターのテロ 速報
  • 昨夜遅く、マンチェスターのコンサートホールで爆破テロがありました。朝からテレビのニュースはそのことばかり報道しています。現在、22名が死亡、59名が負傷だそうです。犯人は自爆したようですが、イギリス人なのかどうか等、詳細は発表されていません。アリアナのコンサートが終わった直後で大勢の家族連れ、つまり子供も被害に遭いました。ここはヨーロッパで2番目に大きなコンサートホールだそうで、その被害の大きさが想像 [続きを読む]
  • ノーベル賞作品を生み出す環境
  • バーナード・ショーが生前住んでいた家には書斎もありましたが・・・彼の作品の大半は、庭の奥にある小さな小屋で書かれたそうです。 彼がこの小屋に籠っているときは、誰も立ち寄ることは許されず、来客が来た時にも「ショー氏はお留守です」と答えるように召使たちに指示していたそうです。 裏庭は、小道に囲まれた花壇があり、とても可愛らしい作りのお庭になっています。この小道には、ショーの遺言によりショーと妻のシャーロ [続きを読む]
  • お天気の良い日はパブへ
  • 今日は気温が25度を超えました。先週まではロングのダウンコートを着ていたのにこの変わりようには驚きます。午後になるとNさんから携帯にメッセージが入りました。「お天気がいいから、どっかで一杯飲まない?」え、月曜日から・・・??と一瞬戸惑ったのですが、しばらくNさんに会っていなかったこともあり、仕事帰りにNさんと落ち合って、ハムステッドのパブに行きました。閑古鳥が鳴いています・・・と言いたいところですが [続きを読む]
  • バーナード・ショーの健康法
  • 先週末に行った、バーナード・ショーが住んでいた家で聞いたのですが、彼はとても健康に気を使う人だったそうです。 まず、彼はベジタリアンで、野菜を庭で育てていたそうです。 彼が野菜を育てていた畑は、今は駐車場となっています。 1951年にこの家を一般公開したときは畑もそのまま残していたそうですが、大勢の人が車で訪れ、好き勝手に路上駐車をしたため、近隣住人から苦情が来て、やむなく畑をつぶして駐車場にしたそうで [続きを読む]
  • イギリスの格言
  • 最近、毎週末どこかしらのガーデンセンターに行っている私ですが、ずっと欲しいと思いつつ、なかなか見つからなかったものを見つけることができました。 探していたのは、バスルームの窓辺に置く、小さな観葉植物です。 小さな窓なので、あまり大きなものは置けません。 また、湿気がこもりがちな場所なので、できればシダ類のような、日陰と湿気に強い植物でないといけません。 実は、イギリスの園芸に関する格言で、こういう言 [続きを読む]
  • バラの芽かき
  • このときにご紹介したバラですが ↓http://yewtree.seesaa.net/article/449927759.htmlその後、気温の高い日(といっても17度前後です)が何日が続いたせいか、ぐんぐん伸びています。バラの育て方を調べた時、「1日に数センチ伸びることもある」と書かれていたのですが、まさにその通り、日に日に大きくなっていきます。あまりに沢山の芽が伸びてきて、なんだかワサワサとしていて逆に心配なくらいです。葉っぱが増えると風通 [続きを読む]
  • 初対面でご馳走させる人
  • 最近、こちらで話題に上ったAさん、また、びっくりするような話を聞きました。前回のことは、こちらです ↓http://yewtree.seesaa.net/article/449850253.html 私の会社と同じビルに翻訳会社が入っていてそこに努める日本人女性から聞いた話です。 その女性が、ビルのトイレに入ったら、Aさんが洗面台のところで化粧直しをしていたそうです。 これまでは通りすがっても軽く会釈する程度だったのに、なぜか「お仕事、忙しいですか [続きを読む]
  • バラのうどん粉病対策
  • 車を買った時に、気が大きくなって買ってしまった高級バラ、なんと、うどんこ病になってしまいました・・・(悲) 色々と調べてみたら、重曹を薄めたものをスプレーしたら良いらしいので、早速スプレーしてみました。 薄める割合は、水500mlに対して、重曹小さじ1だそうです。 思いっきりスプレーして、葉を覆っている白いカビを洗い流す感じにしたら良いそうです。 うどんこ病で苗木が枯れることはないようですが、葉が縮れてし [続きを読む]
  • ショーズ・コーナー Shaw's Corner
  • バーナード・ショーの妻シャーロットはもともと裕福な家庭の出身だったのでさまざまなところへ旅に出ていたそうです。 そして、シャーロットが買い求めたという外国の絵画や調度が邸宅内に飾られていて、その中には日本画もありました。 これぞヨーロッパ!という風情の暖炉に、生粋の日本画が飾られていました。 東西美術のミスマッチ・・・と思いきや、日本画の繊細なタッチと色合いがヨーロピアンなマウントピースに上品な彩を [続きを読む]
  • すごく疲れました
  • 実は今日、ある女性に呼び出されて、悩み相談といいますか、愚痴をずっと聞かされていました。「今日、予定ある?緊急に相談したいことがあるんだけど」と携帯にメッセージが入り、今日はジムに行こうと思ってジム着やシャンプーなど一式持ってきていたのですがきっと困っているのだろうと思って、その人に会ってきました。悩みというのは職場の人間関係のことでした。でも、Aさんがいない間、その仕事をBさんがすることになった [続きを読む]
  • 結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りである
  • 先週末、ノーベル賞を受賞した脚本家、バーナード・ショーが住んでいた家に行ってきました。バーナード・ショー(1856年7月26日 - 1950年11月2日)は、20世紀のイギリスを代表する劇作家、脚本家、批評家です。 特に彼の作品が好きというわけではなく、家からほどほどの距離にある名跡だったので、近距離ドライブに慣れるために、そこへ行くことにしました。 そんな事情だったので、ショーの家に行ってガイドさんの話を聞くまで彼 [続きを読む]
  • エケバリア
  • 今日、スーパーでこれを買ってきました。小さな多肉植物、エケバリアです。 室内にある、かつて暖炉として使われていた場所、いわゆるマウントピースに置ける、日が差さないところでも育つサボテンを探していたのです。 とても小さな元暖炉なので、マウントピースといっても幅が7cmくらいしかないため、小さなサボテンでないと置くことができません。 また、部屋からキッチンへの狭い通り道にあるので通りすがりに腕にぶつかった [続きを読む]
  • 誰かのための庭作り
  • 私の家から歩いて5分くらいの線路沿いに小さな庭園があります。庭園と言いますか、おそらく誰かの持ち物の敷地で、私が引っ越してきた昨年の11月には荒地だったのが少しずつ木や花が植えられていき、小さな池が作られていき、そして、今はこじんまりとした憩いの場になっています。でも、公園とは違って、朝夕の通勤時にここの横を通るときは柵の鍵がかかっていて、立ち入れないようになっています。でも、土日の日中に通りかかる [続きを読む]
  • バラの芽が出ました
  • 3月の末に通販で購入したバラの苗、6本のうち4本から芽が出てきました。こちらで書いたバラのことです ↓http://yewtree.seesaa.net/article/448569371.html3月の終わりに注文して、数日後に届いたときは、こんな状態でした。すぐに植木鉢に植えて、毎日様子を見ていたのですが、1ヶ月以上経っても芽吹く様子がなく、もしかして枯れてしまったのかな?とずっと心配していました。それが、ここ数日の温かさのせいか、6本中4 [続きを読む]
  • 公園は誰のもの?
  • 先週末の土曜日、藤の花が満開になっているのではないかと思って、パーゴラガーデンに行ってきました。思っていた通り、藤の花はほぼ満開で、青空に薄紫色の花房が映えて、ほのかな風に揺れるさまが素敵でした。そして、今日も写真撮影をしているカップルたちがいました。こちらでは、黒人のカップルが藤棚の下でポーズをとっていました。写真を撮っている女性のカメラマンは、どうやら2週間前に妊婦写真を撮っていた人と同じ人の [続きを読む]
  • ケンウッドハウスの石楠花
  • 先週のいつだか忘れましたが、イギリスのBBC朝のテレビ番組の中でお天気お姉さん(おばさん?)がケンウッドハウスの前から天気予報を伝えていました。その背景が、背丈を超えるほどの石楠花でした。そこで、数週間ぶりにケンウッドハウスに行ってみました。前庭と言いますか、建物の横に広がる石楠花の『山』に驚きました。こんもりと、何種類もの石楠花が、今を盛りに咲き誇っていました。この『山』の高さは、たぶん3mくらい [続きを読む]
  • ロンドン郊外へドライブしてきました
  • 今日はとても良いお天気でした。近所を少しずつ車で走って、車とこちらの道路事情に慣れてきたので今日は少し遠出をしました。ロンドンから1時間くらい北に行ったところにバーナード・ショウが住んでいた家があり、そちらに行ってきました。話は少し逸れますが、イギリスには、こういった名跡を管理している団体が2つあります。ひとつは、English Heritage(イングリッシュ・ヘリテイジ)、私のお気に入りのケンウッドハウスや、 [続きを読む]
  • 元気なジャガイモ
  • 1週間くらい前に芽が出たジャガイモ、その後、ぐんぐんと育っています。 毎日、見るたびに大きくなっているので、嬉しい反面、土をかぶせていくのが間に合いません。 「葉先だけが顔を出すような感じで、どんどん土をかぶせて、茎を埋めてください」 と、先週末の「Gardener's World」で説明していましたが、ご覧の通り、芽によって育ち具合が大幅に違うので、どの芽に合わせて土をかぶせたら良いのか分かりません。 大きなビニー [続きを読む]
  • 社長にダメ出しする社員
  • こちらのブログに引っ越して来てから、あまり他の人のことを書かないようにしていたのですが・・・・ 昨日は(も?)あまりにビックリしたことがあったのでこちらに書かせてください。 こちらで書いた、知らないことを断定する人のことです ↓(仮にAさんとさせて頂きます)http://yewtree.seesaa.net/article/449774267.html 私が勤めている会社は、小さいながらも、日本と香港と上海に支店があって、毎月、各支店からの簡単な [続きを読む]
  • コンスターブルの故郷へ
  • 前にもこちらで書きましたが、「いつかこの目で見てみたい」と思っていた景色があります。 19世紀に活躍した有名な風景画家、コンスターブルの生まれ故郷でもあるSuffolk(サフォーク)地方です。私が行きたいと思っているのは、画家のコンスターブルにちなんで、Constable County(コンスターブル地方)と呼ばれている、緑豊かな自然地区です。コンスターブル地方へ行きたいと思うようになったきっかけについてはこちらに書いてい [続きを読む]
  • ビオラのハンギングバスケット
  • 先週末に買ったビオラのハンギングバスケット、少しトリミングして、液肥をあげて、毎日水やりをしていたら、こんなに花が咲きました。 買った時は、こんな感じで ↓http://yewtree.seesaa.net/article/449657530.html 特に左側にぶら下げているほうは葉だけもさもさと茂っていましたが、お手入れしてあげたら、すぐに花を咲かせてくれました。手をかけてあげたら、それだけ報いがあると言いますか、きちんと応えてくれるのが嬉し [続きを読む]
  • 思い込みで断言する人
  • 私が勤めている小さな会社に、2ヶ月くらいまえに入社してきた女性がいます。たぶん、私と同年代か、少し年下くらいの日本人女性で旦那さんが中国人、お子さんが2人いるそうです。この女性が少し変わった人で、自分の知らないことを、自信たっぷりに断言するのです。私も今の会社が長いわけではありませんが、彼女が入社する前に起きたことを、その出来事を知らない第三者に話すときに「こうだから、こうなったんです」と見てもい [続きを読む]
  • 初めてのドライブ
  • 初めてのドライブというよりも、車を受け取った後、乗って帰る途中に見つけて立ち寄っただけなのですが・・・こちらの大きなゴリラが入口に座っている、ガーデンセンターです。(動物園ではありません・笑)Sunshine Garden Centre というお店でとても広い敷地に、植物たちが沢山並んでいます。ディスプレイの仕方もセンスがあって気がついたら2時間くらい過ごしていました。こちらはレタスの苗です。たかがレタス、でもキレイに [続きを読む]
  • ローズマリーのアブラムシ対策 自作防虫剤
  • 実は、少し前からローズマリーにアブラムシがついています。それと、ゼラニウムにクモの巣が張ったりして、どうやら小さな虫たちが大活躍しているようです。虫が嫌い・・・という前に、植物を食べられたり、枯らされたりするのが嫌なので殺虫剤を使わないといけないと思っていました。でも、ハーブは口にするものですし、口にしない植物でも、市販の殺虫剤が良いとは思えません。そこで、害のないもので殺虫剤を自作できないか、色 [続きを読む]