feejeemagic さん プロフィール

  •  
feejeemagicさん: 南国フィジーで、のんびり退職生活
ハンドル名feejeemagic さん
ブログタイトル南国フィジーで、のんびり退職生活
ブログURLhttps://feejeemagic.muragon.com/
サイト紹介文南太平洋のフィジー共和国から日々の生活や現地の色々な情報を発信するつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/06/02 12:55

feejeemagic さんのブログ記事

  • 「プランテーション・アイランド・リゾート」2
  • リゾートのメイン・レストランの内部の様子です。昼食にチョット早めの時間でしたので、お客さんは数組でした。 レストランから、「マロロ島」の眺望です。海に浮いてるものは、ビニールの遊具です。 レストラン前の海岸から、「マスケット・コーブ」方向へ白砂海岸が伸びてます。 レストランの裏のプールです。 「プランテーション・アイランド・リゾート」は、家族連れのお客さんが多いので、子供たち対象の「キッズ・クラブ [続きを読む]
  • フィジー産「モンキーポッド」(レインツリー)
  • 現在、フィジーの主要輸出品目に、「木材」が上位に上がってきました。 「木材」の主なものは、広大な松のプランテーションから、輸出用チップ材として(現在、パインチップは、100%日本向けに輸出されてるそうです)、近年スタートした、マホガニーのプランテーションからも伐採が始められています。 ココナッツ材を使用した、高級・高品質な家具も輸出されています。 その中で、まだ取扱高は少ないのですが、「フィジー産 [続きを読む]
  • フィジーの生活 「フィジーの郷土料理、スイ」
  • フィジーの伝統的な郷土料理に、骨付き牛肉のスープ「スイ」(Sui)があります。 地元の方々に大変人気なメニューです、基本的には家庭料理ですが、ローカルのレストランの人気メニューの一つでもあります。 今回は、イスラム教徒の「犠牲祭」の時に、我が家の大家さんからいただいた骨付き牛肉の一部、約1.3kgを使用しました。 まず、沸騰させたお湯で、10分以上下茹でした後、水で灰汁や汚れを洗い流します。 それ [続きを読む]
  • フィジーの生活 9月1日(金)
  • 2週間前の、8月18日(金)の早朝、我が家の居間で、16℃ の気温でしたが、 今朝は、23℃ まで上昇していました。 気温、16℃ と言うのは、私がフィジーで体験した最低気温でした。 我が家のゲートから眺めた、午前8時ごろの南方向の空の様子です。薄く雲がかかってます。この二週間は季節の変わり目(乾季から雨季へ)で雨が降ったり晴れたりの変わりやすい天気でした。 上の写真の、ヤシの木の左隣の、パンノキ [続きを読む]
  • フィジーの生活 「砂糖キビ列車の脱線事故」
  • 早朝、日本に帰国する友人たちを見送るために「ナンディ国際空港」の前まで来ると、砂糖キビ列車のディーゼル機関車が、ラウトカ方向からバックでゆっくりと進んできました。 右方向から空港入り口の道路を横断中の砂糖キビ列車のディーゼル機関車です。 機関車は、道路部分に進入するまえから、大きな汽笛を連続して吹き鳴らしてます。 写真の奥がナンディ国際空港の敷地です。 道路を横断して40mほど行ったところに脱線し [続きを読む]
  • フィジーの生活 「自家製パロットマンゴージャム」
  • 今年もフィジーの、マンゴーフルーツの季節が近づきました。 まず最初に出回るのは、「パロットマンゴー」です。すでに、ナンディ・タウン公設市場に出始めました。 毎年、ローカルマンゴーのジャムは作ってましたが、「パロットマンゴー」では、今までジャムを作ったことがありませんでしたので、今回挑戦してみました。 フィジー産の「パロットマンゴー」です。1個 2FJD(約120円)です。 右端が、オウムのくちばし [続きを読む]
  • フィジーの生活 「今日の、ナタンドラビーチ」
  • 本日、日本からのお客様を、ナンディ国際空港から、車で約45分、シンガトカ方向(南に向かって)に走ったところに位置する、「ナタンドラビーチ」に、ご案内しました。 もともと、「ナタンドラビーチ」は、ビチレブ島(本島)で最も美しいビーチと呼ばれていて、「世界の美しいビーチ10選」に選ばれたり、2008年「フォーブス」誌の「世界のビーチ上位25選」にもランクインしました。 以前は、小さなゲストハウスやプチ [続きを読む]
  • 「ブラ・フェスティバル 2017・Miss Bula Queen!」
  • 私は都合で、29日(土)に、イベント会場で開催された、「ミス・ブラ・クイーン 2017」の最終選考会には、出席出来ませんでした。 翌日に、「ブラ・フェスティバル」実行委員会の、facebook にアップされた写真をお借りして、紹介いたします。 ナンディ町の「ブラ・フェスティバル 2017」は、Digicel(携帯電話会社)がメインスポンサーでした。 右から2番目の方が、「ミス・ブラ・クイーン 20 [続きを読む]
  • 「ブラ・フェスティバル 2017」の最終日
  • 「ブラ・フェスティバル 2017」は、7月29日(土)に最終日を迎えました。 最終日は、午後3時から、「ブラ・クイーン・コンテスト」の参加者を、1名づつ、各スポンサー企業が「山車」を作り、サポーターやマーチイングバンドが先導してナンディ・タウンのメイン道路をパレードして、イベント会場に向かいました。 道路の両側には、午後2時前から大勢の見物人が待ってました。 パレードを先導する、パトカーです。 「 [続きを読む]
  • 「ブラ・フェスティバル・Baby Show 2017」
  • 今日の午前8時から、ナンディ・タウンの「シビックセンター」で、「Johnson & Johnson Baby Show 2017」が開催されるということで行ってみました。 入り口の受付テーブルで、出場希望の「赤ちゃん」は、生後何か月かを言って、名前を登録し、出場料を支払います。 写真の赤ちゃんは、生後3か月とチョットで、2.50FJD(約150円)払って、カテゴリーA(3ヶ月〜6ヶ月)に登録したそ [続きを読む]
  • 「ブラ・フェスティバル 2017」3
  • 昨日の夜、「ブラ・フェスティバル 2017」に行ってきました。 パンフレットに、イベント会場で、午後6時30分より、「Bula Queen's Talent Show(Second Public Judging)」と記されていました。 私は、午後7時15分頃、入場(入場料、1名 3FJD(約180円))しましたが、大音量のBGMが流れる中、全然準備も整ってませんでした(笑) すでに多くのお客さんも [続きを読む]
  • 「ブラ・フェスティバル 2017」2
  • お祭り会場の回転遊具を取り囲むように、各種屋台やお店が軒を連ねてます。 グラウンドから、お祭り広場に入ったところの、古着屋や雑貨屋の並びです。 古着だけでなく、中古靴やバックも売ってますと表示してます。フィジーでは、履き古しの靴も売ってます。 プラスチックやビニール製の玩具のお店の、若い売り子さんたちです。カメラを向けるとさっとポーズしてくれました。 このお店からは、食べ物屋さんの出店です。このお [続きを読む]
  •  「ブラ・フェスティバル 2017」
  • ナンディ町及び地域の、年に一度のお祭り、「ブラ・フェスティバル 2017」(Bula Festival 2017)が、7月22日(土)から始まりました。 ナンディ・タウンの道路に張られた、横断幕です。 メインのイベント会場となる、町のグラウンドに、特設の舞台が仮設されてます。 音響、照明などの舞台装置は今も準備中でした。 今日の開会イベントは、午後1時に、ナンディ・タウンのから「マーチング・バンド [続きを読む]
  • フィジーの生活 「フィジー産ターメリック(ウコン)」
  • ターメリック(Turmeric) は、学名:「Curcuma Ionga」、日本名:ウコン、フィジー語:カリ(Kari)、ヒンディー語:ハルディ(Haldi)と呼ばれています。 ターメリックは、ショウガ科ウコン属の多年草で、その根茎を使用します。 インドが原産で、紀元前よりインドでは栽培されていたそうです。 黄色の着色料としても使用し、キゾメクサの異名もあります。 カレーの黄色は、ターメリックの色 [続きを読む]
  • フィジーの生活 7月1日(土) 2
  • フィジーの一番の主食「キャッサバ」です。1山 5FJD(約300円)と10FJD(600円)です。 「キャッサバ」売りのフィジアンのご婦人から、「写真撮って」と言われてハイチーズ! もう一つの主な主食「ダロ」(タロイモ)です。1束 15FJD(約900円)です。 「ダロ」売り場の、フィジアンのおじさんも、ハイチーズ!手に持ってるのは小さめで、1束 5FJD(約300円)です。 茎をカットした「ダロ [続きを読む]
  • フィジーの生活 7月1日(土)
  • フィジーは、今が「乾季」の真ん中で晴天が続き、早朝は、20℃(我が家の居間の寒暖計)まで下がっています。 晴天下では、30℃近くまで上昇しますが・・・ 今朝の8時頃の南方向の青空です。 今年の4月頃に芽生えた、「アボカド」の苗も大きくなりました。実はこれ、すべて売約済で、先月半ばには、注文主の庭に移植したかったのですが、予約された方が、ムスリムで「ラマダーン(断食月)」だったので少し伸びてます。 [続きを読む]
  • フィジーの生活「レバラン(断食月明けの祝祭)」
  • 2017年のムスリム(イスラム教徒)の一年で一番大事な行事、「ラマダーン(断食月)」は、5月27日に始まり、6月25日に終了しました。 我が家の大家さん家族が、ムスリムで数日前からお庭を綺麗にしたり、ペンキを塗り返したりして準備をされてました。 数日前に、26日(月)の祝祭に招待がありました。 12時半ごろ訪問すると、2階のベランダにも、インディアン・スイートとカリーが準備されていました。 朝早く [続きを読む]
  • 「在フィジー日本国大使館」
  • フィジーの場合、首都のスバ市に、「在フィジー日本国大使館」が、あります。 (在フィジー日本国大使館は、在バヌアツ日本国大使館、在キリバス日本国大使館、在ツバル日本国大使館、在ナウル日本国大使館を兼轄します。) 先日、個人的な書類申請のため、大使館を訪問しました。 ナンディ町からスバ市まで、道路延長約200kmありますが、近年道路が整備され快適なドライブです。 右奥の高いビル「BSP Life Ce [続きを読む]
  • フィジーの生活 「新規開店の中華食料品店」
  • 近頃、マーチンタールの外れ(ナンディ・タウン方向)に、中華食料品や日用品のお店が新規開店しました。 お店の名前は、「ハイ・フェング」(HAI FENG)スーパーマーケットです。 お店の外まで、商品が並べられてます。間口の狭い小さなお店ですが・・・ 店内は奥深く、冷凍ケースが中央に並んでます。 中華スナック類が並べられてます。 左の中ほどは、トイレットペーパー、洗剤など生活用品が並べられてます。 左 [続きを読む]
  • フィジーの生活 「6月のポート・デナラウ」
  • フィジーの観光に、一番適している時期は、6月〜8月と言われています。 この時期は、乾期にあたり、気温も比較的低く、過ごしやすくなります。 と言っても、6月に入った、今の時期、早朝で22℃くらいで、昼間は30℃を少し超えますが。 6月に入り、雨もほとんどなく、晴天が続いています。太陽は相変わらず、ギラギラと輝いてます。ポート・デナラウの中庭です。 カフェ「ビロ・ラウンジ」(The Bilo Loun [続きを読む]
  • フィジーの生活 「マーチンタールで、飲茶!」
  • ナンディ町には、元々中華料理屋はいくつもあり、この数年中国人たちが大挙してやってきて高級中華料理屋を何軒も開店させました。 でも、ありそうで無かったのが、「飲茶」レストランです。 数年前、マーチンタールの商業ビル「RBコンプレックス」に開店した中華料理屋「海洋海鮮酒家」Ocean Seafood Restarant が、2015年に、同じくマーチンタールの日本食料理店「大黒」の並びに、支店(上の写 [続きを読む]