東久留米 学習塾 塾長ブログ さん プロフィール

  •  
東久留米 学習塾 塾長ブログさん: 東久留米 学習塾 塾長ブログ
ハンドル名東久留米 学習塾 塾長ブログ さん
ブログタイトル東久留米 学習塾 塾長ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/0424725533
サイト紹介文東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/02 14:11

東久留米 学習塾 塾長ブログ さんのブログ記事

  • 都立高校入試より少し難しい作図問題
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。先日、過去6年間に都立高校入試に出題された作図問題を中3の塾生と一緒に解きました。そんな成り行きで、今回は作図問題を取り上げます。問題は、「下図のような円Oとその円外の点Aがあり、割線APQを引いてAP=PQとなるようにせよ」▲問題図です。まず、点Aと円Oの周上の点を結んだ線分の中点を求めましょう。そこで図1のように、点Aと中心Oを結び、線分AOの中点をO’ [続きを読む]
  • sophomore のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。高2の塾生が暗唱に取り組んでいる ALL IN ONE に sophomore という単語がありました。これをウィズダム英語辞典で引いてみると、《米》(4年制の大学・高校の)2年生その特記事項に、 the tenth grade の高校生に相当;日本の高校1年生と同じ年齢とあります。この特記事項について説明すると、日本の小学1年から高校3年を米国では、the f [続きを読む]
  • 「二毛作」の「毛」のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。中2の塾生がやっていた歴史の夏休み宿題プリントに 「二毛作」 という言葉があったのですが、このなかの 「毛」 の意味を知らなかったので少し調べてみました。広辞苑 で 「二毛作」 を調べてみると、「一年に同一の耕地に二回別々の作物を作付けすること。夏季に水稲を、秋季から春季にかけて大麦・小麦を栽培する類。→二期作」とあり、 「毛」 についての説明はありませんでした。そ [続きを読む]
  • 鉛筆削り
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。この10日の間、「十字軍物語1〜3」(塩野七生著)と「舟を編む」(三浦しをん著)を読んでいて、残りは「十字軍物語3」の200ページ余りになりました。いずれも面白いのですが、特に印象的なのが、「舟を編む」にある、削った鉛筆を『先端は空気に溶けゆくように細い』と表現する文言です。と言うのは、手回し式の鉛筆削りでは短くなった鉛筆が削れないので、小さな鉛筆削りを使っ [続きを読む]
  • search のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。今回は、高2の塾生の夏休みの英語の宿題に出てきた search について取り上げます。search は「探す」という意味ですが、これと look for との違いについて、ウィズダム英和辞典には、 「● look for は「探す」の意の最も一般的な語.日常英語で用いられ、必要な人・物・事を手に入れようとすることをいう。 ● search は人・物・事を求めてそれがあ [続きを読む]
  • 虫食い算(公立中高一貫校対策問題集)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。今回は、小5の塾生が取り組んでいる公立中高一貫校対策問題集にある虫食い算の問題を取り上げます。問題は、「下の式で、それぞれ同じ文字は同じ数字を、異なる文字は異なる数字を表しています。また、A〜Eには、0、1、3、5、7のどれかが入ります。それぞれの文字が表す数字を求めましょう。」です。まず、式の一の位に注目すると、B+B+A=A または 10+Aですから、B [続きを読む]
  • run on のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。Colin Joyce の An Englishman in N.Y. に A Tea Drinker in a Coffee City と題する記事があって、それは、New York runs on coffee.という書き出しで始まります。この run on をウィズダム英和辞典で調べると、《動力で》動く、作動[稼動]する《on、off》 とあり、用例として、 [続きを読む]
  • 合同な図形で分割して面積を求める問題
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。公立中高一貫校対策問題集には平面図形の問題があるのですが、それらのいくつかは簡単な図形を合同な図形(ほとんど三角形です)に分割して面積などを求めるもので、これに取り組んでいる小5の塾生はスラスラ解いてしまうので、本人の希望により、少し難しい問題を出題しました。問題は、「下図のように、△ABCの各頂点A、B、Cと、それらの対辺を1:2に分ける点を結んでできる△ [続きを読む]
  • drunken driving のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。ある高2の塾生が 「ALL IN ONE」(高山英士著) の暗唱をしているのですが、ある例文に a drunken Rick (酔っ払ったリック)という表現がありました。そこで drunken をウィズダム英語辞典で引いたところ、「形容詞、[通例名詞の前で]酔っ払った、酔っ払っての、」 例えば、「酔っ払い運転」を《英》では drunken driving 、《主に [続きを読む]
  • 整数の推理問題(公立中高一貫校対策問題集)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。今回は、小5の塾生が取り組んでいる公立中高一貫校対策問題集にある整数の推理問題です。問題は、「 <A>は、整数Aを3でわったときのあまりを表すこととします。たとえば、7÷3=2あまり1より、<7>=1 です。これについて、次の問いに答えましょう。(1)次の計算をしましょう。   ① <<8>+<11>>   ② <22>+22(2)次の式のxにあてはまる数を求 [続きを読む]
  • game(試合)のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。夏期講習で、何人かの中2生が中1英語の復習をしています。その教材は教科書に準じたプリントで、このなかに基本的な英単語の問題もあり、今回は、そこに出てきた「試合」を意味する英単語についてです。ここでの「試合」の英単語は game で、これは教科書の車椅子バスケットボールについての話に登場します。そこで、 game をウィズダム英和辞典で引いてみると、 game と [続きを読む]
  • 同じものを含む順列(数A)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。昨日、高1の塾生がやっていた同じものを含む順列の問題です。問題は、「3個のAと4個のBの合計7個を並べるとき、Aが2個以上並ぶ並べ方は何通りか」です。AとBの7個を並べる並べ方は、7!/3!4!=35(通り)で、これからAが2個以上並ばない並べ方を差し引けば、Aが2個以上並ぶ並べ方を求めることができます。そこで図1のように、4個のBを並べてそれらの両端と間( [続きを読む]
  • bring と take の使い分け
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。昨日中3の塾生の英語に、 bring (連れて来る) を使う和文英訳問題があったので、今回は bring と take の使い分けについて取り上げます。「ENGLISH EX」(高山英士著) には、bring、 take、 carry の使い分けが簡潔にまとめてあって、そこには、bring : 自分(=話し手)と相手(=聞き手)の間の往来を表し、相手が自分の所に持って[ [続きを読む]
  • 相加・相乗平均を利用した不等式の証明(数2)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。先日高2の塾生が取り組んでいた不等式の問題を取り上げます。問題は、「a、b、cが正のとき、が成り立つことを示しなさい。」です。相加平均≧相乗平均を利用すれば簡単で、与えられた式の左辺を変形すると、になり、等号はa=b=cのとき成立します。以上から、与式を示すことができました。難しい問題に挑戦したい人は、日本数学オリンピックの問題(例えば日本数学オリンピックの [続きを読む]
  • カノッサの屈辱
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。昨日は塩野七生氏の 「ギリシャ人の物語」 を探しに近所の滝山図書館に行ったのですが、残念ながら蔵書にないようで、その代わりに同じ著者の 「十字軍物語1」 を借りました。本は、教皇グレゴリウス7世とドイツ国王ハインリヒ4世が対立し、その後国王が教皇に謝罪した 「カノッサの屈辱」 から始まります。この 「カノッサの屈辱」 の英語での歴史的名称は、ウィキペディアによると、 [続きを読む]
  • マラソンの順位(公立中高一貫校対策問題集)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。昨夜から世界陸上が始まったからというわけではありませんが、今回はマラソン順位を推理する問題(公立中高一貫校対策問題集から)です。問題は、「A、B、C、D、E、F、G、H の8人がマラソンを行い、次のような発言をしました。8人の発言が正しいとき、全員の順位を答えましょう。ただし、同じ順位の人はいないものとします。A:「Gは2位でなく、ビリでもなかった。」B:「 [続きを読む]
  • What if 〜? のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。高2の塾生の夏休みの宿題に、 What if 〜? という表現があったので、これをいくつかの辞書で調べてみました。ウィズダム英和辞典には、(1)もし〜したらどうなるだろうか<特に望ましくないことを想定して>What if you don’t [didn’t] have any friends? (友達がまったくいなかったらどうなるだろうか)(2)〜してはどうで [続きを読む]
  • 数当て問題(公立中高一貫校対策問題集)
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。先日、小5の塾生がやっていた公立中高一貫校対策問題集にある推理(数当て)の問題を取り上げます。問題は、「次の式では、それぞれ同じ文字は同じ数字を、異なる文字は異なる数字を表しています。それぞれの文字が表す数字を求めましょう。   AB×CD=A×BCD=2925  」です。(AからDは1桁の整数とします)右辺の2925は、2925=3×5×5×39なので、( [続きを読む]
  • 漢字「生」のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。読売新聞に連載されている 「なぜなに日本語」 というコラムの今朝のタイトルは、 「音2、訓10 読み多い 『生』」 でした。その内容は、常用漢字表に 音が2、訓が10、 特別な読み方をする熟語として、芝生(しばふ)、弥生(やよい)が載っている 「生」 は、読み方が一番多い漢字と言われていることと、そのいくつかの例を示すというものです。実際、常用漢字表にはコラム通りのこ [続きを読む]
  • 虚数単位 i の平方根
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。高2の塾生の夏休みの宿題あった「虚数単位 i の平方根を求めよ」という問題を取り上げます。i の平方根を a+bi (a、bは実数)とすると、からが成り立ちます。このとき(2)から、aとbは同符号なので、(1)からで、これと(1)からです。これらを元の式に代入すると、になり、これが i の平方根です。他にもいろいろな解き方がありますが、次のような楽しい解き方もあり [続きを読む]
  • ファミリーネームと祖先の出身地
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。アメリカ合衆国は移民の国と言われますが、英語に関する雑学を集めた本のなかに、ファミリーネームと祖先の出身地についての記事がありました。そこには、スコットランド、アイルランド系 : Mac−、Mc− / MacDonald、MacDowell、McKinley などウェールズ系 : P−、B− / Prichard、Bowen、Brown などアイルランド系 : O [続きを読む]
  • 分母の有理化
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。昨日、中3の塾生が数学の復習用冊子(学校から配布された夏休みの宿題)をしていて、そのなかに1学期に勉強した分母の有理化の問題ががありました。中3では、aが正の有理数、bが有理数として、のような分母が平方根の単項式の分数を扱いますが、高校では、次のような分母が多項式や立法根の場合も勉強します。【分母が平方根の多項式の場合】(a、bは正の有理数、cは有理数としま [続きを読む]
  • 「**歳以上」を英語では
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。数年前に 多摩動物園 に行ったとき、その入園料が安かったという印象があるのですが、昨夜、 上野動物園 の赤ちゃんパンダの名前募集のTVニュースを見て、今の動物園の入園料はいくらなのか調べてみました。上野 も 多摩 も、 一般600円、中学生200円、 65歳以上 300円で、小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料、 です。ここで 65歳以上 というのは65歳を含み、英 [続きを読む]
  • クラスに同じ誕生日の友だちがいる確率
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。少し前、小学生の塾生の誕生日で、そのとき、クラスに誕生日が同じ友だちがいると言っていました。そのときは、なくはないだろうけど珍しいことだと思ったのですが、念のため、同じクラスに同じ誕生日の児童がいる確率を計算してみました。ここで、クラスの児童数は35人、1年間を365日、クラスの児童の誕生日はランダムであるとします。この35人の児童の誕生日はランダムですから [続きを読む]
  • exam、 test、 quiz のはなし
  • こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。中学校で行われる英単語試験、いわゆるスペリングコンテストの度に、習得度チェックのためのプリントを作って塾生に渡していて、昨日も夏休み明けに実施されるテスト用のプリントを作りました。そのなかに 「試験」 という単語が2つあったので、今回は、 exam、 test、 quiz の使い分けについて紹介します。「ENGLISH EX」(高山英士著)には、類語の使い分け問題 [続きを読む]