kimutax さん プロフィール

  •  
kimutaxさん: キムラボ
ハンドル名kimutax さん
ブログタイトルキムラボ
ブログURLhttp://blog.kimutax.com/
サイト紹介文旅する税理士でビジネス書作家の木村聡子(あきらこ)がお送りする、バーチャルなセルフコントロール研究所
自由文時間・行動・お金をセルフコントロールする術を毎日ブログでお伝えしています。年間移動距離日本一(推定)の税理士・ビジネス書著者の木村聡子(きむら・あきらこ)のブログです。広島カープ・カフェ・お花・読書・ITも大好き!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供536回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2015/06/02 15:17

kimutax さんのブログ記事

  • 事業承継税制等窓口変更 〜各都道府県お問い合わせ先一覧
  • 先日、事業承継税制・金融支援の認定や報告等の窓口が、これまで各地の経済産業局だったところ、平成29年4月1日から都道府県に変更になる旨、お伝えしました。4月1日から事業承継税制・金融支援の窓口が、都道府県に変更になります【事業承継】 : キムラボ 〜 旅する税理士・木村聡子のセルフコントロール研究所2月20日、国税庁ホームページでも、「事業承継税制の適用を受けようとしている方又は事業承継税制の適用を受けている方 [続きを読む]
  • 自分のできてないことを数えるのなら、できていることも数えなさい
  • 2月15日を〆るおはなし。介護分野で有名な高口光子さんのFacebookより。自分の できてないことを 数えるのなら、できていることも 数えなさい。若い悩める介護職に、介護主任が掛けた言葉。私たちは、自分にできていないことに、劣等感に、押しつぶされそうになる。他人が、すごく見えて、羨ましくて、なさけなくなる。でも、自分を内側からではなく外側から見てみよう。私にとってなんてことはなく、出来ていることも人にはもしか [続きを読む]
  • eLTAX、1/27〜2/1の申告データの到達確認を!
  • 1月27日から2月1日にかけて、eLTAXがシステム障害により大混乱となったのは記憶に新しいところですそんな中、2月13日にeLTAX地方税ポータルシステムのホームページ上にて「申告データの到達確認について」が公表されました。eLTAX | 申告データの到達確認について▲混乱期間中、PCdeskの画面では「送信完了」と表示されたものの、「受付完了通知」が届いていないという方は是非こちらのご確認を。データの受け付けがされていない [続きを読む]
  • オーストリアとの「新」租税条約が署名されました!(発効はまだ)
  • 1月31日、財務省ホームページ上にて「オーストリアとの新租税条約が署名されました」が公表されました。オーストリアとの新租税条約が署名されました : 財務省今回の新条約は、現行条約を全面的に改正するもので、・投資所得に対する課税の更なる軽減・条約の濫用防止措置・相互協議手続における仲裁手続・租税債権の徴収共助の導入・租税に関する情報交換の拡充といった改正がなされています。今後の手続は両国においてそれぞれの [続きを読む]
  • 2/17、神奈川県のシステムメンテナンスのお知らせ(電子納税)【eLTAX】
  • 2月7日、eLTAX地方税ポータルシステムのホームページ上にて「2月17日 神奈川県のシステムメンテナンスのお知らせ(電子納税)」が公表されました。eLTAX | 2月17日 神奈川県のシステムメンテナンスのお知らせ(電子納税)システムメンテナンス期間は平成29年2月17日(金)20時から平成29年2月20日(月)8時30分で、メンテナンスは実質土日に行われることになり、あまり大きな影響はないと思われますが、上記ページにて 平 [続きを読む]
  • 国税庁「法人番号について、詳しく解説します」が更新(2/8)
  • 2月8日、国税庁ホームページ「法人番号について、詳しく解説します」が更新されました。法人番号について、詳しく解説します|法人番号について(ご紹介コーナー)|国税庁こちらのページではでは、次の内容が説明されています。・法人番号って何?・法人番号の制度概要を教えて・法人番号は、自由に使っていいの?・法人番号は、どのように公表されるの?・法人番号の導入メリットは?・法人番号を使うと、どんなことができるの? [続きを読む]
  • hourglass(砂時計)
  • 2月10日を〆るおはなし。私は、けっこうアナロググッズが好きである。例えばこれ。25年ものの砂時計。カップラーメンを作るときに使うというよりは、トゥルトゥルと砂が落ちて行くのを眺めるのが好きだ。過ぎて行ってしまった時間と、残された時間。時間や人生の有限性を直感するのに、こんなに最適なオブジェは他にない。ちなみにこの写真は、私の今までの人生と、(平均寿命まで生きるとしたら)残された人生の分量くらいのあん [続きを読む]