ソーシャル元気人 さん プロフィール

  •  
ソーシャル元気人さん: ソーシャル元気人の日記
ハンドル名ソーシャル元気人 さん
ブログタイトルソーシャル元気人の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/so-syarugenkijin/
サイト紹介文健康オタク歴45年の健康ワンポイント・アドバイスを毎日投稿しています。
自由文スタートはSNSから始まり、今ではブログ投稿を始めました、読者の数が少ないので色々な方法で増やそうとがんばっています、宜しければ、友達に成っください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/06/03 15:10

ソーシャル元気人 さんのブログ記事

  • 長生きをする方法<16>
  • 真面目な人は、ジョークが加われば、最高だ。 真面目であることがいけないわけではありません。 他人が気づかないようなところに気づき、仕事を丹念にこなす姿勢は素晴らしい。 仕事によっては、こまめな性格を重宝する内容もあります。 しかし、真面目だけというのは、完璧主義になり、余計なストレスを生み出します。 真面目なことはいいです。 もう1つ、加えれば完璧になるからです。 ジョークです。 真面目な人は、適度なジョーク [続きを読む]
  • 長生きをする方法<15>
  • 短命の人は、自分のためだけにお金を使う。 長命の人は、他人のためにお金を使う。 お金の使い方にも、寿命が関係します。 短命の人は、自分のためだけにお金を使います。 一見、自分のためにお金を使うなら、長生きができそうな気がします。 しかし、人は1人で生きているわけではありません。 自分のためだけにお金を使うので、友達・知人・親類からの協力を得られず、いざというときに困ってしまいます。 病気で寝込んだときも、看病 [続きを読む]
  • 長生きをする方法<14>
  • 歩く距離の長さは、生きる人生の長さに比例する。 長寿の人は、よく体を動かします。 事実、長寿の人は、適度な運動を習慣にしています。 掃除で体を動かしたり、畑仕事をしたり、犬の散歩をしたり、歩いて買い物に出かけたり、体を動かす機会はたくさんあります。 面倒なことは、逆に言えば、長寿のポイントと言っていいでしょう。 適度な運動の継続が、生活習慣病を予防し、体のさまざまな免疫力も高めます。 便利な物が増えた世の [続きを読む]
  • 長生きをする方法<13>
  • 栄養摂取は、サプリメントを中心としない。 サプリメントで栄養を摂取している人がいます。 食事をして、その上でどうしても足りない栄養分を補うという補助的な目的で、サプリメントを摂取するのはいいでしょう。 しかし、ダイエットのような理由から、食事はしないでサプリメントを中心にして食生活を送るのはよくありません。 サプリメントが中心になると、栄養バランスが大きく偏るからです。 健康のためには「このビタミンさえ [続きを読む]
  • 長生きをする方法<12>
  • 手は、体の外に出た脳である。 カナダの脳外科医・神経生理学者ペンフィールドが作成した「ペンフィールドのマップ」というものがあります。 体の各部位からの入力が、感覚皮質のどの部分に投射されているかを示したマップです。 そのマップを見ると「手は最も脳を刺激する器官の1つ」ということが、一目で分かります。 まさに「手は、体の外に出た脳である」と言っても間違いないでしょう。 手と脳は連動し、手を積極的に動かすと、 [続きを読む]
  • 長生きをする方法<11>
  • 旅行で脳を若返らせる。 私の祖母は、喜寿(77歳)を超えているにもかかわらず、足腰が丈夫で元気です。 話し方もしっかりしていて、傘寿(80歳)を迎える高齢とは思えません。 祖母に長生きの秘訣を聞くと「旅行」と言います。 国内旅行だけでなく海外旅行にも行き、世界中の名所の話ができます。 そのエネルギッシュな活動には脱帽します。 旅行をすると、普段は慣れていないさまざまな刺激を受けます。 郷土料理・名所の絶景・土 [続きを読む]
  • 長生きをする方法<10>
  • 勉強家は、長生きできる。 読書家は、長生きできます。 頭を使うとぼけを防止するだけではありません。 たくさん本を読むことで知恵が身について生き方が上手になるからです。 生き方が上手になると、ストレスの少ない生活を実現できますよね。 工夫には知恵が必要です。 知恵には勉強をする姿勢が欠かせません。 長生きができている人には、勉強家が多い。 医者・政治家・弁護士は長命な人が多いですが、頭を鍛えて、生活を快適にし [続きを読む]
  • 長生きをする方法<09>
  • 愛の触れ合いのある生活を送ろう。 長生きをされている方々を見ていると、愛情のあふれる生活が特徴です。 多くの人との触れ合いが、愛の触れ合いになり、心身共に若返っているようです。 人との触れ合いは、一番の若返りの妙薬です。 たくさんの人々との交流を持ち、愛情のあふれる日々を送りましょう。 私の祖母は、ダンス教室の先生をして、たくさんの生徒たちと触れ合う生活を送っています。 生徒のためにダンスを教えることで [続きを読む]
  • 長生きをする方法<08>
  • 人生で大切なのは、生きた長さより、生きた濃さ。 人の存在感で重要なのは、生きた長さより、生きた濃さです。 お金も友達も希望もなく、ただ長く生きていても、むなしいだけです。 しかし、お金も友達も希望もあれば、短い一生でも、有意義であるはずです。 長く生きることが、必ずしも幸せにつながるとは限りません。 大切なことは「人生をどれだけ濃く生きるか」です。 濃くするために短い人生の人もいれば、長い時間をかけて濃く [続きを読む]
  • 長生きをする方法<07>
  • 睡眠時間が短いと、寿命も短くなる。 睡眠時間が長いと、寿命も長くなる。 しっかり睡眠時間を取りましょう。 特にこれは、若いころからの蓄積が大切です。 長生きする人の生活スタイルを研究すると、睡眠時間が多いことに気づきます。 7〜8時間前後の十分な睡眠を、若いころから心がけている人が多いです。 なぜ、睡眠時間が重要なのかというと「ストレス解消」が関係します。 老化の原因は、人がさびる要因となる「活性酸素」が原因 [続きを読む]
  • 長生きをする方法<06>
  • 小食は、長生きのポイントである。 「人が老いる」というのは、例えて言えば「さびる」と同じ話です。 いわゆる「酸化」と考えればイメージがしやすいと思います。 鉄は、使っても使わなくても、ほうっておけば自然とさびていきますね。 それは、鉄と酸素が触れることで、鉄の酸化が進行するからです。 バナナをほうっておくと、だんだん茶色になります。 リンゴも切って、ほうっておけば、だんだん茶色になります。 同じ話で、酸化 [続きを読む]
  • 長生きをする方法<05>
  • 長生きする人は、夕食は少なめで、朝食はしっかり食べる。 長生きする人は、朝食はしっかり食べ、夕食は少なめで済ませます。 夜、眠っている間は体を動かさないので、量の多い食事をしたところで、すべてのカロリーを消費しきれません。 消費しきれないカロリーは、脂肪として体内に蓄積して、肥満の原因になります。 また眠っている間とはいえ、内臓による消化活動は休みません。 睡眠前に食事をすると、消化のため胃や腸に負担がか [続きを読む]
  • 長生きをする方法<04>
  • よく噛んで食事をすれば、長生きができる。 噛むことは、長寿の秘訣です。 よく噛んで食べることで満腹中枢を刺激して、比較的少量の食事で満腹感を得やすくなります。 よく噛むことを心がけると、ゆっくり食べることになり、食べすぎを防ぐ効果もあります。 噛むことで顎を動かし、脳へ刺激を送ります。 よく噛む人は、ぼけません。 脳の健康によいばかりではなく、体の健康にもつながる習慣です。 「よく噛んで食べれば健康になる [続きを読む]
  • 長生きをする方法<03>
  • 腹八分目は長生きの習慣 長生きをしている方々の食生活を研究すると「腹八分目」を心がけている人が圧倒的多数を占めています。 満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目までで抑える習慣です。 それを裏付けるかのように、私と長生きのおばあちゃんと一緒にレストランに食事に行ったとき、食事をよく残します。 レストランの食事は、お年寄りにとって量が少し多めです。 腹八分目と感じたら「もう十分」と言って、食事をやめま [続きを読む]
  • 長生きをする方法<02>
  • 長生きのポイントは「バランスの取れた食事・運動・勉強」である。 長生きのポイントは、主に3つあります。栄養バランスの取れた食事適度な運動適度な勉強この3つが、セットになります。 どれか1つでも欠けていてはいけません。 健康で幸せに長生きをしたければ、3つの要素をバランスよく心がける必要があります。 1つ目の「栄養バランスの取れた食事」は、健康のためには、バランスの取れた食事から栄養を摂取することが大切ということ [続きを読む]
  • 長生きをする方法<01>
  • 元気に長生きしている人には、秘密の習慣がある。 私は70歳を超えるおばあちゃんと一緒に、富士山の頂上まで登ったことがあります。 私の母の母にあたります。 私が20歳のとき、おばあちゃんと一緒に富士山の頂上まで登りました。 私は最初「さすがに途中で棄権するだろう」と思っていました。 70歳を超えるおばあちゃんが、まさか富士山頂上まで登れるわけがないと思ったからです。 5合目まではバスで行きましたが、5合目から頂上ま [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<30>
  • 更年期を迎えれば、定期的な美容パックを習慣にしよう。 女性にとって40代は、特別な年代です。 更年期があります。 更年期による衰えが目立ちやすく、肌トラブルが急増しやすい年ごろです。 しみ、しわ、くすみなど、何かトラブルがあってから対処するのでは、やや遅いです。 回復にも時間がかかりますし、回復しないこともあります。 更年期を迎えれば、定期的な美容パックをしましょう。 肌のトラブルが多くなりやすい時期は、肌 [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<29>
  • 人が一番美しいのは、実は笑顔になっているとき。 しわができるからと言って、笑わない人がいます。 笑わないので、いつもむすっとしています。 しかし、しみやしわがなければ美しいのかというと、そうとは限りません。 いくらしみやしわがなくても、笑顔がないのは、残念です。 美しいかもしれませんが、活力や生命力が感じられません。 無表情は、一切の感情が感じられないため、怖いです。 何を考えているのか分からない、不気味 [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<28>
  • しわは、かけがえのない勲章である。 鏡を見て、自分のしわに気づきます。 「ああ。しわがまた1つ増えた。こんなに年を取ってしまった」  たしかにしわは、老いを感じさせることの1つです。 しわがあればあるほど、年齢を高く見られやすくなります。 しかし、しわができるのは、悪いことではありません。 年を取れば、誰にもできるものです。 紫外線を避けることでしみやしわを防ぐことができても、生きているかぎり、やはり日光に [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<27>
  • 「いただきます」「ごちそうさま」という習慣は、若返る習慣だ。 早く老ける人は、いきなり食事を始めます。 食事が終わっても、無言です。 たとえ老化を防止する抗酸化物質をたくさん含んだ食事をしていても、それでは意味がないのです。 体としては健康的かもしれませんが、心が健康的ではありません。 食事をするときには、命に対する感謝が大切です。 「命をいただいている」 そういう実感が伴うとき、人は若返ります。 今日、食べた [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<26>
  • 悪習慣を素直に認めない習慣が、老いに拍車をかける。 「睡眠不足は悪いことですよ」 そう言うと、決まり文句のように、言い返す人がいます。 「睡眠不足は昔からの習慣なので、大丈夫です」 たいていこういう人は、少し自慢げな笑みを浮かべて言うのが特徴です。 「睡眠不足なんて平気」といわんばかりの表情です。 若さを見せようとする気持ちが伝わってきます。 しかし、そうした人に限って、同じ世代の人より、疲れた顔をして [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<25>
  • 衰えた肌は、ウォーキングによって再活性がされる。 定期的にウォーキングしている女性は、みれば分かります。 年齢と比べて、肌が若々しいのです。 つやがあり、張りがあります。 「化粧だけでなく、ほかのこともしているな」と思うのです。 努力しだいで、新陳代謝の衰えを、再び取り戻せます。 ウォーキングです。 顔ばかりに注意を向けていませんか? 顔を若返らせたければ、まず体からです。 肌を手入れするのも大切ですが、肌 [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<24>
  • 美容液の効果をきちんと確かめるには、時間がかかる。 美容液にも、さまざまな種類があります。 美白効果をうたうもの。 保湿作用を強化されるもの。 コラーゲンの生成を活性化させるもの。 しみやくすみを消す効果を強調したもの。 美容液を使うと、新しい自分に出会えるようですね。 コンセプトを持った美容液を、自分の肌の状態に応じて、活用している女性も多いことでしょう。 ただし、美容液は、高い。 特殊な成分を配合してい [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<23>
  • サプリメントを完全否定しない。 サプリメントは、麻薬のようだと思ったことはありませんか? サプリメントに頼り始めると、あまりの高機能に引かれ、普段の食事がおろそかになることがあります。 最終的には、ろくに食事はとらず、サプリメントばかりを取ってしまうのです。 そういう極端な例をテレビや雑誌で目にしたせいか、一転してサプリメントを否定する人もいます。 「サプリメントばかりでは、体によくない」 「バランスの [続きを読む]
  • アンチエイジングで若返る方法<22>
  • 年を重ねたから、顎が下がるのではない。 顎を下げるから、二重顎になり、老いて見える。 二重顎ができやすい人には、共通点があります。 下を向いているのです。 しわやしみに悩んでいると、相手に見られたくないと思って、下を向いてしまいがちです。 そういう人が多いのです。 それだけでは何の解決にもなりませんね。 二重顎を改善するのは、簡単です。 顎をきゅっと上に上げるだけでいいのです。 「おいおい。それは当たり前だろう [続きを読む]