佐藤康行 さん プロフィール

  •  
佐藤康行さん: お金の不安が解消するブログ
ハンドル名佐藤康行 さん
ブログタイトルお金の不安が解消するブログ
ブログURLhttp://satoyasuyuki.com/okane/
サイト紹介文お金に愛され幸せになるコツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/03 10:05

佐藤康行 さんのブログ記事

  • 自分が歩んだ道を教えてあげる
  • こんにちは、佐藤康行です。では、人も自分と同じように光らせるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、まず自分が通ってきた道と同じ道を教えてあげるということです。自分が満月の心(本当の自分)を体得するに至った道を振り返ってみて、それを教えてあげることです。もちろん人によって多少の違いはありますが、大体は、同じ道を通れば同じ所に行けると思って差し支えありません。ですから、自分がなぜ満月の心(本当の [続きを読む]
  • 満月の心(本当の自分)を体現するとは自分のみならず他人をも光に変えること
  • こんにちは、佐藤康行です。満月の心(本当の自分)を体現すると言うのは、体感・体得した満月の心(本当の自分)を現実の世界に現して行くということです。頭と心と行動が伴っているということです。満月の心(本当の自分)を体現するということを、灯台に例えて説明するとわかりやすいと思います。灯台は、“灯台もと暗し”と言うように、遠くを照らしていますから足元は真っ暗です。だからと言って、もし慌てて足元を照らしたと [続きを読む]
  • 満月の心(本当の自分)を体得するとは、確信を持って第一歩を踏み出すこと
  • こんにちは、佐藤康行です。私たちは頭で考えると、次々といろんな想像をしてしまい、次第に妄想になってしまう可能性があります。しかし、頭と違い心と言うのは、見た瞬間に変わって行きます。高い山に昇って景色を見た時には、「素晴らしい景色だなあ」と私たちの心は一瞬にして変わります。街を歩いていて、向こうから好きなタイプの人が歩いて来たら、もうその瞬間から心は変化します。心と言うのは、見た瞬間に変化して行くの [続きを読む]
  • 完全なる宇宙意思から自分を観た瞬間、不完全が自動修正される
  • こんにちは、佐藤康行です。もう一つ、満月の心(本当の自分)を体感、体得するための方法があります。この方法を発見したのは、前出の手法を始めて約一年ほど経った頃でした。ある日、私がベットに横になって休憩していると、突然、まさに天から降ってきたかのように、私の脳裏に大きなヒントが飛び込んできたのです。その瞬間、私の体に強い衝撃が走り、思わず大きな声を張り上げて飛び起きてしまいました。「宗教を学んでいる人 [続きを読む]
  • 死ぬ間際に「本当の自分」が浮き彫りになる
  • こんにちは、佐藤康行です。人生における目標設定も一番遠い所から立てるべきなのです。では、自分の人生の一番遠い所はどこかというと、それは自分が死ぬ時です。自分が死ぬ時に、自らの人生を振り返って見て、「全く悔いのない素晴らしい人生だった!」と、心から思えて死ねることが最終的な目標なのです。「愛する人に囲まれて、喜びに満ちた素晴らしい人生だった」「やるべきことは全てやリ尽くして、もう何も思い残すことはな [続きを読む]
  • “仮想臨死体験”をして初めて満月の心(本当の自分)に出会える
  • こんにちは、佐藤康行です。ではいよいよ、具体的にどのようにして満月の心(本当の自分)を体感・体得するのかについて解説していきましょう。世の中には稀に臨死体験をした人がいます。そういう人の中には、満月の心(本当の自分)を体感した人がいるのです。そんな体験をした人は、あの世には土地も財産も肉体も家族も何も持って行けないという事実を体感します。その時に満月の心(本当の自分)に目覚めるということがあるので [続きを読む]
  • あなたにとって大切なものを一度頭の中から投げ捨ててみる
  • こんにちは、佐藤康行です。満月の心(本当の自分)は私たちの肉体の一番奥深くに眠っていると捉えるとわかりやすいでしょう。私たちの肉体は、個体的な塊に過ぎず、もっとも狭く不自由なものです。私たちの心は、肉体よりもはるかに広がりと自由さを持っています。しかし、心には自分が歩んできた経験からくる心の癖やトラウマ、遺伝子によって受け継がれた性格という制限があります。それに対して、心の奥にある満月の心(本当の [続きを読む]
  • 満月の心を引き出すには、協力者が必要不可欠と知る
  • こんにちは、佐藤康行です。私は、満月の心を引き出すには、自分の力だけでは不可能に近く、人の力がどうしても不可欠なのだと捉えています。どう考えても、そのように捉えたほうが賢明なのです。ちょうど、母親が子どもを出産する時に、産婦人科の先生の協力が必要なのと同じです。人間以外の全ての動物が自力で出産できるように、本来は、人間にも自力で出産できるだけの能力はあったはずです。またそういう体の仕組みになってい [続きを読む]
  • “闘わずして勝つ”ことができる究極の世界
  • こんにちは、佐藤康行です。満月の心を開発していくと、“闘わずして勝つ”ことができます。ここが従来の潜在能力の開発とは全く違う点です。格闘家で一番強い人は、どんな相手でも投げ飛ばしてしまいます。でももっと強い人は、相手に触る前に相手を投げ飛ばしてしまいます。気功などを極めた人にはそういう人がいます。でも、それよりもさらにもっと強い人がいます。それはどういう人かというと、相手を自分の味方にしてしまう人 [続きを読む]
  • 満月の心を開発すると敵がいなくなる
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の成功哲学では、まず自分自身にとって魅力のある目標やビジョンを掲げます。しかし、その発想でいくと、必ずどこかで行き詰まります。なぜならば、頭で考えている限り、どうしても自己中心的で個体的な発想になり、個体的な発想になれば、個体対個体で人とぶつかり合います。個体対個体で人とぶつかり合えば、必ず勝ち負けという競争の世界になります。人から足を引っ張られたり騙されることもあり [続きを読む]
  • DNA成功哲学を極めれば恐怖とサヨナラできる
  • こんにちは、佐藤康行です。「恐怖心を恐れてはいけない。恐怖心を支配せよ」従来の成功哲学では、このように言われてきました。恐怖心を克服しなければ成功はあり得ないというわけです。しかし、よく考えてみてください。そもそも恐怖心というのは、私たち生きているものにとって必要なものだからあるのではないでしょうか?例えば、野生の中で生きている小鹿に恐怖心がなかったらどうでしょうか。あっと言う間に他の動物に襲われ [続きを読む]
  • 満月の心を開くとネガティブな感情すら湧いてこなくなる
  • こんにちは、佐藤康行です。ネガティブな感情は、自分の本当の使命を知るための要素だという言い方もできます。実際に私自身も、自分の使命に目覚め始めてきた頃、使命とかけ離れた勉強会などに参加すると、途中から具合が悪くなったものです。腕がしびれてしまって、じっと座っていられなくなったことがあります。それから参加しなくなりましたが、私はそれで良かったと思っています。これは単なるわがままとは違うのです。満月の [続きを読む]
  • 否定的な感情に素直になれば自分の使命が見えてくる
  • こんにちは、佐藤康行です。「否定的な感情が出てきたら、すぐにそれを追い出しなさい。それが成功への道です」と従来の成功哲学では言っています。しかし、本当は、否定的な感情も必要なのです。「できない」とか「彼は嫌いだ」というようなネガティブな感情も、必要なものだから与えられているのです。そういう感情があるから、余分なものに時間を取られないで済むわけです。それがもしなかったら、余分なものに多大な時間と労力 [続きを読む]
  • DNA成功哲学では忍耐力さえいらない
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の成功哲学では忍耐力が必要ですが、DNA成功哲学では忍耐力も基本的には必要ありません。なぜならば、満月の心(本当の自分)に目覚めて意識次元が上がり、意識の高い人との出会いのチャンスにどんどん恵まれていけば、やるべきことが次々とやってくるからです。人と出会って、次に自分が何をやるべきかがわかれば、忍耐力というものはそれほどいらなくなります。喜びを持って臨みますから、こと [続きを読む]
  • DNA成功哲学では決断力も不要だ
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の成功哲学では、「成功する人は決断が早くて諦めの遅い人、成功しない人は決断が遅くて諦めの早い人」と言っていました。しかし、DNA成功哲学では、決断力も判断力もいりません。決断力という言葉すらないのです。あなたがクルマを運転する時、いくら複雑な道であっても、どの道を行けば目的地に辿りつけるか知っていれば決断力はいりません。全部わかっていれば、そこには決断力も判断力もいら [続きを読む]
  • 真の成功を勝ち取るのに時間はかからない
  • こんにちは、佐藤康行です。DNA成功哲学と従来の成功哲学との大きな違いの一つは、DNA成功哲学では、成功するのに時間がかからないということです。満月の心(本当の自分)を自覚した瞬間、あなたは成功者になれるのです。満月の心(本当の自分)を自覚すれば、一瞬一瞬に喜びを持って生きることができます。いつも愛の心を持って人と接することができます。ですから、もうその段階で成功者だと言えるのです。そして、満月の [続きを読む]
  • 創造力を超越した“神通力”が働く
  • こんにちは、佐藤康行です。今までは、潜在能力を開発することによって、人間の創造力を引き出してきました。創造力というのは、あることを願って、その思いに集中して現実を作り上げていく力のことです。世の中にあるいろんなものは、人間の思いが形に現われた姿です。人間の思いの力で創造したものなのです。これに対して、満月の心を開発することによって発揮される力は神通力です。神通力というのは、書いて字の如く、神が通じ [続きを読む]
  • “神通力”に沿って“創造力”を活かす
  • こんにちは、佐藤康行です。創造力を発揮すると破壊の方向に向かっていく可能性があります。しかし、神通力が出ると、必ず修正の方向に向かっていきます。そういう意味では、全く根本的に性質が違うものなのです。例えば、家を建てることを私たちは創造と言い、破壊とは言いません。しかし、家を建てることによって、森林を伐採していたら、それは結果的には破壊でもあるのです。いろんなものを生産するために、他の動物を殺したり [続きを読む]
  • 満月の心の開発は手段ではなく目的そのものだ
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の潜在能力開発は、「あのようになりたい」という目的を達成するための手段でした。願望の達成のために、自らの眠っている能力を掘り起こそうとするものです。それに対して、満月の心の開発は、願望を達成することが一番ではなく、そのこと自体が目的なのです。満月の心とは本当の自分ですから、本当の自分に目覚めることが一番の目的なのです。本当の自分に目覚め、満月の心を開発していけば、その [続きを読む]
  • 満月の心を開発すれば無限の能力が発揮される
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の成功哲学では、潜在能力を開発してきました。それに対して、DNA成功哲学では、満月の心を開発します。潜在能力開発と満月の心の開発は一見似ているようですが、全く異なるものなのです。潜在能力開発は、「人間にはこんなに眠っている能力があるんだ。だからあなたにも無限の可能性があるんだ」という発想です。確かにこれはある部分では事実ですが、究極の事実ではないのです。なぜならば、例 [続きを読む]
  • 満月の心の愛が恐怖を蹴散らす
  • こんにちは、佐藤康行です。満月の心は愛そのものですから、本当の自分から湧いてくるインスピレーションは、全て愛でできています。「あの人は私を貶めるんじゃないか…」というインスピレーションは、過去のデータからくるインスピレーションですが、本当の自分(満月の心)から来るインスピレーションには絶対にそういうものはありません。どんな相手にも好意を持ち続け、愛を出し続けます。愛のエネルギーを出し続けたら、相手 [続きを読む]
  • “愛のインスピレーション”が働き世界中の人を味方にできる
  • こんにちは、佐藤康行です。普通私たちが第六感と言っているのは、全部記憶から来るものです。記憶にないものは浮かんで来ません。その記憶とは、頭の中に入った記憶か、それとも遺伝子の記憶です。私たちが生まれて来る時には、遺伝子の記憶を引き継いできます。そして、親の育て方、兄弟同士のつきあい、学校の先生の影響、社会に出てからの環境などによって、人生観や考え方が知らず知らずに細胞に記憶されていくのです。第六感 [続きを読む]
  • “欲望のモチベーション”から“喜びのモチベーション”へ
  • こんにちは、佐藤康行です。DNA成功哲学におけるモチベーションは、“喜びのモチベーション”です。より正確に言うならば、モチベーションという言葉自体がいらないかもしれません。花が咲くのにモチベーションはいりません。従来の成功哲学では、報奨金がもらえるとか、勲章がもらえるといった欲望を持つことでやる気を起こしていました。モチベーションというのは、「エイッ!」っと言ってエンジンをかける世界です。ですから [続きを読む]
  • DNA成功哲学における成功の定義は“本当の自分を知る”こと
  • こんにちは、佐藤康行です。従来の成功哲学における成功の定義は、「自分で立てた目標を達成すること」でした。そこに、「他人の権利を侵害しないで」とか、「自分にとって価値ある目標」とか、「段階を追って実現していくこと」といった修飾語がついていました。大切なのは、あくまでも「自分で立てた目標を達成すること」でした。しかし、何度も言うように、この成功の定義こそが、私たちを不幸にする元凶だったのです。そもそも [続きを読む]