mari さん プロフィール

  •  
mariさん: ママが楽になる低学年の子ども学習習慣づくり
ハンドル名mari さん
ブログタイトルママが楽になる低学年の子ども学習習慣づくり
ブログURLhttp://ameblo.jp/brightest-2015/
サイト紹介文勉強が難しくなる高学年の準備として、低学年のうちに伸び伸び成長できる学習習慣づくりをしてみませんか。
自由文ふつうの子が伸び伸び成長し、毎日の子育てが楽しくなる!
低学年の子ども学習習慣づくり「ハピスタ♡7ステッププログラム」は、9歳までに身に付けておきたい、ママとお子さまのための学習プログラムです。ママは、お子さまの伸ばし方が分かり、楽しい育児と成長するチャンスを増やすことができ、お子さまは個性に合わせて学ぶ習慣を定着させることができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/06/03 11:05

mari さんのブログ記事

  • 「あんだって〜?」から「大丈夫だぁ〜」へ ママに続け!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ ある日、犬の散歩の帰りのこと。 犬が好きなんでしょうね、我が家のトイプードル、なっちゃんを見て、 「名前なんて言うの?」と聞くので、 「なっちゃんです」と答えると、 「あー、あーちゃんね」 「いえいえ、なっちゃんです。」 慌てて否定するも、「アンちゃんかぁ。じゃ、アーちゃんでいいね」と言い残し、スタスタ去って行きました。 まるで、このかみ合わない会話は [続きを読む]
  • 毒?それとも薬? 「うちの子茸(だけ)」に気を付けて!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 「うちの子だけ、褒められた」「うちの子だけ、選手に選ばれた」 となると、子どもを誇らしく感じたり、嬉しい気持ちになりますよね。 また、 こういう時のママは、子どもの努力の積み重ねや結果に繋がるまでの過程を冷静に子どもに伝えることができるので、 子どもは、自信が持てたり、さらに挑戦しようという気持ちにもなるものです。 [続きを読む]
  • 勉強時間は35分? 無駄を省いて50分〜? withママ
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 中1の息子は、明日から初めての定期テストがあります。 中学生になると、小学校生活と違い、部活はハードになるし、土日もトレーニングや練習試合で、家にいることが少ないんですね。 忙しい毎日だからこそ、計画的に勉強することがより必要になってきますが、 家に帰れば疲れて寝てしまったり、テレビやゲームの誘惑があるので、計画 [続きを読む]
  • ママは背中で語る?! 楽しく学べる「学びの美学」
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ やっと、やっと慣れてきました。息子のお弁当作りに。息子の中学校は、給食がないので、毎日お弁当を持って行きます。 これがどうも気が重く、負担に感じていたんですね。 小学校の時は、長期休暇の夏休みなどに、学童に持って行くお弁当を作ってましたよ。でも、長くても1か月で解放されたので、負担に感じなかったんです。 そ [続きを読む]
  • 注目すべきは、我が家の環境問題!子どもの動線見直そう?
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ そろそろ学校生活に慣れた頃ですよね。 最初は、「友達と仲良くできるかな」「先生って、どんな人なんだろう」 新しい環境になると、ワクワクしたり、不安な気持ちがあり、子どもは、どことなく緊張していますが、学校生活に慣れてくるちょうど今頃、疲れが出てきます。 歯が痛くなったり、お腹が痛くなったり、テレビの前でゴロゴロし [続きを読む]
  • 「ちょっと何言ってるか分かんない」こんなセリフ言われたい?!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 明日は、息子の卒業式。 こういう節目の時は、子どもの成長を改めて確認できたり、今までの出来事を振り返るとても良い機会ですね。当時はマイナスに思えた出来事も今では、必要な出来事と思えるのですから、 後になってみないと分からないことも多いのだと改めて感じました。 小学生になると、勉強も気になるところですが、私は、息子の友達 [続きを読む]
  • 君こそスターだ! ママは子どもの親衛隊?
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 昨年末から断捨離をしている我が家。4月には息子が中学生になるので、この機会に、オモチャやマンガ本を整理しているんですね。 懐かしいオモチャと共に、遊んでいた頃のことを思い出します。 保育園の頃は、折り紙でおった手裏剣を大量に作り、見えない敵と戦い、 変身ベルトを身に付けると、すぐに仮面ライダーになりきり、これまた敵と戦う。&n [続きを読む]
  • 受験の心は母ごころ〜? 聞けば「理解」の泉湧く!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 「中学受験したいんだけど・・・・」この一言で始まった受験勉強。6年生になった春のことです。あれから、1年。やっと終わりました。もう、息子に遠慮することなく、好きなドラマが見られます(笑)この中学受験を通して息子は、大きな喜びと悔しい思いから、自分がやってきたことを振り返り、進路を決める時には、息子は食欲が落ちるほど悩みに悩んで、進む道を決 [続きを読む]
  • PPAP?! ママ太郎は、何を組み合わせて発信する?
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 私が子どもの頃から「ワカメと葱」の味噌汁がよく食卓に出ていたので、よくこの組み合わせの味噌汁を作ります。 ところがです。 この組み合わせは、葱のリン酸がワカメのカルシウムの吸収を阻害するというデメリットがあるんですって! 知りませんでしたよ〜。でも、今知ることができてラッキーです。 この先何十年も残念な味噌汁を作らなくて [続きを読む]
  • 聞けば一瞬ラク、でも考えれば一生分ラクになるママのサポート
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 子どもが考えもせずに答えをすぐに聞いてきたら、先生は、「まずは自分で考えてから聞きにきなさい」と言うし、ママだって、子どもが考えてない様子は、分かるので、「ちゃんと考えなさい!」と言いますよね。 学校での勉強は、3年生くらいまでは、暗記や計算が多く、機械的に覚えることが多いですが、4年生からは、自分で考え解いていく問題が少しずつ出て [続きを読む]
  • ブラジルの人、聞こえてますか〜の前に、我が子に伝えよう?
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 「息子さん力持ちだから、お母さん楽でしょう」なんて、言われます。 そうなんですよ! 楽なんです(笑)うちの息子は力持ちで、頼もしい戦力なのです。 6年生ともなると、だいぶ力がつき、スーパーに行けば、牛乳やビールなど重いものは、息子が持つことが今や普通で、 時には、ビール1ケースを息子に運んでもらうことも。保育園の頃は、お手伝い [続きを読む]
  • 新学期へのウォーミングアップで心もアップ!ママの生活指導?
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 2017年がスタートしましたね。息子は小学校生活も後3ヶ月です。1年生の頃より身長も伸び、心も大きく成長しました。 新しいことを始める時に、以前は、「できないかも」と言って行動に移せないことが、 今では、「ちょっとやってみようかな」とチャレンジすることも多くなりましたよ。 あっ、それからすぐに落ち込むことも少なくなりました( [続きを読む]
  • でっきるかな、でっきるかな、はてはてママ〜? 直感力
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 早いもので今年も後2週間ですね。 私はストレングスファインダー(強み)の上位に「目標志向」があり、当たり前のように、毎年1年の目標を立てていましたが、 今年は、目標を立てず、ゆっくり、毎日を積み重ねてみました。そんな今年を振り返ってみると、あることに気付いたんです。それは、新しいことを始めるときに、 「あっ、これはやってみたい [続きを読む]
  • 赤信号?! 一人で渡っても怖くない? ママの応援の力 
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 「ぼくは、英語はできないから・・」 5年生の時の外国語授業、英語が始まったころの事です。 今は、5年生から英語の授業がありますが、2020年には、3年生から英語の授業が始まります。 通信教育や英語の塾で、勉強している子どもも多いですね。 自分が友達よりできなかったり、分からないことが多くなってくると苦手意識が出てきます。 [続きを読む]
  • 「ダメだこりゃ」という前に、子どもの夢中を探してみよう!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ 今日から12月ですね。12月になると学校では、2学期に勉強した内容のまとめテストがあります。 低学年の時子どもは、ちょっと勉強すれば、すぐにできるので、無意識に「毎日勉強しなくても、すぐにできるから大丈夫。」と思いがちです。 学校の勉強が「全く分からない」とか「難しくてできない」となると子どもは、ママが言うように毎日勉強し [続きを読む]
  • 春夏秋冬 朝昼晩 好きを続けて 花咲けばっかん!
  • 湯浅麻里奈です。 ⇒子どもがどんどん学び始めるコツ ピアノが弾ける男の子って、なんかいいなぁ〜。毎年、私の住んでいる市では、6年生が参加する音楽会があります。 その音楽会で、息子の学校は、男の子がピアノ伴奏だったのです。 5、6年生になると、子どもの得意なものが顕著に現れてきますよね。 ピアノと言ったら、A君、踊りが上手いのは、Gちゃん電車に詳しいのは、C君足が速いのは、K君 [続きを読む]
  • 「なるほど!ザ・ワード」 言葉遊びで楽しく学ぼう?
  • 「国語は苦手だから・・・」息子が2年生の頃の話です。算数は、好きで難しい問題もチャレンジするのに、国語はさっぱり。やりたがりません。保育園の頃から、文章を読むことに慣れさせようと、週末図書館に行って本を借りたり、読み聞かせも、毎日はできませんが、やってたのに・・・私の努力はむなしく「国語は苦手だから・・・」と言って算数に逃げようとします。「そうはさせませんよ!」(笑)国語の苦手意識をそのままにし [続きを読む]
  • 「いたしません!」は、成長しない。内なる力を信じよう?
  • 高学年になると、学校では、パソコンを使う時間があるんですね。言葉の意味が分からない、もっと詳しい情報が欲しい時など息子は、パソコンで検索します。やっぱり、知りたい情報がすぐに分かるって良いでよね!今でこそ息子は、こうやってパソコンを使ってますが、低学年の時は、パソコンを使って、検索するより分からない言葉は、辞書を使い、知りたいことは、図書館に行って調べたりしてたんですね。 学校で辞書を使うから、辞 [続きを読む]
  • 「ちょっとだけよん」ママが応援!はじめの一歩
  • 子どもが問題を見ただけで、「あー、無理」と諦めてしまうと、「よく問題を読んで」「やってみなきゃ、わからないでしょ」言いたくなります。 なぜなら、ママは、答えを出そうと手を動かさないと、できるようにはならないと知っているからなんですよね。でも、ママの気持ちは届かず子どもは、「だって、難しそうだし・・・」「やったことないから」「無理そう・・・」できない理由を沢山あげて、やらないか、仕方なく、その場は渋 [続きを読む]
  • キレイの基準は、私が決める!ママの意味づけマルっとOK?
  • 小学2年生の時の話です。息子のノートを見て、びっくりしました。字が汚い・・・1年生の時は、丁寧に書いてたはずなのに、2年生になったら、メンドクサイのか、雑なんです。 数字なんて、「0(ゼロ)」かと思えば「6(ロク)」だったり。しかも、テストの時もですよ。テストの答案に自分の名前書きますよね。自分の名前も先生に赤ペンで直されているんですから、もはや、丁寧に書こうという気持ちがないように感じますよ。大人に [続きを読む]
  • 寝ないなら、寝かせてみせよう ママリック?
  • ◆もう勉強しなさい!と言わないママになる 朝晩涼しくなり、秋の気配を感じますね。息子の小学校は、毎年秋に運動会が行われます。 運動会の前の日は、子どもに、早く寝て欲しいと思いませんか。子どもが早く寝てくれれば、その分、明日のお弁当の準備に時間が使えますから、「今日は、ぐっすり寝ようね」いつもよりちょっと早めに寝かせようとしても、息子ときたら、興奮してなかなか眠れないようで、「喉乾いたから、水飲みた [続きを読む]