johnkimura11 さん プロフィール

  •  
johnkimura11さん: 考える英語 (英作のススメ)
ハンドル名johnkimura11 さん
ブログタイトル考える英語 (英作のススメ)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/johnkimura11
サイト紹介文身の回りの事から、社会情勢まで、幅広い事柄を自分の知っている簡単な英語で表現する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/06/04 14:31

johnkimura11 さんのブログ記事

  • 英作『都政11(都政の透明化)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】 11. 都政の透明化をはかる ⇒ 透明化とは何か?日本語を見すぎてはならない。見過ぎれば、日本語にとらわれて、英語が出なくなる。『都政の透明化』を虚心坦懐、心の目で観ることが大切である。『なぜ』という観点から見ていく。『なぜ』透明化が必要なのか?都政が『不透明』だからである。では不透明とは何か?なぜ、小池都知事は『不透明』だと非難しているか?もっと東京都が情報を [続きを読む]
  • 英作『都政9(都政の混乱に終止符を打つ)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】 9. 都政の混乱に終止符を打つ。 ⇒ この発言は都知事選で増田候補が言っていた言葉である。字面だけを見ていては、英語にはしづらい。特にこういった感じの多少ややこしい日本語の場合は特にそうである。いつものように、まず考える。都政の混乱とは一体何であろうか?なぜ混乱しているのか?前都知事が公金の私的流用疑惑があり、辞める辞めないの騒ぎがあり、都民の信頼を失ったこと。それ [続きを読む]
  • 英作『都政8(みんなに都政を取り戻そう)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】 8. みんなに都政を取り戻そう。⇒ アメリカではトランプ新大統領が誕生する。色々な発言があるが、その中に以下のようなものがある。彼のツイートの発言で、英国がEU脱退を決めた時の発言である。・They took thier country back, just like we will take America back.彼らは自分たちの国を取り戻した。同じように我々も、アメリカをこの手に取り戻すよ。トランプ氏の英語を借用して、『 [続きを読む]
  • 英語学習者の皆さまへ新年のご挨拶(及び『捨てること』に関して)
  • 当英作ブログをお読みの皆さま、新年あけましておめでとうございます。年末には妻と一緒に教室と自宅の大掃除を致しました。おかげですっきりと新年を迎えることができます。自宅の大掃除の際、かなりの本を処分しました。書棚に収まらず、多くの本が床の上に積んであり本を探す時、はいつくばって探すこともあります。今回とりあえずかなり本を処分して、床にある本はすべて書棚に収めました。衣服やその他の物品への執着はそんな [続きを読む]
  • 英作『都政7(築地市場の移転・賛否両論)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】7. 築地市場の移転に関しては賛否両論だ。⇒ 普通こういった日本語を見ると、『移転』と『賛否両論』を辞書で引くだろう。もしくは全文ネット翻訳にかけるか。辞書を引くのは良いが、いつも和英辞典、機械翻訳に頼っていては、いつになってもそれらへの依存心を断ち切ることはできない。道具というのは便利であるが、常にそこには依存心という危険性が内包される。剣豪 宮本武蔵は『仏神は貴 [続きを読む]
  • 英作『都政6(東京五輪費用の高騰)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】6. 東京オリンピックにかかる費用が膨れ上がっている。⇒ 英語に直すとき、いつだって『私は必ず英語にできる』と思うことが大事である。なぜ実際問題として英語にできないか。理由は様々ある。一つはプライドである。かっこよく言いたいという欲。余計なプライドは捨てること。何かを捨てなければ、大事なものは得られない。英語だって同じこと。かっこよく言う前に、通じさせることが先決で [続きを読む]
  • 英作『都政5(東京都は課題山積)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】5. 東京都は課題山積している。⇒ どうしても日本語を英語に直すとき、難しい日本語にとらわれてしまうものである。日本人として持っている日本語の語彙、知識が適確で自然な英語にすることを妨げる。人間とはどうしても便利なもの、得意なものに依存して、墓穴を掘るということがよくあるものである。人間の『目』もそのうちの一つである。我々は目に頼り過ぎる場合がある。当たり前だ。目が [続きを読む]
  • 英作『都政4(公用車は動く知事室)』答と考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】4. 公用車は動く知事室です。⇒ 英語は文脈を考えることが大事である。どういう文脈での発言かというと、前都知事が毎週金曜日に遠く離れた湯河原という場所に、公用車で行っていた。そんな遠くに行っていて、地震などの非常事態が発生した場合、知事として迅速に緊急対応ができるのか。そういう非難である。前知事としては、何事があっても都庁の執務室にいるのと同じように、公用車に乗って [続きを読む]
  • 英作『都政2(白熱した都知事選)』答えと考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】2.史上最も白熱した都知事選であった。⇒ その通りである。東京といえども都知事選は一地方の知事選挙である。それなのに今回の都知事選は連日報道がされて、前都知事の疑惑もあり世間の注目を大いに集めた。私も今回の都知事選には大いに関心があって、都民でも何でもないが投票できたらな、と思ったぐらいだ。それでは『白熱』を分析する。大事な事は『白熱』を和英辞書を引いて調べること [続きを読む]
  • 英作『都政1(女性初の都知事誕生)』答と考え方
  •  【Tokyo Metropolitan Government】1.女性初の都知事が誕生した。⇒ いつものように、日本語を観察する。『誕生』というと、born が浮かぶかもしれないが、この文脈ではあまり使わないだろう。試みに課題文全文をネット翻訳にかけると案の定、is(was) born が使われていた。普通、born は、特に人に使う時、やはり『誕生』ということなので、この世に存在し始める時を指す。その他、思想、〜運動等で使うことも可である。人や生 [続きを読む]
  • 英作問題 『都政』
  •  【Tokyo Metropolitan Government】1.女性初の都知事が誕生した。2.史上最も白熱した都知事選であった。3.前都知事は豪華な海外出張、並びに政治資金の私的流用疑惑で辞職に追い込まれた。4. 公用車は動く知事室です。5. 東京都は課題山積している。6. 東京オリンピックにかかる費用が膨れ上がっている。7. 築地市場の移転に関しては賛否両論だ。8. みんなに都政を取り戻そう。9. 都政の混乱に終止符を打つ。10. 都政はブラック [続きを読む]
  • 英作『保育所11(一億総活躍社会)』答えと考え方
  • 『nursery』11. 日本は『一億総活躍社会』を実現する。⇒ 安倍首相のスローガンの一つである。ではいつものように考える。『一億総〜』とは何か? 戦争の時は玉砕(!?)やら、テレビ全盛となってきて『一億総白痴化』と評論家の故・大宅壮一氏が言ったりした『一億総〜』であるが、要するに『全員、みんな』ということなので、everyone である。もしくは all 〜 等である。では『活躍』とはどういうことか。ネットの翻訳では [続きを読む]
  • 英作『保育所10(女性の社会進出)』答えと考え方
  • 『nursery』10. 日本における女性の社会進出は、諸外国に比べて依然低い。⇒ 『社会進出』とは何かを考える。ここで言いたいことは何だろうか?言葉とは、ある人が何かを言いたくて、たまたまそう言っているに過ぎないことがある。本当は何がその人の頭のなかにあるのか。どんなイメージを持っているのか。何が一体念頭にあってその発言をしているのか見抜く必要がある。話者が本当に伝えたいことを見抜くことができれば、英訳は [続きを読む]
  • 英作『保育所9(出生率が低い)』答と考え方
  • 『nursery』9. 日本の出生率は低い。⇒ 『出生率』を考える。こういう日本語を英語にする場合、一歩引いて考えるのが大事である。言葉を訳そうとするのではなく、言葉をきっかけとして、言葉をヒントとして、その言葉のイメージを自分の知っている英語に直す。言葉を訳そうとすると、必ず自分の知らない英語になる。そうではなく、言葉のイメージを、言葉の本質的意味を考える。『出生率が低い』とは何か考える。要するに、赤ちゃ [続きを読む]
  • 英作『保育所8(職場復帰が困難)』答と考え方
  • 『nursery』8. 職場復帰が困難だ。⇒ 出産を機に、育児のためにいったん休職し、その後復職すること。職場復帰とは、簡単に言うと、再度働き出すこと。・to start working again.復帰ということで、戻ることなので、back を使って、・to get back to work. ・to go back to work. 単に・to work again. でもいい。 仕事に行く、とは go to work. なので、『再度』の要素を入れて、・to go to work again. 『困難だ』は difficu [続きを読む]
  • 英作『保育所7(子供の送り迎え)』答と考え方
  • 『nursery』7. 子供の送り迎えをする。⇒ 『送り迎え』を考える。日本語なら一言で言えるので便利であるが、英語ではどうだろう。日本語では一言であっても英語では一言ではない可能性が高い。その場合は、分けて考える。分けて考えたら、送り迎え→ 送る + 迎える である。それぞれで考える。『送る』と聞くと send が浮かぶが、send a letter(手紙を送る) や send a package (小包を送付する)というように、sendは離 [続きを読む]
  • 英作『保育所6(親に預ける)』答と考え方
  • 『nursery』6. 親に子供を預ける。⇒ 『預ける』とはどういうことか考える。親に預けるということは、分析すると、お願いして、世話をしてもらうことである。ask と take care of を使って、・I ask my parents to take care of my baby.世話をするは、他にも look after もよい。・I ask my parents to look after my child.預けるということは、世話をすることでもあるし、簡単に言えば、一緒にいてくれることでもある。・I a [続きを読む]
  • 英作『保育所5(予算増額、保育所増設)』答えと考え方
  • 『nursery』5. 政府は保育所増設に向けて予算を増額するべきだ。⇒ 前回『要するに』という考え方に関して言及した。英語で表現するとき、日本語を一旦自分の頭の中に入れて、情報を消化することが大事である。我々はどうしても日本語をそのまま英語に直そうとしてしまう。長年のクセや習慣はなかなか直せない。『要するに』という考えが、日本語を英語にする時に役立つ。日露戦争時、日本海海戦において世界最強のロシア・バルチ [続きを読む]
  • 英作『保育所4(待遇改善)』答えと考え方
  • 『nursery』4. 保育士の待遇改善を求める。⇒ 『待遇改善』とは何か。そもそも『待遇』とは何か? なぜ『待遇』を改善する必要があるのか?『待遇改善』で、何を求めているのか? 求める条件は色々ある。休みの取り方や福利厚生など。その中でも最も重要な物は何か? 給料である。そもそも『待遇改善を求める』のは、給料が安いからである。よって、・Workers at nursery school want more salary.need を使って・Workers at n [続きを読む]
  • 英作『保育所3(慢性的な人手不足)』答と考え方
  • 『nursery』3. 保育士に関しては、慢性的な人手不足である。⇒ 保育士とは英語で何というのだろう? 私も知らない。でも知らなくても別に困らない。知らなければ考えればよい。保育士とは、保育所で働く人である。働く人はスタッフ(staff) である。よって、・staff of nursery school/ nursery school staff / staff at nursery school などでよい。慢性的とは何か? 慢性病とは a chronic disease であるが、簡単に考えると、 [続きを読む]
  • 英作『保育所2(待機児童ゼロ)』答えと考え方
  • 『nursery』2. この町は待機児童ゼロだ。⇒ 言葉だけを切り取って訳す。『待機児童』だけを切り取って訳す。よくあることだが、その誘惑に陥ってはならない。言葉とは関係性である。周りとの関係性において言葉は存在している。言葉を一人歩きさせてはならない。ある言葉は、必ず具体的な状況、文脈との関連において使われている。それを無視して言葉を切り取っても自然な英語にはならない。言葉には、必ず背景というものがある。 [続きを読む]
  • 英作『保育所1(待機児童問題)』答と考え方
  • 『nursery』1. 待機児童問題は深刻化している。⇒ ネット翻訳で試みに『待機児童』と入力してみたら、waiting child と出た。期待通りの残念さである。まあそりゃ、待ってるんでしょうが。今度は逆に waiting child でネット検索をしてみたら、海外の孤児院(orphanage)や、養子(adoption)をすすめるサイトがずらりと表示された。危ういかな、機械翻訳。孤児は本当に、自分を養育してくれる親を待っているから、waiting child [続きを読む]
  • 英作問題 『保育所』
  • 『nursery』1. 待機児童問題は深刻化している。2. この町は待機児童ゼロだ。3. 保育士に関しては、慢性的な人手不足である。4. 保育士の待遇改善を求める。5. 政府は保育所増設に向けて予算を増額するべきだ。6. 親に子供を預ける。7. 子供の送り迎えをする。8. 職場復帰が困難だ。9. 日本の出生率は低い。10. 日本における女性の社会進出は、諸外国に比べて依然低い。11. 日本は『一億総活躍社会』を実現する。 [続きを読む]