k-k-kentaro さん プロフィール

  •  
k-k-kentaroさん: じゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ハンドル名k-k-kentaro さん
ブログタイトルじゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/k_kentaro_0206
サイト紹介文田舎で暮らすおっさんの独り言を日々書き綴っています。
自由文このブログは、田舎で暮らすおっさんが日々起こったことを報告したり、世間に対して吠えてみたり、映画の感想を書き散らかしたりするものです。

ブログタイトルの「じゃんご」とは秋田弁で「田舎」のことで、偶然にもマカロニウエスタンの主人公の名前でもあります。何となく付けてみました。

お時間があれば、広い心で御覧になってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供512回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2015/06/04 22:26

k-k-kentaro さんのブログ記事

  • 花粉症の季節に塩蔵赤紫蘇の実を宣伝!
  • 現代農業2月号84ページに次のような記述があります。青ジソは、ビタミンやミネラル類が多く、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜のなかでもトップクラス。赤ジソは、カロテンの量が少ないだけで、ほかの栄養成分は変わらない。さらに、ポリフェノールの一種であるロズマンリン酸も含まれており、アレルギー症状を緩和する。青ジソも赤ジソも香り成分ペリルアルデヒドには高い抗酸化作用と防腐効果があり、刺し身やお [続きを読む]
  • 【映画評】マンマ・ミーア!
  • エーゲ海に浮かぶギリシャの小島で、20歳のソフィは結婚式を間近に控えていた。母子家庭で育ったソフィの願いは父親とバージンロードを歩くこと。母親ドナの日記を内緒で読んだソフィは、父親の可能性がある母の昔の恋人3人に招待状を出すのだが……(映画.comより引用)。2009年日本公開作品。監督はフィリダ・ロイドで、出演はメリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ジュリー [続きを読む]
  • ガリガリ君リッチ黒みつきなこもち
  • ガリガリ君リッチ黒みつきなこもちを買いました。http://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/mdpr-1577490.htmlこれは壇蜜(保健体育の先生バージョン)ですね。気を取り直して行きましょう。昨年のガリガリ君リッチ桜もちと同系列で、餅が入ったアイスというチャレンジ精神溢れる一品です。【注意!】ここからおっさんの食べかけ画像が続きます。不快に感じる方はスルーしてください。一口囓ると、餅が姿を見せます。更に食べ [続きを読む]
  • 【映画評】女学生ゲリラ
  • 不良の高校三年生の明子、絹代、時子は、劣等生を冷遇してきた学校への復讐を誓い、卒業式を妨害する計画を立てていた。同級生の誠一と五郎を加えた五人は、三年生全員の成績表と卒業証書を盗み出した後、色仕掛けで自衛隊員から奪った武器を持って、山岳地帯のアジトに立てこもるのだったが…(Yahoo!映画より引用)。1969年公開の成人映画。監督は足立正生で、出演は芦川絵理、花村亜流芽、万屋真理、新田等々、福間健二、平岡正 [続きを読む]
  • 【映画評】忍者武芸帳
  • 室町時代、伏影城の城主は家老の坂上主膳に謀られ非業の死を遂げる。城主の息子である結城重太郎は辛うじて逃げ延び、父の仇を討つ機会を伺っていた。数年後、重太郎は城下に現れるが、主膳の妹で忍者の螢火に重症を負わされてしまう。そんな彼を救ったのは、伏影城に恨みを抱く忍者の影丸だった(Yahoo!映画より引用)。1967年公開作品。監督は大島渚で、声の出演は山本圭、松本典子、佐藤慶、福田善之、観世栄夫、小山明子、戸浦 [続きを読む]
  • あじまん 2017年冬
  • 今年も冬のおやつ、あじまんを食べました。大判焼きや今川焼きみたいなお菓子と言えば、それまでのことですが、あんこの量が半端ないです。もはや、あんこを食べていると言っても過言ではありません。山形県天童市からスタートし、現在では東北や関東に約300店舗を構えています。ほとんどはスーパーマーケットやホームセンターの店先にあります。10月から半年間限定の営業なので、近くにある方は、春が来る前にお召し上がりくださ [続きを読む]
  • 【拡散】こんな詐欺メールに騙されない!【防犯】
  • 私のところに「LINE異常」の件名で届いた詐欺メールです(誤 防止のため、一部変更しています)。マスコミは、この手の詐欺が巧妙化していると騒ぎますけど、本当でしょうかね。だって、私はスマートフォンでLINEをやっていませんし、このメールはスマートフォンではなくパソコンに届いたんですよ。バカじゃね? とにかく手口を晒すことで被害が出ないようにします。お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがあり [続きを読む]
  • 北秋田市に伝わる葛黒火まつりかまくら
  • 今週末2月19日(日)、秋田県北秋田市で葛黒火まつりかまくらが行われます。チラシの文章を読んでみましょう。七日市・葛黒集落に伝わる小正月行事「火まつりかまくら」とは・・・ この行事は、当日、高さ13メートルほどの木を切り出した後、稲わらや豆がらを巻きつけます。その後、雪が覆う田んぼへ住民や参加者らが協力して1時間ほどで起ち上げます。そして火を放ち、http://press.share-wis.com/yoga-image無病息災や無火災、 [続きを読む]
  • 【映画評】シティ・オブ・ゴッド
  • 1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方、3人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年 [続きを読む]
  • 今週末はスノーキャンドルストリートinあに!
  • 今週末2月18日(土)、第12回スノーキャンドルストリートinあにが開催されます。スノーキャンドル、スノーマウンテンや冬花火で街を彩るイベントです。異人館ライブもあります。異人館とは、明治15年ドイツ人技師アドレフメツケル等によって建設された洋館で、明治時代の建築物の代表としてあげられている鹿鳴館やニコライ堂に先駆けて建築されたもので、平成2年3月19日に国重要文化財の指定を受けています(北秋田市ホームページ [続きを読む]
  • 幸福を学習する映画?
  • 清水富美加“守護霊インタビュー本”の中身……出家の目的は大川隆法溺愛「長男との共演」か女優・清水富美加の出家騒動に伴い、幸福の科学総裁・大川隆法氏の書籍『女優・清水富美加の可能性 〜守護霊インタビュー〜』(幸福の科学出版)がセールスを伸ばしている。同書は先月17日、公開収録形式で、“清水の霊言を降ろせる”と主張する大川氏に、スタッフがインタビューした動画の書き起こし。「Amazon」では、13日現在、総合ラ [続きを読む]
  • 秋田県北秋田市 お食事処かたりべの四季美ラーメン(みそ)
  • 本日のお昼は、北秋田市コンベンションホール四季美館内にある、お食事処かたりべです。前回、看板料理の四季美丼を食べたので、今回はもう一つの看板料理である、四季美ラーメン(みそ)を注文します。「さっきから四季美って何じゃい?」という方もいるでしょう。説明すれば、北秋田市にある「森吉四季美湖は、岩石や土砂を積み上げて作られたロックフィルダムの森吉山ダムのダム湖。湖に流れる小又川とその周囲の山々、遠くに望 [続きを読む]
  • 秋田の「がっこ」を伝えるイベント
  • 2月19日(日)、秋田県北秋田市にある道の駅あにで「ムラのがっこ市」が開催されます。がっこの販売と、食べ放題のがっこバイキングが行われます。「がっこ」とは、秋田弁で漬け物のことです。「雅香」と書くこともあります。本来この字なのか、後世の当て字なのか不明です。後者だとすれば、ヤンキーっぽい当て字です。「愛羅武雅香! 夜露死苦!」とか。雪国の秋田では、冬の食料が不足しますので、秋のうちにがっこを作って保 [続きを読む]
  • 狂犬と呼ばれた男
  • 「狂犬」と言えば、ジェームズ・マティス米国防長官ではなく、加藤浩次でもなく、ディック・マードックです!Dick Murdoch(1946-1996)マードックもマティスと同じアメリカ海兵隊出身でした。また、白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)のメンバーであった点は、移民排斥主義のトランプ政権と親和性があります。ガチンコ最強説もあった、ビール好きのテキサス親父(notトニー・マラーノ)でした。時代がマードックに [続きを読む]
  • 谷口ジローさん死去
  • <訃報>谷口ジローさん69歳=漫画家「孤独のグルメ」「『坊っちゃん』の時代」や「孤独のグルメ」などの作品で知られる漫画家の谷口ジロー(たにぐち・じろー、本名・谷口治郎=たにぐち・じろう)さんが11日、死去した。69歳。葬儀は家族のみで営む。鳥取市出身。京都の洋品卸会社に勤めた後、漫画家を志して上京。24歳の時、「嗄(か)れた部屋」でデビューした。繊細な描線と墨を使わずに表現する独特な陰影が持ち味で [続きを読む]
  • Aマッソ
  • 「近頃気になる若手芸人は?」と問われたならば、女性お笑いコンビのAマッソと答えます。http://npn.co.jp/article/image/51334928/1もう一枚。http://npn.co.jp/article/image/51334928/2彼女たちはカンフーのネタを専門としていませんけどね。村上(左) 1988年6月生まれ、加納(右) 1989年2月生まれ、ともに大阪府出身です。二人とも芸名は苗字だけで、本名は村上愛と加納愛子です。コンビ名の「A」は二人のイニシャルから、「マ [続きを読む]
  • 【映画評】テケテケ
  • 綾花と加奈は学校の帰り道に、“テケテケ”という不気味な音を耳にする。その翌日、綾花は下半身の無い死体で発見され、世間では下半身のない人間の都市伝説「テケテケ」の話題で持ちきりになる。そのテケテケが遂に可奈の目の前にも現われ……(映画.comより引用)。2009年公開作品。監督は白石晃士で、出演は大島優子、山崎真実、西田麻衣、一慶、阿部進之介、小島可奈子、蛍雪次朗、長宗我部陽子。当時AKB48にいた大島優子が主 [続きを読む]
  • Yahoo!オークションで落札した訳あり不知火(デコポン)
  • Yahoo!オークション(ヤフオク)で「訳あり 和歌山県産 不知火(デコポン同品種) 10kg」を落札しました。訳あり品だから形や大きさはバラバラで、傷物もあります。それでも食べてみれば、規格品と変わらぬ美味しさです。落札価格は送料込で3,380円でしたが、Tポイントを利用して2,880円にしました。1kg当たり288円です。お買い得です。我が家も生産者なので、規格外品の処分に苦労する気持ちは分かります。自家消費しても限 [続きを読む]
  • 鷹巣もちっこ市もやるよ!
  • 今週末2月11日(土)・12日(日)、秋田県北秋田市で「鷹巣もちっこ市」が開催されます。大館アメッコ市と同日開催です。アメッコ市は天正16年(1588年)頃から行われてきたのに対し、もちっこ市は今年で23回目です。完全なる便乗企画です。アメッコ市が木の枝の先に飴を付けた「枝アメ」を作るのに対し、もちっこ市は木の枝の先に餅を付けた「枝もち」を作ります。完全なるパクリです。悪口ばかり言っても何なので、北秋田市の名 [続きを読む]
  • アンケート投票の結果発表!
  • 2月1日(水)から2月7日(火)まで「ブログ訪問者数10万人突破記念『丼もので選ぶならどっち?』」 というアンケートを実施しました。今回はその投票結果を発表します。20名様のアンケートご協力ありがとうございました。そして、たけちゃんさん、KANREKI BOYさん、ノッコの結愛(ゆめ)さん、マッカランさん、あんぱんまん2さん、アトム薬局さん、なおみさん、ADSOさん、keymanさん、TETUROさん、SKIPPER |ω・)さん、yan yanさん [続きを読む]
  • トランプ支持者について思う
  • トランプ氏の大統領令の翌日、移民描いたバドワイザーのCMに支持者ら反発、ボイコットもアメリカの大手ビールメーカー「バドワイザー」が第51回のスーパーボウル向けにCMを制作したところ、アメリカへの移民に絡む内容だったため、トランプ大統領の支持者らからボイコット運動が起きた。アメリカでは、アメリカンフットボールのシーズンを締めくくる頂上決定戦「スーパーボウル」の放映で、各企業が独自にCMを制作して放映するのが [続きを読む]
  • 大館アメッコ市で待ち合わせる少女たち
  • 今週末2月11日(土)・12日(日)、秋田県大館市で恒例の大館アメッコ市が開催されます。「アメッコを食べると風邪をひかない」ということで、先行販売されているアメッコを買って来ました。これで風邪をひきません(プラシーボ効果?)。注目のイベントは、大館ご当地アイドル“まちあわせハチ公ガールズ”の新メンバー(2期生)が、お披露目されることです。どんな新しい個性が投入されるのでしょうかね。大館アメッコ市の詳細は [続きを読む]
  • 大統領の同業者
  • トランプは不動産屋のおやじだから、この人と同じ。http://www.ooyajuku.com/7437/それならイヴァンカは花沢さんですか?にほんブログ村 ニュース批評に参加しています(よろしければ を!)http://news.blogmura.com/news_criticism/ranking.html [続きを読む]
  • 【映画評】蝋人形の館
  • 大学生のカーリーら6人の若者は、ドライブの途中で立ち寄った町の蝋人形館に足を踏み入れるが……(映画.comより引用)。2005年日本公開作品。監督はジャウム・コレット=セラで、出演はエリシャ・カスバート、チャド・マイケル・マーレイ、ブライアン・ヴァン・ホルト、パリス・ヒルトン、ジャレッド・パダレッキ。相撲好きの悪魔の代表曲のような邦題のホラー映画です。1953年製作の『肉の蝋人形』のリメイクですが、浮かれた若者 [続きを読む]