k-k-kentaro さん プロフィール

  •  
k-k-kentaroさん: じゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ハンドル名k-k-kentaro さん
ブログタイトルじゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/k_kentaro_0206
サイト紹介文田舎で暮らすおっさんの独り言を日々書き綴っています。
自由文このブログは、田舎で暮らすおっさんが日々起こったことを報告したり、世間に対して吠えてみたり、映画の感想を書き散らかしたりするものです。

ブログタイトルの「じゃんご」とは秋田弁で「田舎」のことで、偶然にもマカロニウエスタンの主人公の名前でもあります。何となく付けてみました。

お時間があれば、広い心で御覧になってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供505回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2015/06/04 22:26

k-k-kentaro さんのブログ記事

  • 秋田県大館市 ソフトクリームまつり!
  • 今日はいい天気なので、ソフトクリームまつりです。秋田県大館市のJR大館駅から程近くにある洋菓子店シュークリーム&シフォンデコ「カスタード」のソフトクリーム(税込300円)です。プチシュー付きです。プチシューの中には店名どおりカスタードクリームが入っています。ソフトクリームとカスタードのコラボレーション!カスタードにはシェイクもありますよ。食べログでも紹介されています。https://tabelog.com/akita/A0502/A05 [続きを読む]
  • まちあわせハチ公ガールズ都へ行く
  • 大館市には、ご当地アイドルグループ「まちあわせハチ公ガールズ」がいます。2017.5.5 2回目「北東北&北海道グルメフェスタ」&「第三回肉の博覧会inおおだて」1日目今週末、彼女たちが東京へ遠征します。https://twitter.com/oip_mhg/status/878164919748706304二子玉川ライズで開催される「東北の魅力発見フェア」に出演します(イベント詳細はこちら)。ハチ公ガールズから、ひより、ゆき、ひのの3人が選抜されました。同じ秋 [続きを読む]
  • 桑田佳祐ニューアルバム『がらくた』発売決定!
  • 桑田佳祐、アルバム『がらくた』発売決定 全国アリーナ&5大ドームツアー開催も桑田佳祐が、8月23日にアルバム『がらくた』をリリースする。『がらくた』は、桑田のソロ名義オリジナルアルバムとしては2011年2月23日に発売された『MUSICMAN』以来約6年ぶりとなる作品。2013年3月13日に発売されたシングル曲「Yin Yang(イヤン)」から、昨年発売のシングル曲「ヨシ子さん」「君への手紙」、さらには「若い広場」「オアシスと果樹園 [続きを読む]
  • 【映画評】マックス、モン・アムール
  • チンパンジーと愛し合ってしまった人妻とその家族の生活を、実話にもとづいて描いた作品(映画.comより引用)。1987年日本公開作品。監督は大島渚で、出演はシャーロット・ランプリング、アンソニー・ヒギンズ、ビクトリア・アブリル、アン・マリー・ベッセ、ニコール・カルファン。スタッフとキャストでは、大島渚だけが日本人という環境で作られた映画です。スタッフは一流どころを揃えており、大島の国際的ネームバリューを知る [続きを読む]
  • 【映画評】放送禁止劇場版 洗脳 邪悪なる鉄のイメージ
  • あることがきっかけで強い洗脳を受け、幸せな家庭を崩壊させた元主婦・江上志麻子に何が起こったのか、その真相を解き明かすため、心理セラピストの小田島霧花は志麻子の洗脳を解くことを試みる。霧花の親友でもあるビデオジャーナリストの鷲巣みなみは、その過程をカメラで追うが……(映画.comより引用)。2014年公開作品。監督は長江俊和。江上志麻子を洗脳したのは、カリスマ主婦ブロガーの久慈マリアです。マリアの企みで志麻 [続きを読む]
  • 【映画評】放送禁止劇場版 ニッポンの大家族 Saiko! The Large family
  • 埼玉県所沢市で暮らす大家族・浦一家は、一見明るい健康的な家庭に見えるが、長女の家出や長男のひきこもり、家庭内暴力など様々な問題を抱えていた(映画.comより引用)。2009年公開作品。監督はベロニカ・アディソン。ある事情があって、お蔵入りになった大家族ドキュメンタリー『放送禁止2 ある呪われた大家族』の続編です。その事情とは、浦(うら)一家の主である父親の失踪です。本作は失踪という不幸な出来事から7年後の浦 [続きを読む]
  • 紫蘇イイ話からの宣伝
  •  昔、まだシソに名前がついていなかった時代の話です。旅人が道端で倒れました。呼吸はしていないように見え、顔色は白く、指を当てても脈も触れません。皆はそれを見て、行き倒れであると判断しました。いや死んだと思ったのです。 そこに通りかかった一人の僧が、道端にあった紫色の植物の葉をとりました。もんで汁を出し、唇に塗っていると、しだいに口が開き、その口に汁を搾り込んだのです。そうすると、真っ白だった顔に赤 [続きを読む]
  • 【映画評】ニッポン無責任時代
  • 大平洋酒に入社した主人公・平均(たいらひとし)は舌先三寸で周囲の人間を味方に引き入れ、とんとん拍子の出世を果たす(Yahoo!映画より引用)。1962年公開作品。監督は古沢憲吾で、出演は植木等、ハナ肇、谷啓、安田伸、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ、団令子、重山規子、中島そのみ、由利徹、田崎潤。クレージー・キャッツ主演のコメディ映画シリーズの第1作。本来は音楽畑であるクレージー・キャッツの「やせがまん節」 [続きを読む]
  • 芸能界の漢気溢れる姐さん
  • 酒癖悪すぎ……“17歳淫行”小出恵介の「又吉直樹への暴行」を、芸人が番組で暴露していた!未成年少女との飲酒&淫行を理由に、芸能活動を無期限停止した小出恵介。この報道を機に、小出の酒癖の悪さが明るみになっているが、そんな中、過去に放送されたお笑い芸人・デニス植野行雄の暴露トークにも注目が集まっているという。植野といえば、漫才やコントに定評がある吉本芸人。日本とブラジルのハーフであることから『アメトーー [続きを読む]
  • アベックトースト
  • 秋田県民ならお馴染み、地元企業たけや製パンのアベックトーストです。食パン4枚というボリューム!中身はイチゴジャムとマーガリンです(他のバージョンもあります)。1包装当たりで549キロカロリーもあります。これがあれば、お腹いっぱいになれます。しかも値段は税込み99円です(ザ・ビッグ鷹巣店で2017年6月17日現在)。安いお茶を買えば、200円以内でランチを済ませられます。200円以内でランチを済ませられては、デフレ脱却 [続きを読む]
  • 【映画評】自殺サークル
  • 現代の闇に潜む連鎖自殺の恐怖を描くミステリー(映画.comより引用)。2002年公開作品。監督は園子温で、出演は石橋凌、永瀬正敏、宝生舞、さとう珠緒、野村貴志、ROLLY、嘉門洋子、萩原明、余貴美子、迫英雄、麿赤兒。本作の後日譚が『紀子の食卓』になりますが、私は前後逆に観ました。一応二作品の話は繋がっているようですが、『紀子の食卓』を観たところで本作の謎がすっきり解明されるわけでもなく、モヤッとした感じを鑑賞 [続きを読む]
  • P★リーガー本間成美の初グラビア
  • P★リーガーの本間成美が、発売中の『週刊プレイボーイ』26号でビキニ姿を披露しています(画像はORICON NEWSから転載)。P★リーガーでセクシー仕事は、酒井美佳以来の出来事です。P★Leagueの「P」には「Pretty」の意味もあるので、セクシー仕事も範疇にあります。本間は秋田県出身なので、秋田美人幻想がより広まっていきます。県外の秋田県出身者には、良くも悪くもプレッシャーになります。本業であるP★Leagueの成績は良くあ [続きを読む]
  • 下剋上!「十二支再競争」
  • 【動物がガチ出走】十二支の競争を「やり直す」レースが実現! 1位・2位的中で賞品もらえる暦に使われる十二支には動物が1つずつ割り当てられている。その順番は神様が主催した動物たちの競争によって決まったが、さまざまな駆け引きやドラマが展開されたと伝わる。「伝説のレースをやり直したらどうなるのか?」という素朴な疑問に、人気スマホゲームアプリ「モンスターストライク」(通称モンスト)を提供するミクシィのXFLAG [続きを読む]
  • マタギ魂Tシャツ
  • 旅先やイベントで衝動買いしたTシャツが、箪笥やクローゼットに眠ったままではありませんか。そんなTシャツを日の目に晒すために、かつて「Tシャツ秘宝館」と銘打って紹介してきました。一通り終わりましたが、たまに新しいTシャツを買うと、一時復活して紹介しています。今回はマタギ魂Tシャツです。FRONTBACK地元のTシャツ屋さん「里山人」が道の駅あにに出品し、販売しています。「マタギ」とは北秋田の伝統的な猟師のことです [続きを読む]
  • カレーなる世紀の大発明?
  • キリン「カレーファウンテン」にネット興奮 「考えた人天才かよ」「これは欲しい!」「これは欲しいよ!」「これ考えた人やるなぁ デザートじゃなく食事出来る」――。キリンビールは2017年6月5日〜8月31日の期間、SNSで反響を呼んでいる「カレーファウンテン」が当たるキャンペーンを実施する。ホームパーティーで活躍間違いなし!?「さあ、のっどごーそう、さあ、のっどごーそう」の歌詞が印象的な、俳優の阿部サダヲさん(47 [続きを読む]
  • 【映画評】ザ・ルーム THE ROOM
  • メリンダはさほど幸せとはいえない生活を送っていた。半身不随なダウン症の兄。売れない音楽家で精神不安定の父。兄を虐待する母。物事の善悪の区別が付かないまだ幼い弟。メリンダは兄を守るように生活していたが、もうすぐ父親のいない子供を生んで、家族を離れようとしていた。彼女にとって一家団欒は、もちろん楽しいものではない。しかし、彼女の本当の悪夢は、まだ始まっていなかった。突然外へ出る全ての扉や窓が閉ざされて [続きを読む]
  • 女優・佐藤仁美の貫禄
  • 佐藤仁美 朝ドラ常連「またか(笑)」“自由采配”演技の裏に現場からの信頼感NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が働く「すずふり亭」のホール係、朝倉高子を演じる女優・佐藤仁美(37)。かわいい女性を敵対視するという一癖も二癖のある強烈なキャラを演じ、向島電機から舞台を移したすずふり亭で、ひときわ存在感を放っている。自身5作目の朝ドラ出演。常連だからこそ感じる現場の雰 [続きを読む]
  • たまにはラジオでもどうですか?
  • NHKラジオ第1またはNHK-FMでは、月曜日から金曜日の午後0時30分〜0時55分に『旅ラジ!』を放送しています。ラジオイベントカーの「90ちゃん号が1年をかけて全国47都道府県を巡り、ふるさとの魅力をお伝え」する番組です。今週は秋田県から放送予定です。6月12日(月)秋田県鹿角市 鹿角市文化の杜交流館コモッセ文化ホール6月13日(火)秋田県北秋田市 クウィンス森吉駐車場6月14日(水)秋田県上小阿仁村 道の駅かみこあに6月1 [続きを読む]
  • ラストカールは私に
  • 明治のスナック菓子「カール チーズあじ」を買ってきました。いつものサクサクした食感。いつものチーズ風味。いつも奥歯に詰まります。そんな定番スナック菓子のカールですが、今年8月生産分で中部地方以東は販売終了になります。もしかしたら、これが最後のカール(ラストカール)になるかもしれません。萩原健一/ラストダンスは私にさよなら、カールおじさん。カールおらが村はこちらを !http://www.meiji.co.jp/sweet [続きを読む]
  • 【映画評】初祝二刀流
  • 高田馬場の決闘から堀部家養子入りまでの中山安兵衛を描いた時代劇。1944年公開の『高田馬場前後』を再編集し、改題して1953年公開作品。監督は松田定次で、出演は嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、高山徳右衛門、常盤操子、江原良子。嵐寛寿郎が安兵衛役の「高田馬場の決闘」です。『網走番外地』の鬼寅親分役くらいしか見たことがない私には、若いアラカンの姿が新鮮に映ります。本作の内容より、本作が作られた当時(1944年)の時代背景が [続きを読む]
  • 橋爪功の「家族はつらいよ」
  • 息子がシャブ逮捕! 父・橋爪功が会見をやりたくてもできなかった“ヤバすぎる理由”とは俳優の橋爪遼容疑者(30)の逮捕から、間もなく1週間がたとうとしている。事件は2日午後9時半ごろ、埼玉県の知人宅で覚せい剤を所持していた疑いで知人とともに現行犯逮捕された。橋爪容疑者はその後の調べに対し、知人の部屋で「覚せい剤を使った」と話しているという。室内からは覚せい剤を使用するための器具も見つかっており、署は尿鑑 [続きを読む]
  • 森吉山で自然を学び感じるイベント
  • 森吉山野生鳥獣センターが6月1日(木)から今年度オープンし、こんなチラシが回ってきました。森吉山野生鳥獣センターは、奥森吉を訪れた方々に野生鳥獣とのふれあい方や多様な生態系に関する情報を発信する施設です。そしてNPO法人冒険の鍵クーンは、子供たちをはじめ、大人の方にも 自然体験・自然遊びを提供し、楽しさを通して自然の大切さを考えてもらおうと活動するグループです。森吉山野生鳥獣センターがある奥森吉は、本当 [続きを読む]
  • 【映画評】ゴジラ FINAL WARS
  • 大怪獣・ゴジラと人類、地球侵略を目論む異星人の壮絶な戦いを描いた、怪獣映画シリーズの第28作にして、誕生から50年の歴史に幕を引く最終作(映画.comより引用)。2004年公開作品。監督は北村龍平で、出演は松岡昌宏、菊川怜、ドン・フライ、水野真紀、北村一輝、ケイン・コスギ、水野久美、佐原健二、船木誠勝、泉谷しげる、伊武雅刀、國村隼、宝田明。北村龍平監督の『VERSUS』は好きなんですよ。カンフーや日本刀を用いたハー [続きを読む]